« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

負ける理由

勝ち上がりの1本勝負を数回やった。すすすと勝って上がっていく人、力があるのにギリギリで上がりきれない人、ゴロゴロと音を立てるかのように落ちていく人、まあジャンケンも力のうちだしね。負ける人はやっぱり負ける理由がある。多くは決められないということだ。そういう人は基本の稽古もやっぱり決めきっていない。試合は結局稽古そのままが出る。稽古でできてないことが試合でできるわけがない。試合でやろうとおもうならば、基本の1本1本を大切にしなければならない。理屈としては実に簡単なことなのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.30

水滸杯要項完成

水滸杯の要項が完成しました。御覧下さい。申込書は添付ファイルにて配布いたしますので、メールにてお問い合わせください。さて今日はトレーニング。お、Mt君ちゃんと体操服着てるじゃないか!えらいえらい・・・しかし普通であることをほめられるのはいかがなもんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.29

第3回水滸杯剣道練成大会日程決定

昨日の調整会議の結果、第3回水滸杯剣道練成大会の日程が決定した。6月1日(日)京都武徳殿にて。近々京都梁山泊のHPに要項&申込書をアップの予定。多数ご参加ください。今日の稽古は会議と出張のため15秒しか見られなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.28

家事都合ってやつで

今日は私用で学校を休ませていただいた。とはいえ時計見ると「ああ今頃は・・・」と気になる。今日は部活もオフ。明日からまた頑張ることにしよう。
〈当面の予定〉
2/9.10京都練成会(全員)
2/16.17高砂市長杯(選抜男女6人、泊まり)
3/22久御山高校杯(全員)
3/29.30赤穂練成会(選抜男女7人、泊まり)
4/29・5/3春季大会(全員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

東龍杯剣道錬成大会

見渡す限り真っ白。厳寒の湖東中学校にやってきた。男子予選リーグ2勝2敗で残念ながら3位リーグへ。勝てるところには勝てるのだが、強いチームに対して粘りきれない。ぎりぎり勝ちとぎりぎり負けは全然違う。次鋒、足が止まってる間に入られ動きばなを打たれてしまっている。中堅、鍔競り合いを支配され引き技を何本も打たれている。鍔競り合いは押し合いじゃないのだから、構えているのと同じ気持ちで狙わないとダメだ。女子、今日は3人しかいないので住吉一中から2人借りる。男子と同じく3位リーグへ。先鋒があっさり打ちすぎ。だから負けるときはあっさり負ける。きちんと観察して相手の来るところを狙おう。打った次も受けてばかりになっている。そこの気持ちを切らないようにしよう。午後のリーグ、男子は1勝1敗。Yt君、間合いに入ってから構えるので打ち遅れる。きちんと作ってから中に攻め込まないとダメ。Mt君の八段のような2本勝ちがおもしろかった。女子は2敗。Yoさん、機会もスコアも頭に入ってない。だからバタバタして負ける。大将は全てのデータを頭に入れて戦えないとダメだ。Mtさんは思いきった打ちが出せていた。明るい材料だ。つぎは2月9、10日の京都の錬成会。今日の経験が生きるように頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.26

東龍杯前日

今日は午後の稽古。あいかわらず凍るような気候だ。発熱Oさんと頭痛Mt君は見学。「妹の連絡網で…」とダイエットに励むH君登場。中学生と同じように頑張っていた。今日も溜めての打ちを中心にやった。少しわかってきたかな。面の音がよくなってきた。次は引き技かなあと思う。なかなか決まらない。練習で決まらないものが試合で決まるはずがない。うまい人の真似をしよう。引き技が決まると鍔競り合いが楽しくなる。試合では上位の人に対するとどうしてもそわそわして動かされてしまう。そこを辛抱して攻め返せるようになればよいのだが。ま、目標だ。明日は東龍杯。おそらくは積雪の中の寒い寒い1日になるだろう。中身の濃い良い試合をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

足さばき

SさんとYoさんの足さばきが遅い。足、いわゆるフットの部分だけを速く動かそうとするから変に力が入ってよけい遅くなるのだ。膝を使って楽な動きを心がけよう。Fyさんは振り返るのが少しだけ速くなった。Mt君は見てないとすぐスピードダウンする。足さばきが速くなればずいぶん剣道が変わる。速く動かそうとするのではなく、いかに力を抜くかがポイントだ。夜、思いっきり寒い中の稽古。今日はKw夫妻と3人の稽古になった。Kw君とは思い切って面を打つことを大事にした。幾つか先を取って打てたかなの面があった。Kwさんはとにかく一生懸命打ってくる。その姿勢がいいなといつも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

確かに振れてない

女子の振りを改めて見直してみる。うーん、確かに振れてないなあと思う。振りにスピードが無ければ打ちは決まらない。やっぱり素振りだ。その継続だ。まずはそれらしい掌になるまで、ひたすら振ることだ。Hy君なんかはいい掌している。本当の名人は柔らかな掌をされているらしいが、そんな世界は70年早い。今はただただ力強く、速く振ることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.23

忘れるな

トレーニングの日に制服2人。「わすれました・・・」トレーニングの曜日わかっててなんで忘れるかなという話だ。Mt君は忘れてくる日のほうが多いかもしれない。「忘れるな!」としか言いようがない。部として恥ずかしい。20分走はほとんどの人が前回より周回数が増えた。その調子だ。昨日何人かの左手を見て驚いた。まったく豆のないつるつるの掌。そらぁ振れてなくて当たり前だ。素振り量がまったく足りない。決まるわけない。回数を決めて素振りを毎日しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.22

相変わらず遅いなあ

始まるの遅いなあと思いつつ稽古見る。Yaさんの体が相手の前で止まってしまう。何度も言っているのだがなかなかできない。できるようになろうとしているか、そこが問題だ。地稽古は1分2回。Hy君、その1回目を逃して余ってしまっている。これじゃ話にならん。ぱっと見つけるというところで完全に出遅れている。最近の勝率の低さはこの辺の心構えが原因かもしれない。気を引き締めて集中力のある稽古をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.21

今年の1年は・・・

挨拶のできない男が多い。目と目が合っても蚊の鳴くような声。そらあ剣道もそうなるわなあと思う。気持ちよく挨拶できない人は気持ちよく1本決めることができない。チャンスにパッと反応する勇気がないからだ。勇気のない人は勝てない。女子はいつでもしっかり挨拶ができる。だから伸びる。とてもわかりやすい現象だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

Kさん&Maさん

京都のトップを競う高校で剣道に励む2人が稽古に顔を出してくれた。とても仲良しで同時に最大のライバル。相手の学校に絶対に負けるもんかと思っている。今回の選抜はMaさんのチームが取ったが、次のインターハイはどうだろう?送り出した立場としてはこんなに楽しいことはない。卒業生にはこんなふうになってほしいなというひとつのモデルだ。さて稽古、ちょっとストレッチを変えてみた。試合のポイントは2つ。絶対に取り返しておかねばならない場面で待ってしまい逆に取られたSさんと、引き分けたら2人残して負けが決まる場面で取りにいけずに引き分けたYoさん。2年生はそろそろ状況を考えた試合ができないとダメだ。後半の稽古は男子がちょっと頑張って過半数を取った。頑張ったらできるのならいつでも頑張らないといけない。来週は東龍杯だ。いい試合をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

宇治中と合同稽古

朝から宇治中と合同稽古をした。基本練習をざっとやって練習試合。男子は先鋒が動きはよかったが決定力に欠けて引き分け続け、僅差の2勝1敗となった。Kt君が、今日は思いきった打ちが出せていた。女子は3勝したが、打ちきるということができていない。すぐに足が止まってしまう。まさに普段の稽古が出たということ。だから普段の1本1本が大事なのだ。Omさんはのびのびやれていた。後半の稽古は2分7回。2年女子5人は全員来れているのに2年男子はHs君だけ。この辺なのだ。絶対に7人に入るんだという気がない。あきらめているのかまあいいやになっているのか、これが大事な勝負どころで出てしまう。新人戦の成績の差は実はこれが原因なのだ。男子は、まずはこの辺の勝負に勝つことを当面の目標にすることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

何してるんかわからん。

4:20頃体育館をのぞく。まばらに聞こえる声、完全に静止している足。これをキャプテンは1本勝負だと言うのだが・・・いったいどこがどう勝負だと言うのか。明鏡止水の境地に達した名人の稽古じゃあるまいし、こんなことしてたらやればやるほど弱くなる。自分はなぜなんのためにやっているのか、ライバルは今どんな稽古をしているのか、常に考え意識しないとだめだ。何してるんかわからん稽古は無意味だ。夜、今年最初の大宅での稽古。YさんとMt母さんと3人でやった。Yさんとは1本突いてやろうと思っていたが果たせなかった。Mt母さんとは絶対に受けない稽古をしようと思った。1本だけ受けてしまったが、そうやってやる3分の長いこと!そういう稽古しないとだめだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.17

寒い、寒い・・・。

寒い寒い。雪もちらついて今日は本当に寒い1日だった。まるで氷水の中にいるかのように大気が冷たかった。でも10年ぐらい前はこの時期1週間、朝に寒稽古をしていた。そう、あの阪神淡路大震災の日も寒稽古の真っ最中で、強烈な揺れにたたき起こされ、稽古中に体育館が轟音とともに揺れ(初めは今日は声がよく出てるなあと思ったぐらいで揺れてるとは思わなかったのだが)、昼ごろにニュースで被害の全貌が明らかになるにつれて大いに驚いたのを覚えている。今の家はちょうど建設中だった。よく壊れなかったものだ。しかし・・・今ならみんなすぐ風邪ひいて休んでしまうかもなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.16

いい目だ。

ずいぶん寒くなってきた。今日はトレーニング。12周という課題にどう取り組むか。できる限り速く走ろうとするのかノロノロこなそうとするのか、そこが勝負である。面を打つのも走るのも同じだ。しっかり取り組める人になろう。後半の素振りをするSi君を見て、なかなかいい目をしてるなあと思った。1本1本を考えて点検しながら一生懸命振っている。この姿勢が上達のポイントだ。見習おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

まちがい、まちがい・・・

今日は保育園児を招待して遊ばせるプレイランド桃山の準備で部活見れず。ところで、ノートを見ているといつも間違いがけっこうある。氷丘→永兵、勝つ→藤つ、2分3本→2分3分。名前にしたって礒谷→磯谷はまだいいほうで、議谷・磁谷・蟻谷・・・ちょっとお願いしますよって感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.14

1級審査&練習試合

岡崎中で1級審査と練習試合。Omさんは無難に合格したがN君は不合格。原因は後の練習試合で明らかになった。左のかかとが着いているためにスタートが遅れるのと、足に比べて手が遅れるので目標に届くタイミングが自分のイメージより遅れ、間合いが詰まりすぎてしまってクリーンヒットしないということ。わかったら修正しよう。さて試合。男子は同志社には勝たせてもらえなかった。後の試合、ひとりひとりの内容はどうであったか、よく振り返っておこう。女子は第1試合、大宅との先鋒戦が全て。簡単に2本負けするようなアップではアップとは言えない。いくら後の試合の内容がよくてもトーナメントならこれで終わりってことになる。それほどに先鋒戦は大切。後の試合であれだけの試合ができるのだから第1試合でそれができるように作っておこう。女子全般にちゃんと作るがまだまだできてない。大将はまったく状況判断も辛抱もできてない。剣道は生活の全てを映す鏡だ。しっかりしろ。久御山に行ったMaさんから選抜予選優勝、全国選抜出場といううれしい知らせが入った。先輩は頑張っている。それを励みに頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

生きてるうちが花

今日は親戚の告別式で1日中バタバタした。おまけに携帯を忘れていってたので、各方面にご迷惑をかけたようで申しわけないです。ところで骨を拾うときにいつも思うことだけど、人間は死んだら終わり。生きてるうちが花だ。生きてるうちに何を為すかが勝負だ。骨になってからじゃ何もできない。いくら周囲の人々に偲ばれても時は戻らない。部活も一緒。現役の間にとことん頑張っておかないとだめ。引退してからでは遅い。これから春、夏があるってことは幸せなことだ。やるのは今。今を大事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

姫路錬成会

朝から大宅中と合同で姫路に行く。女子の試合は全般に足が動いてない。そして先の打ちも次の打ちもない。なんとなく構えて来れば受ける。それでは勝てない。相手の来るところが一番のチャンスなのに自らそれをつぶしていったいどこで勝負するのかということだ。6試合目は少しよくなってきたが大将はまだバタバタしている。辛抱がたりない。男子は全般に打ち急ぎすぎ。まだチャンスじゃないのに、まだ自分の用意ができてないに打ってしまっている。だから1本にならない。ピッチャーが投げる前にバットを振ってもボールは打てない。特に先鋒にその傾向が強い。ためるべきところはきちんとためて、瞬間の勝負をしよう。ということで帰り道のバスはM先生に託して一足先に会場を出た。後半の結果は明後日の楽しみにしておこう。明日の稽古はT先生にお願いしてある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慌てると…

人間慌てるとろくなことがない。昨日は親戚に急な不幸があって、夜の稽古を中止させてもらったのだが、慌ててその連絡をアップしたのでまるっきり日本語になってない。今夜にでも削除するが、いゃあ、慌てちゃいかんなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.10

もうすぐ1級審査なので

体育館の稽古の後、形を2年生に教えてもらった。さてどのぐらいできるようになったかな?明日、見せてもらうことにしよう。うまくできればそれは2年生の力である。楽しみだ。しかしまあその前に実技がどうかって話だが、予想合格率はOmさん90%、N君80%、Fj君70%というところか。平常心でやれば受かるとは思うが・・・どんな立ち合いをするか楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.09

トレーニングの日

今日は20分走をやった。速く走っても20分、ゆっくり走っても20分。ここでどうするか、なのだ。よーしたくさん走るぞ!と頑張った人、できるかぎり楽に20分をクリアしようとした人、トレーニング効果は全然違う。自分はどっちだったかな?と振り返ってみよう。今日で言えば速い人で12周、遅い人で9周という差がついた。強制されないときの頑張りが大切。自分のために頑張れる人になろう。
今週11日から夜の稽古再開します。多数ご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

さあ始まったが。

案の定会議のため2分ぐらいしか見られなかった。冬時間は本当にこんな感じになる。ま、しょうがないが。しかしそれも考えようで、時間が短いなら短いことを利用した稽古―自分自身の闘争心を早くマックスにもっていき1本に全力を出す稽古―をすればいい。いろんな状況をプラスに考える思考パターン、これ大事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.07

冬休み最終日

冬場は健康管理ってことがすごく大切だなあと思う。今日も体調不良2人、ケガ1人。体の管理ができることはスポーツ選手の最低必要条件である。おかしくなってから手当てをするんじゃなくておかしくならない生活をしなければならない。そういう緊張感を大切にしよう。さて稽古だが、前半の終わりに相面と追い込みをやった。何セットかやってハアハア言ってる人と平気な人がいる。どちらがよいかというと、間違いなく前者である。1本、1セットに全力を出し切っているということだ。後者はよほどの達人か力を加減している人。力を加減してどれだけやっても伸びない。1セットで力を出し切ってそれをなお繰り返すから力が付くのだ。オリンピックの100m選手はたった100m走ってハアハア言っている。あれが大事なのだ。マラソンのような稽古は無意味だ。今日は久々にMt・D君が来た。ほうずいぶん成長したもんだと思った。打ち込みがしっかりしているし、前半のメニューをそれなりに全部こなせている。あと3年して中学生になる頃にはかなり強くなってるんじゃないかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

ストレッチ

座ってやるストレッチはどうも胴が邪魔で十分できないようなので、立ってやるメニューを昨日から取り入れてるのだが、まあ硬い硬い。しっかり伸ばして関節の可動域を増やすことが伸びのある打ちにつながる。特に冬場はきちんとやらないといけない。今日は人数が少なかったので(休みのうち「頭のよくなる話」を聞きに行った人3人。効果に期待しようかな・笑)1人1人の動きをよく見た。こういうときが自分を修正するチャンスだ。切り返しの不十分な人が目につく。掛かり稽古のスピードも遅い。大きく振りかぶる、素早く抜けるは技術の問題じゃなく気の問題。たえず「より大きく・より速く」を意識しないとだめだ。加古川以来、気をためて打つことをやっているが、今日のYoさんは少しそれができていた。気は声に表れる。瞬間の声を大事にしよう。試合はSさんの機会がよくなってきた。Kt君、Fk君は待ちすぎ。もっと前、前の気持ちをもってチャンスを作らないとだめだ。特にFk君はエサを見せてエサを取られる試合をしてしまっている。先の打ちを出そう。Yt君、試合はよかったが、稽古は気が急いでしまって早く打ちすぎ。攻めの中で相手を相手を冷静に見て来るの瞬間を見極めることが大切だ。さて冬休みもあと1日、明日も頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

稽古再開

2008年の部活が始まった。男女キャプテンとも日誌持ってくるの「忘れました」て、しょっぱなからこれかよ!という話。Yoさんに至ってはまだ書いてもいないと。終わって1週間もたって書くノートにどれだけの意味があるだろう?やりっぱなし・終わりっぱなしでは何をどれだけやっても身につかない。体の手入れも同じ、勉強も同じだ。剣道にはそれを戒める言葉がある。残心という言葉。面を打って打った後に相手に対する構えを作る。これは形だけ構えることじゃない。まだ行けるぞ・さあ来いの気持ちを作ることが残心の意味である。これがあって初めて技は完成するし、相手の次の動きの先を取ることができる。面を着けての稽古の中でそれができても広い意味での稽古の中で残心がおろそかになっているということは、結局うわべの剣道になってしまっているということ。よく反省して新年を機に改めるよう努力しなければならない。今ならまだ間に合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

右手の使い方・・・。

右手をどう使うかを教えるのが難しい。かつてどんなふうに言ってただろう?と振り返ってみるのだがピンと来ない。うーん・・・どう表現すべきか。ストーンと面を打つことができる人はできているのだが、どう言っても実感としてキャッチできない人が何人かいる。右手で急ブレーキをかけて打ちが伸びない人が決して少なくない。打ちが伸びないと体もそこで止まってしまう。旗は上がらない。ああこれかあ!を掴ませたいのだが・・・悩むところだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.03

ちょっとゆっくり

今日は何もない日。朝から少し掃除をして賞状を貼り直して年賀状の返事を書いて・・・の1日。今日明日で体を学校モードに変えていかないとならない。久々に体重計に載ったら、なんと正月3kg増えてることが判明した。ちょっとヤバイ。55555通過。誰だったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初稽古&新年会

例年どおりの初稽古、今年は小学生から大人まで14人が参加して行なった。基本から初めて地稽古まで、みっちりとやった。どうも初太刀を取るのが難しいなあと思う。特にN君とやったときなんか、取ろうと思いすぎて逆に普通に面を跳ばれた。ここの思い切りっていうか、体が動かんなあと思った。いかんいかん。夕方は新年会。若干の出入りはあったが、総勢やっぱり14人で贅沢の限りを尽くした。いつもに比べるとかなり少なめだがまあそんな年もあるだろう。こうやっていろんな学校のOBやいろんなつながりで稽古をするようになった者がみんなでワイワイやるのは楽しい。また来年も盛会になればなと思う。現在現役の中学生も、やがてこんな中に顔を並べる日が来ればなと思う。55555のキリ番が近い。連絡もらえばオサカナシール、プレゼントします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

1年の計は元旦にあり

明けましておめでとうございます。年頭にあたり、昨年お世話になった全ての皆様に感謝と御礼を申し上げます。今年もよろしく御指導・お付き合いください。さて、正月である。1年の計は元旦にありだ。今年の自分の目標をしっかり心に刻んだだろうか。3年はまず第1希望合格、そして新しいスタートをしっかり切ること。2年生は勝負の年、春季・夏季・府下・近畿・全国とステージは広がっている。ひとつひとつ階段を上っていこう。1年は春には先輩と呼ばれるようになる。そして秋には最上級生となり、部全体をリードすることになる。覚悟はいいだろうか。新しい年を迎えた緊張感を大切に、今年もしっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »