« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

教職員三都市大会

今日は部活は休み。で、三都市大会。年に1回神戸大阪の先生方と剣を交える日だ。女子の先生は神戸が不参加なのでポイントには入れず、男子の9人戦で行なわれ、年齢ゆえの大将を務めることになった。第1試合は、昨年は負けている神戸市との対戦。先鋒M先生2本勝ちで良いスタートを切り八・七・六将引き分けの後、五・四将1本勝ち。しかしそこからピンチが始まる。三将1本負け、副将2本負け、そして大将戦に勝負は回ってきた。引き分けで勝ち、1本負けで引き分け、2本負けで負けという微妙な条件。相手のT先生はそんなに激しく打ってこられるわけではないが、十分にさせてもらえず、なかなか機会がつかめない。結局引き面の後の小手を打たれて1本負け。辛くも引き分けにとどまった。続く神戸-大阪戦は神戸の4勝2敗。副将戦、開始から長い剣先の攻防の後の神戸・S先生の小手すりあげ小手は形の6本目のようで見事だった。さあ大阪戦、5勝以上すれば優勝である。女子の試合をはさんで先鋒、六・五・四・三将が勝って五勝、優勝を決めた。続く副将T先生は老獪な胴を抜かれ1本負け、大将戦も出小手の1本負け。2連敗の副将大将は再起を誓い合ったのだった。その後の稽古会では大阪の重鎮K先生にお願いした。何がどうということはないのだが、機会にすっと前に出られるのが見事でまねできない。なるほどなあと思った。ここでも「君ちょっと体が右に流れるなあ」とアドバイスが受けた。がんばろう。今日の写真はこちら。
http://omenda.bbs.coocan.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.30

京都府総合体育大会

さあ府大会、団体戦からのスタート。勝負は同志社戦だなと思っていたその試合、先鋒・次鋒引き分けの後、中堅1本勝ち、副将1本先取されるも後半粘って取り返す。引き分け。大将も引き分けで勝ち。続いて城南戦も4-0で勝ち。副将Fyさんここまで大変よく頑張った。久御山戦からはYoさんに交替。さすがに久御山中は強く先鋒引き分けの後4敗で負け。しかしこれで決勝トーナメント進出、周山中とこの夏2度目の対戦である。先鋒2本負けの後、次鋒2本勝ち、中堅1本勝ち、副将前半冷や冷やする場面もあったが粘って小手1本勝ちでリベンジを果たした。その後大将戦はキレイに2本負け。心の動揺が出てる。平常心が大切。そういう意味では負けが決まった直後にきちんと2本勝ちした周山中Yaさんは見事だ。決勝戦はこの日2度目の久御山戦である。先鋒、慎重に戦って延長まで持ち込んだが1本負け。次鋒、見事に2本負け。中堅もいいところを打たれて2本負け。副将、面を先取されるが小手を取り返し引き分け。大将、面を先取された後小手を取り返すが最後はいいところの面を取られた。スコアの差はあるが見どころのある良い試合だったと思う。全国には届かなかったが目標にしていた近畿大会で力を発揮できることになった。さて個人戦、女子はFjさん1回戦、Frさん2回戦で敗退したが男子が頑張った。Yo君、1回戦2回戦を危なげなく勝ち上がり4決めで加茂川中F君に惜敗、ベスト8.U君、エネルギー全開で3回戦を勝ち抜き決勝リーグ進出、その1試合目も勝ち、2試合目も小手を先取したが取り返されて負け、3試合目も負けて全国は逃したものの堂々の3位となった。府大会に出た選手が男女とも全員近畿大会に進出するというのはそうそうないことだ。選手はもちろん頑張ったが、3年生男子をはじめ試合に出ないみんなが自分の頑張るべきことを頑張ったからこそこの結果があるのだ。チームの、部の勝利であると思う。チームワークとはこういうことだ。明日はゆっくり体を休めて1日から近畿に向けて頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.29

前日

いよいよ前日。タイミングよく全面使えたのでのびのび、かつ集中して仕上げの稽古を行なうことができた。とりたてて特別なメニューを入れるわけではなく、これまでやってきたことの精度を上げるということに重点を置いた。個人戦の強化試合ではポイントをきちんと押さえ、勝つべきところで勝つという試合が増えてきた。女子の団体練習も今日は2勝、妖怪クッキーをゲットした。Md君の1試合目の悲鳴(?)が妙に和ませてくれた。Fjさんの、Ya君との試合は打つべきところで打てた良い試合だった。2試合目のHy君との試合はちょっとしんどかった。守りの気持ちが強すぎる。守ろうとして守るのは、勝とうとして勝つより難しい。気持ちはいつも先。来るなら来い!の気持ちで相手の気を押さえこもう。後半は今日も1本勝負。最後Ya君にいい胴を抜かれた。完璧な1本だ。Omさん今日から面を着けた。着け方を教えたのは初心者男3人組。しっかり教えてくれたので、すぐに1人で着けられるようになった。さあ明日は本番、試合に出る人はこれまでやってきたことの全てを出し切って1つ1つ大切に勝っていこう。応援の人は一緒に戦っているつもりで、心からのを送ろう。一生懸命やれば、結果は後から付いてくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.28

2日前

今日の女子団体練習の相手は強い。さすがになかなか勝たせてくれないが、幾つかいいポイントがあった。昨日の成果が少し現れてきている。その調子だ。男子はリーグ戦。1位になって妖怪クッキー3枚を獲得したのはYo君、2位で2枚を獲得したのはU君だった。後半久しぶりに1本勝負をした。S君、Ymさんがよくなったなあと思った。Mtさんもずいぶんメリハリのある動きができるようになってきた。久々Omさん情報。まだ面は着けてないが、ほぼ自由自在に掛かり稽古ができるようになった。そろそろ面が着けられそうだ。夜、ずーっとサッカーを見るともなしに見ているのだが・・・あらためて思うけど、なんて長いんだろう試合時間。延長も長い長い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.27

つかんだかな?

今日は暑さもちょっとまし。ここんとこ同じスタイルの稽古をしているが、女子の技の決定率がかなり上がってきた感じがする。やっぱり大事なのは足だなあと思った。足に注意をするだけでYmさんの技が飛躍的に決まるようになった。試合の中ではFjさんの内容がよくなった。ちょっとつかんだかな?というところ。稽古や試合の中でまずは意識して取り組もう。意識せずにできるようになればずいぶん剣道が変わるはずだ。Yo君、今日はいい面が打てている。その感覚を大事にしよう。今日もKw君が来てくれた。数少ない稽古の休みの日に来てくれるのはとてもありがたい。彼自身の稽古もこの前よりずいぶんよくなった。夜、梁山泊の稽古に行く。今日もMy先生が来られたのでお願いする。あの謎の小手を差し引けば、この前よりはちょっとはましかなと自分では思ったがどんなもんだろうか。「当てに行ってはいけない。まっすぐまっすぐ、体を活かして」とアドバイスをいただいた。意識して取り組もう。Mt母さんとは先の打ち、大きな打ちを意識して取り組んだ。W君O君とは当たり負けはしなかったかなと思う。まあしかしまだまだ。自分の課題もたくさんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.26

スパッと決まらんなあ・・・

女子の技のキレがいまいちだ。スパッと決まらん。稽古で決まらんということは試合でも決まらんてこと。試合で決めるための稽古になっているかどうかがが問題だ。自分はどこができてないのかを自覚することから成長が始まる。それは昔、孔子もソクラテスも言っているとおり。論語には「自分自身の知っていることと知らないことの区別がついていることが知っているということだ」とある。自己分析からスタートして、あと3日でできることを冷静に考え実現することが大切だ。夕方、久しぶりに宇治川ラインを走った。宇治橋から瀬田の唐橋までのかつて何度も走ったコースだが、涼しい風と中国の山水画のような風景は健在だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.25

剣道時代9月号

剣道時代9月号が送られてきた。「大会ニュース」のページに5月の水滸杯のことをかなり大きく載せてもらっている。写真も6枚も載せてもらったのでぜひ御覧いただきたい。さて、昨日はサーバーのメンテナンスで書けなかったので2日分。昨日は全面使えて、しかも軽井沢のようにさわやかな気候だったのでゆったり落ち着いて稽古ができた。毎日こうだったらよいのだがそうはいかない。後半、男子のリーグ戦と女子の団体練習を行なった。リーグ戦ではMd君が出だし低調ながら徐々に調子を上げ、Yo君にも競り勝った。逆にYo君、なかなかすっきり勝たしてもらえず、取った後をつけこまれるシーンが目立った。まだまだ心の勝負ができてない。U君は安定した戦いぶりができていた。稽古ではいつもと違うパターンで攻めてみた。男子2人はおおいに戸惑った様子で勉強になったのではないかと思う。夏休みの予定を配ったがピアノの上に2つ折りにした3枚セットが・・・。枚数から考えて、間違いなくMt君であろう。まあ想定内である。さて今日は打って変わって暑い熱い。風もない。きっちり光化学スモッグ注意報もでた。OBの久御山高のKw君とMaさんが来てくれた。この時期本当にありがたい。男女とも強化試合と女子の団体試合を行なった。U君、よい打ちが出ているが暑さのためか足のキレがない。Yo君、技のつながりと声、このあたりがポイントだ。Ymさんは出だし注意。気持ちを作って試合に臨むことが大切。速さとキレは持っているのだから、いつどこでスイッチを入れるかだ。Fjさん、結果としては勝ちなのだが、本当はその3倍ぐらい決まってないといけない打ちがある。相手の気持ちを考えることをもっと意識しよう。Fyさんひとつ良い面が打てた。これは収穫だ。Kw君も体のよく出た良い面が打てているがそこまでの組み立てをどうするかだ。守りが多すぎる。工夫しよう。団体戦では1試合目はSさんがよく頑張った。Sさんは素振りも左の握り、振りが良くなってきた。Fjさんも落ち着いて勝負ができている。2試合目は相手側大将Yt君が代表戦で良いところを発揮した。ただ、まだまだ飛距離が短い。ばねはあるのだから、もっと前に跳ぼう。久々にMaさんと稽古した。この前のKさんと一緒で、中心を意識しだすので逆に打てなくなる。これはみんな通る道。突きの稽古をしっかりすることで克服できるし、本当の意味で中心を攻めることができるようになる。がんばろう。初心者組、面を着けてふらふらになってやっている。がんばれがんばれだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.23

府大会へのスタート

昨日の京都新聞に女子団体決勝の写真が出ていた。ずっと取材が入っていたのは知っていたが、1位と2位の扱いの違うこと違うこと。ま、実際それぐらいの違いがあるのだと謙虚に受け止め、リベンジのエネルギーとしよう。さて一夜明けて府大会への稽古初日。男子2人はまあまあの試合稽古ができている。どっちかと言えばYo君の爆発力が足りないかなというところ。女子は団体練習をおこなった。Ymさんはだいぶ調子が戻ってきたが大将がまだまだだ。まだまだというのは、まだまだ1週間で伸ばせる要素があるという意味。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.22

夏季大会・個人戦

3日前から発熱で休んでいたYtさん、発熱で棄権。昨日無理させたなあと少し心配。さて個人戦。女子1,2年はOさんが丁寧に星を重ねてベスト16、Fyさんは残念ながら初戦敗退した。男子1,2年はMt君Yt君が2回戦、Hy君は変形の構えを崩せず3回戦、S君頑張ってベスト16に進出した。フリー女子、Tさん落ち着いた試合運びで1回戦を突破したが岡崎中のMさんにはさすがにかなわなかった。昨日から好調のFrさん、着実に勝ち進み、準決勝は周山のYさんに昨日のFjさんと同じところの小手を打たれて3位となった。勉強になる1本だ。Fjさんは好不調を繰り返しつつベスト8に進出し、準々決勝で樫原Sさんのゆっくりしたペースに巻き込まれて敗退した。何本も当てているのに有効打なし。決まらない10本より決めきる1本がほしい。それが1週間の課題だ。昨日良いところのなかった3年男子、今日はフリーの部で頑張った。東山K君を破ったHg君は雲ヶ畑のY君に敗れたが、Md君は積極的な試合でベスト16に進出、順位決定戦は落としたが善戦した。U君は2回戦で大枝のI君を破って波に乗りベスト8進出、準々決勝で優勝した加茂川N君に敗れた。最後はYo君である。丁寧に戦ってベスト8進出、準々決勝も修学院のY君に1本先取したが、その後がいけない。攻めに過剰に反応してバタバタ溜めのない技を出してしまい逆転負けを許してしまった。まだまだ心が弱い。我慢ができてない。ま、男子はみんな昨日より数段よい。そういう意味では失敗を成功の素にできてるんだと思う。でも逆に言えば「なんで今日やねん!」てことだ。とにかく後1週間、見つかった課題を大事にして、それこそ死にものぐるいで頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.21

夏季大会・団体戦

とうとうこの日が来た。男子1回戦の対戦相手は太秦中。先鋒、前の打ちなく引き分け。次鋒、打ってこない相手の応じ技を狙って引き分け。ここまででポイントなしは痛い。中堅、小手を打って沈むところを面に返される。1本負け。副将、1本先取の後も出てくるのを待ってしまい1本負け。勝負あり。大将も1本よい面があったものの、うまく面を合わされ敗退。終わってみれば0-3。結局攻めもなく、いいところを出せずに終わってしまった。ずーっと好調をキープしながらここに来て失速、そのまま本番を迎えてしまった感じだ。1人1人を見れば光るものがあるのにチームとしての力にならないのはやっぱり心の問題。本番に向けて、そこんとこを監督が高めきれなかったということだ。監督の責任は大きい。ただ、転んで転びっぱなしではつまらない。今日学んだことが明日の個人戦に生きれば敗者復活ということになる。明日はとことん出しきろう。女子、文教をストレートで破った後の岡崎戦、先行を許したが中堅・副将が取り返してベスト4進出。副将の胴は目の覚めるようなクリーンヒットだった。次鋒の内容が悪いのでYoさんに替える。準決勝は4人で上がってきた樫原。先鋒引き分けはOKライン。次鋒不戦勝の後、中堅きちんと2本勝ち。副将2本負けはあの相手なら予定通り。大将慎重に運んで引き分け。春に続いて周山との決勝戦を迎えた。先鋒次鋒1本負けの後、中堅2-1勝ち、副将2本勝ち。さあ大将引き分けで勝ちというもっとも精神力が必要な3分を迎えた。しかも相手は強敵Yさん、2分過ぎぐらいからだんだん打ってしまう打ちが出てきだしてやばいなあと思い始めたとき、攻められてふっと出たところの小手を打たれ、つかみかけていた優勝を逃した。あの局面で一瞬を逃さないのが大将の試合。がまんすべきところはぐっとこらえられるのが大将の試合。まさに心の弱さを打たれた1本だった。そこを克服できるかどうかで府大会の結果は決まる。あと1週間きちんと自分と向き合って頑張ろう。さて今日の2位をどう感じたか、だ。表情を見る限り希望はあると思う。目標とする近畿大会に進めるよう、しっかり頑張ろう。明日は個人戦、思う存分暴れる日になればよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.20

さて、

明日は団体戦。1試合1試合、自分の全てを懸けて目の前の相手に全力で掛かる。それだけ。頭の中はシンプルなほうがよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.19

ようやく、

目の色がそれらしくなってきた。いろんなことを乗り越えてチームはできていくものだ。そうやってできたチームは強い。お互いを信じる気持ちが強いからだ。人間は「信じる」という精神作用によってものすごいパワーを発揮する。信は力なりというのはそういう意味。さあ、本番だ。あと1日、しっかり仕上げて臨もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.18

いろいろ、いろいろ…

3日前ということで、心身ともに仕上がってないといけないのだが、まあ、いろいろある。なかなか稽古を見るということに集中できない。まあしかしいろいろあるからこそ、いろんなことが考えられて勉強できるのだ。天が与えてくれた成長のチャンスと心得よう。夜、バイクで走ってると、めっちゃウエスタンなカフェバーがあって、「ふーん」と思ってわざわざバイク置きに帰って歩いて行ってみたら「あら?」て言うぐらい狭くて静かで、カウボーイハットにウエスタンブーツの、でも見るからに伏見のおっちゃんが仲間とにこやかに喋っていた。なんかわからんけど完璧に間違ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.17

1本にする気持ち

まだまだ足りないなあと思う場面がたくさんある。打ちながら守ってしまう、遅れているのに手を出してしまう、打った後で気持ちが切れる、打つより受けるほうを選んでしまう、手だけで打ってしまう、などなど。もちろんここに来てぐっと集中度を上げてきた人もいる。自分はどうか、いつも言われることを意識して稽古に臨めているか、わずかな修正を稽古以外の場面でやれているか、点検してみよう。誰のためでもない。自分の、自分たちのために。あと3日。精度を上げよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.16

1本ということ

今日も昨日の試合を踏まえて団体練習をした。その中で覚醒したかのように2本勝ちを重ねていったのはMt君であった。まるでMy仙人のような豪快かつ変幻自在な技で片っ端から選手を食っていった。すごすぎる。後半1本勝負をした。いいところで1本決められる人が増えてきた。1本とは何かってことだが、これは実に相対的なもので、これが陸上などとは正反対なところである。陸上は実に絶対的なもので記録が全てだが、剣道の1本の基準は相手と時と場合によってさまざまに変化する。100の面を打っても相手が120の気持ちでドンとえていたときなら1本にはならない。相手の剣先が中心を押さえているときに力一杯面をたたいても旗はピクリともしない。逆に気持ちが3に落ちているときなら4の面でも1本になるのだ。それがいわゆるいいところというやつ。ああ、うまい!というところだ。そこが感覚的にわかるようになれば試合がかわるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.15

練習試合in堺

台風のため出発を3時間遅らす。バスが来てなぜかS君現れない。電話すると本人が出て「10:50だと思ってました…」連絡網では正しい情報を次の人に伝えられたにもかかわらず。謎。不戦敗。逃したチャンスは大きい。今日の試合はかなり高いレベルのチームが集まったので、1試合1試合が勉強になった。男女とも8試合して3勝5敗。男子は受けての試合が多い。相手がせっかくチャンスをくれてるのに、それを断ってたんじゃ勝てるものも勝てない。女子は次の用意が遅い。用意ができてないのに合わすから負ける。相手が何をしたがってるか観察しないから負ける。とくに大将。普段の稽古が出ている。もっともっと自分にも人にも厳しい稽古、組み立てのある稽古をしよう。今日来ていた中で目を引いたのは神戸中の男子。ギリギリの辛抱とシャープな攻撃。素晴らしかった。香芝中も相変わらず強かった。心身のバランスがとれたらもっとよくなるなと思った。さあ、夏季大会まであと少し!きちんと仕上げよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.14

団体練習

今日は男女とも団体練習をした。1試合目はそれぞれよいところを出すことができたが、2試合目、負荷をかけると勝ちきれない。状況に応じてベストを尽くせるかどうかが勝負の分かれ目だ。それには流れを読み相手を読むということ。相手を読む、というとずいぶん難しいことのように思うが決してそうではない。ひらたく言えば人の気持ちを考える、相手の立場に立って考えるということ。これは普段の学校生活のいろんな場面で言われていることだ。こんなことをしたら相手はこう思わはるなあという発想がそのままあてはまるのだ。こう攻めれば相手はこう思うはず、そしてこう動くはず、だからこうするという思考。もし自分ならと考えたらすぐわかることだ。これができる人は友達関係も良好なはず。逆に友達とトラブルが多い人は剣道も空気が読めず自分勝手な打ちを繰り返すので勝ちきれないってことになる。自分はどっち?と考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.13

台風接近!

そろそろ祇園祭だというのに、今年は涼しい。おまけに台風までやってきた。15日の練習試合が危うい。なんとかそれてほしいものだ。今日も試合中心の稽古をした。Hy君の動きがよくなってきた。Ya君はまだ迷いの中にいる。迷いは成長の前触れ。そこから抜け出すにはひたすら基本に忠実に、くりかえしくりかえしだ。Fjさん思い切ったいい打ちが出るようになった。その感じを大事にしよう。Omさん、跳躍素振りマスター。夜、梁山泊の稽古。My先生と稽古。空けてないつもりの小手をポンポン打たれる。なんか納得できないんだな。手品みたいだ。「面が流れる、右で当てに行ってはいけない」とアドバイスをいただいた。自分でも足が出てないなあと思った。Mt母さん一生懸命名人に掛かり、全力の稽古をされている。その姿勢を見習わねばと思った。その影響かMt君真っ直ぐないい稽古をするようになった。終わってちょっと遠回りをして四条通りを通った。闇の中に長刀鉾が圧倒的な存在感を漂わせて静かに立っていた。京都はいい!と思う瞬間のひとつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.12

チームで戦うということ

団体オーダーを発表した。悲喜こもごもいろんな表情が見えた。選ばれなかったことをなんとも思わないようでは困る。おおいに悔しいと思っていただきたい。ただ、そこで終わってはいけない。忘れてはいけないのはみんなで戦うということ。試合に出るものは持てる力の全てを相手にぶつけなければならないし、補員はいつどこで行けと言われてもベストの試合ができるよう、アップをし、流れを読んでいなければならない。じゃあそれ以外の人は何をすればよいのか、応援だけでよいのか、そうではない。その人たちの勝負は前日までの稽古。選手を苦しめ、簡単には勝たせない稽古相手になること、それが仕事。自分の全てをかけて選手を鍛えてやるのが仕事だ。そうやって鍛えてやった選手が試合に出るから心から応援ができる。選手の勝利が自分の喜びとなるのだ。チームとして戦うとはそういうことだ。選手だけが頑張る団体戦なんてなんの意味もない。いい団体戦、しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.11

1日飛んだなあ・・・

なんだかバタバタして1日飛んでしまった、昨日今日と稽古を見ているが、目がまだちょっと違うなあと思うのだ。団体で勝つには目の色が高いところで一致しないとだめだ。それがまだちょっと足りない。あと、始めるのが遅い。誰がリードするのか、だ。今日は抽選会であった。相手とオーダーは明日発表。第1試合の相手に全力集中できちんと戦うこと、それが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

オフ・最終回

今日はオフ、なのだが、3年生にとっては最終のオフ。そろそろカウントダウンとなる。心身の健康管理をしっかりしてみんなで全力を出し切る夏にしよう。Hy君も明日から稽古に復帰できることになった。やりたいのにやれない期間はけっこう剣道を上達させることがある。さて彼はどうだろう。明日ゆっくり見せてもらうことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.08

トレスクin桃山中

9時から1時間だけトレスク以外のメンバーの稽古をして10時からトレスク。試合中心の稽古をした。Hg君苦労して最後に激戦リーグを脱出した。審判をしていたU先生の「いいところ打つんですけどねぇ…決めがねぇ…」というコメントを大事にしよう。後半、大巨人U先生と稽古をした。今日は中心を取ること、剣先を効かすことを意識した。幸い剣先の駆け引きに応じてこられたので小手を裏からと表からと打つことができた。その後の面はちょっと軽かったが最後は小手を打たせてもらって終わった。ただ出ばなのドンピシャはなかった。1本目の面をしのいで、次の勝負で先を取る感じになっていた。初太刀のドンピシャにはまだまだ遠い。夕方、何度か紹介してるステラさん(芸名)の舞台を見に行った。雨垂事典という劇団の劇なのだが、よく練れていて変な気負いや気取りがなくて面白かった。その後てくてく歩いてると通天閣に行きついた。久々に大阪パワーを感じた夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.07

三重県錬成会

6時出発で三重県錬成会に参加させてもらった。男子3年生驚きのキレイな頭で登場。かなり気合い入ってきた。結果、男子は6勝3敗、女子は8勝1敗。数字を見ればなかなかよいが、いろんなレベルのチームがあったし、内容としても全てがOKというわけではなかった。特に男女とも大将戦でスコアが考えられてない試合がいくつかあったのが課題。大将はどんなスコアで回ってきても「自分にまかせろ!」の試合ができないとダメだ。そんな大将がいて初めて前がのびのび戦えるのだ。そのために何が足りなくて何が必要なのか、よく考えよう。来週の練習地合で良いところが出せるようしっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.06

うーん、まだまだ

今日も団体戦をやった。拮抗したおもしろい展開になった。中でもYt君の思い切った面2本が光った。まったくのタイで迎えた大将戦はYo君が早々に先取し、このまま行くかに見えたがMd君頑張って取り返した。その後のYo君がいけない。このままでも代表戦だし、有利は変わらないのに慌てて慌てて取りに行きあせった小手を面に乗られた。おそらくは自分の中での計算マチガイが原因だろう。状況を正確に冷静に分析して攻撃を組み立てないとだめだ。堂々と自信を持って戦おう。夜、梁山泊の稽古はO君W君Yさんと4人で行なった。じっくり2周。同じ相手と2回やるというパターンは前回の経験がすぐに活かせるという点でおもしろい。すっきりよい稽古ができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.05

今日も会議

会議で100%見れず。明後日は伊勢で練習試合大会。言ってみれば夏季大会直前リハーサル。しっかり感覚をつかもう。明日の夜は稽古ありということでよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいこんに花が咲いた

昨日はトレーニングの日。雨なので、それこそ10年ぶりぐらいに「だいこんに花が咲いた」のビデオを見た。今は亡き吉本先生がおられた頃の高千穂高校剣道部のドキュメンタリーである。みんなは何を感じてくれたかはわからない。何か感じて今日からの稽古に活かしてくれたらいいなあと思う。このビデオを初めて見た頃、自分たち若い指導者はなんとか京都のレベルを近畿全国レベルに!と必死になっていたなあ、と感慨深いものがあった。あの頃の情熱を自分たちはしっかり持ち続けているだろうか。ビデオの中の吉本先生は驚くほど若かった。いつの間にこんなに年月が過ぎていったのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.03

団体戦の流れ

今日は卒業アルバムの部活写真の撮影。早いものだ、と思う。時間がないので1本勝負の団体戦を行なった。最大のポイントはU君-Md君の対戦。U君が慎重になりすぎて攻めきれず逆に引き技に乗られるシーンもあった。計算しすぎては動けなくなる。流れを考えることは大事だが、勝負が始まれば無心。このへんが難しい。Yo君-Hg君の代表戦はなかなか緊張感のある試合だった。それだけに最後の引き胴に旗が上がってしまったのはちょっと残念。審判はもっと空気・流れを見ないとなあと思った。今日のOmさん、踏み込んで面が打てるようになった。ほう!である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

オフです

3年にとってはオフも今日を入れて2回になった。あとは大会までまっしぐらだ。心身のコンディションを整えてしっかり頑張ろう。やるのみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.01

7月になったぞ

昨夜は梁山泊O君E君Kw君8君Yさんが来て、O君の新鮮なねたをバーベキューやら刺身やらで楽しんだ。そうそう鱧(はも)も山盛り食った。で、気がつけば7月、勝負の月だ。ここんとこずっと言っている勝負は一瞬を心に、その一瞬にいいところが出せるように最後の仕上げをしっかりやろう。それと、普段の生活の中で自分はどんな看板を背負っているのかを考えて、責任ある行動をしよう。試合でいい成績を収めて表彰されるときに周りの人たちに心から拍手をしてもらえるかどうか、そこが大事だ。さて昨日の続きの個人戦選手決めのリーグ戦、本来持っている力からすれば当選確実のYa君Ymさんが切符を逃した。なぜ?をよく考えよう。偶然の勝ちはあっても偶然の負けはない。その原因を自分の中に見つけ、強化することができればより心の強い選手になることができる。失敗は成功の素にできれば十分意味がある。すべてを栄養にしていく貪欲さをもとう。3日目のOmさん、すり足で抜ける面打ちができるようになった。梁山泊のKw君とOBのKさんMaさんが来てくれた。Kさん、いい足捌きができるようになってきた。2人ともライバル校の選手として頑張ってほしい。決勝戦で2人が戦うのを見る日が来ることを楽しみにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »