« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.30

選手決定

今日は2年女子の選手決めリーグ戦。Yaさんが頑張ったなと思う。Knさんもいい面を跳んでいた。結果、YaさんKrさんKyさんKnさんが個人戦の出場権を得た。せっかくつかんだチャンスだからしっかり頑張って勝ち上がってほしい。今日のイメージで闘えれば、そこそこ行くんじゃないかと思うのだが。まあ今日の試合で大事なことは、勝ち負けから学ぶこと、学ぼうとすることだ。それが次へのステップアップにつながる。今日からYm先生デビュー。いろいろ教えてもらおう。午後、山城高校で高体連の先生方と合同稽古をした。M先生T先生と初めて稽古をさせていただいた。面を1本だけ打たせてもらえた。勉強になった。夜、懇親会でもいろいろためになる話を聞かせてもらった。まだまだ「しんどい」とか言ってる場合じゃないなあと。頑張らんとあかんなあと思った。O先生が「今日の新聞に大きくでていたぞお」と言われていたので、京都新聞の夕刊に水滸杯の記事を載せていただいてるようだ。まだ見てないけど。毎年取り上げていただいて、ありがたいことだなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.29

K先生ありがとう!

今日で実習生のK先生は最後。約20分ほど1本勝負をしてもらった。全力勝負の20分だったので、かなりハードだったと思うが、最後までいい稽古をしていただいた。ありがたいことだ。と、それはよいのだけど、稽古をお願いできなかった人が4人。3年男子2人を含む。ほんまにチャンスつかめん人たち。それに加えてぼーっと何をだかわからんものを待って(?)いる群れ。「おまえら、歯医者の待合室か!」と言わなければならなくなる。もちろん、誰と稽古をしようというのはわかるが、今はそんなのんびりやってる時じゃないのだ。限られた時間でいかに数をこなすか、本数を打つかが大事なのに、それがぜんぜんわかってない。時間を大事にしない人は時間に大事にしてもらえない。わからんかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.28

蛍!

今日から部活再開。まずは新しいトレーニングから。最初は余裕の表情だったが最後は「ひー!」の声も。毎日やっていただきたい。さて、面を着けての動きは悪くはない。が、1本勝負での2年生の積極性が足らん。3年生を押しのける勢いがないとだめだ。夜、今年こそと思って八瀬に蛍を見に行った。Iw君は川には「どこでもいっぱいいます」と言うのだが、なかなか遭遇しない。ようやく「あ!」1つの光が点滅しながら空高く昇っていくのが見えた。やがてもう1つ…。「ほのかにうち光りていくもをかし」の風情だった。できることなら「多く飛びちがひたる」蛍を見てみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.27

明日から!

いよいよ明日から部活再開。夏季大会3週間前。最終コーナーどころか、ゴール前最後のスパートである。3年生はこの日に全力を発揮するためにずっとやってきたのだから、もう何よりも稽古優先でやらねばならない。てゆーかそうしたくてうずうずしてることだろうと思う。体調も万全のはずである。しっかりがんばろう。2年生も3年生を食うつもりでやらないとだめだ。そういうギラギラしたものがない人は、永遠に勝てない。1年生、せっかくやってきたことを忘れてないだろうか。来週早々には防具も届くと思うので、もう1度基本の動きを再確認してしっかり頑張ろう。それと、明日はクリーンキャンペーンがある。こういうことを一生懸命やれることが大事。しっかりがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.26

テスト開始

テスト1日目。終わって帰る顔は悲喜こもごも。まあそんなに深刻な表情はないけど。剣連から連絡があって、2段受験者の初段合格は昨年9月じゃないですかという指摘。そろいもそろってほんましっかりしてくれ。夕方、久しぶりにくわやま接骨院に行った。すっきり。今日も『草巾』ちょびっとアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.25

テスト前日

明日からテストである。今日も社会を1コマ。3大宗教やるか…と思ったら、もう終わったというので、復習ってことで、猿人からムラ、クニの発生、宗教の発生と祭政一致、3大宗教までざっと概説した。必要だったのかどうだったのかはわからない。放課後、出会ったKaさんに「勉強してるか?」と聞くと「あ、先生先生、聞ーてくださいよ!昨日8時間勉強したんすよー!」と言う。横で「私は12時間…」とKrさんにやり。ちょっと期待できるかもしれない。『草巾』をちょっと更新した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.24

キョン!

朝から登龍峠を越えて八丈島灯台、その後汐間海岸に至る。物凄い断崖絶壁の下に猫の額程の石ころの浜があって、数人のサーファーがきれいに波に乗っていた。その入り口の漁港に洞輪沢温泉という無料の温泉があって、脱衣場と浴室だけの、しかも石鹸使用禁止なんだが、実にシンプルで気持ちがよかった。狭い島なので2日目になるとほぼ地図は頭に入る。昼に、あるカフェでシーフードカレーの大盛りを頼んだら宇宙戦艦ヤマトのような迫力のが出てきた。読んでた『1Q84』を閉じて気合い入れて食べた。午後は八丈植物公園に行って、ついにキョンと対面した。ちょうど犬ぐらいの鹿で「ああ、これが八丈島のキョンか!」と。がきデカから約40年、思えば長い年月だ。さて空港に行くと、飛行機は天候調査中で来るかどうかわからないと言う。とたんに心細くなって、かくなる上は船で10時間コースかと思ってたら飛行機はやってきた。ほっとした。俊寛にならずにすんだ。飛び立った時は赦免された流人の気分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.23

えー、昨日まで!

ここは八丈島である。かねての計画どおり、するりと京都を脱出をしてみた。残念ながら曇り空。飛行機の窓に突然ドーンと八丈富士と小富士が現れるさまはかなりの凄味をもった迫力で、かつての多くの流人達も、船から見るこの風景に恐れおののいたことだろう。さて、着いてみてもっと驚いたことがあった。なんと昨日まで1週間、濃霧のため飛行機は欠航してたというのだ。てことは今日来れたのは実に運がよかったってことだ。もし明日飛ばなかったら…「しーらない!」と言うほかなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.22

採寸

今日は2クラス社会の授業をやった。インダス文明、中国(昔は黄河と言った)文明。どっちかと言えばこっちのほうが歴史のおもしろさに感動してそれを伝えようとするので、なかなか先へ進めない。しかし、漢の劉邦と楚の項羽の戦いはあまりにもおもしろい。『史記』(横山光輝の漫画が手頃)や『項羽と劉邦』(司馬遼太郎)をお勧めしたい。放課後、1年生の防具の採寸。かなり高価な買い物なんだから、親に感謝して頑張らんといかん。夜の稽古は5人で回り稽古。久しぶりにKw君と稽古をした。新鮮だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.21

お尻ですか?

今日は緊張した。諸般の事情で社会科の授業をすることになり(そう、社会の免許もあるので)、四大文明のあたりをやったわけだが、なかなか国語とは勝手が違ってペースがつかめない。終わってぐったり疲れた。あと3時間ほどあるので、ちょっとは改善したいと思う。さて、学校の近くの接骨院に部員の数名が行っているのだが、そこの先生曰く「みんなお尻が弱いですねえ」と。そのせいで足に故障が出るそうだ。これはお尻を鍛えるトレーニングをせねばなるまい。夜、久しぶりに力の湯に行った。今回はダメだろうなあと思っていたが99.80kg。ぎりぎりセーフ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.20

台風一過

涼しい。台風が通り過ぎた後は、けっこう熱くなるもんだが、かなり涼しく快適である。まさにテスト勉強には最適のコンディション。特に3年はド真剣にやらないといけない。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.19

台風!

季節外れの台風がやってきた。1時過ぎに暴風警報が出たので、即下校となった。校区パトロール、学年の会議をやっていつもよりは早く学校を出た。信号待ちで車が揺れて「いやあ吹いてるなあ」とか思いつつ。おかげで少し時間ができたので、水滸杯の結果記事をアップした。これもけっこう一仕事だったりするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.18

痛み依存症候群

今日はテスト前最後の練習日。しかもKm先生と稽古ができる3日間のうちの貴重な1日。普通であれば「今日はしっかりやらんとあかん!」と頑張る日である。夏季大会前に10日も稽古できないのは「痛い」と思うのが選手としては当たり前の発想。だと思うのだけど、まあ欠席見学の多いこと。「いったいどーゆーこと?」と思う。もちろん故障治療中という人が多いのだけど、「今日1日休んだらテスト休みに入れる」という低いレベルの発想の人はないか。そんなことをこの時期に思ってるようならやる意味はまったくない。また故障を訴える人の中に痛み依存症候群と呼べる症状があることに以前から気づいている。これはとても真面目で、やや弱気な人に多い。症状としては絶えずどこかに痛みを訴える、そして「どこどこが痛いのですがやれるとこまでやります。できなくなったら見学します」と申告する。で、多くの場合最後までやる。終わると解放感と達成感で表情がとても明るくなる。おそらく表の意識としては一生懸命頑張りたいと思っているのだが、無意識のうちに「完全に元気だと言うとどこまでやらされるかわからない」という不安が働き、前述のように保険をかけるわけだ。これはうそではなくて本当に痛みが発生するのだ。過去にもそういう症例が見られたが、その人は本当に勝ちたいと思いだした瞬間から一切の故障も見学もが無くなった。で、素晴らしい選手になった。体というより、明らかに心の症状。他校の先生と話をしていても「あ、ありますねえ、最近」と言われる。「自分の場合はどうだろう?」と振り返り、当てはまるかもしれんと思う人は思い切って発想を転換することが故障の回復の近道かもしれない。体だけでなく心の強い人になろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.17

第7回水滸杯剣道練成大会

いやいやいや、えらいレベルの大会になってきた。今回のエントリーは過去最多の41チーム。京都梁山泊と直久忠誓会はそれぞれ2チーム参加したのだけど、全てまさかの1回戦負け。直久忠誓会(中体連)はここ2回準優勝なのだが…。どこもかも強い。ほんとにいい試合の連続で、息をつく間もなかった。決勝戦はともに初参加の金沢星稜大学A(石川)と隆央会A(大阪)の対戦となり、若いペースに巻き込まれずに戦った隆央会Aが1(2)-1(1)で接戦を制して優勝した。すばらしい試合だった。隆央会は昔とてもお世話になった大阪・大正中央中のY先生の教え子たちのチーム。その温かいお人柄が思い出されて感慨深いものがあった。いい1日だった。今回もたくさんの人々の善意に支えられて大会を終えることができた。深く感謝の意を表したいと思う。修学院の補助員8名もよく頑張ってくれて、「修学院の子たちよくやってくれましたよ」という声をたくさんいただいた。朝から夕方までご苦労様。そして間近で感じた勝負に賭ける気持ちを自分の貯金にしよう。明日1日やったら火曜日からはテスト勉強。それもまた頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.16

昨日今日、そして明日

昨日は実習生Km先生と稽古をした。面と小手面の思い切りがとてもいい。あの思い切りのよさを見習わねばならない。稽古のチャンスはあと3回しかないが、積極的にお願いしよう。夜の稽古はY君と長くやったが、妙に調子が良かった。打ちが鋭いとかじゃなく、機会が見えたってことだ。それと2つの間合い、構えの使い分けを試してみたのがよかったか。が、次のF君との稽古ではそれが生きなかった。剣道は不可解だ。今日は午前中の稽古。久々にI君が来てくれた。中心を意識したいい剣道ができつつあるなあと思った。Tg君が上段で頑張っているらしい。次に見る時が楽しみだ。防具組故障が多い。5人も!この時期こんなことじゃあ本当に困る。1年生にとっては教えてもらえてラッキーだけど。今度のテスト週間が最後のチャンス。きちんとケアしておくこと。6/30.7/1に2年女子個人戦の選手選考を行なうので調整をしておくこと。さて明日はいよいよ水滸杯本番。お天気がちょっと心配だが、いい1日になればよいなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.14

オフー。

水滸杯まであと3日となった。いつものようにAさんの働きで用意はほぼできた。賞品も弁当も大丈夫、あとは当日いい天気になることを祈るのみだ。ちょっと微妙らしいけど。ともあれ、参加していただくみなさんに、1日気持ちよく過ごしていただければ、それに勝る喜びはないなあと思う。この大会は本当に多くの方々の善意の上に成り立っている。ありがたいことだなあと思う。補助員になってくれる剣道部員には、空気を読み先を読んで動けるかどうかを試す場でもある。いわば稽古の場だ。それを意識しよう。同時に、いい試合がたくさん見られる。しっかり勉強しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.13

高校授業参観

今日はTk君とS君の高校の参観会。授業の様子を見て、その後少し話をしたが、2人ともテストで90点以上とかばんばん取って頑張っている。やるもんだなあと思った。その後Tk君の部活も参観したが、部員は少ないもののそれぞれがそれぞれのレベルで頑張っていた。先生も粘り強く指導されていて、これからが楽しみだなあと思った。ぜひ来年のインターハイ予選で旋風を巻き起こしてほしいものだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.12

休み明け

休み明けはいつもなんだかしんどい。「えい!」と気合を入れて来るような感じ。ま、多くの勤め人に共通する感じかもしれない。教育実習が始まり、やって来たK先生は剣道3段。また稽古していただけるということなので、楽しみにしておいてほしい。勝負の練習のパターンを増やしたがどうだろうか。いまいち勝負してるという空気が伝わらないのだけど。もっと「どーだ!」みたいな声出んかなあと思う。1年生初めて小手面をやった。けっこう呑み込み早いなと手応えを感じた。最後の掛かり稽古でよかったのはIn君、そしてYrさん。「明日は自分が!」という気をもって頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.11

代休

平日に休みなのは、なんだかちょっと得した気分になる。午前中の稽古。試合の最下位チームで1年生に胴を教えるということをやったのだが、かなりの人数が胴をなんとなく打てるようになった。1年がよいのか教え方がよいのかわからないが、ま、なかなかよろしい。教えるということはすごく力になるので、自分の稽古に生かしてほしい。跳躍素振りもずいぶんできるようになってきた。自分の稽古が、ちょっとイメージから離れてる気がする。金曜日はよかったのだけど、4日目でちょっと動きが重くなっているのかもしれない。それぐらいのことで、とちょっと歯がゆい。夜、どれぐらいぶりだろう、杖に行った。思い切り忘れている。『嘘をもうひとつだけ』(東野圭吾)を読んだ。まあTVのよくできたサスペンスものみたいな感じ。練馬警察署加賀刑事の味のあるキャラと活躍がおもしろい。俳優で言えば、昔の草刈正雄か今の阿部寛かというところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.10

日曜参観

日曜参観。部活保護者会、部活参観とも、多数の保護者の方々に来ていただいた。これだけたくさんの方々に支えられて活動させてもらっているということを感じて稽古に取り組まないといけないと思う。防具組は攻められたときの反応が遅い。つまり準備ができてないということ。1年生は初めて胴をやったが、思いのほかうまく手首が返せている。昨日の左右面がよかったのだろう。最後の掛かり稽古ではIn君がいちばんよかった。2番目はDさん。明日はどうだろうか。ポイントはやはり思い切った踏込みだ。がんばろう。Uさんが久々に爆発。「先生、あの、明日、うちの用事が、うちの用事が、うちの用事…ある?」いや知らんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.09

審判講習会

今日は午後、太秦中で審判講習会があった。しばらく行ってないけれど、最近の近畿・全国の判定の基準がずいぶん反則に厳しくなっていることに驚いた。まあそのことについて思うことはいろいろあるが、そこにつながる以上、夏の大会は基本的にその基準に沿って裁かれねばならないと思う。その基準というものがわからないままでは困るし、普段の指導の方向も見誤るといけないので参加したのだけれど、まあ参加者が少ない。特に市内の。ほんとに大丈夫なんすか?て感じ。今日参加して「ああ、こういう感じかなあ」とやっと感じたというのが正直なところなんだけど、今日参加してない方々にどこでこの基準をわかっていただくのかというのが専門部の目下の急務だ。大会においていちばんあってはいけないことはコートや審判によって基準に差があること、そして自信がないがゆえに熟練者に合わしてしまうことだ。しっかりと見て、基準を理解して、生徒のいい所を引き出す審判を心掛けなければならない。そのためには今日のような機会は絶対に逃しちゃいけないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入り

昨日はいつの間にか寝てしまったようだ。久々(約1ヵ月ぶり)に稽古着に袖を通したのだが、やはり身内が引き締まる思いがしてよい。まあまあ問題なく動けるので、復活宣言をしようかと思う。さて稽古だが、1年の声しか聞こえない。Otさんがいないとこんなに違いますか?みたいな。勝つため、強くなりたいための稽古ができないんなら、やる意味がない。梅雨入りして稽古までじめじめしたんじゃ困る。瑞々しく頑張らねば。Kyさん5番目に「お願いします」と来たが、誰の次かわかってなくて稽古を逃す。なにやってんだか。1年緊張すると踏み込みができなくなる。ひたすら練習するしかない。夜、Y君と長めに稽古をした。なかなかおもしろかった。99まで積み上げて、あとの1がつめない感じが悔しくておもしろかった。
明後日剣道部の保護者会と部活参観を行ないますので、ぜひ多数お越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.07

小手の練習

今日は前半会議で見られず、残り30分ほどだけ見た。1年生の小手打ちをやったが、10分ほどの間にずいぶん上達した。いちばん伸び率が高かったのはDさん。1年生は最後の掛かり稽古では小手と面を打たせたが、どうしても面が外れる。抜ける方向を意識して中心からずれた打ちになるからだ。真直ぐを意識しよう。その後、正しい鍔競り合いと不正な鍔競り合いの話をした。勝つためにはルールを熟知することはとても大切なことである。しかしそれは反則を取られないためのみであってはならない。昔ある講習会で聞いたことだが、「剣道は反則から最も遠いところで行わなければならない」と思う。反則といちばん遠い所で、正々堂々と戦う、それこそが正面突破の精神である。夜、Aさんが来てくれて、水滸杯の準備がだいぶ進んだ。考えたたらもう10日前だ。ちょっと焦る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.06

NHK…だいじょうぶ?

今日はオフだったのだが、はて部員たちに剣道のルールをきちんと伝えたことがあったか?と思い、急きょ2、3年生のミーティングをした。剣道試合審判規則と細則の関係する部分および中体連の申し合わせについて。「なるほど」や「えーそうなの」がいろいろあったと思うので、よく資料を読み返して理解しておいてほしい。さて、今日はAKBの総選挙とやらがあったそうで、なんとNHKが9時のニュースで報じていた。しかも、こともあろうに国政選挙と比較して若者の政治に対する関心がAKBに負けているみたいな論調。大真面目で。ばっかじゃないの?と思った。味噌も糞も一緒にするという言葉があるが、まさにそれ。大丈夫か、NHK?と思った。まあ日本は平和ぼけしてるわけだ。しかし、これだけ人々の政治への関心が低い状況というのは、政治をひっくり返そうと目論む頭の切れる政治家にはチャンスである。ヒトラーの出てくる可能性はあるなと思う。しっかり社会を、政治を監視しとかないといけない。なっちゃってからでは後の祭りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.05

なんなんだ!

ここんとこずっと声が戻らなくて、「商売あがったり」である。ほんま困る。その上に今日は朝から頭痛で、それがどんどんひどくなって吐き気までしてきた。昼休みに痛み止めが1錠だけ残ってたの見つけて飲んで、3時ごろにようやく効いてきた。いったいなんなんだ、これはと思う。稽古、1年生に小手をやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.04

久々Tk君登場。

今日は東コート。今の人数では正直せまい。が、まあ贅沢は言えない。6分の1になると声が小さくなる。会場に負けてるってことだ。その上、前半の間に防具を着け直した人7人。多すぎる。よほど着装が悪いのかのんびり休憩しているのか、どっちにしてもそんなんじゃだめだ。1年今日から稽古着袴を着用した。けっこうサマになっている。期待できるかもしれない。久々に顔を出してくれたTk君に指導をしてもらった。3本連続をやるようになって踏込みがよくない。1つ1つきちんと自分のものにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.03

トレスクと稽古と

今日は午前中トレスク。打突直後のチャンスを逃さない練習がメインだったので、昨日の試合との連続性があってよかったのではないかと思う。午後、学校の稽古。1年生が夢Tを着て取り組んでいる様子はなかなかかっこよろしい。防具組はとにかく1本を大切にすることを伝えて開始。いつもより意識は高まったのではないかと思う。試合ではTm君がいろいろ工夫を見せた。Si君もOtさんもまんまと食ってしまった。Og君完全に油断してNzさんの初太刀を食った。勉強だ。Nzさんの思い切りがよくなったなあと思う。1年生の面打ちは3本連続までやったが、一進一退を繰り返している。まあそんなもんだろう。明日から稽古着袴を着用させることにした。どんな感じになるか楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.02

練習試合in若草中

女子6人を連れて若草中に行った。なんとも趣のある学校だった。すばらしいロケーション。で結果は6戦6敗。完敗。打つまでの攻めで完全に負け。そして打突直後の機会もほぼ取られて負け。だが、はっきりと弱点が見えたという点では収穫は大きかった。教わったことを明日からすぐに生かせるかどうかが勝負だ。京都に戻ってインターハイ予選を見に行った。団体戦男女ともとてもドラマチックだった。久御山を破って決勝進出した花園女子、大本命平安を決勝で破った日吉ヶ丘男子に拍手を贈りたいと思う。女子準決勝花園vs久御山は心の勝負だった。先鋒の1本を守って後の4人がきっちり戦った花園、徐々に追いつめられ焦りから大将が反則負けを喫してしまった久御山。心の強さ、信じる気持ちの大切さを改めて感じさせられた試合だった。で、高校の試合は三所隠しが反則にならないので、やっぱり多かった。同じ剣道なのに道場・中体連・高体連でルールがガラッと変わるってのもいかがなものかと思った。ルールに合わせて剣道スタイルを変えることを強いられる選手たちって…どうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.01

なるほど。

今日は会議のため全く見られなかった。帰る時にIw君が「あの下校放送はなんですか。僕は終わりません!」と言う。ちょっと歌詞を考えて「ああ、なるほど」と思った。夜の稽古、まだ体調がすぐれないので見るだけにした。F君の面がきれいになったなあと思った。いいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »