2017.11.23

勤労感謝の日?

寒い朝だが、日差しは暖かかった。今日の稽古は3セット。ところどころ気になるところは修正しつつ。試合は1年生のリーグ戦と2年生の3番勝負。ともに審判練習を兼ねて。Hsさんの打ちがずいぶん力強くなってきた。2年生はもっと攻めを工夫しないといけない。大事なのは「」だ。間をつかむ、間を作る、間を読むということ。それができないことを「間が抜けている」というわけだ。1年生による5人審判はけっこう不思議だった。審判で大事なことは人につられて上げないということ。よくわからずに上げるよりは、確信がなければ上げないというほうがまし。もちろん見えるようにならないといけないけれど。午後は、予告問題の採点をしながらレーベル印刷。前に答案、右にプリンター、右後ろにPC、左にTV、左後ろに国語辞典。CDは1枚ごとに抜き差ししないといけないし、採点で「?」と思ったら国語辞典をひいたりネットで検索しないといけないし、まるでクラブのDJみたいだった。でも、おかげでかなり情報通になった気がする。一応、予告問題の採点とCD100枚の印刷は終わった。勤労感謝の日なのにずいぶん働いた。まだまだ先は長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.22

部活再開

テストが終わり、今日から部活再開。基本の練習をきちんとやっているのだが、逆に言えば、淡々とこなしている練習にもなっている。1本1本にもっと工夫と気迫がないと試合で決まる打ちにならない。で、試合になると「攻め」がなく、相手が来なければ何もできないという現象につながっている気がする。もっと1本1本を大事にする稽古をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.21

テスト2日目

午前中はテスト、午後からは小学校の授業参観に行った。はきはき挨拶し、テキパキ掃除に取り組む姿が印象的だった。さて明日から部活再開。寒い時の稽古は辛いが、しっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.20

テスト1日目

テストは無事に完成したので、ほっと一息。『間宮兄弟』(江國香織)を読んだ。江國さんの作品を読んでいると、いつもとても寛いだ気分になる。とても心によい。さて、「とてもいい人、2人暮らし、仲良し、親孝行、勤勉、多趣味(インドア)」なんだけれど…という男兄弟(もちろん成人)の話。ま、「いい人」という形容の仕方が常に含んでいる「恋愛対象外」という範疇にドストライクの2人なのだが。でも…いいじゃないか!と思う。ね、いいじゃないか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.19

さて、どうしたものか。

今日はいい天気だったが、寒い風の吹く1日だった。太陽からの距離に比べたら、ほんのちょっとの角度の差なのに、夏と冬とでこれだけ違うというのも不思議な話だ。聞き取りのネタが浮かばんなあと思いつつ、久しぶりにモモテラスへ行った。くじ引きで小さめのサッカーボールが当たったが…これいったいどうしようかと。いくつかよさげな服を試着してみたが、XXLなのに前が合わない。けっこうショックだった。それにしても大相撲ピンチだな。関係者一同が、そろって不透明だ。見ようとも思わないし、誰が勝っても興味が持てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.18

寒い雨

この時期としては妥当なんだろうが、寒い雨降りだった。明日はもっと寒いらしい。嫌だな。朝、久々にチキンライスを作って(正確に言うと冷凍チキンライスをチンして)チーズを載せて食べた。さて、テストを作らないと。そうそう、最近甘酒が美味しい。スーパーに行くと何種類も売っているので、色々と楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に稽古

テスト週間なので、まったく稽古から遠ざかっていたので、新鮮だった。5人で稽古。特にO先生との稽古は刺激的でおもしろかった。この土日でやらねばならないことは山ほどあるが、まあ1つ1つ片づけていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.16

考えてみれば…

本格的に冬が来たようだ。今日はたくさん仕事をしたように思うのだが、考えてみれば普通の1日。特に何があったわけでもない。そろそろ加古川の手配をしないといけない。最近はバスの値段がとんでもなく高くなって、なかなか昔のようにはいかない。少しでも安く連れていきたいのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.15

いろいろと…。

最近、いろいろと笑えないニュースがたくさんある。困ったことだ。レポート集のCDがやっと焼けた。あとは、レーベル印刷。枚数を考えると、気が遠くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.14

ノーベル賞…。

『浮世の画家』(カズオ・イシグロ)を読んだ。これまで全く知らない人であったわけだが、いきなりのノーベル賞ということで、いかがなものだろうと読んでみた。うーん…好きではない。文章に奥行きがないってゆーか、なんだか英文和訳の模範解答みたいで、味わいがない。訳がよくないのだろうか。内容は…暗くてしんどかった。周りの状況がよくわからないまま、ストーリーは進むというか蛇行する。「わたし」が正常なのかどうかも最後までわからなかった。すっきりしないまま終わった。ノーベル賞の基準って…?と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1週間前