« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

1年生の稽古・2日目

今日はトレーニング。女子は学校欠席と習い事で参加は男5人。ランニングやら素振りやらを経て20mダッシュ。スタート!テテテテ・・・。ダッシュ・・・だよなあ、これ。うーん・・・剣道の前に根本的基本的な体力アップってゆーか、そういうことをせんといかんなあと思ってきた。本当はそういうことはそれぞれが時間を見つけてやっとくべきことなのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.30

1年生の稽古・1日目

今日から1年だけの稽古。初日に仕切るのはKt君。張り切って早く着替えてみんながそろうのを半ばイライラしながら待っている。なかなかよろしい。号令もまあまあしっかりかけている。今日は基本の基本にこだわって稽古をした。面を決める手の内の稽古、それから面打ち。N君、いい音がするようになってきた。そして小手面、小手。で、タイムアップ。5時終了なので早い早い。あっという間だ。仕事を終えてHy君が参加しに来た。なかなかよい心がけだ。Sa君も見学に来た。2年生は無理をする必要はないが、来たければ来てもよい。明日はトレーニング。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.29

オフですが

大会を終えて今日はオフ。とは言え2年生は今日から1週間職場体験で、さまざまな事業所に働きに行く。忙しくも楽しい1週間である。さてその間の活動をどうしようって話。1年だけで果たしてしっかり部活ができるのかどうか、ちょっと(かなり)心配ではあるが、まあやらせてみることにしよう。しっかりできればきっと大きな成長があるはずだし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.28

秋季新人大会・団体戦

男子1回戦は加茂川中と。3人チームだが、実質先鋒しか勝てないというスタート。3(6)-0(0)。2回戦は深草中。不戦勝1を含めて4(8)-0(0)。3回戦は大枝中。先鋒、打った後振り回しすぎ。動きが止まったところを2つ狙い打たれた。次鋒、いいところを打っているが決めきれず引き分け。中堅、胴1本勝ち。時間もあったし、きちんと狙ってもう1本欲しいところだ。副将途中からグニャグニャになって引き分け。狙うということができてない。大将、頑張ったが引き分け。本数負け。ベスト8。次鋒副将で勝ちが欲しかった。シード戦では勝っている藤森中が大枝中に勝って2位になった。自分たちと何が違ったのかをよく考えなければならない。勝負ということに直面したときの何かが足りない。それぞれがよく考えてみよう。女子は1回戦岡崎中と対戦、先鋒あっという間に2本負け。次鋒不戦勝でタイ。中堅面1本勝ちでリードし、副大引き分けでギリギリ勝ち。まだまだ体が動いてない。2回戦は京都女子中と。中堅戦がポイントだ。先鋒1本負け、次鋒2本勝ち、中堅はしのいで1本負けに収めた。副将1本勝ち、大将引き分けでまたもギリギリ勝ち。準決勝はこれまで勝ってなかった藤森中。先鋒面1本勝ち。結局この1本を大将まで守りきって勝ち。少しリズムが出てきた。決勝戦は同志社中。先鋒先を取ってるのだが決めきれず後の打ちを喰らう。面2本負け。次鋒、前前の試合で小手1本勝ち。後半慌てすぎ。中堅、落ち着いて戦い胴2本勝ち。副将、マイペースの試合で後半面、小手の2本勝ちで試合を決めた。大将も落ち着いて小手1本勝ち。終わってみれば4(6)-1(2)で優勝した。優勝からはずいぶん遠ざかっていた気がする。5年ぶりかな。桃山では初めてだ。優勝したということは多くのチームに今度こそ!の気持ちを与えたということ。そういうチームが今以上の頑張りをして春に立ちむかってくるということ。春、夏にそんなチームと対戦して勝って初めて勝ちということである。ということは、今以上の頑張りをせねばならないということだ。優勝チームとしての責任とプライドを持って冬にしっかり鍛えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.27

秋季新人大会・個人戦

今年の新人戦は暖かい。暑いぐらいだ。今日は個人戦、1年男子はFk君が3回戦に進出したが、あとは1回戦敗退。1年女子はMtさんOmさんそろって2回戦敗退。ま、1年にとっては出場することが勉強だ。フリーの部、女子はずいぶんレベルが高かった。しかも入賞者4人のうち3人が1年と聞いてまたびっくりだ。Oさん、決める打ちができてない。Sさん、右手がかたい。ともに1回戦敗退。Fyさん、ゆっくり勝ち上がってベスト8。最後は構えができる前に攻め込まれ、自分の試合ができなかった。Yoさん、徐々に自分らしさが出てきてベスト8.準々決勝は落ち着いた試合運びができていたが、体をうまくさばけずに胴に行って先の面を打たれた。よくあるパターン。足の効いた体さばき、これが課題。他の人にも言えることだが、やっぱり足だなあと思った。男子1回戦、Mt君なかなかよかったのだが、2回戦はヘロヘロだった。しんどい稽古が足りない。メニュー考え直さないといけない。Yt君、攻め込んで展開するということができず遠間から打つので面届かず。小手拾われて1回戦敗退。Sa君、不戦勝のあとの2回戦、ふと止まって見てしまったところを面乗られた。これもよくあるパターンだ。Hy君、快調に飛ばしてベスト8。最後は同志社のY君だったが、彼の面は抜群によかった。小手面も真っ直ぐ確実に真ん中に乗ってくる。速い、正確、そして一切体が崩れない。こういうのを見ていると、やっぱり剣道は面だなと思う。Hy君もずいぶん頑張って相手を動かし、チャンスも2度ほどあったが完璧な面を2本もらってしまった。男子は当分Y君の剣道をお手本にするとよい。明日はいよいよ団体戦、チームの力が問われる日だ。気持ちをつないで良い試合ができるよう頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.26

前日であるが。

会議のためまったく見られず。ま、3年生も来てくれたようだし、試合稽古の組み合わせも伝えておいたので、しっかりやれば仕上げはできたはず。できただろうとおもっておくことにする。明日は1年生にとっては初めての公式戦、緊張して当たり前だが、別に部内でやる試合となんら変わることはない。できることをのびのびやる、それがすべてだ。2年生にとってはいよいよ自分たちの時代のスタートである。気合い入れていこう。夜、梁山泊の稽古はO君、H君と3人で行なった。こういうのも緊張感があっておもしろい。H君とは間合いの使い分けを意識してやった。いかに相手の間合いにならないようにするか、自分の間合いを作るか、しかも狙う技によって使い分けるか、そこの勝負がおもしろかった。さて明日あさって新人戦。いい2日間になるといいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.25

攻める、崩すがない。

今日は1時間きっかりの稽古。試合稽古を中心にやったが、初心者との1本勝負ですっきり勝てない。ここやなあと思う。なぜ勝てないか、攻める、崩すがないからだ。相手の動きを待ってそれに対応するような試合をしているから遅れるし、相手が何もしないと何もできない。それでは勝てない。勇気を出して相手のガードラインを突破し、相手の気持ちを、構えを崩すこと。そこにすきができ、打つべきところが生まれる。そういう試合をしないといけない。あと1日、どこまでそのイメージに迫れるか、やってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.24

試合の週

試合の週は本当なら剣道に集中して毎日まとまった時間稽古できればよいのだが、なかなか現状ではそうはいかない。しかし気持ちだけはそっちへもっていかないとダメだ。プラス家で何をするか。別に長時間トレーニングをしろというんじゃなく、毎日ちょっと何かやる。剣道のことを考える時間を作る。それが大切。授業だけの人と予習復習する人で伸びが違うのと同じだ。ちょっとやろう。そのちょっとを試合の週は多く濃くしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.23

基本はマル

試合まで、防具を着けるのは3回となった。前半はぐっと縮めた基本練習をやる。その中での1本1本はよくなってきた。まあ、マルかなあと思う。問題はそれが試合に活きるかどうかだ。90秒の1本×2回の試合をやったが引き分けが多い。白熱した、というよりは決めきれず攻めきれずの引き分けが多かった。問題はここだ。せっかくいい打ちが出来てきているのだから、それを限られた時間の中で残らず出してしまわないともったいない。ここと思ったら迷わず爆発させる、それがほしい。それで打たれたら相手のほうが強かったというだけのことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.22

対戦相手発表

抽選会の結果とオーダー発表。それぞれにニコニコして見ている。このぶんならいい試合になるだろう。試合は楽しむ気持ちが大切。あんなことしてやろう、こんなこと通じるかな?いろいろ楽しんで試してみる。そして正解だったか間違いだったかの答えは相手が一生懸命出してくれる。なんともありがたいことである。楽しむための準備をしっかりやっておこう。夜、お通杯の記事を梁山泊のHPにアップした。とりあえずの目標は10回連続出場!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.21

お通杯剣道大会

今年で6回目になるこの大会、梁山泊チームは不動のメンバーで6回目の出場である。個人戦Kwさん、白熱した攻防の末、延長に入って返し胴を決められた。Aさん、1回戦を引き胴と面で鮮やかに勝ち、2回戦終了間際引き面を決められた。Yさん、間合いに先に入られて見事な面を2本決められた。昼食としばし休憩の後、団体戦の開始だ。相手は島根Bチーム。先鋒Yさん、開始即小手を取られ終了間際に面でとどめを刺される。中堅Aさん、強気の試合で相手をコントロールし、引き胴と小手の2本勝ち。大将Kwさん、慎重な試合運びで引き分けかと思われた終了5秒前、ふと時が止まったような瞬間に小手を決められて1本負け、惜しい敗退となった。来年こそ!の思いを胸に秘め、宮本武蔵温泉につかって帰途についたのだった。秋の恒例行事、今年も平和に終了である。今年の印象に残る1本は、個人戦に出ていた兵庫のN選手の面。素晴らしく速く正確だった。あんな面が打ちたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.20

寒くなった?

日差しは暖かいのだが、体育館はさむっ!と思うような気候になってきた。剣道をやるにはいいシーズンだ。今日は梁山泊のAさんが来てくれたので、女子を中心にいろいろアドバイスしてもらうことにした。ずっと勝負の第一線を歩んできた選手なので、いろいろ参考になったと思う。試合を2回やったが、女子はまだまだ1本になる打ちが少ない。2年男子は少しキレのある打ちが出てきた。特にYt君の面がよい。久々復活のHs君もいい動きをしている。後半の稽古は女子がAさんに掛かったので男子7人。Fj君、7人目に並ぶ寸前Fk君に追い抜かれた。油断大敵だ。Yt君なかなかよい。S君、Hs君はペースと組み立てを考えること。ワンパターンになると合わされてしまう。今日は夜からお通杯に出発。大変高レベルのこの大会、いい試合を楽しんでこようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.19

少し狙えてきたかな?

今日は試合の様子を少しだけ見た。初心者組の試合がちょっと変わってきた。やみくもに打つんじゃなくて、狙ってるなっていうのが見えるようになってきた。ただ、当てることにとらわれて打ちきるということができてない。勢いのある打ち、1拍の打ちをマスターしよう。これは初心者以外の人にとっても心がけるべきこと。ターン!と一気に突き抜ける打ち、爆発する打ちをイメージしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.18

指導者の責任

朝青龍といい亀田大毅といい、なんという脆さ・・・と思う。トップに立つ、あるいは立とうとする者でありながらあの精神的な脆さはなんだろう。勢いのあるときと逆風になったときの驚くべきギャップ・・・。どちらにも共通するのは指導者の意識の低さってことかなあと思う。人形作って魂入れずという言葉があるがまさにそのとおり。勝敗だけを重視するあまり人間形成を軽んじたらこうなるよという見本だ。指導者と言われる者の1人として襟を正し、根本を踏み外さないよう総点検をせねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.17

合唱コンクール

今日は合唱コンクール。3年生のパワーに圧倒された。30人学級というやつで昨年より約10人少ないので、パワー不足の合唱になるんじゃないかと思っていたが、なんのなんのパワフルな合唱だった。人数が少ないということで逆に1人1人が危機感と使命感をもって取り組んだのがよかったんじゃないかと思う。ハンデは必ずしも負けの要素になるとは限らない。要は自分の置かれrた状況をどうとらえるかが大切なのだ。そして常にプラス思考でその状況を楽しむことが大切である。今日の3年生は1人1人が100%合唱を楽しんでいた。それが聞く者に感動と共感を与えたのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.16

基本基本・・・。

シンプルに速い面を、ということで、今日は面と小手と小手・面だけの稽古をした。どれほどいつもと違う意識でやれたか、それが問題だ。常に実戦を想定して今日の稽古をすれば、絶対に勝つ。なんとなくいつもと同じ意識でやったのなら時間の無駄。さて、どっちだったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.15

空が広い

夕方に空を見ると、グーッと広くなったのを感じる。まさに秋本番。こんな空を見ていると、もっともっと空を感じる世界に出かけたくなる。何をするにも最適な季節だ。今週は正確な基本を中心に、来週は実戦練習を中心に稽古をするつもり。目的を明確にもって頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.14

シード決定戦

修学院中にてシード決定戦。女子はまず藤森中と対戦、前半の負けを取り返せず0-2で負けたが下京中に4-0、洛南中に2-0で勝って2位シードとなった。まだまだ開けさせる工夫、打ってこさせる工夫が足りない。プラス瞬間のスピードが遅い。パッというのがないと決まらない。組み立てと瞬間の速さ。これが新人戦までの課題だ。男子は洛水中に4-0、洛南中に2-1、下京中に4-0で勝ち、最後は藤森中と対戦した。先次で取り合ってタイで迎えた大将戦、引き分けなら勝者数で藤森中が1位となるところだったが、後半引き胴を決めて2-1で勝ち、1位シードを取った。男子は気持ちのつながりがずいぶん出てきた。先鋒Hy君も足の故障が逆に幸いしてバタバタせずきちんと勝負ができている。故障は必ずしもハンデにはならないという見本だ。この気持ちと先鋒から大将までの流れを大事にしよう。とりあえず男女もシードを取ることができたわけだが、本番は今日参加していないチームもたくさん出てくる。油断することなく頑張ろう。まずはスピードとパワーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.13

シード戦前日

シード戦前日ということで、OBや3年生が多数来てくれた。おかげで、実践的な試合練習ができた。ありがたいことだ。Mt君の試合が光った。気持ちを切らずに組み立てているところがよい。その気持ちが勝ちにつながるのだ。男子は気持ちのつながりが少し出てきた。女子はまだまだ1本への執念が感じられない。どんな打ちであれ、1本にするんだ!の気持ちがあれば1本になる。そこが足りない。H君の表現を借りれば「お上品ですね」ということ。それじゃあ勝てないよ。噛み付いてでも勝つ、ぐらいの気が必要なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.12

故障多発

ここんとこ故障が多く、人数がそろわないことが多い。困ったものだ。基本的な生活習慣の確立も含めて、予防できたはずの故障がけっこうある。故障しない体、故障しない生活、これがスポーツ選手の基本中の基本の心がけだ。そのあたりから自分自身を見直す必要がある。といいつつ自分も風邪気味でちょっとふらふらする。夜、梁山泊の稽古は3分6回しかやってないが、かなり疲れた。Yさんが少しずつ調子を取り戻してきたなと思った。お通杯に向かって頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.11

1本を大切にしよう

約1時間の稽古。基本はそこそこよいが、後半の稽古が停滞している。勝負ということ、1本ということにもっとこだわらないといけない。いっぱい逃している。逃すことによって相手もそこで気を抜いてしまう。結果としてチーム力が低下して本番で勝てないということになる。負けに向かう稽古はしてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yoさん立候補

Yoさんが生活委員長に立候補することになった。キャプテンとの両立はなかなか大変だが、立派に生徒会長と両立した兄Yo君というお手本が近くにいるのだから、いろいろアドバイスをもらって頑張ってほしいものだ。まあそもそもキャプテンをやろうという人は、しっかり両立できるだけの度量がないとだめだ。どちらかしかできないという人は、けっきょくどちらもできないものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.09

合宿明け

合宿明け、体調を崩す人、忘れ物をする人がチラホラ。人間はホッとしたときがいちばん弱い。もし合宿が続いてたらこんなことはまずないはず。緊張感は保ちつつ疲れだけをうまく取るようにしなければならない。今日は稽古中2人ほどフォームを修正した。まずは意識して変えるように取り組み、体で覚えて無意識にできるようになろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.08

花背合宿

今年も恒例の花背合宿が終わった。数日前から足首の関節痛で歩くのがやっとの状態でのスタートで、どうなることかと思われたが、1日目の夜にはずいぶんましになった。初日の稽古はそれぞれ頑張ってはいるのだが、どこにいるのかわからない。つまりはその他大勢に埋もれているということだ。それではいい結果はでない。もっともっと自分をアピールしないといけない。2日目、朝から挨拶が出来ない。こういうところが抜けている。稽古は面を着けたときだけではない。常に構えができてないといけないし、誰かの次、では意味がない。すきだらけだ。Hy君股関節痛で、Kt君発熱で、それぞれリタイア。少し心配ではあるが、あとは順調。Mt君のU先生との稽古はなかなかの見ものだった。夜、U先生、S先生、T先生と稽古をした。U先生のヘビー級の打突はなかなかダメージが大きい。へたによけるとよけいダメージが大きくなる。最後は遠間から打った面がギリギリ届いた。S先生とは出ばなを確実にとらえることを心がけた。T先生との稽古は攻め合いがとてもおもしろい。最近は後の先があるので手強い。前半の突きはいいところをとらえたと思った瞬間手が離れてしまった。最後は逆にストライクの突きをいただいた。3日目は試合。男子は15チーム、女子は9チームでの対戦となった。S君、Yt君、Yoさんはキャプテンとしてそれぞれのチームをまとめることになった。男子はYt君のチームが決勝戦に残り、1-0で迎えた大将戦でYt君が思い切った面2本を決めて優勝した。女子もYoさんのチームが決勝戦に進出し、0-0の代表戦となった。いいところで小手を打ったが決めきれず、直後の面の勝負に一瞬遅れて敗退した。チャンスとピンチは紙一重、決めるべきところで決められないと、即それがピンチにつながる。いい勉強だ。男女ともそれぞれの経験をもとに来週のシード戦をしっかり戦おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.05

引き分けの値打ち

下校時間が早くなってずいぶん慌ただしい。その中で団体戦をやったわけだが、今日のポイントはFyさん-Si君の引き分け。チームとしてリードした状態でしかも初心者のSi君の引き分けは勝ちに等しい。しかし、当然取れる試合を引き分けたFyさんにとっては負けに等しい。なぜ勝てなかったのか、そこんとこをよく考えて、花背で鍛えなおそう。夜の稽古は珍しくE君や8君が来た。また岩手からやってきたSskさんも顔を見せてくれた。元気そうでよかった。さて明日から花背ということで、圏外につき2日間はアップなしということになる。ま、頑張ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.04

言われてできることは言われなくてもできないと・・・。

今日は正味45分ぐらいの稽古。前半を見ていたのだが、最初の切り返しにいく声があまりにも小さい。当たりも弱い。抜けるのも遅い。注意すると声が大きくなり当たりもましになる。スピードも少し出てきた。1回の注意でできるのなら、言われなくてもできないとダメだ。試合では誰も言ってくれない。しかも最初に喰らってしまえばかなりしんどいことになる。スタート時の自分の状態を自分でハイにもっていけないとダメだ。そこの稽古をしっかりしよう。Sさんの引き技がよくなった。その調子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.03

秋っぽい

今日はトレーニング。しかしずいぶん秋っぽくなった。いよいよ剣道に最適のシーズンだ。今週末の花背はちょっと寒いかもしれない。体調管理と衣服の調節、万全にしておこう。今年は誰も集合場所を間違わないと思うのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

体育祭

昨日はついうっかりで、今日になってしまった。今日は体育祭。日差しはきついというものの、まあカラッとしたいい天気だった。部活対抗リレー、あのスタイルで走るというだけでハンデはあるが、ある意味お約束でもある。去年は男子が最下位脱出という奇跡を起こしたが今年はどうだろう?女子、1走いい調子でべべ2をキープしたが2走から最下位に落ち、そのままゴール。男子は1走Yo君いいペースで走り出すが、なんと2度転倒して最下位、そのままゴールを迎えた。まあケガしなくてよかった。それぞれ楽しくレースを終えたので、よかったとしよう。さあ明日から新人戦に向かって再開である。きちっと疲れを取って頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »