« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.30

9月終わり・・・。

体育祭の予行、めっちゃ暑かった。焼けたなあ。今日は面を着けられるかなと思っていたのだが、残念ながら無理だった。前半の稽古、足が使えてない人が多い。打ったところで体が止まっている。だから、すっきりした打ちに見えない。迫力がない。遠くから見てるとよくわかる。Tさんの試合を見た。試合になっているなと思った。中途半端に守ったり防いだりするんじゃなく、思い切ってドンドン打っていってるところがよい。足がしっかり使えている。むしろFjさんのほうが出遅れている。足が。これは後の地稽古でも一緒だ。あんなに入られて、そこから足を持ち上げてたんじゃ全部乗られてしまう。あたりまえ。目でもっと情報をキャッチし、距離を測って先に跳ばないとだめだ。もっと自分を追い詰めた稽古しないとダメ。あまい。明日は11時京都発で、梁山泊女子チームとともに岡山・お通杯剣道大会に参加する。土日頑張った人にはお土産あげよう。そうそう御香宮のお祭りも始まる。たこ焼き食べ過ぎてお腹壊さないようにすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.29

阪神優勝に。

阪神が優勝した。今年の阪神が強かったなあと思う。ずーっと巨人が好きな、まあ平均的なプロ野球好きであるのだが、最近の(てゆーか、ずいぶん前からの)巨人の、ポリシーのない選手獲得や杜撰な選手起用には、正直さめるものがある。なんでまあ4番バッターばかり集めるのか。なんで育てるということをしないのか、金ばっかり使えばいいのか、だいたい、高い金出して4番集めてキャラかぶって通年1人の選手を4番に継続して使えないなんて。まさに船頭多くして・・・だ。まあ、飼い殺して他球団の戦力になるのを防ぐつもりかもしれないが。だめだ。あまりにバブリーだ。おもしろくない。川上監督の頃はよかった。キャッチャー森、ファースト王、セカンド土井、サード長嶋、ショート黒江、センター柴田、ライト末次、レフト高田、そして金田が、堀内が、投げたあの頃。日本中に元気があったあの頃。プロ野球はもっとシンプルでリアルでピュアでおもしろかった(気がする)。そんな背景があって『巨人の星』があった。あの漫画がどれほどの少年達に勇気と根性を与え、どれほどのプロ野球選手を生み出したことか・・・。時代のせいもあるが、そんな熱い漫画がないなあ・・・と思う。ど真剣に剣道したくなる漫画がはやらんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー朝だ(+_+)

ということで、久々に朝になってしまいました。きのうのトレーニングは季節がらリレーなんぞも取り入れて。ま、トレーニングは基本的に楽しくハードに鍛えるを目標にやってみようかと思うのだ。同時に普段はできないような細かい部分をチェックできるとよいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.27

ちらっと見てみる。

バタバタと用があって、稽古が始まってしばらくしてから体育館の入り口からチラッと様子を見る。空気が動いてない。引き技の稽古をしているようだが、打ちも引きも声も、せいぜい60%かな。1本にはならない。1本にならない打ちを何度も何度も繰り返し体に覚えこましたらどうなるだろうか?試合の中の咄嗟の瞬間に自然に出た打ちが60%の打ちであったらどうなるだろうか?考えるまでも無いことだ。「試合は全力で頑張ります!」と言うかもしれない。でもね、体が覚えるってことは怖いことで、いい動きも悪い動きもそうそう抜けないのだ。クセが取れないのがその現れ。試合のときは・・・なんて無理。だから常に100%の動きを体に覚えこまさないとダメなんだ。おわかりかな?そうそう、久々に前女子キャプテンHさんが稽古を見にきてくれた。自分の力を発揮できる高校に行って、ぜひ頑張ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.26

稽古休みだが・・・

連休明け月曜日。稽古は休み。十分に体を休めてほしいものだが・・・1年生の防寒具申し込みを持ってきたのは1人だけ。後は申し込みをするかどうかさえわからない。そしてその分全体の注文が遅れることになる。自分の行動と全体への影響の関係がまったく考えられてない。そこの回路がつながらないと、ふだんのひとつひとつの稽古と自分の上達の関係が理解できない。つまり稽古の効果が上がらないということになる。その辺をわかって毎日の生活をしないとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.25

涼しくなってきた。

秋ってかんじがなんだかうれしい。快適だ。午前中の稽古。初心者は相小手面を練習した。しかし、技の練習でその練習ができてない。教わったことはすぐに復習をしないと自分のモノにはならない。勉強と同じだ。試合ではMd君がよかった。いつでも打つ用意ができているから、いいところで打てるのだ。あの1本を大事にしよう。打たれたFjさんはもっと足を使う稽古をしないとダメだ。まだまだ稽古に向かう気持ちが甘い。後半1本勝負をした。Kさんの小手はいいところで打たれたな。必死さが感じられるいい打ちだった。Ht君、負けても負けても並んで掛かってくる。で、最後に1本決めた。その気持ちが大事だ。それに引き換え・・・1度も来れない人はいったい何をしていたのかということだ。チャンスを掴もうとする気と掴む努力とスピードが足りない。それでは勝てる選手にはなれない。常に緊張感を持って稽古に臨もう。そうそう、社会人大会の京都梁山泊チームの記事を『京都梁山泊な人々』にアップしましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.24

さてと・・・

午後から稽古。体育館全面、参加16人。やはり1年の参加が少ないなあ。逆に2年はだいぶ意識が高まってきた。ほぼ毎日欠席無しの状態だ。そして、勝つためにはどうすればよいか、何を変えればいいか、を考えているのが見えてきた。その意識を持って毎日の稽古に取り組めば強くなる。試合はN君のいいところとダメなところが両方出た。Tさん、Md君もよく頑張っている。地稽古、やっぱり来る人が固定してきている。割り込んででも順番を取ってやろうという気の無い人は強くならない。明日に期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.23

社会人剣道大会

年に1回のお楽しみの大会である。個人戦はY選手(五段)と対戦。真ん中を固めてじっくり来るタイプなので、そこから合わせて攻めこんで、と思っていったのだが、なかなか中に入れてくれない。中途半端に前に出た所に面乗られる。いかんいかん。後半に入り、来るところを逆胴に行こうかなと思った所を小手打たれた。瞬間ごめんなさいの抜群の小手だった。いいとこなし。個人戦ではT先生がパワフルかつ落ち着いた試合運びでベスト8に進出した。特に膠着状態からの引き面は素晴らしかった。往年の大阪府警の石田選手みたいだった。さて団体は中体連Bの大将で出ることになったのだが、相手は五、六、七段を並べてきた。ぶっちゃけたところ、勝ちでも負けでも副将までに決めてくれ〜と思いつつスタート。先鋒H先生、果敢に攻めて1本先取するも2本取り返される。U先生、試合したかった〜と不戦勝。S先生、1−2で負け。Y先生、頑張って1−1の引き分け。おいおい勝負まわってきたよぉ!である。引き分けで負け、1本勝ちで勝ちだ。開始早々、やや軽い引き面が決まった。しかし、ここからの2分半は長い…。中盤、表か裏か迷った相面で取り返され、その後決め手なく引き分け。チームは負けとなった。もっとも悪い引き分けだなあと思う。先に取って時間がたくさんあり、しかもそのままなら勝ちというパターンは本当に難しい。心を鍛えないといかん。こんな時にこそ平常心てやつが必要なんだろう。口で言うのは簡単だが…。今日の大会委員長の五島先生は81歳まだまだ現役選手である。それを思えばまだまだこれからということになる。頑張らんとあかんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.22

明日は社会人大会

久々に外練。ありがたいことに最近ほとんど中でやらせてもらっているので、ほんとに久しぶりだ。ノートを忘れたS君、走りながら「ち、血があー」と言っている。見ると確かにスネからちょろっと出血。「あ、そう」おわり。だいたい集中力が足らんので、忘れ物したりコケたりするんだ。明日は社会人大会がある。ひとつ楽しんでこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.21

力を出すということ。

試合をした。着替えながら聞いていたが・・・声がろくに聞こえず、どんな試合や・・・!と思っていたその時、しっかりと力のある声が響いた。おっ!誰や?と覗いてみるとTさんだった。いいなあと見てると、Ma君からキレイに小手を取った。やるなあ・・・初心者なのに。全力の声はここまでのパワーを引き出すのだ。だから声が大事なんだ。 つまり、そういう事 頑張ろう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.09.20

久しぶりの学校?

3連休開けはなんだか調子が狂う。後半稽古を見る。人数が妙に少ないなあ。初心者組を少し見る。丁寧にやればできることが、慌てるとまったくダメになってしまう。これじゃいかん。それと手首の動き。これが柔らかくなればいろんなことができるようになる。練習しよう。適当にやっててはいけない。地稽古、工夫がない。もっといろんなことを考えて試さないといかん。なーんとなくやってる。それではお互いに全然おもしろくないはずだ。もっとおもしろい稽古を作り上げよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

昇段審査

今日は昇段審査の日。3年生5人が2段に挑戦、全員合格した。昇段審査に合格するということは、正しい剣道が身についているということ。それを認められたということだ。そういう意味でよかったなあと思う。この先、いろんな形で剣道続けてくれたらなあと思う。午後は以前桃山にいたS先生の結婚式に行った。なんと年の差24のカップル!ずいぶん夢と希望を与えられたね(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

練習試合in岡崎中

新チーム初めての練習試合を行なった。男子、うーん・・・勝てんなあ。どうするかなあ。まずは剣道というより、基本的な体作り、筋力・走力・跳躍力・握力アップが必要だ。そして、やってやるぞ!という気持ち作り。それから剣道やなあと。いくら上手に打つ練習をしても、相手の攻めにびびってしまってそれを出せないで終ってしまったのではどうしようもない。なにかをせねばならない。それがなんであるかは人それぞれ違うが自分で思いついて何かをしてみよう。毎日続けられる何かをね。女子、少し組み立てられる試合も出てきたかなというところ。だが、慌ててチャンスじゃないのに打っていく試合が多すぎる。攻めることと単に接近することは全然違うんだし、相手を(心を)動かすということをもっとしないとあかん。普段意識してやってないからできないのだ。学校での1回1回の稽古をもっと大切にしよう。その後、合同稽古となったのだが、来たのは太秦の選手ばかり。桃山の選手はどの先生のところにも影も形もナシ。これじゃあダメですな。チャンスは求めなければ、掴まなければ、自分の物にはならない。チャンスをつかめない人は、結局のところその他大勢で終ってしまうのだ。来年の夏、どういうフィナーレを迎えたいのか、そのためにはどうせんといかんのか、もう一度考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.17

久々ゆっくり稽古。

初心者組がずいぶん剣道らしくなってきた。参加してる人は、だが。今日も1年の休みが多い。当たり前だが休むと伸びない。周りと差ができる。ますますしんどくなる。初心者を教える段階がどんどん自分の先に進んでしまう。結果、わからないまま変な癖がついてしまう。こうならない前に「いい加減、目覚めなさい」と。そういえば今日は『女王の教室』の最終回だった。今日も3年が5人来てくれたので、1,2年にとっては緊張感のある稽古ができた。試合の中では何人かに注意をしたが、そのポイントをどれだけ意識してやるかで伸び方が変わる。頑張ろう。Ya君、Kさんから胴2本勝ちは実に見事だった。逆にKさんはなぜ面に旗が上がらないのか、よーく考えよう。地稽古、またもや同じメンバー。これも・・・「いい加減、目覚めなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.16

稽古再開

朝夕すっかり涼しくなって、あー秋って良いなというシーズンである。昼は暑いけど。今日から部活再開。どーかいな、と見ると・・・やっぱり声がいまいち出てない。声は心の表れである。しっかり心を込めた稽古になっていれば、おのずと声は出るはずだ。しかし2年は欠席0。これはよい。それに比べて1年、休み多い。12人中Ha君U君A君Kr君Fjさんの5人が休み。いろいろ用事もあるだろうが、再開日にこれというのはちょっと寂しいなあ。これじゃあ2年生には追いつけない。気持ちで勝てない。2段受験の3年生I君Mu君Hr君O君が参加。改めて3年生は大きいなあと思った。2年ももっとたくさん食べてよく寝て体を作ろう。あさって新チーム・デビュー戦。思いっきり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

さーて、そろそろ。

テストも終わり、明日から部活開始。18は練習試合、10月に入れば花背の合宿、シード戦、新人戦ともりだくさんだ。新チームの力が試される。頑張らないとと思う。力いっぱいやるのは選手だが、力いっぱい出せるようにするのは監督の仕事。どうすれば強くなるか、1人1人に合わせて考えねば。とことんやる。とりあえずは賞状に手が届くように。さて3年はぼちぼち進路のシーズン・イン。これは嫁入り先を考える親の心境(経験ないけど)だ。なんとか充実した3年間を!と思う。1人でも多く剣道続けてくれたら・・・と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.14

テスト前夜

テスト前夜ってゆーのは結構緊張するのだ。受けるほうじゃなく作ったほうが。ちゃんとできるかなあ・・・と。そういう意味では試合前夜と変わらないかもね。ま、いい点取ってくださいね。期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

テスト制作中

明日からテスト。で、ただいま制作中。ま、間に合う予定なのだがね。テストは学習のチャンス、しっかり取り組んでほしい。でないと、テストを作る張り合いがないってもんだ。「これでどうだ!」という出題者の攻めに対して、「その手には乗らない。これでどうだ!」と応じる。これって剣道の面白い部分と同じなんだ。だから、テストと剣道は表裏一体。同じ心の動きが必要になるのだ。そんなことも意識しながら頑張っていただきたい。そうそう、8500誰だったんだろう?心当たりのある人は連絡よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.12

インターハイのお土産

この前梁山泊の稽古に行ったとき、O中の卒業生のMさんが来て「インターハイのお土産です」と言って、選手の氏名の入った面タオルをくれた。元顧問としては、これに勝る喜びはない。だって、インターハイのお土産なんて誰でも買えるってもんじゃないんだから。インターハイに行かないと買えないんだから。まして自分の氏名の入った面タオルは選手でないと手に入れられないわけだから。自分がかつて少しは剣道を教えた選手が剣道を続け、そしてインターハイに行く。本当にうれしいことだ。やっててよかったと思う。だから、インターハイのお土産は他のどんなお土産よりうれしいのだ。彼女を鍛え、ここまでの選手に育てていただいた高校の監督さんに感謝の気持ちでいっぱいだ。これから先もこんな思いができたら・・・と思う。テストが終ったら新人戦に向かって頑張ろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.09.11

選挙キリ番?

1級審査。女子1,2年4人が応援に来てくれた。テスト勉強のわずかな隙間を縫って。この気持ちうれしいね。またキャプテンO君のお母さんからもお茶の差し入れをいただいた。ありがたいことだ。実技は3人ともまだまだだなあというところ。Ma君Tさんはギリギリ合格。しっかりした1本が打てるようますます頑張らんといかん。これからこれからであるよ。Ki君、1月頑張ろう。その恵まれた体格を生かす剣道ができるようになれば無敵だ。1月にはA君Ta君Moさんも一発合格を決めよう。そして来年6月に初段を受験ということになる。夜、選挙に行った。「いやあー来てくれはった、来てくれはった!」と受付の選管のおばちゃんに笑顔で迎えられ、「???」と思っていると、「はい、この地域400人目」と番号を押したカードを渡された。キリ番ってことね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいお魚の日

明日は1級審査なので、Ki君Ma君Tさんの稽古を家で短時間やる。明日は精一杯頑張ってほしい。今日は梁山泊のO君がおいしい魚を持ってきてくれることになっている。夕方、最初に来たA君と20分ほど稽古をした。初太刀の小手は落ち着いて取れた。こういうのが審査で出たらいいのだが。後は一進一退。1本勝負は相面でA君の勝ち。瞬間、小手と面で迷ったなあ。迷うとろくなことがない。やがてみんな集まってきた。鰹のタタキと鱧が抜群にうまかった。鮭の白子も初めて食べた。うまい!ついつい時を忘れて気がつけば日が変わっていた。こんな夜もよいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.09

形の稽古3

Kr君が今日も腹痛で欠席とのことで、大丈夫だろうかと思いつつ復習から。なんとか2本目までできた…?ので、3本目をやる。さすがに、ム、ムズイ〜と悪戦苦闘の2人だったが、Tさん呑み込みが早い。びっくりした。気がつけば周りに剣道部員がたくさん。これまたびっくり。しかし心強いことだ。まあなんとか「少しは知ってる」レベルまでできたかな。まあどちらかと言えば実技のほうが心配だが。夜は梁山泊の稽古に行く。今日は文教大の面々も来てくれてずいぶんニギヤカだった。O君W君Ku君H君AさんKi君と稽古をする。いつもより細くて軽い竹刀を使ったせいか、先週よりは跳べてるかなと思った。でも妥協して軽い竹刀を使ってしまうのも、それしか使えなくなりそうで不安だし。迷うところだ。Aさんとは初めて稽古したが間合いの掴み方がうまいなあと思った。高校に剣道部がないそうで、もったいないなあと思った。Ki君、相変わらず囚われている。もっともっと自分を解放しないとダメだ。ま、自分も試合や審査ではそうなってしまうのだが。明日の夜は家でO君の捌くメチャウマの魚が食える予定。楽しみだ。サウナに行って腹へらしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.08

形の稽古2

今日も昼休み、形の稽古をした。今日はKr君が休みとのことで、Ma君Tさんとやる。なんとか2本目まで終了。すると、どこからともなく前女子キャプテンHさんが現れ、2人にいろいろアドバイスをして去っていった。いい先輩になった。N君Ht君のコンビもウフフと笑いながら登場し手伝ってくれた。Hr君も登場し、4本目5本目をやった。1級も2段も、みんな受かってほしいなと思う。夜、世界柔道を見る。勝ち上がる選手は目が素晴らしい。自信と闘志に満ちた、あの目を見てほしい。そして真似てほしい。それが勝利につながるんだな。目は口ほどにものを言う。目を真似ることは心を真似ること、すなわちその心境に迫れるということだから。いやホンマの話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.07

形の稽古

1級審査3人組の形の稽古をした。とはいえ、昼休みのわずか15分ほどなので、なかなかイメージが作れない。なんとか1本目だけ終了。明日は2本目の予定。夜、TVで総合格闘技の試合を見た。彼らの目はすごいなと思う。相手の動きを読み見事なカウンターを決める。相手の攻撃も大きな動きじゃなく最小限の動きでかわす。めっちゃおもしろい。特に山本KIDの、相手の膝蹴りかすらせながら右フック1発KOはまさに戦慄!凄すぎる。見終わって思わずフットワークのトレーニングをしてしまったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.06

ゆっくり台風ますます接近。

今回の台風は実にゆっくりしたスピードで動いている。九州はずーっと暴風雨圏にある。大変だろうなあと思う。京都への影響は微妙だ。稽古はテスト前最後の日ということで、動きはよい人が多かった。初心者組もS君が1人1人にあわせた稽古を丁寧にしてくれたのでずいぶんスムーズな動きができるようになってきた。竹刀のスピードもだいぶ速くなってきている。あとは1本1本を相手の動きにあわしていいところで出せたかどうかだ。どんなにすごいスピードでバットを振っても、そこにボールが無ければ空振りだからね。そのためには目が大切。たんによく見るというだけじゃなく、先を見る、読む目が必要なのだ。先を読むなんて難しい・・・ではない。よく見ていればわかってくる。集中力と観察力が大切だ。そういう力を鍛えていれば、授業でも大切なことを聞き落とすことはないし、先生の話の意味がよくわかるようになるのだ。さて、明日からテスト1週間前。勉強をしっかりしよう。そして健康管理と少しのトレーニングを続けるようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

ミスった!

今日、夜に家に帰ってふと見ると、ジャーに赤いランプが。しまったあ!昨日の晩、たまには朝ごはんを家で食べようと御飯を炊いたのだった。そんなことはすっかり忘れていつものようにコンビニのパンを買っていってしまった。ああ、ふたを開けるとやや疲れた様子の御飯が、妙に退廃的な表情でこちらを見ていた(擬人法)のだった。ゴメンナサイ・・・明日の朝、必ず食べます<(_ _)> さて、今日は月曜日で部活休み。こんな日をどう使うのか、それがカギなんだな。クタクタの人はきちんとリフレッシュしないとダメだし、気になるところ・不十分に感じるところのある日とは補強をしなければならないし、やるべきことは人それぞれ。しかし。広い意味で有意義に使ってもらわないと意味ないからね。そこんとこよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.04

台風接近

どんよりした雲におおわれて、今んとこちょっと涼しいかなぐらいの感じだが、直撃されるとちょっと怖い。水曜日ぐらい休みになるかもね。といっても出勤はせねばならんのだけど(ToT)さて、今日は体育館全面っちゅうことで、負けチームの罰ゲームは縦に使っての追い込み。ハードにやってもらった。負けたほうは捨て大将のオーダーを組んだチーム。昨日は勝てたようだが、やっぱダメ。大将戦を捨てる時点で弱気。負けの発想である。だから、負ける。やっぱり大将は「俺まで回せ。なんとかするから!」というセリフを吐いてもらいたいものだ。ま、Kさんがどう言ったかは知らないが。後半の稽古を無駄にしている人がまだまだいる。いつも言うように、地稽古はその日の仕上げ。全てを相手にぶつけるような3分間でないとだめだ。それができないうちは地稽古をする資格はない。そうそう昨日いつもとタイプの違う竹刀を4本買って使ってみた。普通に持っている感じはやや重いのだけど、相手に向かって構えてみると実に具合がいい。ちょっとした太さやバランスの違いだと思うのだが。中学生の竹刀を手に取ったとき、時々驚くほどバランスの悪いのがある。打てるはずが無いってほど。自分にあった竹刀がわかるっちゅうのも大事なこと。ちょっとはこだわってみるとよいかもしれんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.03

2.7kg落ち(笑)

今日はちょっと体重を落とそうと目論む。朝、パン・コーヒー、その後稽古をしっかりして即スーパー銭湯へ。アクエリアスのアクティブダイエットを飲んでサウナ2回+水風呂。これで見事に朝から2.7kgの減量。その後昼飯食ってお茶とかがぶがぶ飲んだから一緒かもね。さて稽古のほうだが、ずいぶん暑かったが、まあまあ頑張ったかなという感触あり。1年のMd君、フォームがよくなってきた。声も出てきた。Moさん、途中ちょっと面はずしたが、すぐに復活した。うん、成長したなと思う。こういう変化が見えた瞬間というのがいちばんうれしい時かなと思う。後半地稽古のほうはやはり遅い人は遅い。パッと来る気持ちはチャンスにパッと打つ気持ちと一緒だ。そういう意味でいつもだいたい早い人が決まってしまっているというのは困ったことなんだ。6人ぐらいがダッシュで「お願いします!」と滑り込んでくる。それを前にしながら急ごうともせずゆーっくり面着けてる人・・・見込みありません。自らの意識改革をしないとだめだね。試合は昨日に引き続きN君の内容がよい。それに比べてKさん、相手がはいってきたとき下がってばかりいる。これぢゃあ勝てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.02

夜まで暑い。

ざわわ、ざわわ・・・と今日はビデオを見た。月曜日、続きお楽しみに。さて、今日の稽古、初心者がずいぶんよくなってきた。剣道に近づいてきたなと思う。1級の可能性出てきたな。N君Fjさんの試合がよくなってきた。攻めを効かしての先の打ちが出せるようになってきた。よい。Ht君U君の試合はダメだ。待っていてはおいしいところは取れない。もっともっと積極的な試合をしよう。O君、相変わらず右手に力が入っている。左片手の素振りを徹底してやらんとあかん。そのときに柄頭が上がってしまわないように気をつけよう。夜、1ヶ月ぶりに梁山泊の稽古に行く。暑い。めっちゃ暑い。面を真っ直ぐにを意識したのだが、なかなか思うようにいかん。基本打ちをせないかんかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.09.01

9月です。

体育館が使えないので今日は久しぶりに外でのトレーニング。長いことやってないなあと思う。月曜を休みにしたから、ということもあるが。しかし面を着けない練習も大切なのだ。自分のどの部分を直し、強化する必要があるのか、そこを意識してきちっとやれば、かなり効果大だ。それにしても、2年男の指導力が弱い。自分の練習はちゃんとしているが、1年全体に指示ができてない。言っても言いっぱなしでわかったかどうか(というより聞こえたかどうか)の確認もない。これでは先輩の値打ちないわなあ。2年どうしのまとまりも不十分。高めあう、そのために前向きな指摘をしあう、そんな集団にならないとダメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »