« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.31

めちゃめちゃ寒い!

朝からめちゃめちゃ寒い。雪はないが、京都特有の底冷えというやつ。とはいえ、春の足音も聞こえてきている。昼の日差しの暖かさ。冬が厳しいほど春の兆しがうれしい。今日はオフ。Dさん、昨日の記録を持ってきた。Tk君、ノートを持ってきたが書いてない。昼休みに頑張って書いた。Tg君、記録を忘れてきた。この辺なんだなあ。ホンマ詰めが甘い。今週の土曜日(5日)に修学院で練習試合をすることになった。勝つ気のあふれた試合をしよう。それはそうと、昨日力の湯に行って久しぶりに体重を量ったら、99.45kgだった。これってかなりやばいんじゃないかと思った。なんとしても2ケタは守らないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.30

東龍杯剣道錬成会

毎年寒い寒い1日を過ごすのだが、バスなので楽だった。保護者の方も数人、応援に駆け付けてくださった。ありがたいことだ。予選リーグは男女とも1勝3敗で、午後は4位リーグとなった。女子は会場以上に内容が寒かった。もっと存在感を示さないと勝てない。守る試合からは何も得られるものはない。燃えるような熱い試合をしよう。男子は午後は1勝2敗1分、大宅との2回目がいろいろ学ぶところが多かった。特に大将戦、体の線を崩さなければ楽になるというのがわかったのが大きな収穫だった。次回京都の錬成会に向けて頑張ろう。
速報。第6回水滸杯剣道練成大会の日程が決まりました。5月29日(日)午前9時開会。ぜひ多数ご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.29

学剣連総会

今日は午前の稽古。3分間走ってスタート。声はだいぶ出るようになってきた。試合はK先生チームとの勝ち抜き戦、K先生、先鋒戦を冷や冷やの勝利でクリアして、後は危なげなく戦ったが、Oaさんに1-1の引き分けで止められた。最後はO君vsTg君の大将対決となり、きわどい相面で引き分けに終わった。後半の稽古はまた踏み込まない稽古に取り組んだ。ちょっと慣れてきた。明日は東龍杯、なんとか決勝トーナメントに食い込みたいと思う。夜は学剣連の総会と懇親会。かつては出席者4人なんてこともあったが、昨今は20人近く集まり盛況になってきた。数々の武勇伝を持つ会長M先生の「指導は理論と稽古じゃ。(顔を)張って強うなるんやったら、なんぼでも張るけど、張っても強うはならん」という言葉は実に深かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.28

今日はえーんちゃうかな。

体育館に行って、おっと思った。声がよく出ている。欠席者がいない。よろしい。で、また踏み込まずに頑張ってみた。どうしてもここで跳ぶというイメージがあるので難しいのだけど、徐々に当たるようになってくる。Tg君がとても苦労していた。なぜか、それは相手の打ちを待っているから。だから打ってこない相手にてこずってしまう。攻めて攻めて相手を動かす、そしてその出ばなを確実にとらえる、そういう稽古を心がけよう。Tm君の最後の切り返し、よろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.27

意地の勝負。

今日は5時間なので、ちょっとゆっくり稽古ができた。4時前に行ったら前半終了間近だった。その後引き技と掛かり稽古をしたが、やはり決める気が足りない。それと、みんなでやってるという気が足らん。そういう気があれば、もっと声も掛けられるはず。見学の人も同じ意識を持って、今できることを自分で考えて取り組まないとだめだ。で、試合。今日のDさんとOaさんの試合は見ごたえがあった。初太刀、Dさんが狙いすまして返し胴、きれいに決まった。本日のピカイチ。2本目、今度はOaさんの返し胴、決める気のあふれた1本。勝負、再びDさんの返し胴、ちょっと軽いがタイミングはぴったり。勝負あり。意地と意地のぶつかり合いが感じられるいい試合だった。仲がいいからこそ絶対に負けたくない、それがライバルという関係。これが欲しかったのだ。後半の稽古、運動禁止で踏み込めない。じゃあ踏み込みに頼らない稽古、気で攻める稽古をすればよいのではないかと思いついた。これがなかなかやってみると難しいが楽しかった。ぎりぎりの辛抱を学ぶチャンスだ。故障を前向きにプラスにとらえることを天から教わった気がする。稽古の後はやっぱりズキズキしたけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.26

目やら耳やら・・・。

天気予報では午後から雪とのことだったが、結局晴れたままだった。午前中、検診でバリウムを飲んだ。やっぱりまずい。ウエエーという感じ。数時間後にもれなく白便が付いてくるのも嫌っぽい。最近視力が急に落ちた気がする。耳も聞こえにくい。「んあ?」て聞き返しながら「志村じゃねーよ!」と突っ込みたくなる。さて稽古、1本勝負の頃に行ったが、どうも「勝負」に見えない。スイッチ入ってない。どうしてそうなるかなあと思う。最近けっこう勝負を大事にするようになってきたのに、これじゃあ逆戻りだ。しっかりしなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.25

膝がやばい。

朝から雪がちらついて寒い。この冬はよく降る。午後からはずいぶん暖かくなった。膝の具合が1週間前と同じぐらい悪い。正座無理。踏み込むのはあまり痛くないので、面を着けた。1本勝負で今日取れた人はなかった。どこか故障があるほうが無駄打ちがなくていいように自分では思うことがある。ま、錯覚かもしれない。でも、故障を前向きにとらえる発想は大事だと思う。状態がどうであれ、昔であれば闘うときは突然にやってくるのだから。2年生は組み立てとか駆け引きを楽しんでほしいのだが、まだちょっとそこには届かない。実に楽しい世界がそこにはあるのだ。早くたどり着いてほしいものだ。夜、また病院へ。「ふーん・・・また溜まってますなあ」「3日ほどは大丈夫だったのですが・・・」「具合がいいからといって、何か運動とかされましたか?」「け、剣道を少し・・・」「それですな。無理をして慢性になったらえらいことですよ。4週間、運動禁止です」「・・・」「消炎剤を入れて痛みがなくなったらまた無理をしてしまうので、栄養剤だけ入れときますわ」「え・・・」で、またあのとんでもない激痛を味わって2本抜かれ、栄養剤だけを注入。なので、まだ痛い。困った。2/6には自分の試合があるし・・・。で思いついた。要は足を動かさねばよいのだから、打ちを捌く、打たせるのは大丈夫なはず。じゃあまあなんとかなるか。てことで1件落着、でもないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.24

間合いが近い。

ずいぶん昼間の日差しが暖かくなってきた気がする。今日は1本勝負の後半だけを見たのだが、全般に間合いが近い。攻め込んでそこで待ち構えてるなら別だが、なんとなくその間合いになってもお互いに打てないでいる場合がほとんどと見た。普段そういう稽古をしていると、試合の時、正しい間合いで打ってくる相手に対応できなくなる。やはり一足一刀の間合いで思い切って勝負しないといけない。具体的数値で言えば、もう20cm離れること。そこに行くまでに気持ちを作らないといけない。そこで取られたら、相手がうまかったということ。「ありがとうございました」でまた修行に励めばよいだけのことだ。夜、Orさんをくわやま接骨院に連れて行った。稽古は大丈夫、痛ければアイシングをしっかりとということだった。テーピングの部位と方法についても聞いてあるので、必要ならキネシオを持参していただきたい。東龍杯の一応のメンバーを発表した。メンバーの中で参加不可能な人は早めに連絡よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.23

小手1本!

穏やかに晴れて午後の稽古。2面使えたので、のびのびとやれた。改めて見てみると、踏み込みが不十分な人が多い。故障があっても踏み込まないフォームを体が覚えてしまうとやっかいだ。小さくてもきちっと踏み込むことが大事だ。上等なオーディオの「コンパクトなのにくっきりした重低音」というあれだ。あれがないと決まらない。試合ではちょっと元気の足りない人が目立った。部内の試合は「取られない」ことより「機会を逃さず打ち切る」ことを大事にしないといけない。それと、もっと瞬間にアドレナリンを爆発させるスイッチを押す練習をしないとだめだ。それには日頃の1つ1つの稽古から押そうとせねば。試合の時だけ探してもスイッチは見つからない。後半1本勝負、Dさんが流れの中で、実に自然なタイミングでスパッと小手を切った。これはお見事。よろしい。その後ランニングをやってストレッチをやってザックジャパン式トレーニングをやって終了・・・後、今日もまたもぞもぞと面を着け出した。Tk君Tg君Tu君S君DさんOaさん、それぞれ思い思いに試合やら稽古やらをやり出した。1年生は応援をしたり審判をしたりと楽しんでいる。見てるとTg君突然上段を取り出した。なかなかおもしろい。で、Tk君には突かせることにした。なにやらそれなりの攻防をしている。よかろう、と思った。ぜひ高校でその対決を実現してほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.22

太郎見参!

今日もちょっと寒さはまし。試合ではTm君がとても積極的に打っていけていてよかった。勝ち負けよりその気持ちがよい。Okさんも落ち着いて打てていた。後半1本勝負では1年の女子がよくなったなあと思った。普通に打ったんでは当たらなくなった。特にOtさんには2回面を取られた。よろしい。ただ、審判が絶対に旗を上げてくれるかどうかは微妙。より確実になるよう取り組もう。稽古が全部終了してから、Tk君Tg君Oaさんが試合をしだした。見ているうちに、S君も参加しだした。こういう積極性よいなあと思う。ところで、ぴょんぴょん上下に跳ぶと、骨の先端が刺激を受けて身長が伸びるらしい。だから、バレーボールやバスケットボールをすると身長が伸びるというのはいわゆる都市伝説ではなかったのだ。身長伸ばしたい人はアタックを打つように大きくぴょんぴょん跳ぼう。それを聞いてOrさん跳び始めて「いたたた・・・」君は足が痛くて見学してるんだから跳んじゃだめでしょうが。夕方、梁山泊のYさんに子どもが生まれたというので病院に見に行った。なかなか存在感のある男の子だ。「太郎、太郎、強くなれよ!」と言って抱いていたら「もー勝手に名前つけんといて!」と言われた。がんばれ太郎!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.21

オフです。

今日はオフ。ちょっと寒さはましかな。夜に1つ外せない予定が入ったので、夜の稽古はお休みにさせてもらった。来週はもともと休みなので、2週続きとなる。申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.20

ほおー。

今日は会議が長引いて部活は見られなかった。帰りがけに体育館の割り当てが変わって明日がオフになったことを伝えると、DさんとOaさんは思いっきり残念そうに「えー!」と言った。聞くとTg君と何回か勝負して負け越し、その借りを明日返すつもりだったらしい。「もう、ガチやったんすよ!」とOaさん。「ほー!いいなあ」と思った。互いの勝ち負けにこだわれるようになってくると、伸びる。強くなる。ぜひ土曜日、「ガチ」の勝負をしていただきたい。夜、Tk君に電話をした。「習字やったか?」「今、書き終わりました!」「乾いたか?」「えーと、今、乾きました!」「今すぐカバンに入れなさい!」ごそごそ・・・「はい!入れました!」「よろしい。ご苦労!」これで無事、書初めが提出されることとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.19

Tu君の達筆に驚く。

今日は水曜学習会の日だったので、Tu君に習字道具を持ってこさせて書初めをさせた。紙は1枚ワンチャンスである。書き終わったと言うので見て驚いた。「初雪銀世界」の「銀」と「界」が抜群にうまい。なんとも雅味に富んだ字であった。この男、ただものではない。ま、冬休みの宿題なんだけど。さて稽古、1分1本勝負で勝ちきれない人が多い。勝負には火のような気迫と水のように冷静な観察眼が必要だ。そのどちらか、あるいは両方が足りないので勝てないのだ。Tm君、声がよく出てる。Orさん、踏み込みができてきた。明日も頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.18

名医

道の雪が消えたのでバイクで出勤。とても寒い。稽古は後半の20分ほどしか見られなかったが、声はよく出ていた。勝ち残りの1本勝負をやった。いかに攻めを組み立てるかということが課題。例えば、胴を狙ったとして、相手が面に来てくれなければいつまでも待っているのは賢明ではない。来ない、じゃあどうするのか、だ。相手がいつもこちらの思いどおりの反応をしてくれることは、むしろ少ない。相手の反応によって柔軟に狙いを変えていかないとだめだ。そこを工夫しよう。ところで、1週間ほど前から右膝が痛くて正座と蹲踞が辛い。で、とうとう病院へ行った。久野病院の院長は名医である。生まれた時からずっと診てもらっている。内科だろうが外科だろうが、長年の経験からスパッと治療をされる。もう80歳を超えているんじゃないかなと思うのだが、今日も「関節炎ですね。はい、ちょっとそこへ寝て」手探りでポイントを見つけて「かなり水が溜まってますねえ」と言うやいなや、「プスッ!」注射器で3本分の水を抜いて薬注入。「あう!」という痛さなのだが、膝の張りと痛みは嘘のように消えた。「たぶん1回で治ります」ほんま、名医だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.17

真っ白白・・・。

やはり、というか、真っ白である。車も徐行してほとんど無音の朝。絶対に北のほうはヤバイと判断して、電車で行った。早起きしてよかった。修学院はすっぽりと雪に埋もれていた。道も完全に凍結していた。今日は阪神淡路大地震の日。あの朝のことは鮮明に覚えている。初めて地震って怖いと思った。そして、人は所詮地球の表面に住む一生物に過ぎぬと実感したのだった。さて稽古、会議のため20分ぐらいしか見られなかったが、久々に全員そろったのはよかった。1本勝負で感じた課題は、Dさんの振り向いた次、Tg君の先の生かし方、Otさんのフットワーク、Wさんの姿勢、S君の踏み込み、こんなところだろうか。具体的に1つずつ取り組もう。あと見学者のやっていることが中途半端。外科的な故障か内科的な故障かによって、当然やるべきことは違ってくるはず。その辺をわかって効果的な過ごし方をしよう。発見したこと、Orさんは桃の缶詰みたいな手をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.16

今日はもりだくさん。

雪。真っ白。ちょっと滑りつつ、旧滋野中に着いた。午前中はトレスク。実践的な攻撃の練習ができたのでよかったのではないかと思う。殿と稽古。今日は面で勝負を宣言して始めたが、今日はいつもより間合いが近くて入りやすかった。そうなると当たるところが出てくる。最後には面に届いて終わった。途中いい感じの小手面ももらったが、まあいいことにしよう。今日は女子駅伝の日。せっかく学校の近くを通るので、応援をすることにした。種目の違いはあっても、トップアスリートの真剣勝負の顔を、目を見ることは絶対にいい経験になる。そのオーラを自分の中にインストールしよう。駅伝は2年ぶりに京都が優勝。よかったなと思う。午後、学校組の稽古。華頂中、N・jrちゃん、Or姉ちゃんを含めてやった。胴の工夫を取り入れた。どんどん試してみよう。OaさんDさんにはかなり勝負を意識した稽古をした。どういうところで攻められて打たれたかをよく振り返っておこう。帰ろうとしたら猛烈な雪。明日の朝が心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.15

姫路錬成会

この錬成会は毎年かなりレベルが高いので勉強になる。集合時間を過ぎて、Si君から珍しく切迫した電話が。「先生、梅ノ木町ってどこですか?」そういう疑問は前日までに解決しておくことである。ちなみに彼がいたのは下がり松。剣道部の伝統は脈々と受け継がれる予感がする。試合は、男子8敗1分、女子1勝9敗1分。なかなか勝たせてもらえなかった。課題は機会。さらに言えばスイッチを押す心の問題。技とともに心を研くことに取り組まないといけないなあと思った。次回30日東龍杯。いい試合ができるよう頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.14

夜の稽古スタート。

今日の寒さはちょっとまし。錬成会前日だが体育館の都合でオフ。ま、ためた元気を明日発揮しよう。Okさんが復活したが、「体温が低すぎるんです・・・34℃とか・・・」ちょっとびっくり。で、夜の稽古。結局新人S君を含めた4人で稽古をした。寒いとすぐ腰にくる。困ったもんだ。おまけに右膝にも急に痛みが。こちらは回を重ねるごとにましになってきた。暖機運転が必要だなと思った。さて明日は姫路の錬成会、朝早いががんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.13

会議の日

寒い日が続いている。12月はけっこう暖かくてこんなもんかなと高をくくっていたが、1月になって半端ない寒さになった。やっぱりここは北国だ。会議があったので、最後の10分ぐらいしか見られなかった。終わってOrさんが「S先輩に2本勝ちしました」と胸を張った。なるほどドドと書いてある。状況が目に浮かぶようだ。Otさんがインフルエンザ、Okさんも発熱早退とのことで、さぞかししんどく、残念な思いをしていることだろうと思う。他の人も健康管理には十分気を付けてほしい。土曜日、姫路のメンバーがちょっと心配だが、まあその条件でベストを尽くすのみ。頑張りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.12

研究授業

今日は校内授業研究会ということで、部活はなし。2年生は理科の授業があった。銅を熱して酸化銅にするという実験。ほおーと思いながら見ていた。昔はこんな実験なかったなあとか思いながら。昔のことなので忘れているだけかもしれないけれど。実験後のまとめのところで、Tg君が冗談を言って、めっちゃすべっていた。けっこう恥ずかしい。今週金曜日と来週月曜日の体育館割り当てが都合により逆になる。てことで金曜日は部活清掃の後稽古はなし。間違えないようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.11

本日のダメだし。

めちゃめちゃ寒い。バイクにはかなり辛い。さて、今日はいろいろダメがあり・・・。まず、Tk君ノート忘れる。元気よく「ハイ!」と言ってもすぐ忘れるんじゃ意味ない。キャプテンがこれでは困る。4:20に体育館へ行くと、まだ体操してる。ただでさえ冬時間で短いのに「???」と思って尋ねると「体育館の鍵が見つからなくて・・・」と言う。じゃあどうすればよいのか、いくらでも方法があるはずだ。人数がこれだけいて、そんなことも考えられないとしたら、かなりやばい。じゃなくて、心のどこかに「寒いし、鍵見つからないし、いいや」という気持ちがあったのなら、心が弱すぎる。とうてい目標には届かない。いずれにせよ、しっかりしてもらわんと困る。せっかく昨日はちょっとはいい稽古ができたなと思っていたが、これじゃあいかん。基本の稽古でTg君Ha君「竹刀がささくれたので替えてきます」そのこと自体はよくあることだが、それをはるかステージの奥まで取りに行かねばならないようではダメ。練習試合や合宿で竹刀を2本持っていくのはなんのためか。ぱっと交換できるところにもう1本用意しておくのが剣士の心得というものであろう。ということで、今日は短時間ダメ多数の日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.10

十日ゑびす

朝から屋根がうっすら白かった。北上すると修学院はまた雪景色だった。笑うほど寒い。S君珍しく欠席。昨日の審査に向けてよほど緊張していたのだろうと思った。前半いくつか注意をしながら進めていった。声はまあまあ出ていたが、掛かり稽古に向かう気持ちの用意が遅い。いつでも行けるようにしておかねば一瞬の勝負に勝てるはずがない。一瞬先を取れるかどうかが勝負の分かれ目だ。集中しよう。試合は3チームのリーグ戦、ランニングの周回数が懸かっているのでかなり盛り上がった。おもしろかったのは1試合目の副将大将戦、K先生Tg君に対してOrさんOkさんが見事な戦いぶりを見せて、チームを勝利に持っていった。この辺が勝負のおもしろいところだ。「勝てるはず」vs「無心で掛かる」はだいたいにおいて「無心で掛かる」がいい試合をする。やはり心の勝負だ。Orさんの落ち着いた胴、Okさんのあきらめない小手が見事だった。Tm君も思い切った打ちで2本勝ち、よろしい。結果は各チーム1勝1敗、勝者数でTg君のチームが勝った。3位になったがO君、最終戦はいい大将戦だった。ところで今日は十日ゑびすであったのだが、参拝者は例年に比べてずっと少なかった。寒さのせいだろうか。寒いと言えばうちのエアコンは暖かい夜は快調なのだが、とっても寒い夜にはすぐ止まって準備中になる。今もめっちゃ寒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.09

S君ついに合格!

今日は岡崎中で1級審査と練習試合。山城からの受験生もあってかなりの人数になった。審査はかなり寒く長く、なんどか意識が無くなりかけた。そんな中、何度かの挑戦でS君がついに合格した。かなりうれしいできごとであった。継続は力である。1年生はWさんが残念な結果に終わったがあせることはない。まずはよく食べてしっかり体を作ろう。そして基本と姿勢を大切に取り組めば、5月は必ず合格する。がんばろう。今回もコートによって合格率にずいぶん差があったようだが、これは1級をどうとらえるかということの見解の不統一による部分も多少あると思う。基本ができていればよしとするのか、2か月後に初段合格するであろうレベルを合格ラインにするのかということ。級位の最高位であるのだから、やはり後者をそのレベルとするのが妥当かつ親切(段審査は落ちても返金無しなので)だと思うのだが、いかがなものだろうか。来年度に向けて、専門部としてきちんと考えていくべき課題である。で、練習試合。女子はOtさんの調子が戻ってきて団体としての流れができてきた。個々の課題は言ったとおりなので意識して稽古に取り組もう。男子はまとまり、闘志、といった点でまだまだ課題が多い。闘う気をもって試合をしているか?ということ。鍔競り合いから何もなしに下がったり、1本で体が止まってしまったり。今日は特にTk君がブレーキ。キャプテンはしっかりしてもらわんと困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.08

Tg君負ける。

今日も寒い。久しぶりにバンビでオムライスを食べてから部活に行った。Tk君が3日ぶりに復活したよかった。試合ではTg君がO君にいい小手を決めながら、面2本を取られて敗退した。面の前に触られた小手で「やられた!」と思ってしまい気持ちを立て直せなかったのが敗因。審判の旗が上がらなくても「負けたと思った時が負け」の見本。勝負は最後まであきらめてはいけない。その後、稽古では1本目にいい胴を決めて心が復活したTg君、稽古後にK先生に試合を挑み、1本目の惜しい胴を決めきれず、その後は先の打ちを出せずに相面で負けた。どちらも心の勝負での負け。まだまだ甘い。K先生は直前の稽古でテンションをかなり高いところまでもっていけたのが勝因。気を高める稽古のお手本。試合直前の稽古はこうでないといけない。さて明日、1級審査と練習試合。全員合格を目指そう。そういえば昨日51歳になったのだった。百歳まで生きるとして、後半の1歳。人生これからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.07

Tg兄ちゃん登場

今日も寒い。今出川を超えた辺りから完璧に雪景色になった。朝から雪合戦に興じる子供たちがたくさんいた。さすがに北国だ。稽古にTg君のお兄ちゃんがふらりと現れた。彼もかつて修学院で熱心に頑張っていた。風貌がTg君にそっくりだ。剣道はいい。相対して構えた時にビリビリと伝わってくるものがある。気のやり取りができて楽しかった。「2年ぶりです・・・」とさわやかに笑っていたが、感覚はすぐ戻ると思う。ぜひまた来てほしいと思った。あさっては岡崎中で1級審査と練習試合。ちょっと見学者がいたのが心配だが、明日きちっと仕上げよう。15日の姫路行きは午前6:20梅ノ木町出発。バス代3200円、朝食・昼食必要。けっこう強いチームが集まるのでいい経験ができると思う。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.06

授業開始

昔なら、3学期開始と言えばよかったのだが、ほんまややこしい。始業式でもないし・・・。さて授業再開。まあまあ元気に顔をそろえた。Tk君が昨日今日と体調不良で欠席してるのがちょっと心配。会議のため、それこそ1分ぐらいしか見られなかった。ちょうどOaさんがいい胴を打ったところだった。お雛さんのように座って見学のOrさん、なんとか早く復活してほしいものである。せっかく体が覚えかけたことが抜けていってしまう。今日また病院に行くらしいので、明日聞いてみようと思う。1級を受ける人は明日明後日で仕上げねばならないわけだが、なんといっても大事なのは気迫(声)、そして動いている相手の面をしっかりとらえること。それと正しく大きな切り返し。金土はそれをしっかり意識して取り組もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.05

部活再開

あっと言う間に正月は終わり、部活再開。欠席者は2人で思いのほか少なかった。が、出だしからあんまり声が出ていない。目覚め方が足らん。加古川で感じたことをもっと出そうとしなければ金がもったいないだけになる。大きく踏み込む練習をメニューに入れた。しっかり取り組めば効果があるはず。がんばろう。稽古2分7回。Tg君、面着けるのが遅い。キャプテン副キャプテンは常に1番に着けて当たり前だ。そういう意識を持つこと。Dさん、入らせすぎ。自分に有利な間合いをキープすること。Oaさん、相手の剣先に惑わされてはいけない。柔らかく中心キープ。明日から授業再開。宿題やテストの準備は大丈夫か?1月の主な予定。9日1級審査、練習試合。15日姫路錬成会。30日東龍杯剣道大会。交通費を出してくださるおうちの方に感謝してがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.04

そろそろ・・・

日常生活モードにシフトしないといけない。明日から部活開始、明後日から授業開始である。本音を言えばもう少し休みたいところだが。今日はホームシアターのいろんな機能を試しつつ年賀状を書いた。けっこういい音がする。特に、FM放送が妙に心地よい。夜、芸能人の剣道対決の番組があった。うーん原口がいいなあと思ったが、決勝戦は金田が勝った。勘は確かにいいがフォームが崩れすぎ。原口もあんなに慌てなくてもよいのに。チャンカワイと内藤の勝負は判定で内藤になったが、カワイだろうなと思った。ギャラの差かなあ。さて明日から部活、体のケアは大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.03

いい天気

目覚ましが鳴ったはずだが目が覚めたら昼だった。とてもよい天気で日差しが暖かい。心も温かくなる。昨日はTVが小さい小さいとみんな言うので、じゃあ音で勝負ってことでヤマハのホームシアターパッケージYHT-S350なるものを買ってきた。本当はエコポイントで買おうと思ってたのだが、3か月も待てないので。そうそう年賀状の返事も書かないと!頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初稽古&新年会

きのう1月2日は恒例の梁山泊初稽古&新年会。T隊長を中心に大掃除から始まって、両方あわせて20人ほどの参加でにぎやかに行なった。稽古は7段T先生から高校生まで12人で基本練習、地稽古を行ない、気持ちの良い汗をかいた。ちょっと運動不足になっていた四肢がストレッチされて実に気持ち良かった。T君の長女(2か月)もデビューして、稽古のさなかですやすや眠るという大物ぶりを発揮した。これからが楽しみだ。月末か来月にパパになるKw君も感慨深げに顔を覗き込んでいた。新年会はO君の超豪華寿司と刺身とKw君のとりみそ鍋を中心に至福の時を過ごした。ほんまにうまい。たぶん日本中でもかなり上位に位置するおいしい夜だと思う。今年は例年より人数は少なかったが、そのぶんいろんな話ができたなあと思う。これも月末にママになるYさんがきれいに後片付けをして帰ってくれた。その後Kw君と3時頃まで飲んで解散。いい1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。昨年お世話になり、またなんらかの御縁をいただいた全てのみなさまに感謝するとともに、本年も変わらぬ御つき合い御指導の程よろしく御願い奉ります。特に竹刀を通してさまざまなことを教えてくださった老若男女問わぬたくさんのみなさん、本当にありがとうございました。今年こそ六段合格を目指して頑張ります。まずは年頭の御挨拶。ということで、2011年が始まった。昨日とは打って変わっていい天気である。芭蕉の「行きかふ年もまた旅人なり」をふと思い出す。これは3年で暗唱の予定。0時過ぎて藤森神社に初詣し、家に戻って年賀状を書き出したが力尽きて寝てしまった。朝からどっと年賀状が来て、まことに申し訳なく思いながらせっせと書いているところである。8月末、夏休みの宿題に追われる気分だ。そういえば大学の卒論もテーマ決めるのに1年を費やし、5年かけて卒業したのだった。でも5年目に取った国語の単位が今の仕事を可能にしたわけで、「人間万事塞翁が馬」とはまさにこのこと。転んでもただでは起きないしぶとさが大事だと思う。さて今年も部活は「正面突破」をモットーに、自分自身の剣道は「交剣知愛」をモットーに、「打って反省打たれて感謝」を忘れずに頑張っていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »