« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

これはいい!

今日は家で稽古。後半の3分5回にひさびさにHy君が入ったがその1本目、こちらがすっと出ようとしたところへ思い切った面を打った。これはいい!と思った。きちんと用意して初太刀に集中する、お手本のような1本だった。これを毎回意識して稽古すれば絶対強くなる。見習おう。逆に後半は息切れして集中力の途切れた攻撃が出てきた。これはいけない。長い試合になれば集中力の途切れたほうが負けだ。最後の1本まで集中力を切らない稽古をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.29

練習試合in深草中

深草中で練習試合。藤森中と3校でやった。勝敗よりも・・・内容をどう捉えるかだなあと思う。構えているときに、「こうしよう」「これをするために相手をこう動かそう」という構想があるかどうかだ。なんとなく構えているところに相手が打ってくれば受けるしかない。そういう展開が多かったのではないかな。構想をもってそのための用意をする、それが構えるということ。左手がこう、剣先をこう、という形を作ることが構えることではないのだ。そういう構想のある稽古を毎日しないと試合でできるようにはならない。それができて初めて剣道がおもしろくなるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.28

まだまだ・・・

稽古の後半を見る。足のメリハリをもうちょっとなんとかせんとなあ、と思う。1本勝負では相打ちからの次の展開がないなあと思った。打ち終わったところでスイッチ・オフ。これが問題だなあ。試合ではそこを狙われる。結果受けるのが精一杯ということになる。きっと明日の練習試合で相手が教えてくれるのもそこのポイントだと思う。夜、梁山泊の稽古。My先生と稽古。今日はズンズン来られたのでなかなか十分にしてもらえなかった。で、あちこち打たれることになる。今日はちょっと自分の中で謙虚さが足りなかったかもしれない。だからなるほどが見えなかった。続いてH君、前半は小手、面と狙ったところの勝負ができたが、後半作り不十分で打っていったところは大きい面を乗られた。Ta妻さんとは2本2本で攻める。お通杯は1本ではやめてくれないから、そこを意識した稽古。これにどう対処するかが本番までの課題だ。U君、久々だが小手の素早さは健在だ。Hy君、動きは速いのだが、突破力が弱い。そこが課題だ。汗をしっかりかいたが、引くのが早くなった。本格的に秋だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.27

うーん・・・。

ラスト15分ほどだけ稽古見る。うーん・・・と思った。なんかやっぱり空気抜けてる。どこから、というんじゃないが。お互いがすきまを埋めようとするを出していないのだ。言ってみれば接着剤のような物質、これをそれぞれが出して初めて場の空気ができるのだ。1人1人が1を出してたのではバラバラのまま。でも1.1いや1.01でも出せばすきまは埋まる。このプラス0.1とか0.01が大切なのだ。これを言われなくても自分で出せるようになれば、団体で、チームとして勝てるようになるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.26

剣道時代11月号

昨日発売の剣道時代11月号に、付録としてこの夏の各都道府県大会の詳細な記事が載っている。女子団体決勝のスコア、レポート、そしてU君の写真もしっかり載っている。ぜひ本屋さんで買おう。ちなみに820円です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.25

オーラがないなあ

会議と出張の合間に3分だけ稽古を見た。うーん、体育館に入ったときのオーラがないなあと感じた。こういうのは理屈じゃなくて感じるものなんだけど、その活動が作り出す空気みたいなものが体育館にピーンと張り詰めているときと、すきまがいっぱいあるときがある、今日はすきまがいっぱいだった。いやいや私は僕は頑張っていましたと思うかもしれない。しかし、1人でもすきまを作る人がいると、空気はそこからもれてしまう。全員の気、これが勝ちへのオーラを作るのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

完璧オフ。

今日は完璧なオフ。それぞれにリフレッシュできただろうか?午後から天候が崩れたのでちょっと残念だったが、梁山泊のHPを更新したり本を読んだりして過ごした。明日からまた秋の忙しい日々が始まる。そして新人戦まで約1ヶ月だ。忙しさを楽しめるようになれたらいいなあと、ふと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.23

京都社会人剣道大会

いい天気だが、かなり眠い。個人戦46〜55歳の部、まあ1回勝ったらいいかなあぐらいのテンション。1回戦は春風館のI選手。面がなかなか跳べず小手をいくつか打つがクリーンヒットがなく、引き面を何本か打ったが、最後に裏から打ったのに旗が上がった。2回戦は府庁のS選手。開始早々に面を取られる。いかんいかんと気を取り直し、ライン際で面を跳んだら当たった。最後は回して打った面が決まった。あらあら勝っちゃったなと思いつつ3回戦は講武会のI選手。またまた早々に面打たれる。かなり開いた構えなので、裏を攻めての小手を狙うと、いくつか手応えはあったが旗は上がらなかった。ならばと表から大きく回して面を打つと当たった。次は他のことをしようと思ったが、うまくいかないので同じ面を打つとまた当たった。準決勝は剣徳会のH選手。大きいなあと思ってると面が来て旗が上がった。今日はこればっかりだ。もっと初太刀を大事に厳しくいかないとだめだなと思った。結局取り返せず1本負け。3位ということになった。団体戦は中堅で出て攻め合いからの初太刀の小手が決まった。面も当たりそうだったが跳べず1本勝ち。チームは残念ながら中体連AB、梁山泊Aともに初戦敗退、中体連女子だけが3位に入賞した。梁山泊Bは2回戦で精好植柳会に破れたが、なかなか白熱したいい試合をしたと思う。今日は試合中、なんだかおだやかで楽しい気分だった。こういう精神状態っていうのは初めてだ。大事だなと思ったのはやはり初太刀。誰とやるときもこれを意識しようと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.22

おっ!

今日は午後の稽古。まだまだ暑い。試合は引き分けが多かった。白熱した引き分けならよいが、様子を見ているうちに時間切れ、みたいな試合をしてたんでは意味がない。部内の試合では勝ち負けよりももっともっといろんなことを試そうとしなければならない。後半の稽古はまた5人中4人が女子。ほんまに男は・・・だ。Sさんの稽古がちょっと変わってきた。いろいろ考えて組み立てようとしている。それが大事なのだ。1回1回をそうやって取り組めば、あっという間に強くなる。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.21

週末

月曜が休みだと週末が来るのが早い。放課後は長い会議で稽古見れず。夜、梁山泊の稽古に行く。着くと自転車の少年が1人待っていた。Mt君だった。40分かけてやってきたそうだ。なかなかのもんだ。稽古も一生懸命やっているのだが、左の蹴りが弱いのでスピードが出ない。スピードがないとパワーも出ない。きちんと強化しよう。ひさしぶりにTa妻さんと稽古。あいかわらず難しい。間合いの攻防が抜群にうまくドンピシャが打てなかった。続いてW君。今日のW君はなかなか気が入っていた。たくさん叩かれたなあと思う。最後は回した面を打ったものの、相面でドカンというのが打てなかった。社会人2日前としてはちょっと不本意な出来である。明日また頑張ろうと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.20

おいおいおい!

今日は体育館が前後半で分かれる日なので、いたって稽古の時間は短い。その地稽古の1回目でMt君ありえないヘロヘロの稽古をしているので、「モタモタしとったら邪魔やから抜けとけー!」と言うと、力強く「はい!」と返事をして稽古の最後まで(掛かり稽古も終わるまで)堂々と座っていた。で、「おいおいおい!」ということになる。「邪魔やと言われて『はい!』と言って座ってるやつがあるかー!!」と言わなければならなくなる。状況判断っていうか、空気を読む力っていうか、言葉のウラを読めない人が増えてきたなあと驚く。「帰れ」と言われて帰る、「やめろ」と言われてやめる、「抜けろ」と言われて抜ける、なんていう反応は一昔前なら考えられない。そんな時代なのかなあ・・・とも思うが。ま、どんな状況であれ表面的にしかものごとを理解できないようじゃダメだ。試合の場面なら見せかけの攻めにコロッとだまされることになる。深く見る、本質をつかまえる、そういう姿勢が大事なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.19

ひさびさトレーニングの日

今日も暑い。夢Tシャツを見るのはひさびさだ。Mt君服装忘れで制服でどろどろになってやっている。いいような悪いような・・・昨日の学年練習での体操服忘れは彼を含めて剣道部が3人もいたようである。困ったものだ。さて、そろそろ花背の合宿が近づいてきた。体調と気持ちを整え、京都市のリーダーとなれるよう頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.18

あらら・・・

今日は暑かった。そこへ体育祭の学年練習があったせいか体調不良者が続出。どっちかというと男子のほうがもろいようだ。結果なんだか活気のない稽古になった。しっかりせんと目標どころじゃなくなる。体調管理をしっかりしよう。プラスそれぞれの課題に対する個別のトレーニングが必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.17

合同練習

今日は宇治中(男子7人)に来ていただいて合同練習と試合。なかなかシャープな動きをするいいチームだ。1試合目、相手の攻めが速く十分を作らせてもらえず0-2負け。2試合目女子、惜しい試合で0-1負け。しかし女子のほうが内容よいってどーゆーこと?3試合目2-3負け。内容はちょっとおもしろかった。が、Hs君の上半身下半身のバランスが悪い。きちんと下を作らないといい打ちが出せるはずがない。きちっと作ることをもっと意識しよう。4試合目最後の手段、いいとこどり混合チームで次鋒副将にYaさんYoさんを入れる。結果2-0で勝ち。この試合、Sa君の内容がよかった。素早い攻めが有効打につながった。女子を入れたほうが強い、では・・・どうする?男!夜は世界柔道を見ていたが、棟田選手の優勝を決めた後の態度・表情が素晴らしかった。うれしさをこらえ、きちっと相手への、また試合場への礼を尽くす。これが武道だと思った。まあ明日の一面は谷選手なんだろうけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.16

練習試合in岡崎中

朝から台風の影響か暑い暑い。まずは1級審査。Si君1回目は緊張のせいかまるでいいとこなし。2回目は落ち着いていつもどおりできた。審査はいいところを見ようという方針で行なわれるので合格となった。合格率約55%の厳しい審査となったがギリギリセーフ。つづいて試合。結果は男子8勝、女子6勝2敗だったが、課題もたくさん見つかった。男子は試合の組み立て。相手の攻撃をどう利用するかを2分30秒の中で考え修正していけるようになろう。同じことばかり繰り返していてはいけない。そしてそれができるための稽古を普段からしっかりやっておかねばならない。女子は先に取っておきながら取り返されて負けるというパターンがいくつかあった。1本取って有利であるはずなのに逆にそれがプレッシャーになるようではいけない。また、打つべきところで打っていながら決めきれず1本にならないというパターンもよくあった。普段の基本稽古から1本を意識した打ちを出そう。その稽古に裏打ちされた自信、これが試合を変えるはずだ。さて最後は稽古会。まずはM先生。攻めが強いがなんとか凌ぐ。幾つか小手の応酬。諸手突きは想定外だったが、最後は大きい面がなんとか届いた。続いて如山のU将軍。毎度のことながら大きいなあと思った。しっかり打ったつもりでも上に抜かれる。面も届かんしなあ、ということで、最後は近いところの小手をちょっとごまかして(?)打った。最後はY先生。序盤は心を崩すことを心がけた。で、うまく効き中盤はこちらが支配した。が、最後は色々狙いすぎたところに無心の面をもらった。反省の1本である。まあとにかく暑い日だった。今日の試合が明日に活きるよう頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.15

さすがキャプテン!

今日は家で稽古。3年が抜けるとやっぱりグッと人数が減った感じがする。そのぶん足をしっかり使えるので、それはそれでよい。前半は基本重視の稽古。ちょっと女子の踏込みができてきたかなあと思った。試合は今日も男子対女子。さすがに今日は男子がきちんと勝った。Mt兄妹対決は妹が勝利した。兄しっかりしろ。序盤ばたばた組み立てもなく打ってしまったとこがいけない。余計なことを考えず、ただ目の前の相手を倒すことに集中しよう。Hyくんはきちんとリベンジを果たした。いつも普通にそれができないといけない。後半1本勝負。久しぶりに来たYo君の相い面がスパッとよかった。Yt君の打ちもシャープさが増してきた。Yaさんには見事に胴を抜かれた。やられたなあという感じだ。稽古が終わってSa君がSi君に形を教えていた。その教え方が実に親切で丁寧だった。他の人たちはとっくに着替えてアイスクリーム食べているのに、きちんとできるまで教えていた。さすがはキャプテンだなと感心した。この姿勢はきっと自分の稽古にも生きてくると思う。さて明日は1級審査&練習試合。新チームデビュー戦だ。しっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.14

稽古再開

テストが終わり、稽古再開。基本を見ている限りでは、あまりブランクを感じさせなくていいなあと思ったが、試合になるといくつか気になるポイントが出てくる。Hy君をはじめ、男子全般に1本に対する集中力が足りない。もっと決めるがないと勝てない。女子、結果としては男子に勝ったが、団体戦の高まりがない。誰の試合も自分がやってるつもりでやらなければ身にならない。学ぶ・実践するを大事にしよう。夜、梁山泊の稽古。めずらしくサイクロンUr君が来た。今日はなんだか面の起こりが見えたので先の面を打つことができた。これはW君やH君に対したときも同じだった。これがいつでも誰に対してもできればよいのだが・・・なかなかそうはいかない。ひとつひとつ積み重ねだなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.13

情熱大陸

50000のキリ番はあっさりと通り過ぎたようだ。日曜の夜の『情熱大陸』をよく見る。各界の売り出し中というか旬の人が出てきていろいろ喋ってくれるので、なんかヒントはないかと思うのだ。剣道やら仕事やら、たいそうに言えば生きるための。こういう人の話はおもしろいし、目に力がある。ときどき「なるほどな」ということがある。けっこう食い入るように見ている自分に気がつくのだ。いいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.12

なんだかなあ・・・

安倍さんの突然の辞任というのは、今日の格好のブログねたなんだろうと思うのだが、今に始まったことじゃないが国民不在の揚げ足取り合戦はいったいどこまで続くのだろうかと思うのだ。政治家は国民の代理者として国民の暮らしがよりよくなることを目指して全力をつくすためにのみ存在するのであって、たんなる勢力争い・政治ごっこのために貴重な金と時間を使われたのではたまったものではない。まあ学校現場で言えば、新学期が始まって、しかも授業時間中にみんな自習にして、「この教員の学年配当では生徒のためによくないから考え直しましょう」と言って何日も会議をしているようなもんだ。本末転倒も甚だしい。口を開けば「国民のために」と言いながら結局は自分たちのことしか考えていない政治家全体に愛想が尽きる。「ちょっとは本当にこっち向けよ」と言いたい。まあ裏を言えば今回の件も党の長老たちの調整と決断によるものだと思うけどね。これでしばらく食うに困らないのはマスコミと評論家だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.11

そろそろ50000!

気がつくとそろそろ50000ヒットだ。ここまで来たかあ・・・みたいな感じだ。けっこういろんなことあったなと思う。50000踏んだ人には、申告してもらえば懐かしのお魚シールあげようかなと思う。自分で踏んだらちょっと悲しいな。掲示板にでも書き込んでください。よろしく!明日からテスト。しっかり頑張ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.10

切り返しについて

ある指導書に、「初心者の切り返しでは面打ちの後は体当たりをさせずにのびのびと伸びさせるべし」というのがあって、ふむふむと思ったのだ。たしかに面体当たりというのはけっこう難しい動作である。かといってそのまま伸びるのをよしとすると腕だけでちょんとタッチするような当たりになってしまいそうだし・・・。迷うところだ。今は体全部でしっかり当たっての切り返しを奨励しているのだが、はたしてどんなもんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.09

大山は、すごい。

朝からおだやかな天気だ。これなら、と、昨日断念した大山に向かう。ほぼ直線に近く高度を上げ、あっという間に大山寺の前に着く。ここから進路を右に取る。ぐるっと逆時計回りのコースだ。森の中をしばらく走り、ぱっと開けた所でふり返るとおお!草原からグウーンと伸び上がる大山がそこにあった。しばし眺めてさらに進むと三つの沢がある。雨が降ると道を横断して一直線に急流となるところだ。そこからは大山の横顔とでもいうような素晴らしい眺めが見れる。見とれるあまり、スタンドを出すのも忘れて降りようとしてしまった。結果は・・・人車ともに土にまみれてしまった。まさに足元を掬われるというやつ。気を取り直してさらに進むと鍵掛峠の展望台に到着する。大山の全容がそれこそドッカーンとそびえ立つ。その威容!標高こそ1700mあまりだが、3000m級の山に劣らぬ威厳がある。不動如山の山とはまさにこんな山だと思った。構えもこうありたいものだ。来てよかったと思った。その後、鳥取砂丘を経て9号線をのんびり帰った。左右に広がる刈り入れ間近の水田はシャンパンゴールドに輝き、もう夏はどこにもないことを物語っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.08

脱出!

今回はテストを作らないでよいので、ぽかっと空いた土日に京都脱出。中国山地を西へ西へと峠を越えていく。やがて人形峠を越えて大山(だいせん)山麓へ。が、大山は厚い雲に隠れ、高度を上げていくとポツポツと雨が降りだした。これはダメだ。撤退して海を目指す。海岸は涼しい曇り空で波がとても高かった。防波堤に座って缶コーヒーを飲みながらボーっとサーフィンを見ていると、実に穏やかな気分になる。今夜は米子泊。オサカナが抜群にうまかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.07

梁山泊盛況

夜、稽古に行く。着いてみるとすでに中学生が多数来ていた。ひさびさFj父さんも登場。Mt一家はもちろん、My先生やTa夫妻、Kw夫妻、忍者T君も参加で、結局中学生以下8人、大人10人という盛況だった。久しぶりにTa君と稽古。Ta君稽古再開2回目でまだまだオーラが出ていない。そうすると打たれもするが、打つべきところでは打てる。大宅のHさん、構えがちょっと開きすぎ。同じくTさん、機会がよくなった。うちのFjさん、いつもながら稽古はよい。それが試合に出せるようになるためには心の鍛錬が必要だ。Tさん、打ちはとてもよくなった。あとは機会。Fj父さん、いい面をいくつかもらった。Kw君、最後の面はよかった。Kw妻さん、ちょっと稽古の形ができてきた。その調子だ。今日も最後までMt母さんはMy先生に掛かっていた。ひたすら切り返しと打ち込み。あれはなかなかまねできない。立派だと思う。子供たちの素晴らしいお手本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.06

台風?

台風が関東地方にせまっているらしい。どうやら直撃のようだ。このあたりも夕方風が強かった。ま、直接の影響はないようなので、土曜日には京都を脱出しようかと密かにたくらみ中。実行の際は報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.05

テスト1週間前

今日からテスト1週間前。切り替えて勉強しっかりやろう。いつも言うように勉強すべきときに勉強できない人は剣道もしっかりやれない。そして、毎日少しだけ、剣道に関するトレーニングをやろう。ゼロはよくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.04

戻っとるがな

終わりがけに体育館に顔を出す。んー?日曜日はもっとできてたぞ?と思う。Oさん右手でつかんで止めてる、Yaさん面の音が悪い、Sさん声出てない・・・。戻っとるがな。昨日はオフだから、今日の1時間ちょっとの稽古で戻っちゃったということだ。やって戻るような稽古はしてはいけない。どこまでできたのかを意識せずになんとなく始めるからこういうことになるのだ。もっと自分の状態を自覚して、意識して稽古に取り組まないとダメだ。テスト休みの間の自主トレで逆に変な癖がつかないよう気をつけて取り組もう。最後に初心者組に1級審査を想定した立会いをさせてみた。ふーん、思ったよりいいかんじだ。ま、受かりそうだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.03

オフです

今日はオフ。部員の故障関係の書類3通作る。ちょっと多すぎ。明後日からテスト前なのでその間に治ればいいのだが、と思う。夜、武道センターでジュニア強化についての会議。なかなかいろんなハードルがあるなあということがわかった第1回だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.02

ちょっとよくなってきた

男子が故障でどんどん減ってきた。困ったものだ。ステージの上にお雛さんのように並んでもらってもなあ・・・と思う。女子は全員元気だ。Yaさんの面がちょっとよくなってきた。試合でも2試合目は良い面が打てていた。少しずつできるようになればよい。逆戻りはダメ。ここまでできてきたなという感触を大事に次へ進もう。試合でYoさんがYt君に抜群の抜き胴を決めた。まさに100点満点。その思い切りが大事なのだ。さて後半、3分5回、全員女子。トップはこれまでギリギリで逃していたMtさん。その気合いがよい。稽古内容も元気でよかった。男・・・言う言葉が見つからん。Yo君がやってきて、昇段審査は全員合格したとのこと。まあ予想どおりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.01

あと1/3・・・

9月になったってことはそういうことだ。早いなあと思う。その1/3の中に花背の合宿、シード戦、新人戦、府選抜大会、加古川遠征と予定が詰まっている。その全てはチャンス。きっとどこかでグッと伸びる。ひとつひとつのチャンスを大事にしよう。さて、今日も基本中心の稽古。やはり気になるのは足だ。足が正しく運べているか、たえず気をつけよう。全ての基本は足なのだから。後半3分6回、うち女子5人。昨日に続き、男惨敗。これではダメだ。勝てる選手にはなれない。稽古の中で「お!」と思ったのはFyさん。確実に上達している。できなかったことができるようになってきている。継続は力だと思った。明日は昇段審査。受ける人はスパッと受かってきてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »