« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

5月終わり。

早いもので、5月終わり。夏の大会まであと少しだ。テスト前等を除くと、正味約1ヶ月しかない。3年にとっては次頑張ろうはもうない。まさに正念場だ。ここで頑張らないと一生の悔いを残すことになる。稽古、少しだけ顔出す。んー・・・狭いのはわかるが打ってからの足がない。しっかり決める稽古をしないと、打っても打っても決まらない人になる。それでは意味がない。もっと1本1本を大切にしよう。声もそう。全体に埋没するような声ではだめだ。自分の声を体育館中に響かせる気がないとダメだ。そんな声を出すと、打ちも自然と鋭くなっていく。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.30

一生懸命の成果だ。

日曜参観の代休。やや暑い。女子2,3年全滅。発熱・用事・墓参りだそうだが・・・。だいたい簡単に体調壊しすぎ。その間に目標とする学校の選手は汗びっしょりで頑張っている。ますます差は開く。こんなことしちゃいられない!という思いがあれば熱なんか出ないはずだ。意識が低い。しっかりしろ。さて今日は7人戦の団体戦をやった。Mi君、うまく小手をすりあげて面を跳べている。Ht君xN君、どちらもだめだ。全然攻めることができてない。内容がない。もっともっと先を取る試合を心掛けねばならない。Yo君、いいところで打てている。よい。。Kw君、引き面が流れてしまって軽い。引き技の稽古の中でも時々軽くなる。きちっとポイントを作って打てばいくらでも決まるのだから落ち着いて勝負しよう。さて大将戦はMu君xOn君、なかば勝ちを確信したMu君にやや油断が生じた。その僅かな隙を逃さず、On君見事に2本勝ちでチームの勝ちを決めた。いい試合であった。一生懸命稽古していると、いいところでいい打ちが出るようになる。勝負は一瞬、そこでいい打ちを出すために長い辛い稽古がある。一生懸命の稽古がある。稽古はこんなふうに取り組むものだというお手本になる大変よい試合であった。稽古、今日も3分5回。さすがに今日は3年早く来た。が、出遅れてる人もいる。次、負けるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.29

日曜参観

日曜参観。部活保護者会にたくさんご参加ありがとうございました。午後部活。防具組女子、今日はいろいろあって全欠。それぞれの大会で成果は上がっただろうか?基本を終えて個人のトーナメントをやった。N君、チャンスで自分からの技が出てない。トンッと跳べばそれだけで決まるのに。そういう稽古しないといかん。Ht君、中心をよけての小手ばかりじゃだめ。中心を攻めて先の打ちを練習しよう。Mu君、小手打って下がる必要全然ない。おかしい。I君、鍔迫り合いを直そう。反則取られる。Kw君に決めた面は今日の1番。よろしい。Hr君今日はよい。だんだん良くなった。最後の面も良い。思い切って跳べている。それが優勝につながった。さて、稽古。Mi君は1番に来て両方の先生と稽古できた。それに比べ2位~5位は全部2年生。普通はキャプテンが1番に来るものだが・・・3年男、さてさてこれで、この姿勢でいいのか、よく考えよう。チャンスは掴む気のない者の前は素通りするのだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.28

暑くなってきたね。

今日は出席も多く、ま、よいかなというスタート。遅刻3名。基本練習への取り組み方、色々である。さすがに3年はよりしっかりした打ちを身につけようという姿勢が現れた取り組み方をしている。女子は6人ともよい。ただ、癖を癖のままで直さずに続けているとますます固まってしまうので、より真っ直ぐを常に意識しないとだめだ。特にHaさんの小手の後の当り、これを真っ直ぐにすること。2年男は体も作らんといかんし、まだまだパワー不足だ。1年男で防具着けているのは経験者のはずなのだが、打ってからがダメ。振り向くまでに気がまったく無くなってしまっている。どーしたもんかなあ。そろそろ、荒療治も必要かもしれんね。決まる打ちと決まらん打ちの差はほんのちょっと。だが、このほんのちょっとを普段実践してない人は、絶対勝てない。今勝てていてもすぐに勝てなくなる。簡単に残心というが、カタチだけじゃなく、気持ちを相手に向けて構える、それもサッと構えるということを常に意識しないといけない。さて試合、今度の練習試合のメンバー決めを行った。足の利いている人は勝っている。止まってる人、特に左足の蹴りの弱い人は、打ちも決まらないし、すぐに追い込まれて下がらされている。それでは勝てないよ。ここと思ったら、水泳の飛び込みのように思い切って飛び込まないとだめだ。それで負けたら、お前強いなあと素直に相手を認めればよい。選に漏れた人、ここでどうするかが大事。すぐ忘れる、ただただ落ち込むのでは意味ない。よく振り返り、弱点を克服しリベンジを果たしてほしい。稽古は3分5回。ダダッと来るのは女子ばかり。その後にニヤッとHt君。男3年はその迫力に負けて全く来れず。「T先生に並びました!」と言うだろうが、それが言い訳であることは自分自身が一番よくわかっているはずだ。どちらにも来れんかった人、あきまへん。それじゃあ勝てない。今日の試合の結果と共通するものがあるのではないかな。よく反省しなさい。さて、明日は日曜参観。授業も部活も頑張っているところを見てもらおう。道場の大会行く人、全国行けるよう頑張れ。少林寺シスターズ、世界大会(福井の・笑)目指して頑張ってこいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

ニュー交剣知愛

チラッと試合を見た。K君いいじゃないか。手と足はまだ合わないことがあるが、タイミングがわかってきている。この調子でいけば1級は受かるかもしれない。Maさんいいところで面打てるようになってきたが、手首が利いてない。これができるようになればおもしろいように勝てるのだが。審判、しっかり見んとあかん。相面が見えてない。ということは試合でも打ててないってことだ。審判ができるってことは打突の機会がわかるってことだ。そういう意味で、審判しっかりやると強くなる。強くなると審判もうまくなる。Hさん、Moさんの姿が見えない。「歯医者と目医者です!」だそうだが・・・夏までの日数もちゃんと計算していただきたい。悔いを残して引退することになるよ。初心者組、普通の竹刀だと、ちょっと窮屈な感じがする。ま、これからこれからだ。夜、時間がなく稽古に顔だけ出す。ニュー交剣知愛の面タオルけっこう買ってくれて助かった。来週も販売予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

なぜか超多忙(ToT)

ああ・・・なんて忙しい1日だったのだろう・・・と半ば放心状態。今日は部活に行けるはずだったのに、昼ごはんも終学活もそうじも行けず、教育相談こそやったものの、その後ず―――っと。気がつけば9時を回っていた。まあ、学校というところはいろんなお仕事があるものです。で、戻ってくると机上にメモが。Ya君ケガをして4針縫うと。ええ――(゜o゜)!どゆこと??とりあえず電話連絡をして話を聞く。幸いというか、Ya君も元気で明日から素振りとか頑張りたいと言ってると聞き、ホッと一息。とはいうものの、保護者の方もずいぶん驚かれただろうと、申し訳なく思った。その場に顧問がいれば、あるいは避けられた事故かもしれない。部員が増えてありがたいことだが、狭いスペースなので、お互いに周囲の状況に十分気をつけて活動しないと、またこんなことが起こるかもしれない。これもまた、気配と間合いの稽古でもある。顧問も含めて部全体の反省材料である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリ番プレゼント!

また朝が来てしまった。きょうは不思議なことにちゃんと布団の中で目覚めた。いつどうしてどうなったのかは覚えていない。帰巣本能のようなものでしょうか?さて、掲示板にも書いたように、京都梁山泊の面タオルがリニューアルしたので、こちらでもキリ番プレゼントをしようかと思います。次は4000番、その後500ごとでいきたいと思います。当選の方は、掲示板に書いた要領でお知らせください。きのうは教育相談でまったく部活見られず。きょうは行けそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

さわってごらん♪

この犬、マウスであちこちさわったりクリックしてみてみ。けっこういろんなことできるんだよ。よろしくね☆さて、あす、1年生のグッズが届く。いよいよ、だ。竹刀も重くなる。だんだん剣道に近づいていく。さーて、これからだ。誰が一番大きな声が出るか、誰が一番まっすぐ速く振れるか、誰が一番スムーズなフットワークができるか、全ては競争だよ。がんばれ、1年生!稽古は最後に顔だけ出すことしかできなかったが、なぜか面をはずしているO君。「休憩の時に遊んでいて足を強打しました」これからのケガ、特に骨折・強い捻挫は夏に間に合わなくなると考えてもらわねばならない。部活時だけじゃなく、起きてから寝るまで健康管理には十分気をつけてほしい。あ、女子は英語の勉強もしっかりしないとね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.23

そろそろ緊張感がほしいね。

昨日部活を休んだある1年男子部員、「きのうどうしたんや」「お昼ご飯食べてたら遅くなって(にこにこ)」「???ご飯だけで遅くなるの?」「いやあ、その後ボーッとしてたから・・・(にこにこ)」「おいおい、君は遊び感覚で部活に来てるの?」「いえ・・・」また他の1年部員は「昨日は午後からってわからなくて・・・」「予定表見たの?」「いえ、きのうは見てません」「???何のための予定表なんや?」「・・・」どーも1年生まだまだ部活と遊びの区別がついてない人がいるようだ。てゆーか、部活のなんたるかがわかってない。明日ぐらいにはいろいろ注文した物も届く。そろそろ緊張感がほしい。しっかりしてちょうだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

今日は中京中K君を交えての稽古。K君なかなか面がよい。手の内のしまりもよい。基本は今日も面を中心にやる。いろんな面を持ってると試合での気持ちの余裕につながる。使えるようになろうと思ってやることが大切。Kさん、だいぶよくなってきたが、打った後の力が抜けてない。これはY君も一緒である。うまく力が抜けるともっと次が速くなる。試合ではHr君相変わらず追い込まれて真っ直ぐ下がってしまっている。Kw君打った後で気が切れてしまったりなんとなく受けてしまっている。Ht君下がって待ちすぎ。前へ出て仕掛けていくことを覚えないとだめだ。O君久々にいいところが出た。よく気持ちが入ったいい面だ。その後、1本勝負。気が伝わってこない。どうも集中が感じられない。ググッと来るものがない。あちこちで宇宙のチリみたいな稽古をちまちまやってる。そんなことではいかん。勝負はもっと厳しいものだ。もっと自分に厳しく取り組まんと勝てない。チャンスを自分から掴み取る姿勢を持とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

大丈夫か、京都。

気分転換にデザインを変えてみました。いかがなもんでしょうか?ちょっと見にくいかな?暑いぐらいの今日はトレスク。修学旅行シーズンでもあり、参加人数がずいぶん少ない。そのせいもあるのか、なかなか場の雰囲気が高まらない。おまけに途中でリタイヤする選手の多いこと多いこと。どーなってんねん・・・と首をかしげる。ちょっと崩されるとすぐ倒れる。倒れ方が下手ですぐどこか痛める。「もうだめです」すぐ降参する。終ってみれば面着けてる人14人、リタイヤした人10人。剣道って、確か格闘技やったと思うのだが・・・。トレスクって確か希望者から選抜してメンバー決めたと思うのだが・・・。意地とかプライドとかいうものはないのだろうか。これではこちらが怖くって鍛えるということができない。京都、大丈夫なんやろうか・・・近畿大会めっちゃ不安。さて桃山組は、リタイヤは無かったものの、周りが見えない、すきが見つけられん、力入りすぎなどなど直すべき所はたくさんある。自覚して取り組もう。後半、U先生と稽古。うーん、でかい。さすがにでかい。まるで塔だ。しかし、今日は足はそんなに出てこない。この辺に手がかりがありそうだ。下から詰めて小手、来るところの胴を中心に組み立て、来なければ面を跳ぶというパターンでいってみた。相手の面は豪快で、後の当たりも強いのでまともに食わないようにしないといけない。いくつかやり過ごし、おもいきって面跳ぶ。やや浅いがなんとか1本になった。これが審査で打てたらなあーと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

今週を振り返って

会議だの出張たので、今週はほとんど稽古を見られなかった。2、3年にとっても初心者にとっても大切な時だけに悔いが残る。が、すんだことを言っていてもしようがないので、土日頑張ろうと思う。まずは明日トレスク。少林寺シスターズは試合1週間前の合同練習ということなのでしょうがないが、あとは欠席なく頑張ってもらいたい。自校が会場でお休みでは恥ずかしいからね。そしていろんな先生や選手から自分に役立つ情報を貪欲に吸収することだ。日曜日は中京中の選手が1人稽古に来るので一緒に頑張ろう。今後の強化のポイントだが、技とか言う前に、竹刀を自由に思い通りに触れない人がいっぱいいる。それをなんとかせないかん。女子は全部そう。竹刀に振り回されている。左手中心の素振り、これを家でとことんやることだ。まるでお箸のように。すべてはそれができてからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう週末☆

明日は金曜日ってことは、もう週末!早いなあ、ほんま。夏季大会まで2ヶ月それが大切となった。頑張らんとなあ・・・と思う。春から夏にかけて、強いチームはぐっと伸びる。そのぐっと伸びるチームになりたい。素材としてはよいのだから、どう料理するかだ。また、どんなにおいしい料理でも、どんな温度で食べるかによって味は全然違う。熱いものは熱いうちに。それが大切なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.19

あれ?朝やん??

パソコンを開いたとこまでは覚えている・・・で、その後どうなったのか。なんか知らんけど朝。まわりは朝。夜はどこへ行った?まあ簡単に言えば寝てしまったってコトかな。たぶん。ああ、ふとんで寝たかったぞ。体のあちこちが痛い。頑張って仕事行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

やっぱ、そろうとよいな。

ひさびさに3年生も参加して、やっぱりこうなると活気があってよいね。しかし、試合内容は決してよいとは言えん。もっともっと詰めた試合をせんといかん。詰めるというのは気持ち・気迫で相手にプレッシャーをかけるということ。のんびり待っているような平和な試合しとったらだめだ。平和な試合に慣れてしまったら、本番で真剣に向かってくる奴にその気迫で負けてしまうのは当たり前だ。あと、直さねばならない自分の悪い癖を自覚して直そうとすること。これ無くして進歩はない。Maさんの最後の面はよかった。I君の最後の1本への追い込みもよい。だが右手硬すぎる。それでは1本にならない。柔らかくスナップを効かす練習をしっかりしよう。初心者組順調。その調子だ。特に女子2人、追いつく日は近い。頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.16

キムタクが、かっこええ!

ここんとこドラマ『エンジン』にはまってる、てゆーかキムタクはやっぱりかっこええなと・・・思う。だから、彼のドラマは見てしまう。最初はなんやねんこいつとか思ってたのだが、実にかっこよい。見てしまう。うまいのかなあ。バラエティのキムタクはそんなにいいとも思わないけどね。で、今日の『エンジン』もよかった。来週もぜひ見よう。今日は部活もオフ。明日から夏に向かってチーム作りにかからねばならない。男はどうなるか全くわからない。全ての人にチャンスありって感じだ。女は防具組6人をどのポジションでどう使うかだ。ひとつひとつ試しながら作っていくつもりだ。選手であるための最低条件は出たい!そしてこんなに頑張ってる自分を使ってください!という気持ちが取り組む姿勢にありありと見えることだ。みなさん、頑張ってください。お互いが信頼できる仲間であると同時に最大のライバルである。そんな部は強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

六段審査・4敗目(ToT)/~~~

とうとうこの日が来たなと思いつつ、駅できしめん食べて会場へ。いつもながら始まるまではいろいろ考えるもので、まずは相手が中心を攻めて面に来るところを胴を決め、動揺を与えたところを入っていって・・・というぐらいの計画でスタートしたのだが、ん?面来ない。困った。しかも手元低い。これですっかりペース崩したっていうか、こちらから攻め込むんじゃなく、面を待つという精神状態がどうも消極的なやりとりを生み出し、いかんいかんというあせりが無駄打ちにつながり、実にちぐはぐな1分間になっちゃった。まともに当たったのは小手1本だけ。で、2人目。えー!上段??ずんずん間合い詰めてくる。正眼から左小手に跳ぶ。軽いが当たった。でも機会ではないかも。さらに来るところ、片手で突いてみた。かすかに外す。相手の面も外れた。もう一度小手。さっきよりは手応えあり。また片手突き。ひっかかった。終盤、詰めて思い切って両手で突いて差し上げた。手応えは十分、相手の崩れたところを面打つ。これは外れ。そこで終了。なんだか審査というより稽古楽しんだ感じだった。両手で突くということが初めてできた気がする。これは収穫だ。終ると、どうして1人目でもっと積極的に行けんかったかと後悔が頭をかすめる。発表は何回かに分けて行われる。あーだめだ。前後25人ぐらい全滅。第5審査場は80人終った時点で実技合格は11人だった。あいかわらず厳しいなあ。もっと稽古せんとなあ・・・と毎回落ちて1週間ぐらいはすごく思う。だんだん薄れてくるのだけどね。稽古に付き合ってくれたみなさん、どうもありがとう。秋、また頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

トレスク

修学旅行明けのトレスク、さてどれだけ参加するかと楽しみに行ってみると、あららら・・・3年生6人のうち参加できたのはKw君1人。男女キャプテンは風邪に発熱、後は家の用事であるとか。旅行明けでクタクタなのは当たり前。休むのはふつうかもしれない。しかし、当たり前のことをしていれば当たり前の結果しかでない。当たり前でない目標を達成したければ、当たり前のことをしているようではダメなのだ。もし今日が夏季大会だったらどうだろう?体調を崩していられるだろうか?次の日にトレスクがあるとわかっていればそれを頭に入れた3日間の過ごし方をしなければダメだ。普段の稽古ならともかく、多くの希望者の中から選ばれたトレスク生であるならば、そのぐらいの自覚は持たねばなるまい。そうでないと、選に漏れた選手に申し訳がない。先を見通した自己管理、これも自分で状況を判断し考えて行動する力である。さて、H先生と稽古をする。来る、来るというのがビンビンと飛んでくる。と、思う間に面が来る、防ぐところに小手が来る。来るのはわかるのだが、間に合わない。胴を狙う。不十分。面を跳ぶ。さわっただけ。剣先を押さえたところから返しての面は決まったかもしれない。1本勝負になって、攻めを感じて手元を上げたところを完璧に小手を打たれた。いやいや、参ったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

やや復活。

体調やや復活。部活に顔を出す。あれ?おとといはKさんが仕切り、昨日はMaさんが仕切り、今日は・・・と見ると、やっぱりMaさんが号令掛けている。男どうなっているのだ?「嫌やって言わはるんです・・・」情けない。男しっかりしろ!1年防具組声出てない。動き小さい。待って後を拾うような試合してちゃだめだ。もっと堂々と正面から勝負しないとな。ピリッとしたところを出さないといかんね。夜、梁山泊の稽古行く。1分の稽古を10回ぐらいやったかな。これ結構きつい。取れたなというのもあるが、ちょっと慌てるとガタガタになる。一つ目をどう取るかなんやろうなと思う。しかしこれがなかなか難しい。声もなあ・・・完全じゃないしな。ま、言い訳せず臨むしかないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

体調激悪。

どーもいかんなあ。体調がすっきりしない。かれこれ1週間ぐらいおかしい。なんとかしないとな。いつも健康管理に気をつけろと言っていながらこれではだめだ。反省。とりあえず早寝早起き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

いい天気だが・・・

五月晴れとはこんな天気のことだろうと思うような青空。修学旅行はさぞ快適だろうと思う。さて、1年生頑張っているのだが、ちらほらできてない部分も見えてきた。書類の提出忘れ、体操服忘れ、回数をこなすだけの素振り、理由なしの欠席(さぼりとも言います)などなど。望んで飛び込んだ道だから踏ん張らないとね。頑張った人には必ず勝負の神様は微笑んでくれるものだ。間違いない!2年M君「ああっ、Ht君の爪の跡があ!い、痛いですう!」おまえらいい加減にしなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.10

1年生が・・・。

ずいぶんよくなってきた。初心者諸君。まず、声が出る。手の握りがいい。振りがスムーズだ。そして何より、未来を見据える目がいい。きっと強くなる。がんばれ初心者諸君!さて防具組、今日はKさんが仕切った。かなり気合入っとる。Maさん、少し足が出るようになってきた。その調子だ。K君、面がずいぶんよくなってきた。3年は明日から修学旅行、おおいに楽しんできてもらいたい。体調壊さないように。次の日トレスクだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

明日から・・・

金曜日まで3年生は修学旅行のため練習に来ない。さて、2年生諸君、どれだけきちっとやれるか見せてもらおうと思う。当然1年生の指導もしなくちゃならない。できるかなあ。とは言うものの、別に特別なことをする必要は無い。いつもどおり一生懸命やればよいだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

伝達講習会

伝達講習会があった。9時から5時までみっちりあった。まずは審判法。審判は試合を盛り上げなくてはならない。なるほど実にごもっともである。順番に試合と審判をしていく。昨日からほとんど声でないのでやばいなと思ってたが、「始め!」はめっちゃソプラノになった。あせった。最後「引き分け!」試合者微動だにせず。え~・・・(ToT)「そんな声ではだめだ!やり直し!」いやいや、声でませんから。残念!午後、まずは形の稽古。細かいところまで教えていただいた。ありがたい。続いて指導法。素振りをして、「全員面着けて集合!」切り返し、面、小手、小手面と進んでいく。そして、打ち込み、懸かり稽古、切り返し。汗びっしょりで休憩。最後、地稽古。ずらーと並ぶ元立ちの顔ぶれを見ると、やっぱり京都はすごいなと思う。まず、I先生に懸かる。小手は幾つか打てた。しかし詰めたつもりで面跳ぶと、簡単に返されて胴切られる。何度も切られる。続いてS先生に懸かる。これも打ったと思う上から面が降ってくる。多分詰めたつもりなのを予想通りと簡単に余されているのだろう。なんで届かへんねん!であった。出頭を打つなんて思いもよらない。K先生と稽古。これはお互いに、打てたり打たれたり。ふと隣の八段の先生の稽古を見る。懸かってるのは強豪高の監督だが、ゆるゆると入られて小手、面跳ぶと返して胴。ほおーとびびった。これが八段ということか。攻めているつもりが、攻めに負けて打たなくてはならない気持ちにさせられて面跳ばされている。で、返して胴。うひゃーと思った。奥が深いわ。長く濃い1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

何点の稽古してますか?

今日は面ばかりの稽古。いろんな面をやる。ひとつひとつの違いをわかってやれているかどうかが大切。後半、地稽古。例によってどどど・・・と来るわけだが、どうも長いことやってないなあという人がいる。毎回来るなあという人がいる。トレスクでも、先生方にお願いする時に、1番に行ける人ともたもたを装って何人目かに並ぶ人がいる。1番には行ってるが、厳しい先生を避けてやさしい稽古をする先生を選ぶ人がいる。それは少しの違いであって、不合格の稽古ではないかもしれない。60点以上が合格なら61点も98点も合格には違いない。でも、その差は大きい。その積み重ねは怖い。61点の稽古を続ける人は、絶対強くならない。100点にはならない。人からは指摘されなくとも自分ではわかるはず。今日の自分の稽古は何点の稽古だったのか、振り返ってみよう。自らの意思でしんどいほうを選択したか、よく振り返ってみよう。自分をごまかすことはできないのだから。それにしても・・・風邪薬で抑えての稽古はしんどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

梁山泊の稽古

今日は遠征組は休みにしたので、さてさてどんな具合かなと見にいくと、S君を中心にしっかり頑張っていた。4人だったが、声もよく出ていた。初心者組の足捌きを少し見てみたが、まあまあのライン。竹刀の握りはまだまだだが、それはこれから。夜、久々に梁山泊の稽古に顔を出した。1分とか3分とかわがままな注文をつけてお願いした。ある程度打てているところもあるが、いいとこを跳ばれたりもしている。終了間際に喰らうとやばいだろうな。特に審査を意識するとまるでだめ。いつもと同じようにとか平常心とか簡単に言うけど、やるのは難しいわな。後半、ちょっと1本勝負しようということになったが、ああ、今の動きは不細工やったなとか、余計なことを考えてしまう。Aさんに打った面なんか、いつもK君にあかんぞと言ってる、そのとおりの面だったように思う。これではいかんね。ドンピシャの打ちは1本もなかった。辛抱と観察と思いきり、どれもが足りないと痛感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

比婆遠征3日目

3日目も暑いぐらいの快晴。大会本番である。女子の相手は初日に2−1で勝っている三刀屋中。うちは春と同じオーダー。先鋒、あれ?気が前に出ていない。気持ちで押されて小手の1本負け。次鋒、左足の蹴りがないまま面を打って空振りの後の面を決められる。中堅、珍しく迷わず面2本勝ち。副将、あーまたその場打ち病が!なぜ相手の前に体が落ちていることに気づかないのだろう。1歩前に出ればよいだけなのに…と思ってる間に面2本負け。負けが確定する。大将、けっこう自分のペースでやれていたが小手を取られ、追い込んで面を取り返したものの、もう1本面を取られて試合終了。三刀屋とうちと、どこが違ったのか、どちらの3日間が値打ちあったのか、よく考えよう。今日の試合だけを見れば、いいところゼロだが、この反省が夏に生きれば値打ちのある負けと言える。これからが大切なのだ。男子、いろいろあってY,N,Hr,Kt,Kwというオーダー。相手は松江四中。先鋒、頑張ったが迫力負け。次鋒1本先取されたが引き面で引き分け。前の技が打てるようになればよくなる。中堅、逆胴狙いすぎ。それでは手品師が「種と仕掛けはこれですよ!」と最初から言ってるようなものだ。気迫で下がらされて2本負け。面を跳ばないと恵まれた体が生きない。副将、前へ前へガンガン行って引き分け。気持ちの面ではいちばんよかった。大将、面の2本勝ちだが、もっと立派な打ちができるはず。勝ちに満足してもらっては困る。団体として負けはしたが一生懸命な試合はできていた。男子はいろいろ学んだことがあったはずなので、キャプテンを中心にしっかり頑張ってほしい。まとまりが出てくれば強くなる。あす、遠征組は部活休み。体の疲れだけ取ってまた頑張ろう。感じたこと、考えたことは忘れてもらったら困るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

比婆遠征2日目

暑い。夏だ。男、1試合目勝ち、2試合目引き分け、けっこう堅い出だしだと思ったら、その後全敗。しかも午後はほぼコンスタントに大将2本負けを含むパーフェクトに近い内容。オマケに女子の会場から戻ると、申し合わせもせず、相手を探しもせず、座っている。曰く「もうすぐ地稽古始まるので時間ないかと思って…」ハ、ハア〜〜?じゃあ目の前で展開されてる、これはナニ?「申し合わせです」いったい何をしに来てんねーん!てことになる。やる気のあるチームが目の前でいっぱい申し合わせをしている中でどうしてそんなに悠々と座ってられるのか、全く理解できない。キャプテン、副キャプテンが自分のすべきことを理解できてない。女子、昨日に続き、先鋒が勝てるようになってきた。しかし当たりそのものは軽い。まだまだ練習が必要だ。スコアだけを見れば5勝3敗1分は健闘だが、午後の試合はヘロヘロだった。集中力、勝ちへの執念が足らん。もっと厳しく確実な試合を目指そう。明日は大会。トーナメントだから負けたら終わりだ。この2日間に学んだことを少しでも出せる試合をしてほしいものだ。さて今日の稽古は兵庫のK先生。構えると大きく遠く見える。ここか、まだかと思ってるうちにドーンと面を跳ばれた×2。幾つか当てることはできたが、当てたであって打ったではなかったなと思う。あと、次の用意でも遅れたなと思う。最後は綺麗に胴を抜かれた。参った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.03

比婆遠征1日目

今年も比婆にやってきた。緑が美しい。女子、Hさん、面が決まるようになってきた。それもあって、3勝3敗。少し団体としてのまとまりが出てきた。ただ後半が悪い。もっと自分達で高められるようになろう。男子A、それぞれがバラバラな試合をしている。面を防いでいるのに面を打つ。届かないところでバタバタする。攻めてるのに相手が打ってきたら受けてしまう。試合を見て、流れと関係なくファイト!しか言えない。それではチームとは言えないね。B、倒すぞ!が見えない。Ha君、受けて受けてで15000円は高いぞ。他の人も金がもったいないような試合はいかんよ。さて稽古。兵庫のI先生、広島のO先生にお願いする。幾つか打てたのだが・・・うーん、心を動かすことはできなかった。まだまだだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

5月の風・・・

さわやかな風が吹いている。この季節、京都の木々はもっとも美しい緑に染まる。まさに風薫る5月、武徳殿では今日から5日まで全日本剣道演武大会~通称京都大会~が開催される。全国から剣道の愛好者が集まり、粛々と立ち合いが行われていく。観客もまた静かに見守る。そして周囲には武道具を扱う店がたくさん出る。とても不思議なそしてのんびりとにぎやかな世界最大最高の剣道のお祭りである。入場は当然無料。行ってみるとよいよ。遠征に参加しない人は、是非行くことをお勧めする。遠征組は明日から力いっぱい頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

試合がなあ・・・。

春体明けの今日、2,3年はほぼ全員の出席ということで、心構えとしてはよろしい。動きも悪くない。が、なんだろう。ひとつひとつの稽古もしっかりやってるのだけど、なんだろう。何かが足りない。燃えるものが。エネルギー?気?のような説明のつかないものが。試合が終ったというのではなく、夏へのスタートという気をもっともっと持たないとだめだと思う。もちろん自分自身も含めてね。さて、1本勝負のトーナメントをやったのだが、上位の試合がどうもおもしろくない。ワンパターンだ。防がれても防がれても同じ事をしている。だから決まらない。Mi君のように面を着けたままこっくりこっくり寝だす人までいるしまつ。いかに緊張感のない空気がそこにあるかということだ。試合はためしあいなんだから、もっといろいろ考えて試さないと。で、それがどの程度有効かは相手が教えてくれるのだ。いかに相手を倒すか、そのためにどうすればよいのか、そのことにもっと全力を集中しないとなあ。時間がもったいない。明日はオフ。遠征組は準備をきっちりしよう。たぶん大人の稽古会もあるので頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »