« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

大晦日

子どもの頃の大晦日は本当に特別な日で、お正月という特別なお客様を家に迎えるために時間とともにどんどんハイテンションになっていったものだった。買い物1つにしても普段とは違う使命感をもってきびきびとこなした。自分が家というチームの一員として必要不可欠な役割を果たしているという実感があったからだろう。家というチーム意識、最近は薄まってるなあと思う。ともあれ、日が変わると藤森神社に初詣、帰ると少し刀か木刀を握る。これは剣道というものに対する年頭の挨拶。ちょっと清々しく引き締まった気分になる。おすすめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.30

振り返ろう

今年もあと24時間あまりとなった。年が変わったからといって何が変わるわけじゃないが、1年を振り返るにはいい機会だと思う。1年前の自分はといえば、クラスの進路をああでもないこうでもないとパズルのように考えていたなと思う。この夏頑張った3年生はまだ2年生、一回り小さかったし、加古川から帰って体調不良でうんうん言ってた人もいた。新人戦、選抜と頑張った2年生はまだ入ったばかりの1年生、まだまだ防具や竹刀の扱いが怪しかった人もいる。梁山泊のHPの初稽古のところに小学生のような男子4人の顔が写っている。1年生は小学生、剣道なんて思いもしなかった人もいたはずだ。それぞれにとってどんな1年だっただろう?この1年で確実に成長したと思う。しかし、成長は階段と同じで1段上がるとやがてまた新しい壁が見えてくる。もがいて苦しんで上がるとまた壁が・・・。もういいや、と思ってしまう瞬間もあるだろうが、壁は目標。壁の存在が人間を成長させる。今、自分が超えるべき壁はどんな壁なのか、よりリアルに具体的にイメージしよう。それがとりあえずは2008年最初の目標になるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.12.29

年賀状

今日は朝から年賀状書きの日。年に1度のお付き合い、という人がたくさんいる。限られたスペースでそうそういろんなこと書けるわけじゃなく、とおりいっぺんの内容になるのだが、とりあえず無事を確認するというか生存確認の役目は果たしている。それにしてもここ数年お世話になった先生が1人また1人と鬼籍に入っていかれるのは寂しい限りである。諸行無常を感じつつ、生きているうちに何ができるかだなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.28

冬休み開始

加古川から帰ってやっと冬休みの始まりである。毎年の事だが来年のカレンダーと手帳を買いに四条まで出た。別にどこで買ってもいいようなものだが、なんとなくそういう習慣になっている。年末の特有の活気を味わいたいからでもある。昔は決まって丸善で買っていたが、閉店してからは専らロフトで買っている。これまでは風景のが多かったのだが今回はトトロにした。さて、今日になって熱を出している人はいないだろうか。それはまったくの気の緩み。もし今日も遠征が続いてたらおそらく熱は出てないはずだ。反省しつつ養生していただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.27

加古川錬成会・3日目

最終日、朝の稽古はまず加古川のF先生。稽古というより打ち込みで面を何本か教えていただいたという感じだった。続いて福井のK先生、開始後ほどなく1本勝負となった。表を攻めて大きく面を打つと1本になった。さて試合。男子が昨日の調子を維持できるかというところだったが、いきなりの3連敗。相手もいいチームに恵まれ苦戦が続いた。しかし徐々に調子を取り戻し、粘り勝ちが増え、終わってみれば6勝5敗1分、強いチームとも内容のある試合ができるようになってきた。女子も少しずつ勝ち試合が出てきて6勝6敗。しかしひとりひとりの課題は山積みだ。京都で勝ててもちょっと外へ出れば勝てないチームがごろごろしている。そこんとこを心においてこの冬しっかり頑張ろう。さて今年の稽古はこれで終わり。1年を振り返り、2008年いいスタートを切ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加古川錬成会・2日目

まずは夜の話。消灯時間を45分過ぎて調子に乗っていた男2人発見。朝から跳躍450本プレゼントさせていただいた。さて朝の稽古。まずは徳島のM先生。ずいぶん小手を打たれた。いろいろ仕掛けてみるがクリーンヒットなし。1本勝負も大きく面にいくところの小手を打たれた。参りました。続いて福井のI先生。きちんと狙った面と小手はとらえることができた。最後も相面で取ることができた。試合開始。男子は初戦を3勝2敗の白星でスタートし、気持ちのつながった試合を続け、結果は10勝2敗1分。試合数が減った中でそれぞれの勝ち数も増え、収穫の多い1日となった。しかしこれがほんまもんであるかどうかは明日しだい。明日油断してだらっとした試合になるようでは水の泡だ。気を抜かない1日にしよう。女子、負けまくって1勝10敗2分。これでもかという目にあった。負け出すと自分達で修正できない。原因を考え試行錯誤することができない。そうなると機会や相手の隙はもちろんフォームさえもわからなくなってしまう。そして相手を倒すことより打突部位に当てることだけに気がいってしまう。こうなったら絶対勝てない。チームとしての弱さが明らかになった。夜の稽古である程度修正はしたつもりだが、勝負は明日だ。這い上がる強さを見せてほしい。さあ明日(もう今日になったけど)は最終日、同時に2007年の締めくくりの日でもある。男女とも納得のいく1日にしてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.25

加古川錬成会・1日目

今年も加古川にやってきた。いつもの面々がそろい、なんだかほっとする年末だ。男子いい滑り出しだったが午後からのリーグは勝ちなし。昼食とともに緊張感が切れている。精神面の強化が課題だ。申し合わせはまた持ち直しておもしろい試合を展開できた。終わってみれば9勝5敗2分。先鋒の8勝0敗が流れを作った。大将の4勝6敗が課題。大将戦はなかなか勝たしてもらえないが、そこで勝ってこそ大将。明日は勝ち越しを目指そう。女子、まあまあのスタート。とんでもない負けは少なくなってきた。結果は8勝9敗2分。明日の課題はチームとしての勝ち越しと、ひとりひとりの勝率を上げること。特に中堅・大将の確実な勝利が欲しいところだ。2日目はこれまでけっこう中だるみの試合になることが多かった。明日どんなスタートが切れるか、それが今後を占うことになるだろう。それにしても…申し合わせの終わりの礼の後もう1度礼をしてご丁寧に握手までするチームの多いこと!礼の意味がわかってないとしか言いようがない。顧問の指導の範囲だと思うのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.24

明日から加古川

学校での稽古は今日で終わり。明日から加古川に行って2007年は終了である。健康状態のよくない人がまだ数人いるのがちょっと心配ではある。さて今日の試合、まずMt君が全然だめ。声は立派なのだがじいさんのような動きで大ブレーキ。その分Si君が頑張った。Hy君とYt君は本来の動きでいい打ちを決められている。Fj君ひさしぶりにドオーが決まった。結果はSi君の頑張りもあってYt君のチームが優勝した。さあ明日からの3日間、第1の目標は気持ちのつながった団体戦ができるようになること。それができれば行った値打ちがあるというものだ。いい3日間にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.23

ばたばた・・・

ここへ来て故障者がばたばたと・・・。困ったものだ。あさってから加古川、大丈夫だろうか。去年の加古川はノロウイルスが流行り大混乱した。剣道はその競技の特性上、飛沫感染はもろにかぶる。自分の健康状態をきちんと整えていかないと苦しむことになる。そこんとこしっかりやろう。さて今日の試合は3チームによるリーグ戦。Cチーム、Yoさんが絶不調で最下位に。足が痛ければ痛いなりの試合をすればよいのだが、痛くないときと同じ試合をしようとするから間合いも機会もおかしくなってしまう。Yt君、個人としてはいい試合をしているがチームはなかなかこの跳躍100本から抜け出せない。どう団体戦を組み立てるかだ。Hy君はチームはうまくまとめて優勝に導いた。Hs君はいい胴が打てている。その調子だ。夜は梁山泊の忘年会。絶好調のMkさんには誰も勝てなかった。来年の稽古始めは例によって1/2PM2:00から京都梁山泊道場にて。多数御参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.22

冬至

ずーっと雨が降っているせいもあって、寒い。さすがに寒い。しかも暗くなるの早い早い。しかし明日から少しずつ春に向かうのかと思うとちょっとうれしい。午前中の稽古。Yaさんの面が少しずつよくなってきた。次は引き技の習得だ。Kt君の足が少しましになったか、いやいや油断してはいけない。まだまだ注意が必要だ。試合では女子の思い切りがやっぱりたりない。Yt君、久々に彼らしい試合ができていた。その調子だ。稽古は相変わらず男子が遅い。これも勝負。稽古中は常に勝負を意識しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.21

年末ばたばた

今日は授業の最終日。ばたばたして稽古は見られず。集会でお預けになっていた表彰をしてもらった。表彰のたびに思ってほしいこと、それは自分はみんなに拍手をしてもらう値打ちがあるか?ということだ。試合は勝った、稽古はどうだ?稽古は頑張っている、チームワークはどうだ?部活は頑張っている、授業は?友人関係は?生活態度は?そんなことを振り返り、反省する機会にしてほしい。そしてみんなに心からの拍手をもらえる人になってほしいと思うのだ。さあ明日から冬休み。自分に厳しく、しっかり鍛える冬にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.20

激しい稽古をしよう。

今日も少し暖かい。掛かり稽古と相掛かりをしっかりやる。が、おとなしい。お上品である。掛かり稽古や相掛かりをお上品にやってたんじゃ意味がない。ぶつかってぶつかって相手を倒す気迫がないとだめだ。相手が倒れたらそこを打つ真剣さがないとだめだ。そういうところがまだまだ足りない。この冬の課題だ。試合、女子の試合が待ちすぎ。機会は作るものだ。待っててもつかめない。作ってつかむ試合を心がけよう。審判も思い切りが足りない。大将戦のYt君の面を見逃すようではだめだ。一瞬も見逃さない気迫をもって審判をし、これと思ったら迷わず上げる。その気持ちが自分の試合に活きるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.19

取りにいく試合をしろ!

勝ち上がりの3人組1本勝負をした。こうなると取りにいけるか、攻める試合ができるかが勝負になってくる。上がっていく人はそういう勝負ができている。逆に相手を見すぎてしまう人は落ちなくても上がれないってことになる。Hy君が確実に上げていけていた。続いてYt君。Oさんは1本いい面があった。FyさんとMt君の試合は全然だめ。お見合いに近い。何が何でも勝つ、取るまで攻撃をやめない、そんな気迫がほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.18

少し暖かい

今日は少し暖かいので試合中心の稽古をした。1分1本の3チームリーグ戦。その中でそれぞれに言ったように幾つかの課題が見つかった。どう改善するか、そのために最も大切なことは次の日の稽古でそのポイントを意識してやるということだ。日が変わると前日のことをまったく忘れて稽古ををしてしまう人は永遠に前に進めない。これは勉強でも同じ。前の時間に何がわかって何がわからなかったのかを思い出してから授業を受けないと伸びない。剣道も勉強もできるようになるシステムは同じなのだ。家に帰って梁山泊関係のたまっていた賞状の掲示を完了。すっとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.17

翌日に思うこと

家で稽古をした翌日はいつも、声が出てない、打ちも踏み込みも軽いなあと思う。まあ家と体育館とは広さが全然違うからなのだが。そういう意味では広い体育館でいろんな競技に負けないようにしっかり声を出してやるほうが鍛えられていいかもしれない。基本の中ではYoさんがまったく蹴れてないことを発見した。これがパワー不足と届かないことの原因だ。Kt君の手足バタバタは相変わらず。馬に乗ってる劇のような動きになってしまっている。Fj君はずいぶん元気になってきた。試合は1分の1本勝負で行った。OさんとYoさんの試合はお互いに様子を見ているうちに終わった。1分なら1分で勝負しないとダメだ。Omさん、今日もよい。Yt君、打たれることを警戒しすぎて出遅れ、逆に打たれている。スピードはあるのだから、打てるもんなら打ってみろ!の思いきりが大事だ。Hs君は思いきった打ちが出せるようになってきた。さて加古川まで1週間になった。体調を整えて充実した3日間が過ごせるようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.16

久々、家で稽古

今日は体育館が使えないので家で稽古。少々狭くても占有できるスペースがあるのはよい。武道場のある学校はいいなあと思う。Omさんの試合がよくなってきた。その調子で励んでいればもっともっと強くなる。Sさんもよくなってきた。Yoさん、今日も勝てず。なぜだ?と苦しんでみるのもいいことだ。きっとパワーアップにつながる。後半は1本勝負をやった。Mt君にはいい胴を抜かれた。この男最近力をつけてきている。Fyさんにも小手を打たれた。機会はよくわかっているなあと思う。もう少しキレがあればもっと勝てるのになあと思う。稽古の後、全日本のDVDを少し見た。男子はなかなか熱心に見ている。これだというのがひとつでも見つかればよいなあと思う。自分が稽古するときにそのイメージを描いてやろう。いつかできるようになるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.15

育親中と合同練習

今日は育親中と合同練習。男子は体も大きくスピードのある選手がそろっているし、女子もKさんHさんが軸としてしっかりしているチームだ。それぞれ3試合した。男子は1勝2分だったが課題はいろいろある。Hy君はスピードとパワーをうまくコントロールできていない。きちんと決めるというところが必要。打ちだけでなく、試合そのもの、稽古そのものについて言えることだ。心を鍛えることが必要。Hs君は胴がよくなってきた。自信をもってやることだ。Yt君、なぜ2回も引き胴を打たれたのか、よく考えてみよう。鍔競り合いは構えて狙っているときと同じ緊張感がないとだめだ。Mt君、小手が軽い。手首とひじの使い方を工夫する必要がある。Kt君、勢いはあるがもっときれいに打てるように稽古をしよう。Sa君、初めの試合は先行しながらばたばた。徐々に落ち着いた試合になってきたが1試合目にいいところがでないとだめだ。女子、2敗してやっと1勝。初めの2試合とも副将まできちんと作ってきているのに大将が手だけの打ちを出してしまい2本負け。試合をつぶしてしまっている。ほぼ1週間稽古ができていないことは理由にならない。抜けた分はその日のうちに取り返しておく気がないと生徒会活動との両立はできない。初心をわすれないこと。女子は新人戦も選抜もスタートふらふら、今日も同じ。なぜそうなるのかをチームとして考えないといけない。1試合目に全力の試合のできる心と体の準備を練習しよう。後半、K先生と稽古。なかなか入らせてもらえなかったが、小手と突きだけ認めていただいた。思い切った面が打てないとなあ・・・と反省した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.14

稽古2007最終回

今日から個人懇談開始。毎日体育館が使えるのはうれしい。試合で最近いい打ちの出てきたSi君をOさんにあててみた。結果は「負けたらどうしよ」と言っていたOさんがきちんと攻めた面で1本勝ち。この辺がキャリアの差だなあと思った。Si君、まだまだである。Kt君もSさんに1本負け。これまたまだまだである。Fk君積極的に攻めて逆胴で1本取った。その気持ちがよい。Yt君左のかかとが着くので一瞬遅れる。相面ではこれが命取りになる。意識して直そう。夜、稽古2007最終回。参加は6人。まずはMt母さん、とにかく起こりを打つことを意識した。次にA君、パターンが同じになってしまっているのでそこを狙うことにした。すると当たる。攻撃のバリエーションを工夫したらよくなるだろうなと思った。ということで今年の夜の稽古、無事終了。来年も楽しくやれたらいいなと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.13

ばたばた・・・

急な出張があって部活は見れず。ちらっとのぞいたときには引き技をやってるように見えたが、あまり動きは見えなかったなあと。も体育館の外までは聞こえてこなかった。これが学校中に響くようになれば強くなるのだが。久御山高なんかは正門入って少し行くと声が聞こえてくる。声を頼りに進んでいくと道場に着くといった具合。まあそれが理想やね。声を響かそう。人とは違う声を出そう。オリジナリティが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.12

おっと1日とんじゃった。

何があったわけでもないが1日飛んでしまった。めずらしめずらし。昨日の稽古は例によって1時間弱。冬場はしかたがないところか。時間が短いとあれもこれもというわけにもいかないので、逆にポイントを絞った練習ができてよいとも言える。基本、特に面を中心にやる。これは最近ずっとそうだ。やればやるほどちょっと違う・・・が見えてくる。音が軽かったり、真っ直ぐでなかったり、左のひじが曲がってたり、剣先が真上を向いてしまったり、左足が飛び越えたり・・・気になりだしたらキリがないのかもしれないが、その辺が旗が上がるかどうかの境目だしなあと思う。同じやるなら1本になるようにやらないともったいないしなあと思うのだ。Omさんよい。Yaさん少しつかんできたかもしれない。しかしすぐ忘れてもどってしまうしなあ・・・明日何も言わなくてもしっかり打てていたらマルだ。さて今日はトレーニングの日。冷たい雨が降っている。晴れていたらしっかり走らそうと思っていたのに残念!次の機会までお預けだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.10

オフの過ごし方

オフ。この前修理からあがってきた車のラジオの調子が悪いので早々に出て国道1号線突っ走り修理頼む。けっこう面倒な作業かと思ったが、症状を話すと「あーなるほどね」でちょいちょいと3分ほどで直った。知っているというのはえらいもんだなあと思った。これもまたオフのひとつの過ごし方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.09

今日の稽古

今日は昨日のYo君に続いて女子3人が来てくれた。3年生が勉強の合間に来てくれるのはありがたいことだ。試合ではMtさんとOmさんがよくなった。いいところで打てるようになってきた。N君とHs君が逆胴を試しているのもよい。後半の稽古、1番は今日もMt君。ところが後はすべて女子。これでは男、あまりに情けない。面を着けるのが遅いのか、早くしようという気がないのか、いずれにせよこれでは強くなれない。パッと来る気があるかないか、この辺が勝負の分かれ目。気がない人はいくら技術をもっていても勝てない。そういうものだ。それが新人戦、選抜の結果に表れている。現在のところ女子が1歩リードだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の稽古

昨日は午前中の稽古。ずいぶん寒くなった。前半はまた逆胴の練習を入れてみた。打ちそのものはだいぶ当たってきたが、試合で使う人はいなかった。技は使えて初めてできるということになるわけで、どんどん使わないとだめだ。できるようになったら・・・なんて思ってたらいつまでたってもできない。これは能の創始者世阿弥も言っていること。やっているうちにできるようになってくるのだ。後半2分7回。男子の来るのがちょっとだけ早くなってきた。1番はここんとこずっとMt君がキープしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.07

面が軽いなあ。

1本勝負と掛かり稽古を見ていたが、やっぱり女子の面が軽いなあと思う。どこがどうなっているからなのか、注意して見ているのだが決定的な原因が見つからない。継続観察だ。夜、稽古。久しぶりに人数が集まった。H君とはいつもどおり。Kw君とは3~40本相面を打った。U君はいいところを打つが真っ直ぐじゃなく体が横に逃げてしまっている。Mt(D)君、ここ1年ほどでずいぶん成長した。今後が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.06

進路の季節

今日は会議のため部活は無し。寒さも本格化してきて、そろそろ進路の季節だ。3年間しっかりしんどい稽古した3年生だから、いい進路を選んでほしいなと思う。もちろん剣道を続けてほしいと思うが、そうでなくても、何か一生懸命取り組めるものがある学校を選んでほしい。少なくとも「・・・でいいや」とか「・・・にしておこう」なんてのりで選んでほしくない。16~18歳という年齢は肉体のポテンシャルがグーッと伸びる時期。この時期に自らの能力を最大限に引き出してやらないともったいない。遊ぶお金欲しいから部活せんとバイトして・・・なんていう人もいるが、それなら学校へ行かずに就職すればよいと思う。その時期しかできないこと、それをしっかりやれる進路を選んでほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.05

試合?稽古?審査?

試合のために稽古をするのか、稽古のために試合があるのかとか、審査と試合はちがうとか、まあいろいろ議論はある。自分はずーっと稽古をする中で、試合はそれまでの稽古での足りないところやできるようになったことを相手が教えてくれる大切でありがたい機会だと思っている。審査も同じ。だから試合だから審査だからといって特別に何かをするのではないが、ひとつひとつの稽古に緊張感をもって臨みたいものだと思う。そして試合や審査で気がついたことを稽古にしっかりフィードバックしたいと思う。まあ中学とか高校とか期間が限られているときにはそんなのんびりしたことは言ってられないかもしれないが、長くお付き合いする剣道はそれでいいかなと、とりあえず今は思っている。そろそろ引退などと言う人がときどきいるが、引退は極めた人がすることである。そういう意味で生涯現役、でありたい。今日はトレーニング。寒風吹きすさぶ中、風邪ひかんといてやと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.04

またまた遅い!

4時、始まってない。遅い!聞けば男女のキャプテンが用事でいなかったとか。キャプテンがいなくても副キャプテンがいる、他の2年生がいる。それなのにサッサとできないようではだめだ。やらされている稽古は意味がない。やりたいから、強くなりたいからやる、そんな稽古でなければだめだ。6時間の日でも面を着けて1時間は稽古できるようにテキパキやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.03

時代?日本?

『剣道時代』と『剣道日本』、たった2冊の剣道専門誌だが、どんな理由でどっちを選んでるだろう?今出ている号もまるで同じように全日本のDVDが付いているし。『時代』のほうが中学生の育成・応援に力を入れてくれている感があってそちらを選ぶことが多いのだが・・・考えてみれば両立していることが不思議でもある、とオフのつれづれに思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.02

洛南地区大会

今日もいい天気だ。朝起きてぶらりと洛南地区大会をのぞきに行く。学校の大会とはまたちょっと違った雰囲気でなかなかの盛況だった。女子の部はFjさんが2位に入った。2年生男子の部はHy君が安定した試合運びで優勝し、Hs君もSa君を破って3位に入賞した。Mt君、入賞はしなかったが、しっかり声が響いていたことと逆胴をいい機会に積極的に打っていってたのはよい。3年の部ではYa君の胴が冴え、U君を破って決勝に進出した。相手はHg君を破ったYo君。勝負はYo君が真っ直ぐを攻めての引き面と小手で勝ち、優勝した。3年生の試合を見るのは久しぶりだが、それぞれにたくましく育ってくれたなとうれしかった。1~3位を独占したのは見事だ。いい日曜日になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.01

12月?

というほどに暖かい、てゆーか暑い。車の窓を思わず開けてしまう。まあ稽古をするにはありがたい天候だ。基本はいつもどおり。Oさんの左手がよく伸びるようになってきた。いい面が打てている。初めて逆胴の練習をした。左手の畳み方が難しいので、なかなか形にならない人が多いなかで、Si君ズバンズバンと切っている。腰の回転もよい。ほお!だ。新しいことを最初からできる人は少ないが、できるようになりたいと思って練習するか無理やなあと思ってやらないかで勝負は決まる。機会を見つけて積極的に練習しよう。そういう意味では後半の試合の中で1人ぐらい逆胴を打つ場面が欲しかったなあと思う。後半の稽古は1本勝負にした。Kt君、気合い十分でなかなかよい。Sa君Mt君も惜しい面が何本かあった。女子も楽には取らせてくれなくなってきた。その調子だ。明日は洛南大会という道場の試合がある。出場する人は入賞を目指して頑張ろう。夜はステラの舞台を見にいった。なかなかの熱演で見ていて気持ちよかった。頑張っている人を見るのは気持ちいいなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »