« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

温度が・・・。

今日も会議で、懸かり稽古前ギリギリに体育館に。ん?なんなんだろう?別にひとつひとつがどうというのじゃないんだが、全体から来るドォーン!というものがないんだなあ。1人1人は声出して懸かっていっているのだが、それがみんなのものになっていない。他人事になってしまっている。みんなで1つのことをしているという空気が無いのだ。だから温度が、熱が、感じられないのだ。さて今日の稽古はどうだったのか、自分は。全体は。よおーく考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.30

始まってみると・・・。

やはり会議やなんかで部活見れず。いいスタートは切れただろうか。学校のホームページの夏季大会速報のページに剣道部の夏季大会のスナップがたくさん載っているので是非1度見てほしい。いいところ写っているかな?家に帰って9時にTVつけたら、ちょうどプライドの試合が終ったところだった。あーしまった!いい試合があったのに!と思ったがどうしようもない。かなりショック。あ、そうそう合宿代の返金(700円)を渡しました。領収書よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.29

さーて、始まるな☆

いよいよ2学期が・・・じゃないか、前期の後半が(あ~言いにくい!)始まる。頑張らんとな!と思う。学校の行事もたくさんあるが、1級審査、昇段審査、花背の合宿、シード決定戦、新人戦、府下選抜大会、加古川合宿・・・と忙しい日々が続くことになる。ただ、参加するだけでは何の意味もない。それに向かって頑張って、精一杯やって、それで初めて参加する意味があるのだと思う。自分も頑張らねばと思う。9月には社会人の試合があるし、11月にはまた六段審査がやってくる。正直かなりプレッシャーなんだけど、真正面からぶつかることにしようと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

夏休み最終回

最終日の今日、道場の府下大会もあって出席者は9人。少ないがそれはしようがないとして、みんなそれぞれ夏の仕上げはできただろうか。力を入れるところ抜くところ、打つべきところ打ってはいけないところ、まあこのへんは難しいとしても、強くなりたい!負けたくない!そんな気持ちで毎日の稽古に臨めたか。しんどいなあに負けて休んでしまったり、面ひもがはずれたといってゆっくり休みながら直さなかったか。それぞれ自分自身を振り返ろう。明日はそんな反省と準備の日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.27

トレスク最終回

この日が来ると、ああ1年終ったなと思う。試合のほうは男子は音羽中N君が本命I君H君を連破して優勝し顧問のH先生を喜ばせた。女子は太秦中Kさんが危なげなく優勝した。桃山の各選手の結果は以下のとおり。Maさん、片手で返し胴は無理、相手が倒れたチャンスも攻めきれず、1回戦負け。Kさん、準々決勝Hさんをよく攻めたが、最後相手の間合いで勝負してしまい負け。小手のフォームを直そう。I君O君、ともに気合が空回りして1回戦負け。Kw君、1回戦を豪快にに勝ち、2回戦、優勝候補H君と1-1の後引き面取られ負け。Mu君、2回戦、I君が負けたN君と勝負、面を先取したが終了間際取り返され、延長で負け。詰めが甘い。HさんMoさんは結局欠席。トレスク生としては失格。今回の皆勤賞はたった5人。全体としては憂うべき事態だが、そこにKw君が入ったのは喜ばしいことだ。それが彼の強さの素だ。継続は力である。修学院対決となった女子準決勝、Hさんに勝ったMさんも皆勤賞の1人だ。皆勤したから力がついたというのじゃなく、休まないぞという強い気持ちで毎日の稽古に臨んでいるから強くなるのだ。そこが大切なんだ。今度メンバーに選ばれた人は全員皆勤賞を目指してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます

うっかり寝てしまって朝。昨日は久々の稽古。体育館の外まで声は聞こえているのでこれはマル。ただ、全員の声というわけではない。1年の声が小さい。1年生は決めるということがよくわかってないようだ。だから打ってすぐ動きが止まる人がいる。Ha君、何回注意してもなかなか直らない。素質としてはいいものを持ちながらしんどさに負けてしまっている。もったいない。初心者組は慌ててしまって基本のフォームが崩れている。それではいかん。丁寧に丁寧にが大切。中盤、何人かを元に立てての連続の地稽古をする。みんなクタクタなのだが、考えてほしいのは、ふだんの地稽古よりずっと短い時間だということ。にもかかわらずクタクタなのはなぜか。これは逆に言えば、ふだんの地稽古がいかに気を抜いた休み休みの稽古になってしまっているかということだ。前半の基本が終った時、「ああ、これで後は楽・・・」と思ってないかな?だとすれば、お互いの地稽古をやる意味が無い。その段階に達してないということである。地稽古では、その日にやったことすべてを実戦の中で使えるのかどうかを試し、そして自分のものにしていくという気が無いとダメだし、なにより、自分のすべてを相手にぶつけていくという燃えるような気がないとダメなんだ。だから、3分やればお互いクタクタにならんとウソ。ウソの稽古ということだ。そういう人はまだ地稽古をする資格は無いということである。さて今日はトレスク最終回、いったい誰が優勝するだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.25

急な出張で・・・

突然の出張でまったく見れず。久々だったので気にはなっていたのだが・・・。ま、明日見せてもらおう。みんな上達してるといいのだが・・・。7時ごろ、電車の窓から外を見るとすっかり暗くなっていた。ああ、夏も終わりなんだ・・・としみじみ。1年でいちばんブルーな時期ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

台風が来るかも・・・。

台風が来るかもしれない。空がなんとなくそんな雰囲気になってきた。明日は3:30開始だが、11:00現在暴風警報が出ていれば中止。まあ大丈夫だろうけど。秋だなあ・・・と思う。新チームまだまだメンバーも決まらない。10月早々には花背の合宿もある。普通の基本練習ができない段階では参加は無理。目安としては1級合格ぐらい。1級審査は9/11だが、うーん・・・今受かりそうな人は・・・いない。少なくとも1週間前の様子なら。この1週間のトレーニングの成果、見せてもらいます。7500は少林寺sistersがGET!おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.23

全国大会のニュース

勝負というのは本当にわからない。今回の太秦はずば抜けて強く、特に女子は全国の強豪校がマークする存在であった。が、リーグを抜けたのは男子であり、女子は抜けられなかった。いろんなファクターが絡んで何が起こるかわからない。それが勝負の世界。試合を見たわけじゃないから、内容についてのコメントはできないが、剣道の勝負は一瞬。その一瞬のために長い稽古がある。1番いいタイミングに自分の1番いいところを出せた者が勝つ。じゃあ、そのために何か特別な近道はあるのか、秘密の楽な道はあるのか・・・ない。ただただ繰り返し繰り返し、体が無意識に動くまで稽古するしかない。無意識にお箸が口に食べ物を運ぶように、チャンスに竹刀が打突部位に届くようにならないとだめなんだ。そこまでの苦しい道のりを支えるもの、それは絶対に勝ちたいんだという信念。それしかない。自分は勝つ!本気で信じる人は絶対に勝てるようになるのだ。君は今日何かしたか?剣道のことを考えたか?まずはそれが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

今日から花背。

花背山の家は圏外なので、大急ぎで8/21京都新聞の記事の京都外大西高三原監督の言葉を紹介しておこう。「野球には(魔法は)ないと思う。選手が必死になって一生懸命に練習して、予習復習をして試合に臨む。そうすれば、こういうチームでも強くなれる。」いつも言っていることとまったく同じだと思う。自分の意思による予習復習がいかに大切であるか、これは剣道も勉強も同じ。宿題を出してもらわなくてもそれがやれる人は強くなる。そういう人が集まったチームは勝てるようになるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合で強くなる。

西高の試合、予選は全然強さを感じなかった。大丈夫かなと思ってたら、スルスルスル・・・と勝って甲子園へ。そんな感じやから「まあ、1回でも勝ってくれたら・・・」と思っていたのだが、1戦また1戦と、やるほどに強くなっていく。そして驚異の大逆転、で決勝まで!強くなった、試合で強くなった、と思う。これは剣道でも一緒。練習で強くなる部分と試合で強くなる部分がある。ダメなチームは試合するほど弱くなる。それは試合をただこなしているから。遠征なら1日目には勝てた相手に3日目ボロ負けというパターン。これじゃあかん。1戦1戦を大切にし、勝つことに集中し、1戦ごとにその試合を振り返って次に臨むチームは1日目負けたチームに3日目に勝つようになる。うちはどうだろう?どっちだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

2日目。

ハードに下見をした。途中ラジオで西高の準優勝を知った。K君本当にご苦労さま。おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.19

沖縄です。

あちこちでいろいろ相談しながら1日目が終わった。明日は3方面に別れて盛りだくさんの下見をする予定。みんなはトレーニングをしてるだろうか。そうそう宿題もやらないかんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.18

なんだかなあ・・・。

今日は途中から会議があったりして、バタバタした。そんなん聞いてへんっちゅうねん。どうもこの3日間は集中した稽古ができてない。どこが、と言われると困るのだがどうもこう・・・一生懸命膨らませている風船にどこか小さな穴が開いてるような違和感がある。準備不足の授業が終った時のようなそんな感じ。気がかみ合うところまで高まってない。というのはそこまで高められてないという指導者の責任か・・・。わからんが、まあ今それを言っててもしょうがないので先のことを考えよう。次回25日、ここまでに全力でできる状態(体も心も)を作っておこう。これ宿題。体調をベストにキープするとともに、これまでにできるようになったことを体に覚えこまそう。どうやって?それは自分で考えろ。10年ぐらい前のチームは、1年初心者が集まって公園で素振りしたりしてたということを3年になってから聞いて驚いたことがあった。勉強でも一緒だが、人と同じだけやってては人には勝てない。人よりちょっとしかやらなければ、当然負ける。じゃあ勝ちたければどうすりゃいいかってこと。それだけのことだ。明日から修学旅行の下見。25日、いい加減な稽古しかできない人はおみやげあげません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

頑張れ西高!

西高が強い。今日勝ったのでベスト4だ。今日の京都新聞(朝刊)に大きくK君の記事が載っていた。見る人は見ていてくれたんだと、そのことがうれしかった。背番号1。エースナンバーを背負っていることにプライドを持ち、次の試合ものびのび頑張ってほしいと思う。忙しくて甲子園には行けないが、心からのエールを送りたい。頑張れ西高!頑張れK君!で、稽古だが、相変わらず少ない。Kさん弟を入れて11人。キャプテンO君もついにダウン。いったいどうなってしまうのか。明日の稽古の後、また6日間休みになる。そこできちんと立て直そう。生活リズムの立て直し、体温調節能力の正常化、しっかり食べて早寝早起き、それができて初めて、剣道のトレーニングをする資格があると思わなければならない。そこんとこ、よーく考えてちょうだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

お盆ではあるが。

さてどうかなと行ってみると・・・11人は・・・お盆とは言え少ないんちゃうかと。ちなみに参加者2年O君N君Ma君K君KさんTさん1年Ya君Md君T君FjさんTkさん。体育館がら~ん。これなら午前中からやればよかった。素振り・足捌きでT君リタイア。基本に入ってYa君、K君リタイア。そんなに暑くはなかったはず。ということは休み中の過ごし方、稽古前の昼食の摂り方、水分の摂り方に問題があるということだ。反省点は多い。力いっぱい活動するためには活動時間だけ頑張るのではダメ。その前後にどういうリズムで生活するかが大事なのだ。そして、部活がしっかりできる生活は他のこと(早寝早起き・勉強など)もしっかりできる生活であるのだ。健康管理はスポーツ選手の基本だ。その点女子は余裕の表情。なかなか頼もしい。今日は小手を少しやった。その後の応じ技の練習でMd君Tkさん2人とも小手をたくさん打とうとしている。もちろん簡単には決まらないが、こうやって打とうとする気持ちが大切だ。2年生の中で、基本のフォームが崩れてる人がたくさんいる。具体的には今日言ったとおり。直す努力をしよう。後半稽古3分5回。間に合わない人、それだけで負け。しっかりしよう。さて、明日はどうだろう。学習会もあるが、終ってからでも参加は可能だ。うまく両立しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

お盆ですね。

お盆である。終戦記念日でもある。うちの父は学徒動員で出征し、満州で捕虜になって、シベリアに抑留され昭和33年に帰ってきた。もうかれこれ18年ほど前に死んだので、彼の戦後はずいぶん短かったわけだ。毎年お盆に墓参りをしていろんなことを思う。いろんなことを思って今後の判断や行動に生かすということのために、この日はあるのかなと思う。おそらくはそれが多くの先人たちの意思(遺志)でもあろうかと思う。個人のレベルでも、国のレベルでもね。この前の近畿大会の開会式の挨拶で来賓の奥島先生が「君たちは宝です」と言われた。選手だけじゃなくって、中学生みんながそうだと思う。だって、やがて君たちがこの日本という国を作っていくのだから。だから、今を無為に過ごさず、今世界で、日本で、何が起こっているのか、何が起ころうとしているのかをよく見、聞き、考えて過ごしてほしいと思うのだ。そのために必要な力を培うのが授業であり部活なのだ。さて明日から後半戦の開始。明日途中でリタイアする人は、この6日間の過ごし方がダメだった人だ。さあ、君はどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.14

50本だけしか振れない素振り

さて、今日は完全オフ。こうなると逆に何かしたくなる。よく面を打ったときに左手の中で柄頭が滑らんように、とアドバイスするのだが、昨日応じ技の稽古で面を打っているとき、後半になって自分の左手の中でけっこうズルズルと柄頭が滑っているのを感じた。ありゃりゃ、これは・・・いかん。トレーニングせんとな。といって長々やっても続かないし、効果もない。そこで、1本を大切にするために50本振ったらクタクタになる素振りをすることにした。時間もかからない。1本1本にも集中できる。けっこうクタクタになった。これええんちゃうかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.13

トレスクin太秦中

太秦中でトレスク。基本から教師が元に立ってやった。面の応じ技が抜群にしんどかった。1人に3本×30人ぐらい来るので、90本連続の面打ちとなるわけだ。これ、かなり来るね。試合。Kさん、やってみることが大事だ。あかんやろなあと思ってたら一生できない。Kw君、いいとこ打ってるんやから、もっと自信もってやらんとダメ。相手が倒れたところ逃すな。しかしY君、倒れながら下から小手打つとは・・・『六三四の剣』みたいや。Mu君、最初の1本がすべて。真剣ならあれで、何もしないうちにサヨウナラになるんだから。集中して先をとることだ。後半久々に技の魔術師Mo先生に稽古をお願いした。まるでだめだ。あいかわらずズンズン入られ、小手ポン、面ポン、胴ポン、ポンポンポン、はい!ポポンポン・・・参りました。もっと真っ直ぐ、それと小手面の練習を、とアドバイスをいただいた。心がけよう。その後D君と稽古する。たくさんの試合の後でかなり疲れてたようだが、全国では頑張ってほしいものだ。あ、7000番はHr君がゲット。おめでとう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.12

帰ってきました。

朝起きると土砂降りの音。やっぱりなあ・・・と障子を開ける。かなり寒い。開き直って温泉に浸かっていると・・・やんだ。雨がやんだ。おぉ、なんてラッキー!早々に出発し、真田から嬬恋、浅間山の麓を走る。山は雲の彼方で見えなかったけど。その後軽井沢をうろうろし、碓氷軽井沢ICから高速をひた走る。高速で大変見事な運転をするトラックが走っていた。あまりにも見事なのでずーっと後ろを走ってた。雨の中「ほおー」とか「はあー」とか言いながら。2日で1000kmほど走った。おしり痛い。さてトレスクの報告、目に浮かぶようでいいね。たぶん戻ってきた時のKさんは笑っていたはずだ。明日も頑張ろう。試合のチャンスがあったら稽古してる技を必ず試そう。明日はそろそろ7000番出るかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.11

夏休みします。

今日と明日、たった2日の夏休みをとることにした。朝から名神・中央高速をバイクでひた走り、信州の田沢温泉に到着した。とても風情のある木造三階建てのますや旅館は、かつて島崎藤村が泊まって詩を作ってた部屋がそのまま残されている。新しくは映画『卓球温泉』のロケ地としても知られてるらしい。知らんけど。ということで明日のトレスク休みます。頑張って代表チームを鍛えてやってください。トレスクの様子はまた掲示板にでも書いてくれるとありがたい。あさっては行きます。天気予報によると「明日の長野県北部はバケツをひっくり返したような雨でしょう」そんな言い方せんでもええやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

さてと、

今日からしばらく部活は休み。しかしながら日直なので学校へ行く。行ったら行ったでピンポイントで仕事がやってくる。不思議だ。しっかりリフレッシュして後半戦に備えよう。気がついたらとっくに立秋を過ぎていた。ちょっとショックだ。そうそう、今回の合宿は食費をかなり安く工夫してもらえたのでかなり返金できそうです。後日、精算してお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.09

合宿無事終了。

どうも遠征や合宿の時というのは眠りが浅く、それこそ5時ぐらいから30分刻みで目が覚める。気を張っているせいだろうか。7時になって全員起床。フトンを片付けて朝の散歩に行く。帰ってきて朝食を済ませた頃、音羽中チーム到着。OBのKw君Mu君もいつの間にか到着、稽古開始となる。午前中はオーソドックスなメニュー。やがてカレーの匂いが漂ってくる。Ma君「先生、お昼はカレーのようです!」「そんなことわかっとる!」と稽古は進む。OGのHさんも登場し、後半40分ほど地稽古して昼食。今日も保護者の方々にお世話になった。ほんとにありがたい。午後は全員による個人戦トーナメントを行う。音羽の選手、とても動きがよく、なかなか手強い。稽古でもこれがでればもっとよくなる。トーナメント序盤、K君がKさんに決めた面は見事だ。逆にお互いになかなか攻められず、ただただ待つという試合がいくつかあった。N君Ht君Ha君の試合がそう。それではダメだ。前から言っているように試合は「試し合い」なのだから、もっと積極的に自分のできる(つもりの)ことを試さないとダメだ。通じるかどうかは相手が教えてくれる。そんなこんなで準決勝はKさんvsN君とYo君vsFjさんという組み合わせになった。Kさん、おしい面が何本かあったが、最後はN君の逆胴で勝負あり。Fjさんもよく戦ったがYo君がしっかり決めた。決勝戦、どちらも慎重になりすぎてチャンスをものにできない。もっと思いきればよいのにという場面がいくつもあった。最後はYo君が思い切って跳んだ1本が決まり、優勝した。さて2年生、それをどう受け止めるのか、だ。「強いなあ…」ではいつまでたっても勝てない。「イマニミテイロ、ボクダッテ!」を見せてほしい。その後K兄ちゃんも交えて地稽古をして稽古終了。後片付けを頑張ってやり(ふと見るとアイスくわえて漫画に没頭の人もいたが)ミーティングして予定終了。明日からしばらく休みだが、せっかくやったことを忘れないように過ごしてほしい。キャプテンO君、だいぶそれらしくなってきた。その調子だ。最後にいろいろお手伝いいただいた保護者の皆さん、どうもありがとうございました。重ねて御礼申しあげます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.08

合宿ですが。

少年少女達は、現在勉強中。どれだけ効果が上がってるかはわからないが・・・宿題やら読書やらをしている。しかし・・・互いに質問をしあっている内容をきいていると・・・大丈夫だろうかと、ちょっと不安。さて、今年も合宿をすることができた。9時から2時間ずつの3部練習。かなりくたくたになったが(なんせ、地稽古の元立ちは立ちきりなので・・・)部員はどうであろうか。夕食のときの元気さを見ると、もう3時間ぐらいはできそうだ。その夕食だが、今年もたくさんの保護者の方が来て作ってくださった。本当にありがたいことだと思う。稽古の後、部員にもそんな話をした。安心して部活や合宿ができるのは、いろんなカタチで応援してくださる保護者や、勉強忙しくても見に来てくれるOBのおかげ。感謝の気持ちをもって稽古に励もう。夕食はほぼ完食!おかあさん達の必要十分な量の読みの鋭さに驚くばかりだ。入浴後スイカも完食。さて、今日の稽古だが、1回目は前半素振り・足捌きを少し多めにやった後、面と切り返しと体当たりをひたすらやった。途中で防具がとれる人の多いこと多いこと。とれた回数に応じて懸かり稽古をすると宣言。とたんにとれる人が減った。おいおい。昼食後、2回目。OBも来てくれたので基本打ちの後、打ち込み・懸かり稽古を頑張ってやる。この夏、毎日のようにOBが来てくれる。大変ありがたい。おかげで、初心者の稽古も目が届く。1時間休んで3回目。技の練習をいくつかやり、追い込みをやって地稽古。30分の予定だったが、結局1時間やった。6時半、すべて終了。かなり体重減ったような気がする。明日は音羽中も参加の予定。午後彼らも交えて試合をしよう。優勝持っていかれんといてや。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.07

近畿大会

純粋にスタッフとしての近畿大会。スムーズにかつ盛り上がる大会となるように・・・!と念じて。これけっこう緊張感がある。ひとつひとつプログラム終るたびにホッとする。閉会宣言があって、ああよかった!無事に終った!心から思うのだ。後片付けも終って外に集合する。こんなにいたんだ!と驚くほどの補助員と役員の先生達。監督として来ているときは試合のことで頭イッパイで、それはそれでしんどいことだけど、その試合がこんなに多くのスタッフに長期にわたって支えられているなんてこと、考えもしなかった。文句1つ言わずテキパキと動くスタッフ。ありがたいなあ!と思う。過去何年にもさかのぼってお礼を言いたい気分だ。最後、自然にみんなで拍手して終った。気持ちよかったな、と思う。さて試合。赤穂西、上宮、八幡東の男子が抜群に強かった。その中で抜け出した上宮、スゴイ。ほんまスゴイわ。びびった。このレベルの試合を見習ってほしいのだ。激しく、しかも冷静でけっして感情的にならない試合。すばらしい。かくありたいと思った。あす・あさっては合宿。思いっきり頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.06

近畿前日

明日は近畿大会ということで、会場作り、リハーサル、会議、レセプション・・・とばたばたした1日。大会を成功させるためにたくさんの先生や生徒が大忙しで働く。大会の成功とは、選手が「あぁ、いい大会だったな。出場できてよかったな」と思える大会にすること。そのためにスタッフはそれぞれのパートで夏休み返上で全力を尽くす。それができる京都のスタッフは素晴らしいなと思う。補助員で参加する人は、一生懸命仕事するんは当たり前だけど、それだけじゃなくて、近畿レベルの戦いを、選手の気の高まりを、肌で感じてほしいのだ。そして、来年この場に選手として参加するんだと決意してほしいと思う。リアルなイメージを持つこと、それが目標達成のイチバンの近道なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

4日ぶり。

トレスク等で4日ぶりに稽古を見る。まずは体操始めたところへKさんドタドタと登場。キャプテンが遅れるようではチームの未来は見えてる。しっかりしなさい。全体に声出てない。気が下がっている。これではいかん。自分達のための稽古なんだから、どんな状態であれ、全力の稽古ができてないとダメだ。4日ぶりに見たら、お、いいな!と思わせるものがないとダメなんだよ。中盤、胴の練習をした。一応打てるようになったのだから、忘れないうちに繰り返し練習して、無意識に体が動くようにしておこう。後半1本勝負、パッと相手が見つけられずにあまっている人、その時点で負けだと思わねばならない。もっと緊張感を持ち、積極的に動かんとあかん。懸かり稽古はHa君とYo君がよい。Ha君は気と息のつながりがよい。基本の稽古も同じ気持ちでやればもっとよくなるはずだ。Yo君は1本1本の正確さと鋭さがよい。それを続けていけば強くなる。それぞれのいいところは学年に関係なく見習うようにしよう。さて明後日は近畿大会本番。近くでこういう大会があるのは上達のチャンスだ。補助員にあたってない人も、ぜひ見学に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

お勉強の日

今日は総合教育センターで終日研修会があった。ひらたく言えば夏期講習みたいなもの。じつに今日内容が濃かった。ためになった。行ってよかった。帰りに本屋で『剣道時代』『剣道日本』を立ち読みする。インターハイ予選特集で、中学時代に頑張っていたアイツやコイツが笑顔で載っているのを見るのはうれしいものだ。また、技や心の持ち方についてもいろんな特集があって、つい長々読んでしまった。今日の研修と同じで、こちらに求める気持ちがあると、なるほどな!ということがたくさん見つかる。ぜひ近くの本屋で見つけて手にとってほしい。そして、じっくり読んでマネすることだ。「えー、マネなんて・・・」はまちがい。習字だってお手本を一生懸命マネすることから始めてるはず。まずは立ち読み、気に入ったら購入しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.03

トレスクin大宅中

あっつ~!ホンマに暑い。今日は田辺中も参加しての強化練習。大宅の体育館が暑いのか、世間がみな暑いのか、とにかく暑い。前回のように試合を中心にした練習の後、20分ほど地稽古をする。ずらっと太秦の選手が並ぶ。女子の稽古がやっぱり他の選手とは全然違う。ぐんぐん入ってくる。間合いの外でゃぁ~・・・なんて選手はいない。ぐんぐん詰めてくる。そこで技を出すとすべて返してくる。受けっぱなしはまったくない。これなんやなあと思う。徹底した技の練習と、それを的確に機会に出す練習、そしてそれが頭じゃなく反射でできるまでの稽古がされてるなと思う。新チームを振り返ったとき、さてどうしたものかと考えてしまう。勝ちたけりゃ、それを上回る稽古をやるしかないね。あ、Kさん、6500おめでとう。その面タオルでしっかり稽古してくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.02

あぁ、痛恨の反則~京阪神教員三都市剣道大会

おそらくずいぶん昔から続いている京阪神教員三都市剣道大会。年に1度の親善大会である。アップの感触はいいので頑張ろうと開会式に臨む。第1試合は神戸市vs大阪市。前半大阪市がリードしていたが神戸市が追い上げ、接戦で逆転勝ち。続いて大阪市vs京都市。S・U先生2本負けの後、Te・Ta・S先生が2本勝ち。で、出番。相手は若手バリバリのN先生。しかし彼の1試合目があんまりよくなかったので、いけるかも・・・の思いがあった。まずぐっと入って面を取り、2本目手元を上げて出てくるところを諸手突きで勝つつもりで行ったのだが、開始とともにえらいプレッシャーだ。おいおい、いつの間に目覚めてん!みたいな。全然入っていけへんやないか。やがて小手に行くところを小手面と乗られる。やられた。2本目、突きを出すも、相手の突きのほうが激しかったり、大波に翻弄されるサーファーのごとく、やがて引き面を決められる。完敗であった。その後、Y・O・M先生1本勝ちで勝負は決まり、Mo先生は玄妙な技を披露するも決定打とならず引き分け。6-3で京都市の勝ち。さて続く神戸市との対戦、さっきの感じで神戸市は後半が強いのはわかっていたが、京都市も堅い試合ができているので大丈夫と踏んで開始。Ta先生あざやか2本勝ち、U先生2-1で勝ち、Te先生いいとこ取るも取り返されて引き分け、S先生1-2で負け、Ta先生2本負け。で、出番。今度の相手のO先生はがんがんは来ない。しかし、不用意にいくと合わされたり、応じられたりするので注意が必要だ。慎重にスタートした(つもり)。鍔迫り合いから引いたところをつけこまれ場外。しまった。その後、何度目かの鍔迫り合いから、引き面を決める。これはクリーン・ヒット。ところがその後が悪い。あと少しという思いがおそらく頭をかすめたのだろう、その瞬間竹刀を払われ、反則2回。5秒後ぐらいに時間となり引き分け。あ―・・・!なんちゅう試合や。生徒ならしばいてるなと思った。その後、Y先生1-2で負け、O先生2本勝ち、M先生1-2で負け、大将戦にすべてがかかった。1本勝ちで勝ち、引き分けなら負けである。神戸市I先生、Mo先生にいいところを出させず引き分け、京都市は優勝を逃したのだった。あぁ、あの反則がなかったら!大いに反省をした1日だった。試合後、汗びっしょりのI先生の話。「わしよお、去年Mo先生に1本取ってから2本取り返されてさ。これは・・・あかんやろ、思てさ。今年は!と思て来たんよぉ」この気持ち、ずっと年上でありながらこの気持ち、見習わねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.01

ひさびさトレスクin武徳殿

今日のトレスクは都合で武徳殿で行なった。ま、高校野球で言えば甲子園でちょっと練習を、てな感じになるのかな。京都ならではの贅沢かもしれない。しかし涼しい。外は35℃なのに。昔ながらの日本建築の凄さを肌で感じた。30分ほど基本やって試合稽古をやる。30分の基本でも、白い顔して面を取っている人もいれば、汗をぶるぶるかいて面を取ってプハー!と息をついている人もいる。どっちが自分のための30分であったかは言うまでもない。どう取り組むかが大切。面1本打つだけでも汗が吹き出るという気迫が大切だね。まして休むなんて問題外。トレスクの日程は前もってわかっているのだから、欠席するようでは自己管理が全くできてないということだ。あかん。試合だが、女子はなかなか追い込めない。もっともっとけんか腰で懸かっていかないと代表チームを鍛えることにならない。3日はそんな試合ができれば、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »