« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.31

だめだめだった頃・その2

大晦日である。昔ほどのわくわく感はないが、まあ1つの区切りだなという思いはある。門松など飾って、あとはひたすら年賀状を書いていた。夜中の番組に工夫がなくなったなあと、ちょっと残念だ。さて、だめだめだった頃の2回目は大学時代。入学式でたまたま中学時代の友人に再会したこともあって、楽しい日々が始まったのだけど、なんだかの会話の中で、「そんなんゆーてもお前、大学の剣道部にはよー入らんやろ?」「そんなゆーんやったら入ったるわ!」という実にいい加減な理由で入部したのだった。しかしまあすぐに後悔した。空気が違う。中高6年間体育系の部活の経験がなかったので、まったくそれが読めない。「えらいところに来た」と思った。しんどくて憂鬱な日々が始まった。でもそこで敬語も覚えたし、今もお世話になっている先輩との出会いもあったのだけど。嫌だ嫌だと思っていると体がそれを察してくれるもので、腰が痛くなってきた。「これを逃してはならない!」とだめだめな大学1回生は思った。そしてだんだん腰痛はひどくなり、ついに「椎間板ヘルニア」の診断が下りた。やむなく(そうやむなくなのだ。ドクターストップなのだという建前)1年間で退部。決して仮病ではない。しかし、体は心の支配下にあり、時として気を利かせていろんな症状を出現させるものなのだと思う。そんな2度のだめだめ経験で、中学生のだめだめサインというのはけっこうわかる。だってそれは過去の自分だから。その後、幕末ものの小説にはまり、ある時期木刀でなんでも切れるという不思議な経験もしたが、再び部に戻ることはなかった。それがいつ何がきっかけで剣道にはまるようになったのか、それはまた来年。それではみなさま、どうぞよいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.30

だめだめだった頃・その1

一夜明けて、年末ですっかり人の少なくなった街に出かけ、ロフトでカレンダーと手帳と年賀状用のシールを買った。いつからなのか知らないけれど、河原町三条以北のアーケードが無くなってすっきり明るくなったなと思った。さてだめだめだったというのは、自分の剣道との関わりに関してなのだがその1回目。剣道を始めたのは小学2年の頃らしい。霊感の極めて強かった祖父が「この子には武道をやらせるとよい」と言ったかららしいが、気がつけば日曜日の午前中に警察学校に行くようになっていた。とは言っても今の道場のように試合がたくさんあるわけじゃなく、初めの2年間は防具も稽古着袴も着けることはなく、私服で先生に打ち込みをするだけだった。しかも20人ほどが1人の先生に掛かるのだから、せいぜい5回ぐらいで終わり。楽勝だった。が、4年になって防具を着けるようになって世界が変わった。当然先生にも仲間にも「打たれる」ようになるわけで、「なんだこの苦しさは!痛さは!暑さは!」とカルチャーショックを受けた。嫌だったが父が自転車で送ってくれるので行かないわけにいかなかった。「やめたい」とも言えない性格で、風邪をひくと休めるのでうれしかった。5年になって模擬テストに行くと言うと休めることを発見した。自分でいうのもおかしいが勉強はけっこうできたので、テストは全く苦にならず、探して受けに行くようになった。6年になると、今もあるS学園の日曜進学教室というのに行くようになった。これにて剣道は行けなく(そう、行きたくないんじゃなく行けないんだよという建前)なった。本音はしめしめであった。勉強をすると言えば親が喜ぶことがわかっていたから。昔の合戦や鎧や刀、時代劇は大好きだったが、しんどいこと、痛いこと、闘うことが苦手な、しかも頭はちょっと回る、たぶんだめだめな少年だったのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.29

加古川錬成会・3日目

いよいよ最終日になった。昨日は何度か大会本部からの注意もあって、旗による場所取りもなく、キビキビすがすがしい申し合わせができた。注意や指導によって全体の意識が高まるのはいいことだと思う。やはり加古川はいいなと思った。さて朝稽古、兵庫のA先生に御願いした。よけない崩れないを意識したが、なかなかに難しい。手元がちょっと上がるところを見つけたので、その瞬間の小手を狙った。1度だけヒットした。面はなかなか難しかった。最後は小手を抜かれて面を打たれた。完璧に打たされてるなあと思った。さて試合、男子は0勝8敗。相手もよかったが2年生が試合にならなくなってきた。昨日いいところまでいっていただけに残念。チームとして3日というスケールに耐える力がまだないということだ。若鷲旗・加古川と平気で6日ツアーする学校はざらにある。そういうチームと対戦して、精神力で勝てるわけがない。日数行けばよいというものではないが、それに代わる何かをしなければ勝てない。心を鍛えなければいけない。女子、3勝5敗。内容も今日がいちばんよかった。ということは、まずスケールには勝っているということ。そしてそれぞれに見つかった課題を克服するために何をするのか、それが大事。自分たちの目標達成のためにしっかりがんばろう。さてこの3日間で最も成長した人と言えば男子はNt君、女子はKyさんかなと思う。理由はミーティングで言ったとおり。ますますがんばっていただきたい。明日から休みに入るわけだが、気を緩めて熱出したりしないこと。明日は元気に家の手伝いに励むこと。それが遠征に行かせてもらったことへの感謝の表し方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.28

加古川錬成会・2日目

2日目、朝、加古川市内の部員たちが総出で床の点検を行っていた。実は台風で傷みが出たそうで、丁寧な補修がされているのだがその上で更に毎朝点検をされているとのことで、その心配りに頭が下がった。さて朝稽古、加古川のM先生に初めて御願いした。横に打っている、打たれんとこうとしてる、打った後崩れている等アドバイスをいただいた。なるほどそうだと思った。大阪のK先生、オーラが凄く、心に届く打ちはできなかった。参った。勉強になった。で試合、男子は初めの試合から昨日の数倍集中力が高く、思いきった打ちができるようになった。6勝5敗。ようやくみんなで勝つということのおもしろさがわかってきたんじゃないかと思う。Tm君の発熱リタイアも通院の結果たいしたことないようなので、明日はさらにチームとして頑張ってほしい。女子も出だし好調で2勝したが、その後勝てず2勝7敗1分。見てると同じパターンにはまってる人が多い。自分の試合を振り返って具体的な確認と修正ができているのか?ということだ。確認なき前進は暴走だ。あとは得意パターンにはめること。明日最終日、しっかりがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.27

加古川錬成会・1日目

今年も加古川に来ることができた。毎年のことながら、今年も終わりだなあと思う。男子3勝9敗1分、女子4勝10敗。男子は相手の勢いに負けて下がっては打たれる、待っては打たれるという展開が続いた。つくづく普段から闘う気持ちをもって取り組んでいるのか?ということを感じた。そんななかでNt君の試合はよかった。工夫がある。闘っている。これは強くなるという予感がした。12試合目のYs君Si君の試合もよかった。やればできるのだから、やらないといけない。女子は攻めきれずに届かない打ちを出す、相手の前で止まる、まだ打てるのに終わってしまうということが多かった。誘えてるのか誘われてるのかわからないのでは困る。いい選手のいい打ちを真似よう。特に最後の東陽の面は素晴らしかった。また、男女とも申し合わせでなかなか相手とコートが探せなかった。課題である。隙を見つけてざっと攻められないのと同じ原因だ。明日どのぐらい変わるか、だ。さて今回の加古川で残念なことが1つ。それは申し合わせでコートに審判旗を置いて占有してるチームが幾つかあったこと。しかもお手本になるべき強いチームがやるから具合が悪い。去年まではなかったのに。何様?と思う。この伝統ある錬成会でそんなことがあるのは残念だ。さてさて1年女子は相変わらずトンチンカンな発言を連発しているが、今日の1言はなんといっても朝のUさん、会場いっぱいで稽古をしている先生と選手達を見て真顔で「先生、あの人達は何をしたはるんですか?」やっぱりこれがチャンピオン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.26

ぐっと冷え込んで伏見でも朝から雪がちらついた。初雪、ということになるのかな。修学院あたりはとんでもない降りであったそうな。北と南ではずいぶん違うものだ。加古川前日ではあるが、体調完全な人が少なく、けっこう心配なスタートになる。ま、毎年お世話になっている場所なので大丈夫だと思う。何より選手ひとりひとりの緊張感が大事。浮かれた旅行気分は厳禁。修行に行くのだということをきちんと認識して参加してもらいたい。稽古は今日も面からの展開をやったが、ちょっと動きがよくなってきたかなと思う。ここが大切。忘れないうちに体に覚えさせること。繰り返し繰り返しやろう。このパターンを覚えれば勝てる。絶対に勝てる。頑張ろう。Orさん両足シンスプリント。困った。踵上げのトレーニングが効果的であるとのこと。毎日やろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.25

ここは…何?

午後の稽古。管理室に座ってしばらくすると1人ずつ順番に入ってくる部員たち。「あの、○○で見学をします…」「じゃあ、これこれしなさい。はい、次」「あの…」といった具合。ここは何?まるで小児科の診察室だ。加古川目前にして大丈夫なんだろうか。稽古終了の時点で15人中5人見学。冬は確かに健康管理の難しい季節だが、それだけに冬を征するものは春夏を征するとも言える。もっと自分の状態、そして早い復帰のためにどうすればよいのかということに気をつけないとだめだ。何もせずに治るのを待っていては時間が足りない。中でも重症がOkさん、次々といろんな痛みに襲われている。思うにこれは痛み神に憑りつかれている。昨年は熱神に憑りつかれていた。うーん、そういう神にとって居心地いいのかなあ、おおらかだし。痛み神を跳ね返す強い心、隙のない体を作らないといけないなあ。さて稽古は今日も面からの展開をメインにやった。「あ、これ使える!」と思った瞬間があったかどうか、だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.24

イブ

世間はクリスマス・イブである。といって特になにもない。高野中と合同稽古。Knさんが左足甲に痛み。最悪の場合疲労骨折の可能性があるのでやまぎわさんに搬送した。Oaさんが来たので勝ち抜きをした。全員抜くかと思ったがOkさんがいい小手を決めた。よろしい。Otさん、相手に応じて攻め方を考えないといけない。集中・観察・予測・組立・攻撃を瞬時にやる。書くと大変に見えるが、実はみんなしてること。より観察の度合いを高めることだ。見学3人組に「汗出るようなトレーニングやれ」と言うとUさん「あたし、いつも剣道しても汗出ないんですぅ」と言うので「じゃあ、ハアハア言うようなことやれ」と言うと突然Orさんが「ハア!ハア!」と天井を見て叫ぶ。すかさず無言でバシ!「ひぃー、ジョウダンですぅ~」どうにかならないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.23

冬休み、台風一過

昨日は大変だった。以前から決まっていた目の検診で病院に行くことになっていたのだが、朝から右足首に痛みが発生し、「これは来たか」と思ってる間に午後になってここしばらくないほどの大爆発となった。どうしていても痛い。脈打つように痛い。歩のは骨折しているのにギプスをしてないような激痛、しかも1歩ごとに関節の中でグチャ、グチャ、と何かがつぶれるような感覚がある。そして寒気。なんとか帰ってタクシーで病院に行き目の検診、目薬の作用で瞳孔開きっぱなしで何もかも朧なまま、それこそ歯を食いしばってタクシーで行きつけの病院に行って時間外で診てもらって強い鎮痛剤を打ち(座薬)、薬をもらって飲んで家で気を失ったように寝ていた。さすがにダメージ大きく何もできなかった。で、朝。痛みはほぼ去った。まるで台風のように。目薬の効果も切れて普通に見えるようになった。いい天気なのがうれしく感じられる余裕が戻った。そういえば今日から冬休みだ。稽古は見学者多数。健康管理、それと痛みに強くならないと格闘技はできない。面を中心にそこからの展開を練習した。まだまだ気の作り方、決めが甘い。試合ではMy君の面がよくなった。Km君が久しぶりに復帰、元気なところを見せた。負けたがKnさんもだいぶ機会が見えてきた。打たれて打たれてわかってくる。よろしい。Ys君も機会がよい。しっかり踏み込んで1本になるようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.21

ばたばた。

今日は年内最後の朝練習。まあいつもの感じ。Tm君のペースがずいぶん上がってきた。午後は進路関係の出張があって稽古は1分も見られなかった。返事の声はいつもより出てるかなと思った。1本1本をしっかりと、相手の心に響く打ちをしっかり練習しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.20

男、しっかりしろ!

今日は後半、久しぶりに回数を決めて稽古をした。2分7回。3年生2人を引いた5回、来たのはすべて女子。この辺じゃないか?と思うのだ。男子しっかりしろ。面を着けるのが遅いのか、気がないのか、遅いのであれば速く着けられるように練習しないといけない。チャンスは平等。つかむ努力をしない人は永遠につかめない。Km君たち見学組が掃除をしてくれていたが、何時に始めたのかと聞くと練習の開始時間だと言う。「それまでの2時間何してたの?」と聞くと答えられない。本当に強くなりたいと思うのであれば開始時間までの2時間に掃除をしてしまい、練習の時間はできるトレーニングをしていないといけない。そういう発想がないと強くはならない。加古川の要項を配った。なぞの質問続出。少々びっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.19

1or7?

今日は足の故障など数名見学者がいたので、男子の更衣場所を徹底的に掃除してもらった。ほとんどネズミの巣状態。もうやばい。Km君いわく「まだ半分ぐらいです」とのこと。大変だ。さて稽古、今日は最後に勝ち上がりの1本勝負をしたが、2年生なかなか上がれない。まあ審判もあるが、取れる機会に確実に取らないとしんどいことになるよというお勉強。下位6人は上位7人に連続の掛かり稽古。7回あると思って力加減をしてはいないか?簡単な算数の問題。1/7×7=1。1×7=7。目の前の相手、最初の1本に全力を出し切る、そういう稽古を心掛けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.18

今日もダブルで。

岡崎中でトレスク。まずは殿と稽古。とにかく痛い。が、打ちたい打ちたいオーラ全開だったので、小手は打てたが面は遠かった。天守閣攻略は難しい。後、けっこうしっかり稽古した。で、またサラサで昼を食べて午後の稽古。男子だけじゃなく女子の時計もないことがわかった。失くしたことよりも、そのまんま通過しているという感覚があきらかに異常。一生懸命探すなり補充するなり自分たちでなんとかしなさい。このままじゃ試合もできない。稽古は比較的声出てたかなという感じ。先週の相小手面に続いて、今日はすり上げ面をやった。練習して自分のものにしよう。面や小手に対応する技があれば気持ちの上でぐっと有利になる。頑張ろう。1年女子はそれぞれに不思議なことをよく言うのだが(あ、2年もそうだ)、今日はUさんがアメリカの高い薬を使えば指を切り落としても3か月で生えてくると力説していた。ま、いいけど。久しぶりに体重測定、99,70kg。ぎりぎりセーフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.17

高野中と合同稽古

昨日は帰った時間寝た時間とも不明。稽古に行って「時計は?」と言うと「ありません」と言う。「時計が勝手に無くなるはずないやろ。探せ!」ということで明らかになったのは部活の時間までステージの隅でごちゃごちゃと遊んでいて無くなったらしいとのこと。そのこともそうだが、無くても平気でやってる神経がわからん。まったく「どーかしてるぜ!」だ。で、下校時間で「続きは明日!」となったのだが、今日も探しても見つからない。ひょっとしたらカバンの中に落ちているかもしれんということで、各自家で確認してくるということになった。自分たちの大切な財産なのだから、しっかり探してきてもらいたい。今日は高野中と合同稽古。基本を中心にやった。ポイントを生かした練習をしてほしい。Nt君Ys君の振りのスピードがずいぶん上がってきた。だから面に届くのも速い。あとはしっかり決めるだけ。頑張ろう。稽古後、Okさんにおにぎりを買いに行ってもらったが、帰ってみると二つ足りない。これまた「どーかしてるぜ!」の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.15

なかなか埋まらない。

今日から全学年懇談開始で午前中授業。ちょっと解放感、同時に冬の遠征や大会に向けてしっかり稽古に取り組まねばならない時期である。毎日広く体育館が使えるのだからしっかり頑張らんといかん。今年は3年生がよく稽古に来てくれるが、なかなか差が縮まらない。追いつき追い越すことに、もっともっと心を燃やさないといけない。1年の打突のパワーそのものはだいぶ強くなってきた。後は機会と決めだ。普段からもっと緊張感を持って機会をとらえるトレーニングをしないちいけない。それは別に難しいことではない。タイミングよく逃さず大きな声で返事・あいさつをすることだ。それがトレーニング。できない人は勝てない。2番目にする人も勝てない。やるからには1番を目指そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.14

懇談開始

事始め、討ち入りと続いてぐっと年の瀬ムード。3年は今日から懇談開始。思いどおりの進路が見えた人は、いい笑顔で帰っていく。みんなそうであってほしいなあと思う。今日は朝練、あいかわらず男は少ない。強制ではないというものの、強制されたことしかしないようじゃ強くはならない。自ら取り組む姿勢ってやつないのかなあと思う。午後は今日も最後の15分ぐらいしか見られなかったが、掛かり稽古での発声は出る人がちょっと増えてきた。その調子だ。OaさんTk君が来てくれていたが、まだまだ積極的に掛かれていない。取り合いでないといけないのに。明日から午前中授業、頑張りどころだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.13

トレーナーきた!

入荷待ちだったトレーナー「夢トレ」が届いた。かなりいいと思うのだけど、いかがなもんだろうか。ぜひ大胆に着こなしていただきたい。今日は昨日より全般によく声が出ていた。が、せっかくTk君が来ているのに積極的に掛かりに行けてない。1年どうしでやってるのと3年生に掛かるのと、どっちが自分のためになるのか、考えるまでもないことだ。わかってながら楽なほうに流れるような姿勢では100年やっても強くならない。もっともしんどい相手を常に選ぶこと、それが上達への道だ。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.12

どーかねえ。

外で聞いてるぶんには、けっこう声出てるかなあと思ったのだけど、最後の掛かり稽古で満足のいく声が出ていたのは、まあ4人ぐらいかなあと思った。まだまだ。もっと回転を上げないといけない。常にMAXの稽古、レッドゾーンの稽古を心がけよう。それによってキャパが大きくなっていく。それが機械と人間との最大の違いなのだ。がんばろう。そうそう今年の漢字が、予想どおり『』になった。それしかないと思ったとおりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.11

ダブルヘッダー

安祥寺中でトレスク。切り返し、基本打ち、地稽古、掛かり稽古とフルに受けたのでかなりきつかった。でもやっぱり稽古せんとなあと思ったので勧修Yg先生と稽古。決めさせてもらえない。最後、両手で突いたところをすりあげて面を打たれた。参った。大枝T先生とは小手はイメージどおり打てたが面は1本しか打てなかった。思いきれなかったなあと思った。昼は昔よく行った御蔭通りのサラサで。懐かしい味だった。で、部活。シーンとしてる。中へ入るとそこそこ人数いる。自分たちでMAXまで高められないとだめだ。相小手面をやった。繰り返し練習して自分のものにしてほしい。Tg君との稽古は2つの間合いと表裏で攻めたので、ずいぶん苦労していたようだ。最後の1本のイメージをいちばん大事にしてほしい。Oaさんは最後面で取ろうと思ってたのだけど小手で決めてしまった。なかなか面打たさんようになったなあと思った。KnさんとKrさんにおにぎり買いに行ってもらったが、自分たちを数にいれてない。そろいもそろってお粗末。1日剣道するとあちこち痛くて満足に歩けない。ま、格闘技だしそんなもんだと思ってる。それよりこの季節は踵が割れてめっちゃ痛い。グランドキャニオン状態。かなりやばい。

| | コメント (0)

2011.12.10

姫路錬成会

いつもは1月の錬成会だが、今年は12月に早まった。参加校が少ない分、試合数が多くてラッキーだった。結果は男子10敗2分、女子1勝10敗1分。かなり深刻な数字である。が、問題は勝敗ではなくて何かがつかめたかどうかだ。男子は1年生がちょっとだけ、試合になってきた気がする。でもなあ…「修学院」を「修学修」と書いてるようではなあ…と思う。その「修」も「ノ」3つが「、」3つになってるし。困ったものだ。剣道以前に漢字の、てゆーか字の練習からせんといかん。女子、もうちょっとなんやけどなと思う。全神経を集中して相手の情報をキャッチしそれを元に攻撃を組み立てるてことを、そろそろせんといかん。それは目。相手を透視するぐらいの目。目力。「そんなん無理」とあきらめてはいけない。見ようとするかどうかだ。見ようとすれば見えてくるものだ。夜、寒いので梅酒を飲みながら皆既月食を見ていた。月がはっきりと球に見えて不思議だった。昔々幼いころ、多くの大人たちの中で、なんの心配もなく月食を見ていた夜をふと思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.09

京都梁山泊稽古納め

久しぶりに面を着けた。OkさんとWさんの動きがずいぶん速くなったなと思った。Uさんもなかなか気合いが入っていた。よろしい。明日は姫路の錬成会、思い切って力試しをしよう。夜、京都梁山泊稽古納め。6人で回り稽古をしたが、今日のK君シャープだった。すっかりやられた。最後はF君、いつもより1.5倍ぐらい手が長く感じた。なかなかとらえられなかった。全日本を見てから、両手の突きをなんとかものにしたいと思っているのだが、なかなか出すことすらできない。どうしても片手になってしまう。また頑張ろうと思う。稽古初めは例年どおり1月2日2時から、京都梁山泊道場にて。多数お越しいただきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.08

ちょっと一息

朝練習、今日はずいぶん少なかった。昨日確認してないから、忘れてる人が多いのだろうと思う。午後はオフ。進路のK先生が昨日から復帰されたのでホッと一息である。さすがプロ、情報量・処理能力のキャパ・スピード…すごいものがある。そういえば今日は真珠湾攻撃の日。70年前のこの日、日本は破滅への道を歩み始めたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.07

ケプラー22b

ついに発見された海のある惑星。ケプラー22b。平均気温22℃、600光年の距離…と聞けば、わくわくしなけりゃ男じゃない。絶対にケプラー人がいる。間違いない。よみがえる宇宙戦艦ヤマトに魅せられた日々。放射能に汚染された日本という現実も奇しくもストーリーと重なる。果たしてケプラーに放射能除去装置はあるのか、ワープは可能かと…一気に思春期の時代に戻る。宇宙はロマンだ。が、もしも向こうがずっと文明の進んだ星であったなら、地球の存在はとっくにマークされていたかもしれない。かぐや姫はそこから?浦島太郎はそこへ?いやいやガミラスのように襲撃してくるかも…と妄想は留まるところを知らない。男はロマンチストだ。で、現実に戻ると、今日は進路の会議のためまったく部活は見られず。これは想定の範囲内であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.06

ほんまですか?

朝、家を出た瞬間に太い大きな声で「オハヨー!オハヨー!」と言われたので、びっくりして前を見たが誰もいない。信号待ちの車かと思って見たがそれらしい車もない。「?」と思ってふと上を見ると、すぐ前の電線にカラスが1羽止まってこちらを見下ろしていた。「え、まさか」とは思ったものの、他に考えられないので「おはよう…」と言っておいた。カラスは満足そうに胸を張っていた。今日は科学センター学習で部活は2年だけ。しかも会議でまったく顔を出せなかった。声はまあまあ聞こえていた。ノートも渡せてない。キャプテン何か指示できてるかなあ。ちょっと無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.05

え、そーなの?

休み時間にUさんがやってきて「先生、あたし、昨日5回勝ったはずなんです・・・」「え、そーなの?」ということになってリーグ戦表を基に検証してみると、2か所記録が間違っていたことがわかった。で、正しい順位はUさんKnさんKrさんが123位ということになった。せっかく加古川に行けると喜んでいたMyさんは4位ということで、今回は留守番組となった。さぞかしがっかりしたことだろうと思う。またKnさんのがっかりぶりも相当なもので「あー1位じゃなかったのですかー・・・」と肩を落としていた。そういえば1年生はリーグ戦の記入を初めてだったかもしれない。これを機にしっか正しくり記入できるようになろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.04

リーグ戦

今日は予定どおり女子1年のリーグ戦を行なった。8人がエントリーしたので、全28試合になったので、その他のメンバーは隣のコートで3チームの団体戦をやった。リーグ戦はKnさんが力強い試合で1位、KrさんMyさんが続いた。ここまでが加古川参加組。続く4位5位のKnさんUさんを入れた5人と2年生+Y先生で試合をしたら2年生がきちんと勝った。なるほどなるほど。夜はうちで京都梁山泊の忘年会。20人ぐらい集まったかなと思う。楽しいひと時だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.03

合同練習

岡崎中と合同練習。返事、挨拶、全てにおいて負けている。それは稽古に取り組む姿勢で負けてるということ。これは試合で負けるより恥ずかしいことだ。しっかりせんといかん。試合ではKnさんがよかった。試合をするごとに内容がよくなった。言われたことをやろうとする姿勢がよい。T先生と稽古をした。前半は優位に進めたが1本勝負は相面を乗られた。最後の所の辛抱が足らんかったなと思う。夜、忘年会。2年生も年が変わればあっという間に春、夏がやってくる。この前3年生が引退したばかりなのにと、ちょっとしみじみした。名古屋審査の判定が来た。今回もA.。まあ稽古の方向としては間違ってないということかなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.02

おっ!

1本勝負でYaさんがいい機会で跳べていた。Tm君に2本ほどいい面を打った。ただ、そこで止まっちゃだめだ。Tm君は…そこで打たれたらあかんやろって話。フットワーク!相手をやっつけることに全力集中しないとだめだ。明日は岡崎中と合同稽古。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.01

師走入り。

早いもので今年も12月、街は一気に年末ムードだろうがまったく縁のない毎日である。今日も成績処理に追われた。始めと終わりに顔を出したが気になるのはやはりフットワーク。ちゃんと決めて次を狙う(=残心)がだめだ。練習スペースが狭くても、シャープに決めないといけない。加古川参加者決定の女子1年トーナメントを4日にやるつもり。頑張って権利を勝ち取ってもらいたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »