« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.31

8月最終日

今日は午前中休みを取って病院へ行き、目のいろいろな検査をした。どうも具合が悪い。加齢黄班変性という病気ではないかと思ったのだが違った。結局よくわからなかった。瞳孔を開放する薬のせいで、午後ずっとまぶしくてぼやけていた。さて、今日で8月終わり。昔は今日まで夏休みだったのに・・・と思ってみてもしょうがないが。稽古、A君が見に来てくれた。ちょっと体が大きくなったなあと思った。試合では、本人は狙ってるつもりなのだろうが、待ってるだけになってしまっている人がけっこういた。待つことと攻めて狙うことは全然違う。ここに気づけば剣道が変わる。稽古ではTg君が逃げずに相面の勝負ができていた。誰とでもこういう稽古を心がけよう。Tk君が貸してくれた『からふる』(森絵都)を読んだ。とてもおもしろかった。やわらかい語り口でありながら、きちんとしたテーマを持っている。読後がとてもさわやかな、お勧めの1冊だ。明日から9月、いろんな取り組みが始まる。クラスでも力を発揮できる人になろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.30

六三四の剣

いつまで続くのかというような晴天高温が続いている。Tk君が遠慮がちに「あのー、『六三四の剣』の前半終わったので、後半を貸してください」と言いにきた。そして「あの、おもしろかったです」とも。よろしい、明日持っていってあげよう。Tg君OtさんOrさんに皆勤賞を渡した。ますます頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.29

祝・結婚。Kさんのこと。

今日は久しぶりに結婚式に行った。温かい雰囲気の、いい式だった。中学校で剣道を始めたKさんは持ち前の負けん気の強さでめきめきと力をつけ、高校でもキャプテンとなり国体にも出場した。そして大学剣道部で新郎と出会い、7年間の交際を経て今日の日を迎えた。そんなKさんの忘れられない1場面がある。たぶん彼女が2年だったある日、珍しく高熱を発したか何かで保健室に運ばれたことがあった。様子を見に行くと、小柄な彼女はベッドに横になっていたが、こちらに気が付くとさっと起き上がり、ベッドの上に正座した。そしてひたとこちらを見つめて、「大丈夫です!」ときっぱり言った。真っ青な顔で・・・。その武家の娘を思わせる気高さというか健気さというか一途さというか、そんなものに打たれた。感動した。「よし、なんとしてもこの子を鍛えて勝たせてやろう!」と心から思った瞬間だった。そして新人戦は4人で団体優勝した。卒業の日、「君はこれまでで2番目に素晴らしいキャプテンだったよ」と声を掛けたのだったが、彼女を越えるキャプテンはまだ現れていない。どうか幸せになってほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.28

Tk君初優勝!

授業再開から1週間、まだまだ8月である。今日はK先生も含めて個人戦トーナメントをやった。結果は2本勝ちでK先生を破ったTk君が、決勝戦でTg君を破って初優勝した。勝因は無心であること。余計なことは一切頭にない、それが結果につながったなと思う。まあ提出物も一切忘れてしまうのはちょっと困るのだが。逆に敗れた人は、いろんなことが言葉として頭に浮かんでたんじゃないかと思う。「勝ちたい、負けたくない、強そうだな、弱そうだな」・・・一切は雑念である。雑念に支配されない精神状態を目指そう。二刀のM君と久しぶりに稽古をした。面を擦り上げて面か、小手を打ち落としての面を狙ったが、擦り上げるところまでが精一杯で、打つところまで行かない。瞬間のスピードアップを目指そうと思う。山田悠介をちょっと休んで『博士の愛した数式』(小川洋子)を読んだ。ゆったりとしたやさしさあふれる描写がすばらしかった。前任校でこの映画を観て、その感動をしきりに語っていた数学のT先生を思い出してやさしい気持ちになった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.27

卒アル撮影

ここんとこずっと晴天続きである。今日は卒業アルバムの部活写真撮影があって、久々に3年生3人がやってきた。やっぱりM君がいちばんに用意できていたのが懐かしかった。2年生がとても試合したがっていたので、3年生vs12年生の団体戦をやった。OkさんがM君に1本勝ちしたのは驚きだった。張り切って挑んだ2年生は誰も勝たせてもらえなかったが、内容がずいぶん変わった。負けて悔しそうにしていた。この辺が成長である。次は勝とう。夜の稽古、いろいろ珍しいメンバーがやってきて8人で稽古。しっかり汗をかいた。明日はまた二刀のM君が来てくれるようだ。積極的に稽古をお願いして、いろいろ教えてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.26

夕方涼風

朝からすっきりと青空が広がっている。会議が終わって体育館に行くと、1年生のトーナメントをやっていた。決勝戦はW君がOkさんに勝って優勝した。その後2年生のトーナメントはTg君がTu君に勝って優勝した。Tk君の試合運びがよくなってきた。Oaさんの機会もよい。全体に、1年生は試合になると姿勢やフォームが崩れてしまう人が多い。2年生は審判がまだまだうまくない。審判がうまくなるということは、瞬間を見る目と機会を見る目ができてくるということ。そういう意味で審判練習をしっかりやろう。練習が終わって、日が大きく西に傾くと、涼しい風がすーっと入ってきた。「秋来ぬと・・・」の歌のとおりだ。まだまだ夏の雲が出ているが秋が来たのかなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.25

ひさびさオフ

今日はオフ。ずいぶん久しぶりじゃないかなあと思う。なんやかんやと片付けねばならないことをやった。さて、いろんな教科で夏休みの課題提出が行なわれているが、ちゃんと出せているだろうか。キャプテンTk君は国語をツルッと未提出。ほんま、しっかりしていただきたい。放課後遅く、Orさんが教室から出てきた。「オフなので」ということで、担任の先生のお手伝いをしていたそうだ。えらい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.24

授業再開

とうとう授業が再開。いやー暑い。全校集会ではTu君の夏季大会での活躍が紹介されたが・・・彼が登校したのはその直後だった。まさに絶妙のタイミング。狙ってもできない技だ。T監督から全国大会の速報が入ってきた。久御山中3位、K選手(近衛中)3位。京都勢よく頑張ったなと思う。香芝中のM先生からも様子を伝えるメールが届いた。みんな頑張っているなあ・・・と。香芝中は明後日から新チームで小豆島に遠征だとか。そのファイトがすごい。いつかまたその世界にカムバックしたいと思う。放課後は会議でまったく部活は見られなかった。どうだっただろう?あんまり声は聞こえてこなかった気がするが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.23

夏休み最終日

今日は夏休み最終日。このスッカラカンの快晴でそれはないやろうと言っても始まらない。午前中サマースクールの後、午後のしかも後半の稽古。めちゃめちゃ暑い。久しぶりにO先生と梁山泊のAさん、そして桃山卒業生のKさんFjさんが来てくれた。試合もKさんチームとFjさんチームでやった。K先生とTg君の試合がどちらも譲らずおもしろかった。KさんFjさんの試合も現役の迫力を見せてくれてよかった。後半の稽古は6人元立ちという豪華さ、ありがたいことだ。いろいろと教えてもらえた人はラッキーだったと思う。その後久しぶりにKさんFjさんと稽古をした。どちらも楽しかったがまだまだ負けられない。それぞれ励んでほしいと思う。さて、夏休みの稽古は今日でおしまいだが、Tg君OtさんOrさんの3人が1日も休まずに参加できた。よく頑張った。後日、皆勤賞を贈ろうと思う。さあ授業開始、秋は学校行事が多い。学級でも、みんなの役に立つ人であってほしいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.22

六段審査in新潟

朝からMKのシャトルで伊丹へ、そして新潟へと飛んだ。会場はずいぶん狭くて暑かったが、迫ってくるにつれて「どんな相手だろう?どんな勝負ができるだろう?」と、なんだかワクワクしてきた。こういう精神状態は初めてだ。1人目、初太刀の小手はきれいに決まった。が、面が跳べなかった。打たれないようにと思ってしまったかなと思う。2人目、面を意識しすぎて打ちすぎたかなと思う。クリーンヒット互いになし。結果、不合格。やっぱりどこかで審査員の目を意識してしまったなあと反省した。つまり、相手に集中しきれてないってことだ。見ていた中で「これはいい!」と思った人がいて、見事合格しておられた。機会をまったく逃さず、正確で速かった。無駄打ちもなかった。あのイメージかあ・・・と。なかなか難しい。第1審査場は午前中は最も若い、つまり最も早いタイミングで昇段しているグループなので合格率が高く、120人中23人合格(約19%)、しかし午後は前半で60人中5人の合格(約8%)、かなり厳しい。ま、頑張るしかないなあと思った。今回にかかった費用を計算しようとしたが、悲しくなるのでやめた。さて明日は夏休み最終日、しっかり頑張っていい感触で締めくくろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.21

練習試合、そして・・・。

今日は練習試合、この夏の成果を試すチャンスだ。男子は3試合、S君頑張って対外試合初勝利。継続は力だ。Tk君もいいところで打てるようになり勝率が上がってきた。チームとしては、結果として勝ったが団体戦というより個人戦×5みたいな感じだ。もっと気持ちを合わせ高めていくことを勉強しよう。女子は6試合できたので、その中でずいぶん成長が見られた。特に最後のOaさんの試合はよく闘えていた。よろしい。先鋒Otさんも、少し試合になってきた。その調子だ。そして、最後にK先生のYj先生に挑戦の試合を行なった。結果はYj先生の2本勝ちだったが、気迫のこもったいい試合だった。次回のチャレンジは花背合宿で行なうということなので、それぞれの目標に向かってともに頑張ろう。さて明日は新潟で6段審査。チャレンジ・スピリットを大事に頑張ってこようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.20

Mt家の人々

今日からサマースクール。たくさんの生徒達が2時間半しっかり取り組んだ。せっかくなのでTu君を誘いに行った。起きてきたTu君、ちょっと考えて、「えー・・・だいじょうぶです」「いやいや、大丈夫ちゃうやろ。来なさい」で、しばらくしてやってきた彼は国語の宿題を立派に仕上げた。午後はK先生による剣道部2年生英語学習会。これもみんなよく頑張った。そして稽古。体育館はめちゃめちゃ暑い。今日は夜に研修会があったので、1時間30分しかなかったが、それで十分だった。前半言わないと声が出ない。それではいけない。声出さないと早くしんどくなる。声はパワーの素だ。自分で自分のエンジン掛けられるようになろう。それと2年生が1年生と同じような基本打ちやってたんじゃだめ。もっと実戦的に、攻めを意識して取り組もう。後半の地稽古はいろんな攻めのパターンを示してからやった。できそうなことを試してみよう。K先生の稽古、今日はいい打ちが出ていた。明日はいよいよYj先生との直接対決だ。この夏の成果を見せてほしい。ということで明日は練習試合、まずは思い切ってのびのびやろう。で、夜の稽古、Mt母さんが高校生の兄妹を連れてやってきたのだが、ため息まじりに「車の中でバトルがありまして・・・」兄は鼻にひっかき傷で登場、妹は鼻血を出して車の中で大泣きして降りてこないとのこと。Mt家の人々、絶好調である。妹も後半はけろっとして形の稽古をしていたのでまあいいや。稽古は7人で回した。打たれることを意識しすぎて捨てた打ちができなかったなあというのが反省点だった。明日も稽古を頑張ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.19

普通の・・・。

朝から快晴。天気予報によると、この暑さは月末まで続くらしい。まいったな。今日も会議で見られないので、Tk君Tg君Dさんに、集中してしっかりやるよう伝えた。こういう時によく事故が起きるので。次にのぞいた時は切り返しをしていた。次にのぞいた時は試合をしていた。Okさんのタイミングがよい。W君Si君は左手を中心にした構え、姿勢を再チェックすること。Wさんも姿勢が前傾して右足に体重がかかりすぎている。Dさんはもう一息早く、Oaさんはもう一息溜めることが必要だ。朝からTu君に連絡が取れず、昼ごろやっと電話が通じた。「どうしたんや?」と聞くと、「今日は、普通の寝坊です」と答えた。無敵だ。明日は1;45開始。間違えないようにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.18

二刀のM君の剣道教室

さあ部活再開。だが、会議のため見られず。予定どおり二刀のM君が来てくれたので、全面的にお願いすることにした。稽古後、あえて二刀に挑戦したTg君、「もう、やばいっすよ!どうしていいかわからなかったです!」と興奮気味に語っていた。いい刺激になったことだろうと思う。こういうチャレンジ精神が上達につながるのだ。M君には、これにこりずにぜひまた来てほしいなと思う。ありがとう。午後、京大で左京の教職員の合同の研修会があった。集中力を高める、潜在能力を引き出すためにはどうすればよいかという講演だった。この話を聞くのは2度目だったが、新鮮で納得する部分、稽古に生かせる部分が多かった。特に、頭に言葉が浮かんでいる間はダメというのはこの前話したことと一致していて、本当にそうだと思った。ただ、1点に集中することと、剣道で言う遠山の目付けということが矛盾するのかしないのか、この部分だけ少し疑問が残った。ま、そこまで話にとらわれる必要もないかとも思うが。明日も会議で十分には見られないが、集中力を高めて頑張ってほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.17

夏休みおしまい

今日も朝から強い日差しが照りつける。リーダー合宿の様子を見に、花背山の家へ行った。剣道部からはDさんOaさんTm君が参加している。それぞれ楽しそうに頑張っていた。ここで付けた力を学校生活に生かしてほしいと思う。夕方、インターハイのお土産を持ってYo君が来てくれた。体も2周りぐらい大きくなって、目も表情も姿勢もしっかりしたなあと思った。よく育てていただいたなあと高校の先生方に感謝である。インターハイの話や国体強化の話や進路の話や・・・さまざまな話に時を忘れた。こういう時間がうれしい。彼が帰って時計を見たらもう8時前だった。「あ、御飯食べに行けばよかった!」と思ったが後の祭り。また次回ということにしよう。さて、明日から研修・会議・部活と、一気に始まる。夏休み実質終了・・・だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.16

激暑

久しぶりに暑くって目が覚めた。でも外に出てみると空気中に妙に寂しさが漂っていた。やっぱりもう秋なんだと思った。秋は「空き」、つまり心にぽっかりと穴が空いたようになる状態を指すと勝手に思っているのだが、どうだろうか。Tg君の『@ベイビーメール』(山田悠介)を読んだ。これはけっこうおもしろくって一気に読んだ。「え、なんで?」と疑問が残ったところもあったけど、「そうか、推理小説じゃなくてホラーなんだからこれでいいんだ」と妙に納得した。ただセリフとその周囲の言葉選びが雑だなと思った。これは3作品に共通すること。もうちょっと言葉を大事にしないとなあと思った。さて夏休みもあと1週間、部活も後6回となった。18日は二刀のM君が稽古に来てくれる予定、21日は長岡中・下京中・北城陽中が練習試合に来てくれる予定、23日はAさんが稽古に来てくれる予定になっている。いずれも貴重なチャンスである。何かを学ぶチャンスにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

命の意味を考える日

今日は終戦の日で、同時にお盆。命の意味をよく考えてみる日と位置づけてよさそうだなと思う。日本は平和だというけれど、それは65年前の多くの犠牲の上に成り立っているものだということ、そして自分が存在するのは今は亡き先祖のおかげであるということ、お年寄りを大切にと言いながら、行方不明の100歳以上の方がたくさんいること、守られるべき小さな命が虐待によって失われていること、1日に100人もの自殺者がいること、アメリカの基地がたくさんあること、安保条約が、気がつけば日米同盟と言われていること、などなどなど・・・。それが日本。そんないろんなことの中から何か1つ、自分のこととして考える日になればよいなあと思う。そして忘れてならないのは、平和な未来は自分が造るのだということ。人任せではいけない。誰もやってはくれないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.14

Tg君優勝!

いい天気だったが、お盆で東山五条周辺はとても混雑していた。さて今日は何人来るかと思っていたが、出席者は11人、まあお盆はいろいろ事情があるのでやむを得ない。先祖の供養も大切なことだ。試合のほうはOaさんがよく機会をわかった打ちをしていて良かった。準決勝でO君から取り返した面も、その後の小手もよかった。ただ、まだまだ軽い。確実な1本にするのは踏み込みと手首。頑張ろう。もう1つの準決勝はTg君がMy君の小手を落ち着いて余して面を決めた。ただ、これからのことを考えると先の打ちをもっと出さないといけない。決勝はTg君vsOaさんとなり、Tg君がきちんと勝った。今日のTg君は落ち着いて勝負できていた。よい。Ha君もきちんと気持ちを作ってきたなあというのが見えた。Orさん、声が大きくなった。少し踏み込みもできるようになった。お父さんに御協力いただいたのではないかと思う。後半2分7回、休んでいた間の汗が全部出たような気がした。気がついたら歯痛が跡形も無く消えていた。そういう時期だったのか薬が効いたのか稽古で汗を盛大にかいたのがよかったのかはわからない。そういえば昔は部員の体調不良の訴えにはほとんど「やれば治る」と答えていたなあと思う。実際治った。ま、今とは時代が違うが・・・。Tg君が貸してくれた『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)を読んだ。K先生もお薦めの1冊で、確かにスピーディーな展開でおもしろいのだけど、やっぱり納得いかない部分がある。軽い浅いのだ。小説・・・ではない気がする。あと4冊あるので、もうちょっと読んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.13

歯痛その後。

いい天気である。が、歯が痛い。薬を飲んで3時間ぐらいは治まっているのだが、切れるとズキズキと痛みが襲ってくる。歯と言うよりは頭蓋骨右前面の痛みという感じ。かの新選組の永倉新八は、長命で老いてからの武勇伝も伝わっているが、最後はむし歯がもとで骨膜に炎症を起こして死んだそうだ。そういうのは嫌だ。今日は桃山中でキャプテンをやっていたOn君が久しぶりに顔を見せてくれて、大学生の近況を語っていった。今はピアノのサークルに入っているとのこと。まあ、いろんなことにチャレンジするのはいいことだ。学問とか文学とか、そんな話ができるようになった。ちょっとしっかりしたなあと思った。こういう訪問はなかなかうれしい。さて明日は久々の部活、何人来るか分からないが、予定通り試合をしようと思う。頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.12

歯が・・・痛い。

3日ほど前から歯が痛い。1本だけなんだけど、下の歯にカン!と当たるだけで、ロケットのように脳天まで痛みが突き抜ける。他の歯でそっと噛むのだが、油断すると「あううう!」ということになる。あぶら汗が噴き出す。物を食べるということがこれほど大変なことだとは思わなかった。夜、とうとう観念して歯医者へ行った。ちなみに小学校の同級生。最初の頃はミスが多くて怖かったが最近はけっこう落ち着いてやってくれる。でも歯医者は嫌いだけれど。「噛み合わせをちょっと変えて歯を休ませましょう」と言って、ちょっと削ってくれた。おかげで下の歯に当たらなくなった。痛み止めと抗生物質を飲んで痛みの去るのをひたすら待っているのだが・・・まだだめ。顔の右半分が痛いって感じだ。明後日までに治らないと、面打たれたらめっちゃひびきそうだ。ああ、老歯?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.11

夏休み

ちょっとの間、夏休み。昨夜はなんだか涼しかった。台風が迫っているらしいがよい天気だ。同じ台風を2度味わえるというのもあまりない体験である。午後、数年ぶりに大亀谷の峠の上にあるやんちゃ村へ行った。小栗栖中の頃にできたので、もう25年ほどにもなるだろうか、あの頃は新鮮だった店内もずいぶん落ち着いてきた。若い何人かでよく遅くまで話し込んでいたものだ。お互いに学級経営や学校行事、部活指導で絶対に負けたくない!という対抗意識をメラメラと燃やしながら、同時にとても仲が良かったし、よく遊んだのを覚えている。今の若者たちはどうだろうか。『霧の子孫たち』(新田次郎)を読んだ。霧ヶ峰ビーナスライン建設に際して、自然保護のために立ち上がった男達の話。久々に硬い話だった。ビーナスラインは大好きなコースで毎年のように走っているのだが、なるほど・・・と考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.10

ちらほら雨

朝起きたら雨はまだ降っていた。空は明るい。出発の頃にはカサはほぼいらない感じになっていた。ちらほらパラパラと降るが、昨日の降りとはまるで違う安全な雨だ。おかげで涼しい。今日のポイントを巡り、4時前に帰路に就いた。そうそう、次回14日の稽古は男女混合の個人戦のトーナメントをやろうかと思う。ベスト4までに賞品を出すのもおもしろい。各自それを目標にトレーニングに励んでほしい。T監督から速報が入った。全国教職員大会、京都は残念ながら3回戦で敗退したとのことだ。また来年に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.09

台風

半端ない雨と風の中で1日を過ごした。なかなかにそれらしい天気だ。圧倒されたり和んだり深く感じさせられたりの1日だった。自然の力と大切さと人の愚かさとはかなさと…。兵どもの夢の跡にはロマンもあるが、兵どもに蹂躙された民の涙の跡には悲しさと怒りしかない。無常という言葉で片付けるには重すぎるなと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.08

出張

今日は出張。K先生の連絡によると試合がずいぶん盛り上がったらしい。よろしい。次は14日。元気いっぱいで来てほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.07

立秋

立秋と思えば涼し午後の風
という句もあるが、今日は立秋である。午後の部活だが、気のせいか暑さもちょっとましな気がする。欠席なしというのも気持ちがよい。いつもどおりの基本をやったが、声の出がイマイチだ。自分で自分を高められるようにならないといけない。試合は団体戦、先行したTg君チームがそのままTk君チームを下した。気持ちの面ではWさんがよかった。戦おうとしている。今の勝敗より、それが大事。その後、梁山泊のM's君とE君が差し入れを持って、来てくれて地稽古をした。1年生は慣れてないので大いに戸惑っていた。そのうち慣れる。練習後、くわやま接骨院の院長が来てTg君の体の固さを診てくれた。ストレッチの方法を伝授してくれたので、しっかり取り組もう。梁山泊、人材豊富である。K先生との今日の稽古は小手面を中心にやった。打った後うまく力が抜けるともっとよくなるのだが。さあ明日で前半終了。頑張ろう。(冒頭の句は今ちょいと作った物。お粗末)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.06

近畿大会の日

今日も快晴、午前の稽古。面を着けるのはDさんが速かった。基本はとにかく真っ直ぐ全力を大事に行なった。その後3チームでリーグ戦をやった。やれるだけの人数がいるというのはありがたいことだ。W君がよく頑張った。Tu君もいい勝負ができるようになってきた。Tg君は機会をきちんと作らないといけない。Dさんは次・次に気持ちをつないでいかないとだめ。Oaさん、機会がよい。1年女子はなかなか勝てなくて当たり前だが、幾つか打てる機会は練習したはず。それを意識して攻撃するようにしよう。あとは間合いの調節を考えること。遠すぎるのか近すぎるのかはわかるのだから、修正していかないとヒットしない。なんとなく打ってたんではだめだ。最後はまたK先生との稽古で終了した。午後、Tu君とTk君が宿題をしにやってきた。2時間半ぐらい集中して取り組めた。よろしい。夕方、審判に行っていたT監督から速報が入った。近畿大会で男子太秦、女子久御山がそれぞれ2位になったとのこと。全国大会でも頑張ってほしい。また、鍔競り合いでの反則がかなり厳しく取られたという情報もあった。京都としても今後の指導を考えていかないといけない。夜の稽古、珍しく平安のYt君が稽古に来た。上段で頑張っている。基本はとてもよいので、自信を持って実戦練習に取り組むとよいと思った。卒業生との稽古は楽しい。幸せな気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.05

1年女子頑張れ。

午前中の稽古はちょっと涼しい。体育館が2階にあるからかもしれない。基本は2セットにして、試合と追い込み、相面、機会の稽古、面の勝負を入れた。全般に1年の声が小さい。その上、途中でリー研の打ち合わせでDさんOaさんが抜けてからはもっと小さくなった。まるで親とはぐれた迷子状態。でも新人戦は1年だからといって誰も手加減してくれない。闘う気持ちをしっかり作ろう。体調不良で見学のTu君、メモを持ってきて何やら書き込んでいる。ほお、なんか成長した・・・のかな。そうそう昨日Orさんが稽古の後質問に来た。「先生、どうして正面に礼をするのですか」「それはね、正面には神様がいるからだよ」日本ではありとあらゆるところに神様がいる。ことになっている。でも、その存在を意識することが良心という心の作用を生むのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.04

暑い暑い暑い。

今日は午後の稽古。あまりにも暑いので1時間で切り上げると宣言した。どれだけ集中できるかだ。面を着けるのはTg君Dさんが速かった。今日から機会を考える稽古を入れた。剣道の打突の好機は4つ。相手が打とうとするところ、相手が打ち終わったところ、相手が迷ったところ、相手が居ついたところである。そのうちで最も大切なのは相手が打とうとするところ(出ばな)だ。ボクシングや空手ののカウンターである。そこを逃さない思い切った打ちをまず身につけよう。後半はまた面の勝負をやった。勝負は文字で考えてたんでは間に合わない。感じて反応することだ。夜、ふと星の輝きに目がいった。そろそろ旧暦の七夕、秋の始まりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.03

1時間の稽古

今日は9時から1時間だけ稽古をした。午後に比べるとずいぶん涼しい。昨日ダメ出しをしたからか、気温のせいかわからないが、2年生男子、今日はよかった。面を着けるのもTg君がいちばん速かった。やればできるじゃないか。1年生もだいぶ打てるようになってきた。Tm君、声も動きも出てきた。ちょっと重さに慣れてきたかな。Orさん、毎日少しずつよくなっていく。2年生は男女とも稽古を作る気が見えてきた。真っ直ぐな剣道、掛かる気持ち、スピードアップ、それを大切に取り組めば剣道がよくなる。しっかり頑張ろう。その後トレスクに駆けつけた。今日も試合稽古と1本勝負が中心。T君がずいぶんよくなったなあと思う。終わってからプリンスM先生と稽古をした。とにかく入りが鋭い。右下からぐいぐいプレッシャーをかけられて、面を跳ぶと小手を打たれる。こちらの小手も当るが1本という感触ではない。体が出ないと小手面に乗られる。本当は胴を狙ってたのだが、そのチャンスはなかった。実戦剣道、なかなか難しい。またチャレンジしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.02

習うとは見習うということ

朝から暑い。トレスクは試合練習をメインにやった。他中だがN君が最近精彩を欠く。どうしたのだろう?S君は打ちが軽い。このままでは近畿では旗上がらないだろう。Ssさんはキレがある。T君今日はよかったなと思った。うちのM君I君、攻めが作れなかった。明日に期待したい。さて今日は走るサムライY先生と稽古をした。かつてほどドーンという打ちが来ない分、オーラを感じなかった。だから攻めると小手が当たる。胴も少し当たる。が、相面はやばい。各駅停車と急行がすれ違ったような感触で乗られた。ここを取りたいものだ。学校に戻って部活を見る。2年男子がだめ。声も足も。いくら暑いからといって、これじゃあいけない。気持ちが感じられない。誰のための稽古なのかを常に考えなければだめだ。K先生と5分ほど稽古をして、みんなに見てもらったわけだが、そこから何を感じただろうか?K先生の掛かる姿勢を自分の稽古に重ね合わせて振り返ることができただろうか?習うことは見習うことから始まる。K先生の稽古をもっともっと見習わないといけない。その後、I君N君と花園高校へ行った。ちょうど校内合宿中で、男子は修学院のT君、女子は桃山のYoさんがキャプテンとして張り切っていた。その他、市内中学校剣道部のOB達がたくさん頑張っていた。H先生にはよく育てていただいてるなあといつも感謝している。3年生にはいい進路を選んでほしいものだ。さあ現役、明日しっかり頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.01

ああ8月・・・。

8月になった。ああ、夏休み終了のカウントダウン始まったな・・・の感がある。今日はトレスク。切り返しや相面をずーっとやって終わりかと思ったが、教師の稽古をやることになり、殿と稽古をした。攻めての小手はよく当たったが、面を跳ぶと迎え突きを食らうので、どうしても小手が中心になってしまう。痛いしなあ。1本勝負の最後は気持ちの尽きたところを小手打たれた。で、その後プリンスM先生との稽古を見ていたが、最後はM先生が下から攻め、殿の剣先が上に外れたところを面。なるほど、剣先(心)を動かす攻めが足らんかったかと思った。心を動かしてこその攻めだなと思った。午後、部活をのぞく。Tg君、体調不良で元気がなかった。Ha君、握りをもっと柔らかくしよう。Orさん、ずいぶん声が出るようになった。稽古終わってK先生と稽古。「YJに勝てるようになりたいんです・・・」と言うので、ちょっと鍛えてみようかと思う。『スピン』(山田悠介)を読んだ。今、中学生に人気の山田悠介ってどんなのだろう?と思ったので。うーん、軽い、浅い、これは小説と言えるのか?というのが正直な感想。Tg君は「いやいや、『ドアD』とか最高っすよ」と言うので、もう1冊ぐらい読んでみようかなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »