« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.31

面接練習

もうすぐ入試である。で、今日は3年生の面接練習のお手伝いに行った。まあしかし全体に声が小さかったなあと思った。自分の考えをしっかりしゃべれる、いい所を堂々とアピールできる、そういう力がこれからは必要だ。2月の予定表を渡した。テストもあるので稽古のできる日は15日しかない。1日1日を大切に稽古しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.30

今日は小手。

今日は基本の間にMyさんの小手とKhさんの面を少し指導した。丁寧にやればきちんとできるので、あとはいかに機会に慌てず打てるかということだ。それは回数をこなすしかないかなと思う。後半は小手3本の稽古をした。わかっていても攻められて手元が上がってしまう人が多かった。それを相手にさせることができれば、チャンスメイクができる。そういう狙いを以て稽古に取り組むことだ。掛かり稽古では昨日に比べてうまく体を捌ける人が増えた。いいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.29

面3本の稽古

今日は後半、昨日と同じ面3本の勝負の稽古をやった。がそう言われたら言われたで、それを動きとして待ってしまう人が多いので打たれてしまう。その中でKm君の2本目の小手はよかった。Yaさんの初め2本もタイミングはいいのだが拳だった。腰が逃げなかったら1本だった。Og君はすべて狙いはよかったが体捌きで決めきれなかった。やっぱりフットワーク、それと間合い。Kaさんの面を打つ気持ちはよい。掛かり稽古は短く激しくのバージョンでやったが、倒される人が以前より多い。これもフットワーク。先先へ気持ちと体を持っていくこと。むしろ相手の当たりを利用して次の態勢を作る、ぐらいの心構えが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.28

寒い日

もうすぐ1月も終わり。寒い日が続いている。今日は1/6なので、なかなか動けないが、まあ静かだ。勝負する声、仲間に掛ける声がない。部活をやる目的は「みんなでやれば頑張れるということを体で覚え、今後起こるであろうさまざまな困難に立ち向かえる人になること」だ。だが、それを目指すのはなかなか難しい。見えないから。だからもっともわかりやすい目標として「勝つこと」を設定するわけだ。そのために何をするか、またそれが効果的であったかどうかを確認しやすいし、それぞれの部員によるぶれも起こりにくいから。だから「勝つために頑張る」ことは実はいちばんシンプルなことなのだ。そしてその過程で得るもの、それが大切なのだ。結果なんていうものは後からついてくるものにすぎない。みんなで頑張った経験こそが一生の財産になるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.27

東龍杯2日目

2日目、全くの雪国。男女Aチームの参加、だったんだけど、どうも女子が調子出ない。結果は男女とも1勝2敗で決勝トーナメントに進めず、午後は3位リーグ。女子はオーダーを変えて2勝1敗。男子は1敗。しかし団体戦に臨む気持ちは男子のほうがずっといい。まあいろいろ悩む。その間に夏に向けての大事な日々が過ぎていってしまってる感じがする。やせる。本日の体重91.15kg。大相撲の高見盛引退。好きだったのになあと寂しく思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.26

東龍杯1日目

東龍杯1日目は女子2チームで参加させてもらった。2年チームは3勝3敗2分。内容的にはMzさんがよかったとのこと。昨日の様子から、なるほどと思う。1年は1勝1敗2分。KiさんMrさんのタイミングが合ってきたとのことなので、よかったなあと思う。さて学校組は試合練習を中心にやったが、Kaさんが試合も稽古もよかった。明日本番でどれぐらい発揮できるかだなあと思う。Og君がやっちまったの試合。さてこれも明日復活するのかどうか、まあ期待しとこうと思う。彦根は夕方から吹雪になったとのこと。ちょっと心配ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.25

なんだかしんどい

今日はオフ。インフルエンザは依然流行っていて、それが職員室にも及んできた。気のせいかなんだかしんどい。夜の稽古も見るだけにした。まあ明日には復活するだろうと思う。土日は東龍杯。初の分割参加をするのはより多くの人に試合経験を積んでもらうため。そこんとこを理解して、意義ある2日間にしてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.24

試合練習

今日は基本をさっとやって、昨日に続いて試合練習を行なった。狙ったところを少し打てることが増えてきたかなと思った。そういう実験と検証の積み重ねが大事だ。Mzさんの試合がとてもよかった。勝敗ではなく、考えて観察してやっている。そこんとこが素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.23

いちばんしんどい時

今日は女子団体の1本勝負の試合練習をやった。いくつか狙いどおりの打ちを決めることができた人がいたのはよかった。さて2年の冬という時季だが、おそらく精神的にいちばんしんどい時じゃないかなと思う。なかなか勝てないなかで上達しているのかどうかさえわからない。自分の位置が見えなくなる。気持ちも弱くなる。そんなときに踏みとどまれるかどうかは、仲間の気持ちを考えられるかどうかにかかっている。みんな頑張ってるんだから自分も頑張ろう、みんなが自分の力を必要としてるんだから頑張ろう、頑張らないとみんなに悪い、みんなで勝って喜びたいから頑張ろう、そういう気持ちになれるかどうかだ。1人じゃできないこともみんなでならできる、そんなチームになってほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.22

春の雨?

朝からどんよりと曇って、雨。でもなんだか変に暖かくて体調がおかしい。熱っぽい。インフルエンザは順調(?)に流行の兆しを見せているし、だったらいやだなと思う。さて稽古。技の練習が雑。身につけるための練習を丁寧にやらないといけない。Ys君の地稽古がちょっと簡単すぎる。積極的に打つのと、攻めもなく打ってしまうことは違う。そこんとこをわかって取り組もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.21

となりの…。

冬時間は本当に短い。その上に竹刀の間違いなどという小学生のようなトラブルで時間取ってたんじゃなんにもできない。もうちょっとものを考えて取り組んでくれんかなと思う。ところで、となりの大阪でとんでもない決定が出てショックを受けた。悲しい事件が起きて動揺する生徒の心のケアをこそ第1に考えるべきなのに、その生徒たちの気持ちをさらに動揺させ混乱させる決定をするなんて…。理解に苦しむ。以前から彼が言っていた「定員割れの学校はつぶす」というのと同じ路線の「問題のある学校はつぶす」という発想。それはある意味暴力ではないのかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.20

Nt君のやっちまった日

午前中は安祥寺中でトレスク。引き技を中心にやった。終了後、御池のT先生、大宅のT先生と稽古をした。御池のT先生には1本巻く感じの面を打つことができた。大宅のT先生にはこの前ずいぶん打たされる感じになったので、とにかく我慢する稽古をした。前回よりはよかったかなと思った。午後は学校の稽古。オールで使えたので、1つ1つ落ち着いて取り組むことができた。ただ、なんやかんやで欠席が多いのは困ったものだ。早退もあって、2年女子は最終3人になってしまった。5分走を賭けた試合、紅組Kaさんのすばらしい面から始まったのだが、3-3で迎えた副将戦、Nt君がKhさんに引き分けてしまい、大将Ys君がYm先生に2本負け(この2本目が課題)して白組の勝ちとなった。頭を抱えるNt君、まさにやっちまったの試合だった。だがじつはここに試合のポイントがあるのだ。勝てるはずはいちばん危ないってことだ。勉強である。『古都』(川端康成)を読んだ。けっこう難しいというか、高まりがないので、なんのこっちゃわからんって感想をもつ人も多いのではないかと思うが、古都京都の風情や人情を背景に「美とは何か」を追求した作品であったと思われた。『雪国』の感動から期待が大きかったので、ちょっと肩透かしを食ったような気もした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.19

ばたばたしてるうちに。

昨日はオフ。朝から雪がちらつき、学校周辺は屋根には2cmぐらいの積雪。でも伏見のほうはそんなそぶりもなかった。京都は広い。で、今日。久々にMyさんが復活したが、まだまだしんどそうであった。技の練習を多めにやったが使えるようになっただろうか。積極的に試す。だめならまた翌日の前半に取り組む。そういう連続性が大切なのだ。本日の体重91.20kg。正月はけっこうな暴飲暴食だったので、さすがに少し増えているかと思ったが、一応マイナスだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.17

Iw君覚醒か?

会議を終えて体育館に行くと、Iw君が「先生、声を変えるとすごくいい感じです。見てください」と言う。で、次の1本勝負を見ると、とても迫力のある声になり、それとともに打ちも格段によくなった。これはすごいかも、と見ていると、次の逆胴の練習でも初めてとは思えない切れ味を見せた。やはり声は大事だ。そしてそれを理解したIw君は見事に覚醒した…かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.16

総合発表会

総合の発表会があった。In君の発表は堂々としていてなかなかよかった。さて、稽古では多くの技やパターンを練習するわけだが、大事なことはそれを使おうとするかどうかだ。ちょっとやってあきらめたり、自信がないからといってやらないと、当然のことながらいつまでたってもできるようにはならない。どんなアスリートでも、初めから「できる」「勝てる」わけではない。たくさんの失敗と敗北を乗り越えて頑張るからこそ成功と勝利があるのだ。大切なのはやること、やろうとすることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.15

インフルエンザが

流行の兆しを見せている。健康管理には気をつけよう。今日は総合発表会のリハのため部活はなし。明日はIn君の班が発表するので、楽しみにしておこうと思う。『ぼんくら』(宮部みゆき)を読んだ。「仕事」をしない中村主水みたいな同心を主人公にした時代もの。初めは能天気な短編集かと思って読んでたが、実は本格長編ミステリーで実におもしろかった。エピローグのちょっとしたイタズラもカラッとしてて温かくいいラストシーンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.14

聞こうとしているか?

だいぶ寒くなった。雪にならなくてよかったけれど。なんだかんだと休みが多い。今日は稽古の後に聞いていますかの話をした。ある人に話をすれば、その人が聞いているのは当たり前。まあそれでも馬耳東風の人もいるが。じゃあ、隣のあなたはどうなの?という話。「自分の話じゃないから関係ない」なのか、「あ、これ自分にも当てはまる。もうけた!」と思うのか。過去、偉大な発見発明やスランプからの脱出は、ほんのちょっとした偶然がきっかけであることがたくさんある。スルーしてしまうのかひっかかりを持つのかの違いだ。要は「聞こうとしているか?」なのだ。授業でも「はい○○君」と言われて初めて「え?なんですか?」という人がたくさんいる。絶対成績上がらない。それと一緒。教師っていう仕事をしていると、誰がどれぐらい聞いているか聞いていないかは常に把握できるようになる。「聞いてる?」と言われるのは、相当やばいレベルだと思わねばならないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.13

1級審査と練習試合と。

昨日はすっかり遅くなったのだった。部活はリーグ戦を中心に、まあまあ気の入った稽古ができたんじゃないかと思う。夜、お客さん2人を招いて「お茶会」をした。あの茶室をこんなふうに使うのは築10年にして初めてのことだが、けっこういい感じでよかったんじゃないかと思った。掃除と手入れでけっこう汗かいたけど。で、今日。3人受審3人合格。ホッとした。Iw君の合格はY先生Ym先生の取り組みのおかげだ。練習試合、男子は後半つながりのあるいい打ちが出てきた。が、本番はトーナメント。1試合目でそれが出せないと終わってしまう。という意味ではまだまだやるべきことはあるってことだ。女子は加古川で勝てなかった貯金がある程度勝てるという結果につながっていることを実感したと思う。しかし、力のあるところや逆に打ってこない選手にはてこずっているという現状をどうするのか、そこは1人1人の意識の問題だ。やっばり勝つ気なのだ。1年女子が驚くほどよくなった。これはよかった。ますます頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.11

痛い痛い!

朝、気がついたら左の肩甲骨と背骨の間がめちゃめちゃ痛い。じっとしてても鉄棒が入ってるんじゃないかというほど痛い。時間休を取って接骨院に行って、ちょっとだけましになったが、とにかくズウーンと痛い。なので面は着けず。今日の稽古はOg君が最初からよかった。そういう稽古をしていれば強くなる。それに対して、切り返しの最初の5人がよくない。周りをうかがってパッとスタートができない。その気持ちは負けの気持ちだ。一瞬の遅れが命取りだ。機会を逃さず自分がパッと出る。それができるようにならんといかん。夜の稽古も今日は見るだけにした。明日からなんとか復活したいと思う。明日2年女子は東龍杯メンバー決めのリーグ戦をやる。しっかり頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.10

1つ1つを丁寧に。

体育館に行ったのはもう4:30ぐらいだった。ここんとこやっているメニューをやっていたんだが、1つ1つのポイントを押さえてできていたかどうか。掛かる方と元立ちが協力して、技を身につける努力ができていたか、それともできないのでやらずに通りすぎたか、そこんとこを自分に返して振り返ってみないといけない。最初はできないのが当たり前。でもやろうと工夫するのか、あきらめてしまうのか、そこが分かれ目だ。丁寧にやろう。1本勝負は2年の男子が全員来れたが、どうも呼吸が合わない。打って下がり、下がっては下がり…。その場の安全より体で跳び込んで圧倒する稽古をしよう。1級練習特別メニューのIw君、ちょっとずつできてきた(かもしれない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.09

おっ、いいかも。

午後になってちょっと寒さが緩んだ。ここんとこ取り組んでいる面と小手と胴の練習をメインにやった。大事なのはわかってやるかどうか、感触・動きを確認しながらやるかどうかだ。ここでは頭を使わないといけない。そして体に覚え込まさないといけない。無意識でできるようになるまで。逆に試合中に言葉で考え出してしまったら、まず勝てない。この違いがわかるようになれば1歩前進だ。今日の稽古はUさんがよかった。そしてMyさんが久しぶりによかった。1年でKiさんとKtさんが稽古に来れた。これも大きな前進だ。その調子で頑張ろう。そろそろインフルエンザのシーズン。健康管理には十分気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.08

オフに。

いきなりだけど今日はオフ。Iw君の「木刀…」の稽古。Ym先生に聞くと、すごくよかったそうだ。これは頼もしい。問題は実技。正しく落ち着いて構えて打てるよう頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.07

授業再開

あっという間に冬休みが終わって授業再開。まあでも朝から仕事をしたほうが体に緊張感があっていいかもしれない。午後はずっと各種の会議があって部活は見れず。RさんとKhさんは稽古後「木刀による基本技稽古法」の練習。まあまあできるようになったと聞いたのでよかった。後はIw君である。オフの明日に帰さずにやるしかないなと顧問3人はうなずきあったのであった。そういえば53になったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.06

トレスク&稽古

午前中トレスク。とにかく寒い。後半は地稽古でちょっと温まった。大枝T先生と稽古。新しい防具、いいなあと思った。以前よりちょっと間合いが近くなった気がした。大宅T先生と稽古。攻めてもなかなか動かすことができない。難しかった。昨日のTm先生との稽古でも、ここまで作ったらもういいだろうというのを待ってましたとばかりに応じられたので、えーまだでしたか!と恐れ入った。もっと我慢?でもそうなると間に合わなくなる気がするし…目かなあと思った。今日Krさんに言ってたように、全体の気配から先を感知することに集中せんといかんのかもしれない。そういえば昨日の芸能人剣道大会の原口の返し胴はよく見てたなあと思う。チャンカワイも起こりがわかりやすかったけれど。で、午後部活。技の練習をちょっと丁寧にやった後、試合練習で課題をもってスタートすることをやってみた。2年生には少し効果があったかもしれない。さて明日から授業再開。文武両道でがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

礼を失するな。

新年の部活再開。文教中高がわざわざ来てくださったのだが、いっこうに出てこない。「お客さんが来ているのに来てもらってる側が姿を見せないという失礼があるか!」と正月早々しからねばならないことになる。剣道は礼に始まり礼に終わるというのは何度も何度も行っていることだが、まったく実践できてない。竹刀を持って稽古をする以前の問題だ。要するに全てのことに用意(構え)ができてない。自分からという姿勢がない。これは個々の試合内容と共通することではないのか。だから勝てないんじゃないのか。その辺をよく考えないとやってる意味はない。「自分が」考えて「自分が」やれ。礼を失するな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.04

明日から再開。

いよいよ明日から部活が再開になる。心身の準備は大丈夫だろうか。明日は文教中高が来ていただけるということなので、しっかり頑張ろう。試合もするので、年末に行ったときよりもいい試合ができるように、そして加古川で勉強したことが生きるように意識して取り組もう。『家日和』(奥田英郎)を読んだ。ストーリーの舞台を家(マイホーム)に特化するという逆転の発想がおもしろい。肩の凝らない短編集だった。もうすぐ重松清の『とんび』がTVに登場するらしい。読んだ時から「これは、なる」と思ってたので楽しみだ。でも、うまく表現できてなかったらがっかりだなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.03

あっという間に

毎年のことながら、正月はあっという間に過ぎてしまう。明日からは普通の冬の日々となる。かなり残念。水滸杯のお知らせをアップした。ぜひ多数参加いただければなあと思う。明後日から部活再開。5日限定でお年玉をあげようと思いついて、ブツを買いに行った。とてもいいものから、これもらってどうしたらいいの?っていうものまで取りそろえた。なかなか楽しい。乞うご期待って感じだな。『花のれん』(山崎豊子)を読んだ。吉本の創業者吉本せいをモデルにしたなにわ女のど根性物語。なかなかにおもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.02

初稽古&新年会

恒例の梁山泊初稽古は10人で頑張った。基本練習の後、3分9回が特にしんどくもないのは、動いてないからなのかどうなのか、まあでも頑張った。今年は昔のように、月に1回梁山泊での稽古会をしようと思う。後半新年会。入れ替わりもあったが、計25人の参加で行なえた。例によってO君が腕をふるってすごい料理を作ってくれた。いいお酒も届いた。こうやってみんな集まってワイワイやれるってのは本当に幸せだ。今年もいい年になったらいいなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

謹賀新年

2012年お世話になった皆様に感謝を申し上げるとともに、2013年も変わらぬご厚誼ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。第8回水滸杯剣道練成大会が6/30に決定いたしました。要項ができしだい右上のリンクにてお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。
さて、正月である。0時を過ぎて藤森神社参拝して刀を少し振った。やはり竹刀とは違って、気持ちがピッとなっていい感じだ。一夜明けて朝からいい天気になった。年賀状の返事を書きながら紅白の録画を見ていた(昨日はおもに『笑ってはいけない…』を見てたので)のだけど、AKBてどんだけ人数おんねん!とつっこみたくなった。これグループですか?みたいな。それと、トリのSMAPは納得できない。やっぱり紅白なんやから本当に歌唱力のある大御所に締めてもらわんとかっこつかんのちゃうかなあと思った。サブちゃんでよかったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »