« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

教えるということ。

今日は初心者に面の付け方・基本打ちを教えるという稽古をした。2人組で1人の初心者を教える。自分には無意識でできていることが、初心者はイメージが無いからできない。だから自分の動きをよく思い出し、もっともわかりやすい言葉を選んで伝えようとする。でもうまくいかないから、どうすれぱうまくできるかを一生懸命考える。これが大事なんだ。教える側も決して完璧じゃないから、それを考え、正しい見本を見せようとすることによって、自分の技が向上するのだ。教えるということは最高の稽古なのだ。できないことは先輩に聞く、聞かれたことは相手がほんとにわかるまで教えるということ、とても大切です。S君、梁山泊のほうの21000番おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.30

府下大会にて

府下大会に補助員として10名参加してもらった。で、どんなふうにやってるかなあ・・・と見てると、ニコニコと扉のところに座っている。でもね、たんに人手がいるから呼んだわけじゃないんだ。府下大会を肌で感じてほしい、そしてリアルなゴールとして自分の中に位置づけてほしい、ということなんだよ。例えば決勝戦をそんなつもりで見ていただろうか?やるなあ!すごいなあ!あんなふうになろう!と思って見ていたかどうかだ。次回、近畿大会、そういう機会として捉えてほしいのだ。あ、そうそう、京都外大西が甲子園出場を決めた。甲子園でも是非頑張ってほしい。エースのK君は2年前うちのクラスに眠そうに座っていたんだよ。体育祭のリレーの豪快な3人抜きは忘れへんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.29

明日は府下大会

しばらく府下大会に行ってないなと思う。うーん・・・と思い悩むこともしばしば。今年は補助員としての参加だが、これが来年、選手としての参加につながればなーと思う。来年絶対にここに来るぞ!と思えるかどうかだな。頑張ろう。さて、本日の稽古だが、1本への集中力がまだまだ弱い。打突部位には当るが、そこで終わり。決めるぞ!がない。何が何でも俺が勝つ!がない。特に2年、これではチームは作れん。そこを克服するため、新チームは学年関係なしとするつもりだ。その中で勝ち残る闘争心、執念、見えない努力、こんなものが欲しい。そういう努力をせずに、相手に勝てるはずがない。今の時点で使えるなというのは、M君とYo君の2人。これが今後増えるのか減るのか、それとも変わるのか。それは君たちしだいだ。人より頑張らずして人には勝てない。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.28

残心・・・残力?

1本勝負の間に着替えながら耳で聞く。全然勝負しているようには聞こえない。14人が真剣に闘っているはずなのだが・・・。表に出る。案の定、ほとんど動き無し。お見合い?老人の語らい?鉢植えのサボテン?やめー!となる。いったいこれのどこが勝負やねん。ギラギラと相手のすきを見つけようとしているか?わずかな隙に全力で喰らいついているか?まるでダメ。N君とYa君の勝負(?)が特にダメ。陳列棚の化石の標本ですか?力を残している。後これだけの稽古があるから、このぐらいの力を残しとかんと・・・という安全装置が働いているに違いない。この発想をもって稽古する人は、永遠に勝てない。3年のO君を思い出せ。なかなか1本にならんかったが、あの姿勢が尊いのだ。ジャングルを命がけで抜け出さなければ死んでしまうのに、抜け出してからからのこと考えて抜け出すための力をセーブしていたら生きて抜け出すことはできない。それといっしょ。後のことを考えずに<今に全力>を尽くさないとダメだ。負けてから元気でもしゃーないでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

鋼鉄の体・・・?

「靴そろえてへんの誰やー!」「床にカバン置いてるヤツすぐ片付けろ!」と言って稽古が始まる。夏休み中には言わなくてもよいようになれば、と思う。まあ一度習慣がついてしまえば勝手に体が動くはずなので・・・。そうなれば1段階ステップアップだ。それと、故障防止のためにストレッチに力を入れようとしているのだが、なんて硬い!開脚で座って、前に倒すどころか、そり返っている人がチラホラ。手を前に出してはいるが、1ミリも動かない。苦笑を浮かべて、まるでキューピー人形。鋼鉄の体だ。さて、今日は初心者組を合流、切り返しを中心にした稽古をした。切り返しはしんどい。好きか?と聞かれれば、迷わず大嫌い!と答える。しかし、強いチームは切り返しがしっかりしている。これは間違いない。だから、やる。スムーズに、力強くできるようになるまで。頑張ろう。キャプテンO君、号令がずいぶんしっかりしてきた。その調子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

ひさびさ、試合。

今日はHa君弟、Kさん兄弟が参加、にぎやかな稽古となった。弟2人組、4年と5年だが、なかなかよい。てゆーか、とてもよい。あ、スペース・シャトルが今飛んだ。成功っぽい。よかったよかった。で、久しぶりに試合をした。2年男+Kさんvs1年+Maさん+小学生。結果は・・・2年チームの惨敗となった。思い切った打ちがほとんど出ていない。特にN君、Hr君があかん。負けないようににとらわれて受けて受けての試合になっている。それではだめ。いつも言うことだが、試合は試し合い(ためしあい)である。稽古したことが相手に通じるかを試す場である。だから、思い切って試さないと試合をする意味がない。負けることを恐れてはいけない。負けることから学ぶことはいっぱいあるのだ。負けるからこそ、今度こそ!の気持ちが生まれるのだ。まずはここと思ったところで飛び込む。相打ちで十分。先を取ることを意識しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.25

とにかく基本から

ガラーンと広い体育館でとにかく基本からキチンとやってみようと取り組み始めた。素振り・足捌き…いやいやもっと前。脱いだ靴は必ず揃える・更衣場所は常にキレイに整頓する…そこから。案外その辺にヒントがあるかもしれないと思うのだ。焦らず慌てず、1歩ずつ積み上げていこうと思う。そうそうN君、6000番オメデトウ!面タオルあげます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.24

6000間近。

もうすぐ6000番、誰が取るか楽しみだ。2日目ということで、今日は面と胴を多めにやった。そんなに暑くもないし、稽古内容もそんなに無い(2時間30分)のにS君ダウン。全体にしんどそうな人が多い。もし目前に試合があったら絶対こんなことにはならない。何が違うのかということだ。それは緊張感。あるいはクレペリン検査でいうところの終末努力ってやつ。すぐ前にゴールが見えてるとできることもゴールが見えてないとできない。それが人というものなんだろうけど。だから自分でゴールをイメージしなければならない。遠い目標と近い目標。例えば夏に勝つ、そのために、今日中に抜き胴をカンペキにマスターするっていう具合。そうやってひとつひとつ積み上げていく。その果てにきっと最終のゴールがあると思うのだよ。そうそう訂正がひとつ。トレスクの日程は1・3・4・12・13・27でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

スタート

新チームのスタートである。投票の結果、男はO君、Kさんがキャプテンに決まった。O君は思いもよらなかったようで、かなりパニクった様子だったが、がんばれ!と声をかけられ、なんとか挨拶も済ませることができた。今後の成長に期待したい。その後、男女それぞれ来年の夏の目標を決め、掃除をして稽古に入った。素振り、足捌き、基本打ち…約40分の稽古でふらふらになっている人がいる。困ったものだ。それにしても3年生がいないとずいぶん寂しい風景となる。やはり彼らの存在は大きかったのだなと思う。後半、切り返しの練習とテストをして終わり。来年こそ目標が達成できるよう頑張りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい朝

いつの間にか朝だ。昨日は個人戦、結果はMaさん、Frさんがベスト16、他はそれぞれ大きな壁にぶつかって32までで敗退したが、3年生はそれぞれ一生懸命やったなと思う。まったくの初心者からの3年間、ずいぶんたくましくなった。防具もほどよくくたびれて体になじんできた頃、この日を迎えることになる。男は明るくたくましかった。レギュラーに入れなくてもこんどこそ!と努力していた。毎日トレーニングをかかさなかった。それが尊い。I君はキャプテンとして高い要求に戸惑いながら、しかられながら、ゴールした。この1年の経験はきっと今後の人生に生きるだろう。Kg君は体調を崩しがちで、なかなか日常的に稽古に参加することはできなかった。しかし体調がよいときは頑張って参加し、最終日には笑顔でありがとうございました!と言ってくれた。彼なりの一生懸命がそこにはある。それでいいのだ。女、初めは4人だった。1年の頃は迷走を繰り返し、いったいどうなってしまうのかと思われた時期もあったが、いつの頃からかしっかりするようになってきた。しかし勝てない。秒殺の試合が続いた。その中で少しずつ少しずつ、剣道にはまり込んでいった。そして自分のパターンを見つけていった。Hさんは胴を、Moさんは面を磨いた。それは夏季大会で1本になった。2人で後輩をひっぱり、あるときは逆に後輩や親に支えられて泣いて笑って見事ゴールした。昨日の最後の挨拶にはそんな3年間が込められていた。いい先輩になったと思った。男も女もよく頑張った3年間だったと思う。もう君たちを連れて遠征に行ったりすることは無いのかと思うと寂しいが、そんな感傷に浸ってばかりはいられない。進路という次の大きな目標に向かって頑張ってほしい。そしてトレスクメンバーは8月1・3・4・11・12・27と6回稽古がある。最後までやりきってほしいと思う。さて、今日は新しいスタートの日、キャプテンを決めて、掃除して・・・新しい気持ちで始めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.21

団体戦

今日は夏季大会・団体戦。アップをしてはいるが、絶対決めてやろう!が見えない。試合の朝のアップというのは、体を動かすとともに気持ちを高めることがとても大切。さあ、それができていたか?ということは各自で振り返っておこう。男子1回戦、対大枝中戦、先鋒Mu君、どんどん前へ出ての面2本勝ち。いい出だしだ。が、次鋒O君、慎重になりすぎたか静かに2本負け。中堅I君、取り返しておきたいところだったが、追い詰めきれず引き分け。副将Hr君、前半積極的に展開したが後半スタミナ切れで引き分け。イーブンの状態で大将戦を迎える。Kw君のここ一発の勝負勘に賭けるが、さすがに相手は強く2本負け。終了となってしまった。女子は1回戦シードの2回戦、対深草中戦、先鋒Haさんいいところで面にいくのだが、もう少しというところで後の面を喰らう。しかし次鋒Frさんから取り返し、終ってみれば4-1の勝ち。少しずつリズムが出てきた。さあ、と気合を入れて臨んだ対太秦中戦、次鋒をFjさんにチェンジ。先・次・中とおしいな、というところはあるもののキチンと2つずついただく。副・大は完璧にやられる。ベスト8。目標に1つ足りなかった。しかしながらヒントはあったのではないかなと思うのだ。これが明日の個人戦にどう生きるか、実に楽しみだ。大暴れの1日になればなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

いよいよ。

明日は夏季大会・団体戦だ。来るとこまで来たなって感じがする。いろんな思いをパワーに変えて、明日はとにかく思いっきり暴れてほしい。それだけだ。誰のためでもない、自分達のために。やるだけの事はやってきた。自信をもってぶつかろう。きっと結果は後からついてくるさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

とつぜん大忙し

学校って所は、突然降って沸いたように大忙しの日がやってくることがある。それもピンポイントで。今日はまさにそんな日で、もうF1レースのような日だった。大事な夏季大会の2日前にまったく顔出せないっていうのはホンマ申し訳ないことだ。明日はフルに頑張りたいと思うので御理解いただきたいと・・・思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

梅雨明けだそうで・・・。

朝から暑い。とても暑い。さいわい今日はうちだけなので、窓全部開けてやる。いつもどおりの基本練習の後、4チームのリーグ戦をやる。試合内容は少ししまってきたかなという感じだが、待って待っての試合も中にはある。待って待っての試合をしてると絶対伸びない。もっと積極的に自分から攻める試合をしなけりゃいかんなあ。その後の技の練習を見ていても、一生懸命やっている人の陰で手を抜いて終らすためだけの練習をしている人がいる。さすがに3年にそんな人はいないが、じゃあ、注意ができてるかと言えばできてない。それではまだ不十分だ。そんなに嫌なら無理に剣道を続ける必要は全然ない。そう思うのだが。女子の団体メンバーと試合する。1本のハンデを与えての試合をしたが、結果は3勝1敗1分けかな。けっこう粘った試合をするようになってきたな。これが本番にどう生きるかである。あと2日、頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.17

祇園祭・山鉾巡行の日

学生の頃、3回この祭に参加した。アルバイトで。で、3回ともバイト代なんてどうでもいいと思うぐらい大きな感動をもらって帰った。祭をとても大切にし、だからそれを支えるバイト学生をもとても大切にしてくれる鉾町の人達との一帯感、出発前、お囃子とともにビルの間からゆっくり出てくる巨大な鉾の予想を超えた迫力、多くの観客の驚嘆の声…。あぁ、京都にいてよかったとつくづく思ったものだ。さて今日の稽古は午後。暑い暑い体育館だが、昨日倒れた2人も元気に復活し、一安心ではある。今日は女子の団体練習の後、男子5人と試合練習をした。「昨日は君達全然勝てへんかったから、今日は全員1本先に取ってるということにするからな」全員無邪気に「やったー!」おいおい、喜ぶとこちゃうやろ。まあ、余裕かました以上、ええかげんな試合できないので、気合い入れてやる。結果は4−0で勝ち。審判のミスもあったから、正しくは3―2かな。うーん喜んでいいのかどうか…。しかし男達は全員やたら元気で「先生、太秦に勝ったら全国ですよね♪」その調子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

暑すぎる・・・。

今日は祇園祭の宵山。京都のもっとも暑い日である。新選組が池田屋に乗り込んだのもこんな暑い日の夕暮れであったのだろうか・・・と思いをめぐらしてみたりする。体育館も朝から暑く、S君、Ma君ダウン。ただでさえ暑いところへ防具着けるのだから、暑さ対策というのが他種目以上に大切になってくる。日常の健康管理プラス早目の水分補給が必要だね。さて男子団体練習をしたのだが・・・3試合目がいかんなあ。大将、悪い癖が出とる。あそこで打たれちゃだめ。Yo君打った後をしっかりすればもっと楽に勝てる。頑張ろう。Na君、今日は気合の入った試合できてる。それでいいのだ。その後、男子3年と試合する。パーフェクト2本勝ちを目指したが、Kw君には1本勝ちをされてしまった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

今日は女子の強化。

光化学スモッグ注意報が出て、ボーっとするような暑さ。女子の強化試合をしようとすると「腰が・・・」え――っ!かなり青ざめる。故障者は除いて試合をする。振りのスピード、踏み込み、左の締め・・・直さねばならぬところがイッパイある。辛抱するところは辛抱する、行くところはとことん行く、このメリハリが大事だ。I君、行くぞ行くぞで力が入りすぎて構えがガタガタになってる。それでは勝てない。Ma君、相手のペースにはまりすぎ。サービスしすぎだ。自分にとってのいいところが分からないとダメだ。3連休、しっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

個人戦選手強化試合

抽選会を終えて、相手も決まった。かなりいいくじで、全力勝負ができそうでワクワクする。メンバー発表もしたし、後はひたすら頑張るだけだ。個人戦選手強化試合をした。試合を終えてO君相変わらずハアハア言ってる。うーん、もっと楽にやればいいところが見えるのだが。Kw君、これも相変わらず危ない試合している。本番でいい部分が出るかどうか、それによって結果は大きく変わるだろう。集中力が大事だ。I君が元気いっぱいの試合をしている。その調子だ。Moさん、いいところが打てている。それでいい。今日の試合全般に言えることだが、攻められると引いてしまう試合が多い。それではダメ。もっとグッと前に出る試合をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

まだまだのんびり・・・

5時15分頃、体育館へ行く。試合が始まって2試合目ぐらい。ホワイトボードを見るとあと8試合ぐらいある。「おい、終るんか?」「はい、終ります(ニコニコ)」「終って稽古する時間あるんか」「わかりません!(ニコニコ)」・・・ため息。これまで何度同じことを言われてきたのか!これじゃあダメ。まるで夏休みみたいな雰囲気。夏季大会直前ということをもっと感じないといかん。あと1本勝負をする。Mu君、Kw君がよかったな。思い切りの良い打ちが出ている。本番にこれが出ればよいのだが。いよいよ来週の木・金が本番。とことん頑張ろう。そうそう、Hさん、5500番おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.12

速やっ!

今日も最後の10分ぐらいしか顔出せず。終って「え~、着替えた人からHa,Maさんのお土産あげます」と言うと、ドドドド・・・あっという間に着替えて手を出す。はあはあ言いながら、満面の笑みで。速やっ!物貰えるとなると、なんでそんな速いねん。ふと足元見ると、8人の人が靴下はいてなかった。そらあ誰のかわからん靴下たまるはずやわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人懇談中

ということで、見にいけなかったのだが、声は外までよく聞こえていたので、気は入っていたのだろう。ただ試合の結果を見ると、引き分けがやたら多い。白熱した試合でどちらも譲らずの引き分けならよいのだが、どちらも決めきれないとか、審判が見えてない引き分けだとしたら、大変困ったことである。さてどうだったのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.10

トレスクin旧滋野中

旧滋野中にてトレスク。夏季大会前最後のトレスク。さすがに8人とも出席。試合中心の稽古を行なう。Kさん、いちばん下からなんとかゴール。Moさん、上まで行きながら戻りゴールできず。Kw君もゴールには届かず。あと5人は最後の相懸かりの組に残ってしまった。なぜ勝てないのか、勝ち続けられないのか、それを自分で考えないとダメだ。結局のところ、相手を待ち相手に合わしてしまってるところが多い。その原因は自信の無さにある。じゃあ自信はどうすればつくのか。それは練習量。自分はこれだけやってきた、これだけ汗と涙を流してきた、負けるはずが無い、お前らとは違うねん、その思いだ。最後の10日あれだけやったもんな!勝つよ。と心から思える10日を過ごせば、きっと結果は後からついてくる。しっかり頑張ろう。さて、先日、八段のN先生と稽古したというO先生の話。「うーん、中心の取り合いの勝負にならへんねんなー。いきなり竹刀払って落とされるし。打ったら当るんですよ。やけど入ったという感じにはならへん。で、ポーンと面さわられる・・・。こう、気位で攻めてこられて全然噛み合わんかった・・・」なるほど、気位とはそのようなものか・・・と思った。確かに普通にしてたらただのおっちゃんやのに、面着けたら異様に大きく見えて、まるで子ども扱いされてハアハア言ってるところをニコニコしながら打たれてしまうってことがある。で、そんな人に限って、「いやいや、いいのをイタダキマシタ。参りました」なんて腰低くおっしゃる。なんでやねん!と思うがそれなんやなーと思った。夕方になって雨が降った。今日は祇園祭りの行事のひとつ、神輿洗い。この日は毎年雨が降る。京の不思議のひとつだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.09

岐阜遠征

夏季大会を10日後に控え、最後の調整として臨んだ今回の遠征だったが、これが本番なら間違いなく男女とも1回戦負け。女、さらさらと戦いさらさらと負ける。もっと、「負けたくない!」が試合に出ないとダメだ。男A、相手がどうしているかに関係なく、ただただ打っている。基本の練習じゃないのだから、それで打たせてもらえるはずがない。ふだんの稽古で何も考えてない証拠だ。男B、負けない。頑張ってる。が、声が出ない。声で決める快感てやつを覚えないといけない。あと10日、どう仕上げるか、それが問題だ。まずは1人1人が「勝ちたい」「このままじゃだめだ」「どうしたらいいだろう」と思うかどうかだ。そう思うかどうかで過ごしかたが変わるはずだ。そして、少しの情報も見逃さないようにすること。帰りのサービスエリアにて、「じゃあ、飲み物だけ補給してよろしい」と指示した直後、「飲み物買っていいですかあ?」ちゃんと聞いとかなあかんやろ!と言ったそのまた直後、「先生、飲み物は買ってよいでしょうか?」…かなり、イタイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

ひさびさ梁山泊

出張から戻って少しだけ見る。試合の中ではI君に少しつながりが出てきたのがよいところだろうか。あとは…キラリはなかった。終わってしばらくしてMu君「Ht君が防具置いて帰ってますが…」ハァ〜!?すぐTel。やがてトコトコと登場。明日は6時に集合だというのに、まったく困った少年である。夜、ひさびさに稽古に行った。亀岡のO夫妻が中学生を1人連れてきていた。1年とは思えない思いきりのいい剣道をする。これからが楽しみだ。自分の稽古はずいぶん久しぶりだった。いい汗をかいた。しかし面がまだまだだな。明日は岐阜遠征。いい1日にしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.07

七夕雷雨

いやあ・・・えらい雨・風・雷!昔から七夕はあまり晴れない。織り姫が、デートを見られるのが恥ずかしいからだそうだ。なかなかいい話だ。会議終って5時15分頃体育館へ。ニコニコして試合の準備中。おいおいおい、今から準備して試合して終わりまでできるかい?これも先が読めてないってことだ。3分の試合で先に1本取られてるのにもたもた鍔競合いしてるんと一緒。団体で勝たねば負けの所でゆっくり引き分けてしまうのと一緒。頭の発想の回路を組み替えないとだめだ。常に先を見た状況判断ができるようになろう。稽古少しする。Ht君よく狙っている。が、声が小さく、かつ遅れる。それじゃあ1本にはならないぞ。Kw君、今日は気が充実していた。これがいつもできれば負けない。いよいよ秒読み。夏、がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

遠征メンバー決定

たった1つ残った遠征メンバーをめぐってリーグ戦を行なう。キャプテンの報告によれば、On君が2勝0敗2分で勝ち取ったとのこと。他の2人とはポイントは僅差だとのことで、それはそれでよいことだ。決まった男子12人、女子6人は夏季大会本番のつもりで是非頑張ってほしいと思う。ところで・・・なんでだろうを2つ。7月の予定を配ったその日に何枚も散乱してるのなんでだろう?30分ほどかかってきれいに掃除したところが1日で元に戻っちゃうのなんでだろう?なんでだろう♪なんでだろう♪あー実に不可解である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

???

今日は卒アルの撮影。それにしても体育館は蒸し暑い。撮ろうとするとMi君がいない。「?」「教室で総合のできてへんのやってます」「ハア~!?」撮影の時間分かってるやろー!!!ということになる。自分のすべきことが自分で判断できないでは困る。面着けてない選手がやってきて「?」「昼休みにつき指してえ・・・」「ハア~!?」試合前に何してんねーん!!!ということになる。しばらく他の用を済ませて体育館に戻る。「?」空気が全然張り詰めてない。特に女子。「ハア~!?」この時期、勝つ気の無い奴はなんにもすんなー!!!ということになる。蒸し暑さのせいだけじゃないこの雰囲気、いったいどゆこと???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.04

今日は最後のお休み

7月に入ってやっと梅雨らしい天気が続くようになってきた。今年度に入って、基本的に月曜はお休みにしている。土日とも稽古をしての月曜、しかも体育館の割り当ても無いので、スパッと休んでリフレッシュしてもらおうということで。有効に使えてるだろうか?ともあれ、夏までは今日が最後の休み。明日からは夏季大会に向かってのラストスパート。しっかり頑張ろう!自分達のために!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

求めよ!

久しぶりにゆっくり稽古を見る。前半は昨日のトレスクと同じメニュー。決めて終るということを大事にした。どのぐらいのでやれたかが問題だ。N中K君、今日も参加。なかなかいい動きしてる。試合は団体の3チーム・リーグ戦をやる。打った後のフォームとか足捌きのまずさで1本を逃している人が多い。もったいないなあ。やっぱり足が大事だ。普段の稽古でおろそかになっている証拠だ。0.9999999・・・本は1本ではない。その差は僅かなようでめっちゃ大きい。1本になる打ちを身につけないとダメだ。そのカギは手ではなく足にある。後半、稽古と1本勝負。いつもザアッと殺到するわけだが、ここんとこ初めのほうに来る人は決まってしまっている。3年生でありながら来れない人は・・・あかんな。早い人の勢いに負けてるのか、しんどいことから逃げてしまっているのか、何も考えてないのか、いずれにしても求める気が無い。求める気が無いと何も得られない。逆に、求めようとする者は絶対にいつか何かを得ることができるのだ。求めよ、さらば開かれん!だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

トレスクin桃山

見本のような梅雨空。おかげでずいぶん涼しい。基本はいつも桃山でやってるメニューをやる。大切なことは相手との気のやりとり、元立ちの緊張感。それしだいで効果は大きく変わる。気を抜けば「今日は楽やな」でおしまい。自分はどうだったかを振り返ってみよう。後半、1本勝負。それぞれの課題がよく見えた。それは1人1人に言ったとおり。頑張ろう。少林寺シスターズは旅行中。今頃は温泉に浸かっているはず。なんでこの時期に!と言いつつかなりうらやましい。お土産に期待しよう。夕方、立命館大学へ劇団月光斜の舞台を観にいった。卒業生がいてよく招待券をくれるのだが、舞台の彼女は観るたびに大きく成長している。今回は大きな感動と力をもらった気がする。一生懸命やっている人にだけあるオーラがあった。大化けの予感だ。これからの活躍が 楽しみである。本気で一生懸命やっている人は、いつかきっと大化けする。もちろん剣道もね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.01

7月になった。

とうとう7月になった。会議のため見られず。さて、どうであったのか・・・。あすはトレスク。プライドが感じられる稽古を期待しているのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »