« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.31

完全オフ

今日は完全オフ。しっかり休養して明日からまたスタート。両キャプテンが書いてきたノートはどちらもずいぶん力強くなってきた。女子は目標のステップアップを言ってきた。今のこの気持ち、これが大切なのだ。明日から11月、下校時間も早くなるので、ぼやぼやしてはいられない。短時間集中で効果的な稽古をせねばならない。効率の良い緊張感のある動き―2年生の動き・指示と、1人1人の自分を高める気持ち、もっと簡単に言えば強くなりたいという気持ちによる―を目指そう。冬はしっかり肥料をやって根を作る季節。しっかりした根を張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.30

新人戦(個人戦)

今日は個人戦、のびのびと戦ってほしいものだ。で、朝。開会式を終えて集合。話をしていてふと気が付くと、ん?Ha君がいない。「おい、Haは?」「今その辺に・・・」これじゃダメだ。1年がどう動けばいいか、ちゃんと行動できているか気をつけるのは2年の仕事。自分のことがあたりまえにできて、その上で1年に指示ができるからこそ先輩と呼ばれる値打ちがあるのだ。自分のことで精一杯の人は1年に逆戻りだ。で、Ha君登場。「何してたんや?」「いや、あの面を・・・」と要領を得ない。見ると稽古着も手ぬぐいも試合用じゃない。「学校に忘れてきました・・・」けっきょく試合も負け。この敗因ははっきりしている。構えができていない。構えとは竹刀を構えることだけじゃなく、試合に臨む心構えだ。大事な試合だと思えば、前日に持ち物のチェックをするはず。それができてないということは、試合に対する気持ちが不十分ということである。だから、勝てない。授業も一緒だ。前日にちゃんと時間割を合わせるということをしない人は、授業に対する構えができてないわけで、当然授業に負ける。つまり授業がわからなくなるということだ。Kさんも1回戦敗退。確かに相手も強かったのだが、最後相手がまっすぐ面に来るところを後から合わしてズバッと打たれた。なぜそこで相手に合わす必要があるのか。早く勝ちたいという気持ちがはやって、打つべきところなのか我慢すべきところなのかが判断できなくなってしまっているのだ。そこの辛抱ができるようになれば、相手にとって嫌なタイプの選手になれる。そうすれば勝てる。あとはそれぞれ1回以上は勝てた。女子はMaさん、昨日より内容がよくなってベスト8、FFコンビはともに樫原中のM選手に敗れた。どっちも1本先取しながら取り返されている。この辺をどう克服していくのかが今後の課題だ。Fjさんおしくもベスト8。Frさん、やるごとに内容よくなって2位。個人戦でも決勝戦を味わった。Tさん1つ勝ったことを次に生かそう。男子O君、Ht君いいところで打てている。あとはパワーだな。Ma君、藤森中のK君に勝ったのは健闘だが、次あっさり負けすぎ。N君、左手の位置に気をつけて稽古しよう。Ya君U君ともに声が聞こえない。それでは元気が出てくるはずがない。Yo君、最後の試合で自分のペースにすることができなかった。左足の進め方に気をつけて相手にプレッシャーをかける試合運びを研究しよう。さて、2日間にわたって行なわれた新人戦、勉強の材料は山ほどあった。それをどれぐらい自分の稽古に活かせるかがポイントだ。次回11/19の選抜大会、いい試合ができるよう明後日から頑張ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.29

新人戦(団体戦)

朝のアップ、あーそこでやってるなとパッと目に入ったという点ではマル。しかし、声・足はまだまだ。もっと高めるアップせんといかん。男子、O君S君、慌てるとやっぱり右、右になってしまう。左手で振るということを徹底的にやらないといけない。試合の中である程度修正できたところはよい。それと気持ちをもっと強く持つこと。格闘技なんだから、何をしてでも相手を倒してやる!という燃える闘志が必要だ。普段仲良し稽古をしていてはだめ。「面を着けたら人格が変わるなあ」と言われるようにならないとね。Yo君、左足を効果的に進めることを覚えないとダメ。機会の作り方、打った後の体捌きもまだまだ稽古が必要だ。加茂川中戦は大きな反省材料だ。Ht君、狙いどころはよい。決まる打ちを身につけよう。これもひたすら素振り、特に左手の素振りをしっかりやること。N君、相手から絶対目を離さないこと。2回戦は大将としての役割が果たせていた。これは収穫。「自分が決めた!」という感触を大事にしよう。結果ベスト8はまずまず。やってきたことはとりあえず出せたかなというところだ。しかし、自分達の目標を達成するにはまだまだ努力が必要だ。がんばろう。あと、応援の1年生の管理ができてない。2年生が指示を出して、まとまった応援・行動ができるようにしよう。女子、久々の決勝進出。決勝戦の独特の緊張感、会場の全員が自分達の試合に注目しているという快感、これを1度味わうとクセになる。おおいにクセになってほしいものだ。しかし、課題はいっぱいある。特に1回戦の2年生2人の緊張ガチガチの試合。自信がないとそうなる。自信をつけるには・・・ひたすら稽古するしかない。稽古で泣いて試合で笑えという言葉がある。これまで稽古で泣いたことがどれほどあるだろうか?まるでないか、あっても数えるほどではないかな?だから試合で泣くことになるのだ。泣くほどの稽古を繰り返し積み上げた者だけが、試合で笑うことができるのだ。稽古か試合か、どちらで笑いたいか、だ。ともあれ、2位入賞ということは1つの自信として、春・夏に向けてしっかりがんばろう。さあ明日は個人戦、のびのび、堂々と戦おう。正面突破だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.28

さーて、明日か!

いよいよ明日は新人戦だ。ちょっと緊張。いい感じの緊張。試合の前日っていうのはいいものだ。思いっきりやれたら、結果は後からついてくるだろう。勝負は朝のアップを見ればほぼわかる。声が会場に響いているか、打った後の足が素早く動いているか、自分が早く終わったとき、他の選手にしっかり声が掛けられているか。気持ちがグッと入っている時は、自然にそうなるものだ。逆にどこでやってるかわからない、じーっと立ってるように見える、終わったらよそ見をしてる・・・そんな時はぜーったい勝てない。さあ、明日はどっちだ?楽しみにしておこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ほほう・・・。

ひさびさに3年生Kw君Mu君が来た。Kw君ブランクを感じさせない。ズバン、ズバンと面を決める。ほほう、なかなかやるもんだ。打った後の時間かかるところもそのままだったが。試合直前の選手たちにとって、OBの存在は大変ありがたい。試合稽古の中では、いい打ちの出現率が少しアップしてきた。ただ、右手と左手のバランスとか、打った後の足捌き・姿勢とか、気の持続といった基本的な部分にまだまだ課題があるのは確かだ。本番までの限られた時間の中でどう修正し作っていくかが課題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

あと2回ですが。

今日は体育館の割り当てが無いので、昨日の試合を踏まえての自由練習。さて、効果的な練習ができただろうか。男はずいぶん早く楽しく終わったようで、はて、大丈夫かなとちょっと心配。こういうときに自分の課題がわかってトレーニングできるかどうかって重要なポイントだなあと思う。なんとなく走ったり、よそ見しながら素振りしてるのでは効果なし。新人戦まで稽古はあと2回。頑張ろう。夜、前々キャプテンのT君に用があってTELする。曰く、「いやあ今『稽古日誌』見てたらかかってきたんでびっくりしました」あぁ、読んでくれてるんや・・・と妙にうれしかった。頑張って書かねば。今夜のもう1つのニュース、日本シリーズロッテ4連勝。ロッテがスゴイのか阪神がダメなのか・・・まあどっちにせよ、どちらの球団ももう少し儲けたかったやろなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた…

日が変わってしまっている。いかんなあ。きのうの試合練習、どうも機会の捉え方、チャンスの作り方がダメだ。あと2回の稽古で修正せねば。試合の時だけ、と思っても不可能。基本から試合の緊張感をもって取り組もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

抽選会

抽選会。相手が決まった。よーし!頑張ろう!!トレスクの申し込みもけっこう多いのでどうなるかわからないが、とにかくひとつひとつをしっかり戦うことが必要だ。1回戦の相手は団体戦のメンバーとともに明日発表の予定。期待しといてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

情熱大陸

今日は姪っ子の七五三で埼玉に行った。ごく小さな神社に大量の子どもたちとその両親・親戚。大繁盛でなんだか笑ってしまった。たくさんの愛と夢と期待がそこにはあった。稽古は北堀で1時間。N君の報告によると緊張感のあるいい稽古がができたようだ。よかった。夜、『情熱大陸』で全日本バレーの高橋選手の特集を見た。うーん、そうやねんなあ・・・と思った。トップ選手はゆったり過ごしてないということ。精神的に。絶えず自分のポテンシャルを上げるためにはどうすればよいのかを考え、実行している。このままじゃだめだ、どうすれば?なにができるのか?日々自分を見つめ考え実行し反省し・・・その繰り返し。オリンピックを機に引退しても世間は十分納得するし、日本でプレーしても十分活躍できるのに、いーや違うという自分の内なる声に突き動かされるように単身イタリアに渡り、通訳もなしに頑張っている彼女。その目的意識の強さに見習うべきものが山のようにあるなと思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.22

夜寒の頃

かなり寒くなってきた。このまま冬になるのだろうか。いよいよ来週は新人戦。まずはこれまでの力試し。今やってることの方向性のチェックのチャンスだ。今日は実戦的な稽古を多く行なった。打ちそのものはいいものが出てきたが、組み立てとか仕掛けとかいうものが足りない。打つことに一生懸命で、それによって相手をどういう状態にすることができたか、できてないか、そのあたりが見えてない。ひとつひとつの攻めが繋がってくればもっと勝てるのになあと思う。女子の懸かり稽古をちょっと長めにやった。とたんにガタガタになる。ここらへんですなあ。心とか気とかいうもの、わかりやすく言えば負けるもんかという闘争心が足らん。鍛えられてない。これは徹底的にやらねばと思ったのだった。昔のように・・・。明日は北堀体育館で1時間だけの稽古。また状況教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さてさて

昨日の稽古の修正をせねばならない。いそいでバタバタ打つのと先を取って打つのは違うんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

寒!

夜にコンビニから出て思わずつぶやいた。「さむ!」そろそろ剣道シーズン到来だ。あの凍りついたような床で、頑張ったものだけが味わえる暖かな一時。もっとも頑張りがいのあるシーズンだ。冬に蒔いた種が春に芽を出し、夏に花開くのだ。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.19

個人戦選手決め

前回に続いて、個人戦の選手決めを行なった。試合以前に面がちゃんと打てていない人が多い。左手がちゃんと握れていない。だから真っ直ぐに当らなかったり、いい音がしなかったりする。基本の基本、そこに戻らないとだめだ。いい加減な基礎の上に建てた家は傾き、長持ちしない。それと一緒。左手を決める、その練習は家ででもできる。しっかりやろう。その後試合。おー!という試合はなかった。それと、気剣体が一致せずに1本にならないというのがたくさんあった。もったいない。がんばろう。勝ち残った4人、自覚を持って頑張っていい試合できるようにしよう。さて、団体も考えないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.18

さてと。

合唱コンが終わった。ぐったり疲れた。ずーっと見ていたお気に入りのハラハラドキドキドラマが終わったような喪失感がある。ま、できることなら最終回のストーリーはもうちょい別の形がよかったが、まあひとつの区切りということで。試合と同じで、結果を踏まえてなんて声かけてあげよう…とめっちゃ悩む。結局のところ彼ら彼女らを前にすると、考えてたこととまるで違うこと言ってたりするのだが。ともあれ明日からは新人戦に集中。頑張らねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

些細なことですが・・・。

さすがに男女キャプテンはノートをちゃんと朝に提出できるようになった。あたりまえ・・・のこのことが、けっこう大事なポイントなのだ。今日明日合唱コンの関係で部活無し。自主トレに励んでいただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

シード決定戦in修学院

修学院中でシード戦。他の地区に比べて南地区は極端に参加校が少なく、男子は4校、女子は3校での勝負となった。男子は藤森に0-1で負けた後、立命館・洛南に勝ち、なんとかシード権を獲得した。K君Yo君、思い切った試合できている。勝負は思い切りが大事だ。N君、決まったという実感があったにも関わらず旗が上がらなかったのはなんでだろう?考えてみよう。Ma君、負けを反省することは大切だが、負けだけを引きずっても意味ない。なぜ負けたのか、どうすれば勝てるようになるのか、それを考え、実践しなければならない。女子も藤森・洛南に連勝してシードを取った。Fjさん、振りが不安定、シャープさが足らん。これは単純にパワー不足だ。毎日しっかり食べて人の10倍ぐらい素振りしてパワーとスピードを身につけよう。Kさん、試合中の冷静な状況判断ができてない。洛南戦で全体のスコアでリードしていて、しかも1本取っていてなぜあんなにあせっていく必要があるのか。その辺りをちゃんと反省してもう一度組み立てないとダメだ。あと2週間、男子も女子もせっかく取ったシードを大事に本戦をしっかり戦おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.15

ずいぶん涼しくなった。

午後の稽古。ずいぶん涼しくなって快適だ。技の練習と試合稽古を中心に稽古をする。明日だけじゃなく、本番の個人戦選手選考もせねばならないので、そっちも始める。さて誰が勝ち残るだろうか。Tさん散髪してかっこよくなった。明日の活躍に期待しよう。お土産の列、やっぱりイチバンはHt君だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.14

稽古あり。

という言葉がふさわしいぐらい久しぶりに稽古を見る。最近、稽古を遠くで見るということがよくあるのだが、これけっこうよい。ひとつひとつ1人1人がわからない分、全体の雰囲気、温度みたいなものがよくわかる。で、「お、いいぞ」と思ったことは少ない。大きな原因は足が動いてないってことだ。それにつきる。だから気も乗ってこないし、打ちも緩慢になってしまうのだ。言ってみればピンポンと卓球の違いだ。試合を幾つかする。O君Fjさん、気が感じられる試合できてる。その調子だ。夜、梁山泊の稽古に行く。今日は3分で時間切っての稽古。Kwさん、相変わらず粘り強い。後半向こうから出てきたので幾つか打てたかな、というかんじ。O君は最近あまり面を跳んでこない。どちらかというとこちらの小手に合わせて後の先を狙っている。こうなるとこっちは先のプレッシャーを感じなくて良いから楽だ。とはいえ、なかなか当てさせてくれないのだが。H君、スピードはあるから打ち合いになれば強いのだが、起こりがわかる。ずーっとここが課題だ。N君、おなじみの変則上段。上段は相手にプレッシャーをかけてなんぼだ。上段で相手が来るのを待ってしまうと、引き面打って追い詰められた状態と変わらない。その辺が課題かな。K君、素直で真っ直ぐな剣道。だが相手の攻めや誘いに敏感に反応してしまうのでキレイに打たれてしまう。でもこれからが楽しみだ。午後10時を回って、これで1週間が終わり。ホッとする瞬間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何度目かのおはようございます

またしても気がつけば朝。きのうは会議のため部活無し。明後日はシード戦。ここでシード取れると、その後ずいぶん楽になる。それにしても男子団体、誰をどう使うか…難しい。悩みどころだ。現在ほぼ横一線。しかしアピールがない。自分はここにいるぞ!自分はこんないい打ちができるぞ!試合で使ってください!というアピールが感じられない。それが試合の中では弱気となって現れてしまうのだ。もっともっと強気でいかねば試合は勝てない。今日明日の稽古を見て決めよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.12

おー10000超えたか!

10000超えました。ご来場ありがとうです。のべ10000人以上の人が来てくれたって、考えたらすごいことかもしれない。今後ともよろしくお願いします。今日は久々外練。楽しくやればよいのだが、自分に役立つメニューをやらないと意味ない。あと、のんびりやってると思わぬケガをすることがある。注意注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

合宿明け

さて、合宿明けいかがなもんだろう?Ma君なかなか『いい声』になっている。が、通院のため部活はお休み。Ht君発熱で学校お休み。昨日の予告、この辺ですね。ま、とはいうものの、他のメンバーは元気に参加。しかしなあ・・・声が合宿前に逆戻りの人が多い。声のパワーがアップしたなとわかるのはMaさんだけだ。で、その辺の話をすると声が出てくる。それやったら初めから出さんとな。FFコンビ、O君、Ya君、よく出るようになってきた。Yo君、声を切らないようにしないと決まらない。O君の打ちがずいぶん力強くなってきた。その調子だ。Fjさん、鍔迫りで足が止まることがある。構えている時と同じ気持ちでチャンスをうかがってないと、スコーンと打たれてしまう。注意しよう。気が付けばずいぶん日が短くなってきた。冬は遠征シーズン、そのつどお金出してもらうんじゃなく、ちょっとはお小遣い貯めておこう。それが親への感謝の気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.10

花背3日目

朝から体のあちこちが痛い。ハードだ。体操・素振りが終って、さてどうするだろう?と見ていると、おずおず、ぽろぽろと体育館を去っていく。この辺なんだよ、課題は。他の学校が集合していれば、その様子を見て集合する。他の学校が集合してなければ、できない。キャプテンの判断が果たしてそれでよいのかどうかだ。人がやってからやるというタイプの人・チームは絶対勝てない。チャンスに動けないから。相手が動いて慌てて動く人は、当然攻められて動かされて負けるよ。自分の判断・考えで正しいと思った行動を選択し、率先して動ける人にならないとダメだ。特に男女キャプテンはそれが仕事だ。シーツをたたみ直している(これがそもそもダメだが)ところを「いつ集合する気や?」と言われて慌てて呼び集めて集合。「オハヨウゴザイマス・・・」全然お早くない。今後に期待だ。さて試合だが、女子は結局誰のチームも入賞せず。昨夜の稽古を見る限りでは、Maさんのチームがかなりよいなと思ったが、予選落ち。あらあら。男子はK君のチームとMa君のチームが決勝に残った。Ma君なかなかいい打ちが出るようになった。きれいな小手の2本勝ち。K君も踏み込みはちょっと足りないが面の2本勝ち。それぞれチームに貢献した。結果はK君のチームが優勝した。2人ともいい経験になったと思う。試合内容という点ではO君がずいぶんよくなった。慌てずにいけたらもっとよくなるな。Ht君もしっかり声だして頑張っていた。声が出ると力も出るのだ。Yo君、面が跳べてない。Ha君、足を止めて打っているから全部応じられている。しっかり頑張ろう。さて、次のチェックポイントは明日、休まずに来て部活しっかりできるかな?だ。ホッとして今晩熱出したりするようじゃダメだ。もし合宿が続いてたら、熱なんか出ないんだから。来週はシード戦だ。しっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花背2日目

2日目は、朝の体操も入れると4部練習となる。故障も聞いていたが、リタイアすることなく全員最後まで稽古できた。それはよいところ。ただ、地稽古でパッとイチバンに先生方のところに並べた人は1人しかいない。だから30分あまりの時間の中で、ほとんどの人が2回しか稽古できないということになるのだ。イチバンに並んで、空いているところを探す目があれば、もっとできるはず。もったいない。夜、久々にT先生と稽古した。パワフルだ。社会人大会での覚醒が大きかったかも。序盤ドカーンドカーンと何発か喰らう。かなりヤバい。後半は逆に何本か機会をとらえることができた、と思う。1本勝負はここで跳ばれちゃいけないという面を跳ばれてしまった。もっと集中せんといかんな。T先生、次のH先生との稽古でも抜群によかった。パワフルかつスピーディー、まさにのってる感じだ。またお願いしよう。続いて梁山泊のA君と稽古。3本ぐらいは納得できる打ちがあったかな、でもここは絶対打たれてはいけないというところを何本か打たれた。終盤、突然遠間から大きく面が打ちたくなって、大きく打ったところを更に大きく抜かれて面を打たれた。ダメだこりゃ。夜、梁山泊のE君O君がはるばる稽古に来た。彼らも実はこの合宿のOBである。もうずいぶん昔の話になるけどね。こうやってOBが帰ってきてくれるのはうれしいものだ。明日は試合である。それぞれのチームで頑張ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花背1日目

今年の花背は例年より少し暖かい。快適だ…と思ったら、なぜか下半身ジャージに胴・垂れを装着したS君登場。「袴忘れました…」ありえへん。いったい何をしにきたんだ。しかしまあ稽古はそれぞれ緊張感をもって取り組めていたように思う。いちばん声が出ていたのはMa君。よろしい。懸り稽古になって、Kさん、腰痛にもかかわらず厳しい先生にどんどん懸っている。倒されても倒されても向かっていくその気持ちが大切だ。できることならケガしない倒れ方をマスターしてほしい。それに比べてMaさん現れない。遠くのほうでサラサラッとやっている。後で聞くと回数も少ない。これが大事なところで勝てない原因だ。決して反則ではない。一生懸命に見える。でも、もっと自分を追い込む選択肢があることを自分はわかっていたはずなのだ。そこでしんどい方を選べるようにやれば、大事なところで勝てるようになるだろう。夜、M先生、U先生と稽古した。M先生のときは辛抱することをテーマにやった。初太刀の小手が打てたので、ある程度ペースを掴めたが、面はなかなか跳べなかった。その後M先生がUe先生に打った胴は見事にジャストミート。あんな胴が打ちたいものだ。結局、よく見えてるってことだろう。U先生との稽古は最後の1本だけかな。でも間合いもイマイチだったしな。前半、試合なら取られてるなあという打ちがたくさんあった。ああいうのを無くしていかんとダメだ。太秦のHさんとやった。これは強い。勝負に集中している様子が気持ちよい。その集中力、シャラポワなみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

いよいよ花背ですなあ。

いよいよ明日から花背だ。3日間剣道のことだけ考えていればよいこの合宿、かなり好きだ。男子は今年初参加の人ばかりなので、みんなずいぶんと心配しているようだが、普段の稽古がきちんとできていればどーってことない。いい3日間にしてほしいものだ。そうそう、auは圏外だから2日間書き込みができない。こればっかりはどうしようもない・・・ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.06

暑(熱)かったあ~体育祭!

1日伸びていた体育祭、いい天気になった。優勝候補青組は僅差で破れ、2位となった。毎年は夜にもなれば、あー終った終ったってなもんだが、今年はなんだかやたら悔しい。なんでかな。負けたことのない綱引きでよもやの敗退をしたのが響いているのかなあ・・・いやいや、最後に思いっきり追い上げたからかなあ。まあ、もろもろ混ざり合っているのだろう。今日の綱引きは勉強になった。一瞬の油断が命取りになるってこと。剣道でなら、十分わかっていることなのに。残念!修行が足りん。部対抗リレー、N君、ずいぶん速くなった。しかし・・・剣道部のあの不利な状況、なんらか改善されないもんかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.05

体育祭延期

ぴったりのタイミングの雨で体育祭延期。しとしとと、まるで梅雨のように1日降っていた。そういえばここんとこ雨で行事延期ということが多い。去年は体育祭の上に合唱コンまで台風で途中延期。ありえへーんというかんじだった。明日は大丈夫だろうかね。放課後は会議のため稽古見に行けず。昨日・今日と夜に御香宮のお祭りに行く。楽しそうにたくさんの桃山の子らが遊んでいる。平和だ。どうかややこしい事件に巻き込まれませんように!てかんじだ。御香宮は安産の神様として有名だが、その神話を読めばわかるように勝負の神様・占いの神様としても有名なのだ。夜店だけじゃなく、しっかり拝んでおくといいかも。稽古せずに拝むだけでは意味ないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えらい遅くなった(+_+)

どうもグロッキーだ。昨日の稽古、ぱっと見て思うことはいつも同じ。足が動いてない。相手を打とうとは思ってる。でも決める足が無い。だから遠くで見るとのろのろ動いているように見えるのだ。1本を決めるということを、どうしたら理解できるだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.03

遠征明け

かーなりしんどいね。遠征明けの月曜日。さて今週末はいよいよ花背の合宿だ。毎年この合宿でけっこう剣道もそれ以前の礼儀やあいさつもしっかりする。今、体調不完全な人はきちんと治して万全の体調で参加しよう。今、いいかげんな参加の仕方してる人、しんどいと思うよ(+o+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

第4回お通杯剣道大会

今年も超ハイレベル。とにかくおもしろい。もう、見ててワクワクする。全日本女子に出てきて上位進出した選手や、往年のインターハイ・玉龍旗選手がごろごろ出てくる。そして緻密に、豪快に試合を展開する。さばく審判もズラッと八段。だから勝敗が判定になっても旗がピタッと揃う。ほんとに気持ちいい。なかなか勝たせてもらえない。でも彼女達と同じ土俵で戦っているというそのことが、とっても楽しい。個人戦上位の攻防はホンマ凄いよ。過去2連覇の稲垣選手を破った牛島選手をさらに破った大菅選手を決勝で待っていたのはあの熊本・緒方選手。延長に入ってすぐ、緒方選手が大菅選手の怒涛の連続打ちを余して引き胴1発で仕留めた。・・・凄すぎる。でも今年なにより驚いたのは、今年からできた50歳以上の部の試合だ。どこが50歳以上やねん!という姿勢・迫力・スピード・パワー・技の見事さ・・・もうとにかくびっくりだ。男の50歳以上であんな試合できる人がどれほどいるだろう?これは頑張らんとだめだ!と思った。毎年のことながら、大きなお土産をもらったなあと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.01

お通杯・前日稽古会

朝1時間半だけ学校の稽古を見る。とにかく足で決めるをテーマにやったのだが、どうだっただろうか。急いで京都を出発、E君の運転でYさんAさんKさんとともに岡山に向かった。毎年、武蔵武道館で行われれるこの大会は、社会人女性であれば誰でも参加できるという間口の広さと、全日本女子に迫る選手レベル、そして審判の大多数が八段という充実ぶりで、大好きな大会のひとつだ。女子だけの大会なので防具は持っていかなかったのだが、けっこう男も稽古に参加できるみたいで、あーしまったは後の祭り。だって元に立つのはズラッと八段、しかも全日本のタイトルホルダー、往年の上位入賞常連の先生方…。あー防具持ってくればよかった。しょうがないので見取り稽古。す・すごい!以前1度だけ稽古をお願いしたことがある熊本の亀井先生やっぱり凄い。無駄な動きの一切ない、そして目にも止まらない打ち。上段に対して面をさらしたままススーと詰める不気味な迫力。凄すぎる。ホンマにすごい。さて明日はどんな試合が展開されるだろうか。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »