« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.30

離任式!

今日はお世話になった先生方とのお別れの日だ。春休みの真ん中なので、家族旅行などによる欠席がちらほら。日程の発表も遅かったのでそれもやむをえないかもしれない。が、どーも男子の数が少ない。剣道部の男も同じ。で、午後の練習。欠席連絡を受けている以外の男子は普通にいるではないか。曰わく、体調不良で…が1人、忘れていて…が4人。さすがにカッチーン!「おまえたちは剣道をやって、礼儀とか感謝とかそういうことを学んでるんじゃないのか!お世話になった先生方とのお別れの日を忘れるようなヤツは稽古する意味がない。帰れー!」となった。やんちゃした卒業生が、いたって朝は弱かったはずなのに金髪で後ろに並んでいる。照れくさそうに花束を持って。その気持ちのほうが数倍尊い。人形作って魂入れずとはこのことだ。指導者として反省せねばならない。立ちきり今日はFjさん。「最初から勝つことだけを考えてました」というとおり、積極的ないい打ちが出ていた。これが大将戦で出れば言うことないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.29

・・・。

新年度の準備のための会議が続いてまたまたバタバタしている。ちらっと見にいったときは試合中だったが、「ん?」と思った。試合者だけが試合をしている。「おい、これは団体戦?」と聞くと「はい!」と即答。全然団体戦になってない。誰1人として試合を注視していない。応援も拍手もなにもない。黙って座っているだけ。こんな試合練習は無駄だ。それがなぜわからないのか。「・・・」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.28

遠征翌日

昨日は家での稽古。遠征翌日の出席率はどうだろうと思っていたが、体調不良の欠席は1名。まあ、合格点だろう。久々に卒業生のO君N君Hr君がやってきた。本日立ちきりのU君は青ざめることしきりだった。連続打ちの足の運び、左こぶしの位置などに気をつけての稽古を行なった。U君の立ちきりでは鍔競りでの左足の位置が最も気になった。「行かなければ・・・にならないよう気をつけました」が本人の弁。やりきったという表情が印象的だった。今日は会議のため部活なし。もう来年度は動き始めている。忙しい忙しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.26

四国遠征・3日目

今日は最終日、大会である。3校リーグの2位まではそれぞれのトーナメントに進むことができる。女子は愛媛の一本松中と香川の協和中というハードなリーグに入った。勝ち上がるのはなかなか難しいが、そこで何を学ぶかだ。1試合目は対一本松中。先鋒積極的に攻めて2本負け。次鋒場外の反則を取られてすっかり慌てて同じ小手2つで負け。中堅いろんな角度から攻めて面1本勝ち。これはよい。副将鍔競り合いから胴2つで負け。大将よく動いているが声とタメがまるで足りない。1本負け。もっと探って詰めて勝負しないとダメだ。2試合目対協和中。先鋒2本負け。次鋒1本取られてから慌てず展開して面を取り返して引き分け。さっきの負けが生きている。中堅うまく入られて秒殺2本負け。副将Yaさんに替えてYoさん、負けたがいいところで打てている。大将やや横から小手面に行くところを真っ直ぐ乗られる。その後相手が雑に面跳んだのを返して胴、引き分け。やっぱり声とタメが足らん。鍛え直さないと。やはりアレしかないかなあ。男子は徳島文理中と長尾中とのリーグ。昨夏全国2位の徳島文理中はさすがに鍛えられていて先鋒引き分けの後大将まで1本負け。特に大将の一瞬を逃さない戦いぶりは見事だった。いつどこからでも攻撃できるということ、それが構えているということだ。2試合目、対長尾中。これがいけない。先鋒足が止まって2本負け。次鋒へろへろの2本勝ち。中堅むやみに打ったところを先取されてからやっと取り返して勝ち。副将慌てて慌てて引き分け。大将これも慌てて届かない打ちを連発してからやっと2本勝ち。まるで心の充実が見られない。ほんまにダメ。続いてⅡ部トーナメント、対大川中。オーダーを替えてHy・Yt・Hg・Ya・Yoで勝負にいった。オーソドックスな剣道をするチームなので、きちんと剣道をすれば勝てるはず。先鋒後半になってやっと足動き出したが引き分け。次鋒カウンターでうまく合わせて先取するも取り返されて負け。中堅の引き分けは評価の分かれるところだろうが、勝つポイントは幾つかあったはず。前日の立ちきりが生きてない。副将1本取られて慌ててしまい場外2回で自滅。大将が簡単に2本勝ちしただけに悔やまれる結果だ。しかし結果より、なぜそうなったのかをきちんと振り返らないといけない。後悔ではなく反省をすること、これが次回の成功につながるのだ。疲れているところだが明日は朝9:30から。帰ってホッとして熱を出して休むようではダメだ。緊張感を持続しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.25

四国遠征・2日目

さて2日目。男子AはHy.Yt.Hg.Md.Yoというオーダーで臨んだのだが、まあ勝てない勝てない。相手校はいずれも本格派の剣道をしてくるので落ち着いてやればやりやすいはずなのに次・中ががたがた崩れ1分3敗。午後は5位リーグに転落することになった。試合に臨むコンディション調整ができてない。おそらくは前夜の過ごし方が悪いに違いない。女子はきちんと勝ちをつないで3勝1敗で午後は2位リーグへ。2勝3敗はまあ健闘か。接戦をどうモノにするかが課題だ。大将も少し落ち着きが出てきた。この調子で明日も頑張ってもらいたいものだ。稽古の最後はHg君の立ちきり。うまい剣道をするのだが、右手右足がブレーキになっている。終了して「達成感があります」の笑顔に期待したい。ともあれ明日は本大会。しっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.24

四国遠征・1日目

今年も四国へやってきた。毎年ここへ来ると1年終わったなあ…と思う。男子Aは1次リーグを終えてHy君がBへ下がりBからYt君が上がってきた。Yt君はAでも無敗。チームは5勝2敗で初日を終了した。後半戦の結果、明日はYa君がBに下がりHy君が復活することになった。女子は4勝4敗、途中YmさんとYoさんを入れ替えた。1年は掛かり稽古不足。楽な稽古が試合にでている。2年はいつも言う「相手の気持ちになる」がまだまだできてない。しっかり読んできちんとためて勝負しよう。すべて終わってYo君の立ちきり試合をやった。桃山でやるのは初めてだが、そろそろできる精神レベルに達したという判断で導入した。終わって汗と湯気にまみれた顔は実に爽やかだった。曰わく「4人目ぐらいからあまり覚えてません。7人目ぐらいから楽になってきました」とのことだ。さあ明日は誰の番だ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.23

ひたすら会議・・・

朝10:30に始めた会議が、とりあえず終わったのが夜の10:30。12時間はさすがに辛いものがある。当然部活はまったく見れず。明日から四国だというのに。ま、そのぶん明日から頑張るとしよう。あ、そうそう交渉の結果宿泊費などが少し安くなったので、予定より1000円安くいけそうだ。明日集金してから1人1000円返金します。帰ってからおうちに人に返すこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

きのうの話

イズミヤへチーズケーキ(めっちゃうまい!)を買いに行ったら偶然O君のお母さんと会った。「先生、今年の男子は強いですね~」と言われて「いえいえ、これまでの積み重ねです」と答えたのだが、まったくそのとおりなのだ。今年少し男子が勝てるようになったのは卒業した代が男女とも一生懸命やったからだし、その代が女子で入賞できたのは男子とともに頑張ったから、またその前の代が部活をしっかりやることを教えたからだし・・・と、まさにこれまでの積み重ねの結果が今なのであって、今のメンバーだけの力ではけっしてないのだ。こうやってできていくのが伝統というものじゃないかなと思う。伝統の力というのは勝敗に大きく作用する。そして伝統というものはよくも悪しくも一度できるとなかなか壊れることはない。うちの伝統は今できつつある。いい伝統となるのか、悪い伝統となるのか、それは今のみんなの日々の取り組み方にかかっているのだ。すばらしい伝統を築いていけるような取り組み方をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.21

久御山杯中学校招待剣道大会

今日は久御山杯。男女とも予選リーグ、決勝トーナメントの組み合わせである。予選リーグ、女子は平岡中・貴志川中と対戦した。1試合目は対平岡中。やや旗重いかなの中、副将まで0-0で大将戦を迎える。惜しい打ちが幾つかあった後1本先取、このまま勝つかと思った瞬間、攻められての面に合わせてしまい面あり。九分どおり決まっていた勝利を逃すこととなった。心の弱さの出た試合だ。対貴志川中。相手のうまい誘いに乗ってしまい終わってみれば1-4の負け。予選リーグを抜けることはできなかった。2試合を通して言えることは、攻めがないということ。いくらスピードがあっても相手の心を動かすことができなければ勝てない。逆に「あっ」と思わすことができれば簡単に勝つことができる。そこの工夫をどうするかだ。男子は浜の宮中・田原中・上野地中と対戦した。1試合目は対浜の宮中。先鋒がエンジンかかるまでに負けた後、次鋒・中堅がしっかり取り返し副将も1本勝ちで勝負あり。ところが大将慌てて慌てて試合して負け。ここらへんに課題がありそうだ。2試合目は対田原中。先鋒を無難に引き分けた後、次鋒・中堅が取り、この試合Md君に代わって副将に入ったKr君が豪快に面2本勝ち、大将引き分けで勝ち。3試合目は対上野地中。次・副あたりがポイントになりそうだ。先鋒2本勝ちの後、次鋒Ya君、相手の動きによくついていき最後に返し胴を決めた。見事な1本。中堅がきちっと勝った後、この試合から副将のHg君が落ち着いて戦い1-1の引き分け。大将もきちんと勝負をしての引き分けで勝ち。決勝トーナメントは大きい枠から。まずは宝殿中との勝負。さすがにしっかりと試合をしてくるので、なかなかこちらのペースにもちこめない。先・次・中引き分けの後、副将粘り強く戦い今日一番の面を決める。大将1本先取されたが取り返し、負けはなくなったのにまたもやばたばたしてしまう。どちらのほうが焦っている場面なのかということをわからなければいけない。なんとか引き分けたが、心のレベルでは負け試合だ。準決勝は大蔵中と対戦した。先・次頑張ったが1本負け、中・副引き分けで勝負あり。大将は開始早々に面、後半にもう1本面を取られとどめを刺された。展開の中で相手を逃がしてしまって楽をさせている場面がちょくちょく見られた。こういうところに普段の稽古が出る。もっと厳しい稽古をお互いにしないといけない。男子はそれぞれのいいところがだいぶ出せるようになってきた。しかし試合をコントロールするということはまだまだできていない。局面を読み自分のペースにもっていくということをそろそろ考える必要がある。今回の3位を励みに24日からの四国の練成会をしっかり頑張ろう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.03.20

いかんいかん

ここんとこ更新にポコポコ穴が開いてしまっている。いけないいけないと思うのだが。卒業式が終わったら楽になるかと思いきや忙しい忙しい。全然稽古見ずに明日は久御山杯だ。えらいこっちゃと思う。まあキャプテン、副キャプテンがしっかりしているから大丈夫かな。団体戦をしっかり作ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.19

トレスクin安祥寺中

昨日は朝から雪もちらついて、寒い1日となった。トレスクも欠席選手が多い。後半の地稽古の中で光ったのはD中N君とF中Tさん。N君は思い切った面がいい。迷わず跳ぶ。これが大切。Tさんは相手の中にぐいぐい入ってくるところがよい。相手の竹刀との駆け引きをうまくやりながら、どこからでも攻撃につなぐことができる。竹刀操作にスピードがついてくれば素晴らしい先鋒になるだろう。こういう優れた選手を見つけて見習おうとするかどうかがトレスクに来た値打ちがあるかどうかなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.17

ひさしぶり家で稽古

久しぶりに家で稽古をした。もと女子キャプテンKさんが久しぶりに参加したが、やはり声はいちばん大きい。逆に言えば、現役どうした、しっかりしろよってことだ。もっともっと気の乗った声が出ないとダメだ。後半1本勝負をした。U君Hg君Fjさんにはいいところを打たれた。特にU君の小手は抜群によかった。その調子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.16

もうすぐ久御山杯

21日は久御山杯だ。毎年なかなか勝ちあがれないのだが、今年はどうだろう。まあ集中力の勝負だろうなあと思う。団体としての集中力が出てくれば勝てるはずだ。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式

昨日は雨に降られることもなく、卒業式終了。剣道部員も無事巣立っていった。集合して挨拶をしにきた顔を1人1人見て、ああ成長したなあ…と思った。進路も全員決まったし、新しい世界に大きく羽ばたいてほしいものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.15

夜が明ければ・・・

夜が明ければ卒業式。今はただ、胸を張っていい顔で卒業していってほしい。それだけを祈る気持ちだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.12

わかるかな?

10週走った後20分トレーニング、と言われたときのトレーニングというのが、実はいちばんレベルが高いのだということがわかっているかな?走り終わってほっとした状態で「さあ何をしてもよいよ」と言われたときに、自分にとって最も必要なことを選んで、しかも真剣に取り組むっていうのは実に難しい。これができれば合格である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妙に寒い!

突然冬のような日曜日、午後稽古。久御山のKw君も来てくれたのでいい稽古ができたのではないかと思う。試合は1本勝負。副将戦はU君の「自分がなんとかしないと!」が裏目に出て引き分け。大将は攻めから入ったYo君と、受けから入ったHgで、受けようとしたところの小手で勝負あり。勉強になる一戦だった。稽古はFjさんFrさんTさんSa君Mt君Yt君。Sa君まっすぐの思い切った打ちが出せている。Yt君シャープでパワフルな打ちが出せている。その調子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.10

練習試合in御池城

午前中練習試合。男女ともABを作らせてもらったので、けっこうたくさん試合ができた。男子のAではHy君がガッツのあるいい試合をしていた。ああいう試合ができれば勝ち負けに関わらず次の選手に元気を与えることができる。団体戦においては最も大切なところだ。BではYt君が頑張っていた。その調子だ。女子は後半Fjさんの試合内容がよくなった。今日のように落ち着いて探っていけば必ずペースをつかむことができる。Hg君とYmさんが、ちょっと右で押さえ気味になっている。こうなると勢いが死んでしまう。気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.09

おっと・・・

気がつけば昨日書いてないぞ・・・てぐらい忙しい。実際、というより精神的に多忙だ。やばい。今日は色紙を書く日。先輩への思いは表現できたかな。夜、稽古。K君夫妻、A君、Yさん、Ko君、Kw君と。ちょっと動けてないなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.07

トレーニング

今日はいつもとコースを変えて2分を6回。変化もあってよかったかなと思う。あとのメニューはあえて見ないが、自由度の高い中で自分をどれだけ追い詰めることができるか、そのへんが意識の高さの表れである。しっかり取り組もう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.06

面の勝負

平日に面を着けるのは久しぶりだ。後半あまり時間もなかったが1本勝負をした。今日は面を中心に勝負をした。Yo君Hy君FjさんFrさんYt君Ya君Sa君U君Mt君YmさんTさんと行なう。Yo君U君いいところで小手を打てている。Frさん今日はいい動きをしている。Mt君面をよけるのはずいぶんうまくなったが、よけるだけでは勝てない。Yt君、気持ちはしっかり前に出ている。それでいいぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた朝。

春眠というには早いが、どうもコタツで意識を失うことが多い。昨日はオフ。そして今日3年生は公立高校のテストだ。全力勝負で頑張ってきてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.04

沈丁花香る頃

暖かいを通り越して暑い。昨夜は沈丁花が濃厚に香っていた。毎年春の訪れは沈丁花のが教えてくれる。それもたいていは夜に。今年は先周の土曜の朝、吉祥寺のとある街角だった。今日は午前中の稽古。前半は音に注目した。いい音がすること、それはいい打ちの証拠だ。足や手や腰や・・・ということからちょっと離れて、ひたすらいい音を目指すのもいいのではないかと思う。試合ではYmさんが1試合目と2試合目が全然違っていた。1試合目は全然ダメだった。負けたくないと思うといい打ちが出ない。ここと思ったら後は知らんというぐらいの思い切りが必要だ。Fjさん、1試合目はスイッチが入るまでのところを打たれ、2試合目は辛抱が足りずに打たれなくてよい1本を打たれた。逆にHg君はここというところで打てずにチームの勝ちを落とした。ここが課題だ。昔、高千穂高校の監督であった故吉本先生の言われた二つの我慢とはまさにこのこと。打つ我慢、打たない我慢、心して稽古に取り組もう。稽古Tさん、近い間合いが無防備すぎる、Frさん、今日は足が止まっている。足が止まるのは心が止まっている証拠だ。Fjさん、どう攻め込むか、打てる構えを工夫しないとダメだ。U君、先に攻められるとどうしてもその剣先にとらわれてしまう。大きく相手を見よう。Hg君、そこまで入らせては名人でも勝てない。自ら攻めて先の勝負をせねばならない。Md君、相手の剣先をはずすことにとらわれると隙ができる。あくまで中心を押さえることを大切にしよう。
第2回水滸杯剣道練成大会の要項アップしました。ぜひ御覧下さい。http://homepage3.nifty.com/omen/starthp/subpage01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.03

稽古をした

ひさびさにゆっくり稽古を見た。迫力が足らんなあ・・・と思った。格闘技ということのスピリットを大切にしないとなあと思う。試合ではHg君の試合がちょうどポイントとなったのだが、自分が引き分けたらどうなるかということをきちっと頭に入れて戦わないとだめだ。稽古は6人。Ya君相手が来るのをその場で対応してしまうので打たれてしまう。Sa君、思い切って技を出しているのはよい。しかし相手に詰められたところで打とうとするから全部カウンターを取られてしまう。Frさん入られて次、次を狙われると対応できなくなっている。Tさんも詰められたところで打たされている。気がつかないとだめ。Fjさん最後はよいが来ない相手への攻めを考えよう。Hg君エサを見せてエサを取られている。間合いのコントロールと先を取る剣道をしっかりやろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.02

ひさしぶりに部活

やっとテストが終わって稽古再開。ずいぶん暖かくなった。完璧に春だ。試合を見た。Sさんがよくなった。捉えるタイミングがよい。思い切りがよくなったらバンバン勝てるようになる。Md君いいところで打っているがフォームが悪い。よけながら打っていては絶対決まらない。自信を持って自分の打ちを決めつけよう。もったいない。Hg君、技を出さないと勝てない。当たり前だ。久々のMaさん、まだまだ38が振れていない。素振りをしっかりして38の世界に慣れよう。夜の稽古は顔を出しただけ。Mt君Hy君ご苦労さん。参加しようという、その姿勢が尊い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.01

3月になった。

3月1日は高校の卒業式だ。前の学年の子どもたちが卒業してもう千日がたったのか・・・と思う。この千日で自分はどれだけ成長したかと思うと、はなはだ疑問だ。自分の剣道は千日で少しでも上達しただろうか?仕事に関してはどうだろうか?確かに「あ、これ」と思う瞬間はあったように思うが、瞬間に過ぎないようにも思う。それではいけないなあと思う。小さくても確実な1歩の積み重ねを、もっと意識したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »