« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.30

春季大会・個人戦

朝からいい天気で、ちょっとGWらしくなってきた。今日は個人戦、アップは正面でやっていたし、開始式も中央あたりに並べていた。出だしとしてはよい。午前中フリー。男子はS君1回戦で敗れたが、Tk君O君が3回戦に進出した。そしてTg君は1戦1戦を大事に戦ってベスト8に進出した。最後は攻められて浮かされてしまった。そこが課題。女子は2人とも1回戦敗退。Dさんは初太刀を狙われ、Oaさんは1本取った2本目の初太刀を合わされた。やっぱり冷静に相手を観察することが大事だ。その、心の余裕、強気の我慢が必要だ。午後、1、2年の部、OrさんOg君が1回戦敗退、OtさんOkさんが2回戦進出、Tm君3回戦進出、そしてWさんは踏ん張ってベスト8に進出した。みんな後もうちょいだ。それぞれ直すべき課題が見えてきたと思うので、夏までしっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春季大会・団体戦

久々にいい天気になった。いよいよ団体戦、男女とも欠席なし。この当たり前のことがこれまでなかなかできなかった。男女ともベストで戦えるということがうれしい。で、開会式。「はて?」と見回すと一番端っこに並んでいる。そんなこっちゃあだめだ。結局雰囲気に負けているということ。勝負はそこから始まっているのだ。男子は1回戦大枝と対戦、それぞれ今の力を出し切ることはできたが、結果は1(2)-4(8)の負け。大将戦でTg君が完勝したのはよかったが、夏までの課題はたくさんある。強い選手は面がいいと改めて思った。思い切った面を打とう。女子シードで2回戦、洛南との対戦はいきなりの先鋒2本負けで始まりどうなることかと思ったが、3年生がきちんと勝って勝利。3回戦は最大の山場、音羽と対戦した。先鋒が今度は落ち着いて引き分けの後、次鋒、中堅が2本勝ちして流れを引き寄せ、副将がしっかり声出して頑張って1本負けで勝利を決めた。大将も落ち着いて引き分け、勝利。準決勝の藤森戦はさすがに手ごわく、0(1)-3(6)で敗退した。3位。久々の入賞である。しかし女子が勝てたのは男子がしっかり頑張ったおかげ、保護者の方が稽古をサポートしてくださったおかげである。感謝して次の目標に向かって頑張ろう。さて明日は個人戦、ひとつひとつの試合を丁寧に粘り強く勝っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.28

前日

今日も一時雨が降った。いよいよ前日となった。けっこうピリピリと伝わるものがあった。試合は今日もリーグ戦。3年女子はここでの苦労が絶対に本番で生きるはずだ。頑張ろう。稽古は3年生が積極的に来た。この掛かる気持ちが大事なのだ。1年生もよく声が出るようになってきた。明日は団体戦、総力を挙げて戦おう。頑張れば、結果は後からついてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.27

電気ブラン

今日は春体激励会。剣道部はTk君とDさんが決意を発表したのだが・・・もうちょっと覇気がないといかんなあと思った。稽古は今日も基本は少なめで、試合と稽古に時間をかけた。試合はTm君がよく頑張っていた。稽古はTg君Tk君Oaさんに1本を許してしまったが、なかでもOaさんのは100点だった。森見登美彦の小説によく出てくる幻の酒『電気ブラン』を手に入れた。「偽」じゃないけど。味は・・・微妙だが確かにピリピリと痺れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.26

手応え

後半の始まる時間になって、体育館では1年生がにょろにょろー・・・と掃除をしている。整列してのんびり待ってる2、3年生。1年生は急ぐわけでもなくにょろにょろー・・・まあ、伝統は受け継がれる。今年も人材豊富な予感・・・。「キャプテンしっかり指示をしろ!」「はい!」いつも返事はよいのだが。ま、よい。竹刀を持った瞬間モードが変わればよいのだ。前半をささっと終わって試合。Tg君がちょっと面の入り口にさしかかったかなと思う。稽古もおもしろくなってきた。手応え少しありだ。O君Tk君は何度も取り消した。フットワークが悪い。全身使って突き抜ける剣道をしよう。『龍は眠る』(宮部みゆき)を読んだ。超能力少年の出てくる推理小説。ここ2冊ほどずっしり重いのを読んでいたので、快適に軽くて楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.25

毎日複雑なお天気で・・・

いつも今ぐらいの時期はけっこう天気が安定してるんじゃないかと思うのだが、ここんとこ毎日忙しい天気である。そして寒くなったり暑くなったり大変だ。今日の前半の稽古でまず、勝負ができてないというところがいかんなと思った。取りに行く気がなければやるだけ無駄だ。試合でも1試合目のO君vsTk君は全然だめだ。正面突破の剣道をせんといかん。その気がないとだめだ。昨日のN選手の試合はまさにそれであった。忘れていたものを思い出させてくれた。DさんとTk君に1本ずついいのがあった。Otさん、試合ではそこそこいい打ちが出るのだが、基本ではニョロニョロした打ちが多い。キレがない。あかん。「稽古は試合のように」やらないと上達は遅い。さて春体まであと3日、しっかり自分を高めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.24

若いって素晴らしい!

曇りのち雷雨のち晴れ。なんとも忙しい天気だが、雨に洗われた新緑の美しいこと!木々の喜びの声が聞こえるようだった。てか、聞こえた。それぞれの木が空に向かって笑顔で「ぱあっ!」って言っているのが確かに聞こえた。今日は午前中の稽古、背中で2、3年生を見ながら1年生に木刀で構え、面打ちをやった。まあすぐにできるはずはないので、少しずつ自分のものにしていってほしいと思う。試合、Okさんいいところで打つのだが、スイッチ入るのが遅い。「始め」で始めるんじゃなく、十分になったところで「始め」がかかる感じにしよう。O君、今日は攻め込んだところからスムーズに打ちが出た。それが大事。稽古ではDさんがやるごとによくなる。ちゃんと勉強しているなあと思った。Tg君、最後の小手面よい。ちょっと驚いた。Tk君の面がいい。S君3回来た。その取り組み姿勢がよい。さて午後、中体連チームで京都市民総体に参加した。画像はこちら。いろいろ知った顔があって楽しかった。3人の団体戦の大将。日新電機Aと対戦して0(0)-3(6)で完敗したのだが、相手大将は太秦中出身のN君、大学出て社会人デビュー。いやあいい若者になった。スピードも間合いも全然違ってどうしようもなかった。ここは届かないはずってとこの面を2本取られた。若いって素晴らしいなと思った。が、もう少しなんとかできたんじゃないかと思う。次はもっと試合になるように頑張ろう。プロ野球ならこんなタイミングで引退を考えるのだろうが、ますます生涯現役を決意した。後ろは向かない。前進あるのみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.23

雨降り

雨が降り続けて寒い。よく降るなあと思う。まあ木々の成長のためには必要なんだろう。中腹に新緑を抱いた北大路の突き当りの山が夕刻モノトーンに雲がかかって水墨画のように美しい。さすがに山紫水明の地である。さて今日の稽古、1年生は全員元気に出席。2、3年で体調不良がちらほら。なかなか団体練習ができないというのも困ったものだ。試合で決めきれない打ちが数本、もったいない。普段の稽古の借金がこういうところで出る。切り返しから全身で決めることを体に覚えさせないとだめだ。女子は声が小さい。Dさんの声をまねよう。声が似てくると技術も近づく。そういうものだ。頑張ろう。そうそう、Tk君のタイミングが相変わらずなかなかおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.22

スーちゃん!

いやショックだ。中高のほとんどをカバーして大学入学の4月に解散したからなあ・・・キャンディーズ。3人の中でスーちゃんが一番好きだったし。「普通の女の子に戻りたい!」も後楽園の「私たちは幸せでした!」もリアルに耳に残っている。後楽園には行けなかったけど3枚組LPはほぼ新品で今もある。本当は1回オークションに出したけど売れなかったのだ。今となっては売れなくてよかったと思う。ま、それは置いといて。Tu君のギプスが外れて、でもまだ装具が着いていて「えー連休明けまで無理しないようにと言われたので、春は出ないことにします」と。いやいや6週間もすればどんな骨でもくっつくし、と思うのだけどいかがなものか。オーダーと抽選会の結果を発表した。さあどこまでの試合ができるか、楽しみだ。夜の稽古、どうしたわけか超ちぐはぐ、しかも右手打ち。あかんあかんあかん。全然いけてないい。体重97.85kg。今回は3ケタか、と思ってたので意外だったが、うれしい誤算ってやつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.21

華美とは?

今日はオフ。で、昨日の通達の話。今年度から日本中体連は面乳皮の色を黒または紺に規定し、近畿中体連はそれを受けて公式戦の面乳皮は紺または黒の無地とするよう指導することにするというもの。そして試合中に発見した場合は替えさせるのだそうだ。理由は華美であるとの理由らしい。が、華美とはいったいなんなのか、が問題だ。もっと言えば、なぜ華美であってはいけないのか、だ。そもそも戦いは武士の命を懸けた晴れ舞台なのであって、鎧兜は華美を極めた。竹刀を刀のようにとか言うならば、防具は鎧兜のように扱うべきであって、華美であってもなんの問題もない。大切なのは色や模様の有無ではなくてセンスだと思う。例えば上下紺で凛とした中に面乳皮にワンポイント赤が使われていてもそれはむしろ清々しいと思う。また、小桜、蜻蛉といった模様は古来武具に使用された残し伝えるべき文化である。それを取り入れて「らしさ」を演出することは果たして「華美」として排除されねばならないことなのか。本当に排除すべきは「華美」ではなく「不細工」である。例えば書初めのように大きな袴の名前、同じくお経か履歴書のような自己紹介、明らかに合わない黄色や水色の面紐、サイのように跳ね上がった面垂れ、袴の上に装着した腰サポーター、面乳皮に四文字熟語の刺繍、そういうものをルールじゃなくてセンスとして「不細工」と感じるように指導者が導くことが大切なのではないかと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.20

抽選会

1年生入部2日目、用があって2人欠席したが、あとは元気にTu隊長とともに活動したようだった。夕方抽選会、相手が決まった。いい相手だ。俄然むらむらと闘志が湧いてきた。しっかりがんばろうと思う。全国中体連の通達で納得のいかない部分もあるが、それはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.19

1年生入部

待望の1年生入部の日。うちの学校はミーティングに行かないと誰が来るかわからないシステムになってるので、さてどうだろう?と心配しながら教室へ行くと、なんだかたくさんいる。男子5人女子7人、うち経験者1人。おお、いいじゃないか、と思った。運動能力は高いにこしたことはないが、それよりも休まないこと。努力は絶対に裏切らない。頑張ってほしい。さて先輩たち、いい先輩になってほしい。いい先輩とは何か、それは「この先輩の言うことだから間違いない」と思ってもらえる先輩。そう思ってもらえるためにはいつでも一生懸命稽古に取り組んでいることが大切。1年生の目は鋭い。行動がともなわなければ言葉は力を持たない。3年生は国語で勉強したとおり。1年生に目標とされるような先輩になろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.18

ランク別リーグ戦

珍しく午後から雨になった。これで完璧に桜は終わりだなあと思った。さて、今日はランク別リーグ戦をやった。実力が伯仲しているだけになかなか緊張感のある試合が続いた。さてその中で、Tg君は試合が3回連続することになった。たぶんそれがわかってなかったのもあって、1試合目はとてもよかったのに、2試合目3試合目とガクンと失速し、動きのコントロールを失ってしまった。結果3引き分け。スタミナのなさがもろに出た形となった。これでは悔いが残る。長い試合、連続する試合はいくらでもあるのだからスタミナを強化するトレーニングをしなくてはいけない。彼に限らず、今の自分に必要なトレーニングを自分に課すこと、そういう見えない努力が必要なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.17

W君登場

今日は滋賀に引っ越したW君が稽古に来た。こうやって来てくれるのはうれしいものだ。T先生の稽古は厳しいと思うが、きっと正しく強い剣道が身につくと思うので、歯を食いしばって頑張ってほしい。で、今日の稽古。はあはあいう1本を打とうってことで始めた。それができた人は絶対に力がつく。試合は男子vs女子の団体戦。先鋒戦はOaさんがW君に勝って「おっ!」と思ったが、さすがに後半は男子が勝った。その後I君が来たので上級者リーグ戦をやった。エントリーはI君O君Tg君DさんOaさん。なかなか見ごたえがあっておもしろかった。後半の稽古ではDさんの稽古がずいぶん変わったと思った。なかなか動じない。よい。次回はさらにモードを上げて対戦しようと思う。午後、8君が門周りの植木をリニューアルしに来てくれた。とてもいい感じになった。そう、彼は知る人ぞ知るカリスマ植木職人なのだ。剣道のセンスもすばらしい。彼に御用があればぜひ御連絡いただきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.16

葉桜

日本には桜に関する言葉がたくさんある。それほどに桜を愛でてきた民族なんだろうなと思う。今日はまるで夏の夕立前を思わせるような曇天に、そろそろ葉桜と変わりつつある風情、そして風に吹き上げられて舞う花びらがまことに美しかった。そこで一句、「曇天に桜ほの白し疏水べり」お粗末。稽古はまあまあ声も出て、しかし細かに見ると修正しなければならない箇所はたくさんある。試合は個人のリーグ戦の後決勝トーナメント。勝ち上がったのはTg君Tk君O君My君、それぞれだいぶ力を付けてきた。決勝はO君vsTg君となり、Tg君が面で勝った。O君はいいところで当てているのだが、決めが足らん。ずっと言ってるとおり。Tg君は面で勝負できているのはよいが後半下がり過ぎ。辛抱して前に出れば、もっと堂々とした剣道になる。後半の稽古ではTk君が掴みどころのない打ちをどんどん出してくるのがおもしろかった。Tg君の剣道を火に例えるなら、Tk君のは水の剣。すう、すう、と浸み込んでくる。おもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.15

体験入部

今日は楽しみにしていた体験入部の日。16人が参加した。Tu君の指導で足捌き、構え、面打ちなどをやらせた。ほう、軒並み面を打つ音がよい。これは入ってくれるとよくなるんじゃないかなあと思った。で、そっちはほうっておいて稽古。15分ぐらいだが、集中してやった。S君の最後の1本はなかなか気合が入っていた。よろしい。さて夜の稽古、5人で1周した。決定打は食わなかったものの、いいとこの1本もなかった。要するに勝負できてないってことだ。いかんいかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.14

ひさびさに「夢T」登場

今日明日と体験入部。今日は体育館が使えないので本来ならオフなのだけど、デモンストレーションのためなんちゃって外練をした。本日の体験希望ゼロ。そりゃあそうだ。剣道部の外練習を体験してもあんまり意味ないし。明日は予定ではけっこう来てくれるはず。まあ、楽しみにしておこう。それにしても、3年生、夢Tを恥ずかしがる人多数。売れるデザインだと思うのだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.13

授業開始

ほぼ1ヵ月ぶりの授業。けっこう緊張するものである。午後は内科検診が長引いてぐったり疲れた。いろいろあって体育館に行けたのは5時を回っていた。試合をしばらく見ていたが、まだ工夫が足らんなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.12

花吹雪

陽光を浴びて舞い散る桜は美しい。風が吹くともっと美しい。地面はあたかも雪が積もったかのようだ。今日も声がよく出ていた。1本勝負、Tg君が一瞬の先を取ったいい面を打った。Tm君にも出ようとしたところの小手を打たれた。この2本は今日のヒット。それぞれ、個々のレベルに応じた課題があるが、3年生は中心の取り方、特に相手はそれているが自分は取っているというポジショニングを工夫しよう。『三たびの海峡』(帚木蓬生)を読んだ。朝鮮人の主人公の戦争中の強制連行と今を、骨太にしっかりと描いた作品。その中でタイトルに込められた深い意味がわかってくる。「読んだなあ・・・」というズシンとした読後感をもらった。そして、何か行動しなければならないような、そんな気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.11

散りそめ

桜満開と思いきや、ちらちらと散り始めた。この風情!今日の稽古はよく声が出ていた。それも剣道らしい声が出ていた。これが毎日になれば勝てる。がんばろう。稽古の後、明日の部活紹介の練習をしていたが・・・こっちはやばい。ちゃんとできるだろうか。まあ楽しみにしておこう。夜、杖道の2回目。基本を10本まで教わったが、ますます混乱してきた。忘れないうちにやらないと、と思う。W君から手紙が来た。T先生のもとで稽古をスタートできたとのことで、みんなにくれぐれもよろしくとのことだった。夏休みには稽古に来るとのことなので、それを楽しみにそれぞれがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.10

春爛漫

街中に桜があふれ、まさに春爛漫、かなりテンション上がる。が、今日は世のセンセイたちにとってはサクラサクかサクラチルかの決戦の日、ゆっくり花見気分ではないだろうなとか思った。午前中の稽古、今日はOr父さんと高校生2年のOB達(Y君H君A君SさんOさん)が来てくれたので、ずいぶん張りのある試合と稽古ができた。こうして保護者の方やOBに来てもらえるというのはまことにありがたいことだ。感謝してがんばろう。帰りに銀閣寺道で桜を見ていたら、10年以上ぶりにYyさんに会った。親子3人ですっかりいいお母さんぶりだったが、彼女は中学で剣道を始め、京都で行われた全国大会では次鋒で出場し、全国3位に貢献した。明るい負けん気の強い少女だった。いやあ懐かしい。会えてよかった。夕方、選挙に行って疏水べりをぶらぶら歩いて帰った。このあたり、実は桜がとてもきれいなのだ。で、猫がたくさんいる。別に逃げるでもなく、普通にいる。カラスもいる。平気でいる。コウモリも飛んでる。ときどき大きな鷺が置物みたいにいる。ある意味ワンダーランドかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.09

高野中と稽古。

今日は高野中とO先生が来られた。いろいろ刺激を受けたんじゃないかなあと思う。12日が春季大会のエントリー締切らしい。あっという間だ。しっかり頑張ろう。Tg君、Tk君との稽古がずいぶんおもしろくなってきた。Si君は相面のタイミングがよくなった。まっすぐを意識したら、決まるようになる。全般にフットワークがまだまだだ。意識してやろう。ダッシュ&あひるでOrさんが苦戦している。まあそのうちできるようになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨降り

久々の雨。なぜすでに朝なのかは置いておいて、昨日の稽古は珍しく全員そろった。そこそこ取る気も見えてたんじゃないかなと思った。後は会議で見られなかったけれど。6日にO君から預かったノートの記憶がまったくなくて、たどってたどって、もしかしたらと調理室に行ったらあった。よかった。でも記憶があやふやなのが具合悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.07

入学式

桜満開、いい天気の入学式になった。初々しい笑顔があふれた。数十年前のその日、校章のデザインの素にもなった八重桜咲く校庭の風景とちょっとほこりっぽい校舎のにおい、なんとも言えない晴れがましさは今も忘れられるもんじゃない。いい3年間のスタートになってくれたらよいなあと思う。そして、1人でも多く剣道部に入ってほしいものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.06

桜咲く。

桜がきれいに咲いた。なぜこんなにきれいなんだろうと思う。新年度開始。クラス発表で沸き起こる喚声、悲喜こもごも。懐かしいなあ、こんな頃、と思う。まあうちの中学校は3年間クラス替えなかったんだけど。今日明日は部活なし。ゆっくり休養して明後日から頑張ろう。Dさんは明日プラカードを持って新入生を先導する。頑張っていただきたい。本日の体重97.65kg。いい感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.05

いよいよ始まる。

いい天気だ。いよいよ明日から始まるなあ・・・と思う。いい年にしたいものだ。今日も会議やらなんやらで、少ししか見られなかった。午後もずっと明日からの準備。膝がかなりやばいので、水を抜いてヒアルロン酸を注入した。いつもにも増して痛かった。深々と垂直に刺した針先で水脈を探りながら左手で関節をなぞって水を導きつつ吸い取ること2本分、といえばちょっとはその痛みを想像してもらえるだろうか。声出そうだった。そうそう1年ぶりに「ぞうきん」を更新した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.04

杖道入門

今日は午後の稽古だったが、新学期準備のため、ほとんど見られなかった。Si君が未だ音信不通。もう学校始まるのに・・・と心配である。今後の予定を掲載。4/29春季大会(大宅)、4/30同(深草)、その前に17日の稽古、午後から午前に変更、5/3~5比婆(広島)錬成会。詳細はプリントにて連絡の予定。ふと衝動的に杖道を始めようと思いつき、隻杖会というところに入門した。京都ではここだけだそうだ。4尺2寸の杖と木刀の形稽古をするのだが、剣道の形より複雑でかなり深そうだ。今日は杖の基本操作法を5つ教わったが、4つ目からはすでにあやしい。ま、なんらか剣道に役立たないかなというのがその動機。毎週月曜の夜の稽古、なんとか続けたいものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

Sさんからみなさんに。

夜に京都梁山泊のSさん(中学校教員・岩手出身)がE君とともにやってきた。震災に際して彼女の周囲でもいろいろな被害があり、京都梁山泊としてもなんとか力になりたいとメールで呼び掛けたところ、瞬時に多くの寄付の申し出があり、取りまとめて彼女に渡すことができたことは既報のとおり。月末彼女自身寄付金で買った多くの物資を持って岩手に入り自転車で走り回ったそうだ。そして相談の上、寄付金のうち15万円は岩手日報社を通じて義援金とさせてもらったとのことで、その載った新聞を持って報告とお礼にとわざわざ来てくれたのだった。いたって強く明るいSさんで、笑顔は見えたがまだまだ辛そうだった。聞く話は想像を遥かに超えることばかり。ま、でも、彼女を通してみんなの思いが少し被災地の役に立ってうれしかった。さて稽古、今日も欠席が多かった。入学予定のOg君が稽古に来た。素直ないい剣道をするなあと思った。Tm君は1-2で負けてショックだったようだが、ぜひ競い合って互いに強くなってほしいと思う。後半の稽古はTg君とじっくりやった。中心を取って攻められるプレッシャーとどう戦うか、頑張り所だ。Otさんとも打たせない稽古をした。それでも最後のほうにはなんとかしようとする打ちが見られた。よろしい。全般に引き技が課題だなあと思った。工夫して自分のものにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.02

春だ。

桜が咲き始めた。1時間や2時間で、ぱっと変わる。すごいなあと思う。桜はその色を出すために、開花直前木全体がピンクに染まるらしい。これまたすごいなあと思う。さて稽古、会議が続いてたので、ゆっくり見るのは久しぶりだ。今日も欠席が多い。より実践を意識してやろうと言って始めた。ちょっとよくなったかな。大事なのは元立ち。元立ち次第で空気が変わる。OBのI君N君がやってきた。上段に変わったN君、形はけっこう様になっている。遠慮なく突かせてもらった。突きを跳ね返す気持ちができないと上段はだめ。次回、たくさん勲章を付けてきてほしいなと思う。Oaさん、真剣勝負の稽古ができるようになってきた。面白い。途中から来たTu君の左手にはがっちりとギプスが。困った。最後のトレーニング、あひるを取り入れた。悪戦苦闘しているなかで、O君なぜか出血。なぞだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.01

4月になった。

4月になった。春っぽい。朝固かった桜の蕾が昼には膨らんで、ぎりぎり踏みとどまっている風情が楽しい。今日も会議と座席移動。OBのN君とOnさんが来て稽古をつけてくれた。「どうやった?」と聞くと、「Onさん強かったです」とか、それぞれに感想を興奮交じりに答えた。ありがたいことだ。またどんどん来てほしい。入ってきたニュースによると、Tu君が左手にギプスをしているとか。詳細を確かめないといけない。Si君がここ数日音信不通だ。いったいどうしたのだろうか。心配は尽きない。夜の稽古は辛抱と1本で終わらないことを意識してやった。けっこうおもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »