« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014.03.31

離任式

今日は3/31、お世話になった先生方とのお別れの日である。ちょっと寂しい。久しぶりの稽古はIw君の立ち切り。ほぉーっというタイミングでいい打ちが何本か決まった。狙えばもう少しつかまえられる。引き続き頑張ろう。さて29、30日は春恒例の南国へのエスケープ。いくつかのエピソードを残してあっという間の心の洗濯は終了した。初日の昼、嘉手納マリーナという米軍保養施設の中にあるレストランで食べた。ロケーションは抜群によいのだが、めっちゃでかい。そしてめっちゃ味うすい。塩コショーをふりかけふりかけして押し込んだ。帰りのピーチ、空港からシャトルバスで数分、絶対倉庫やんというガラーンとしたところに着いてみると張り紙がしてあって、3時間遅れるとのこと。「マジですか!」の不安とともに時間をつぶし、せまいせまい飛行機は飛んだ。まあ安いだけのことはある。MKのタクシーも迷ってなかなか来ず、結局家着25:15。つかれました。『鼠、闇に跳ぶ』(赤川次郎)を読んだ。前作同様これもあっという間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.28

今日も会議

桜がいまにも咲きそうだ。朝から会議、ひたすら会議。稽古は見られなかったが、重要な会議なのでしょうがないなあと思った。会議をしていると、だんだん気持ちが来年度に向いてくる。がんばらんとなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.27

会議スタート。

いよいよ新年度に向けてのいろいろなことを決める会議が始まった。新鮮な緊張がある。そんなことで稽古は見られず。ま、しょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.26

すくな!

今日は体調不良多発で6人しか面を着けられなかった。すくな!が、声はよく出ていた。立ち切りはMrさん。終わって風呂上りのような満ち足りた表情をしていた。いくつかいい打ちがあったが、フットワークがまずいので、例えばOk君のプレッシャーをもろに受けてしまう。岩は波に削られるが柳は風が吹いても平気。うまく受け流して有利なポジションを取らないといけない。Iw君が面に開眼した(かもしれない)。曰く「いやあ、面がわかってきました」恐るべし!鼠シリーズをどうしようかと思って、結局5冊とも買ってしまった。『鼠、江戸を疾る』(赤川次郎)を読んだ。まあ普通におもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.25

春の匂い

バイクで街を走ると、ずっと春の花の匂いがする。四季があるっていいなあと思う。今日は前半教室整備のため見られず。今日の立ち切りはKtさん。序盤はなかなか取れなかったが、途中から調子が上がってきた。逆に掛かるほうがばたばたして尽きたところを打たれる場面が多かった。Ktさんは自分がよくわかっているということだ。「私はここだ」というところを慌てず打つ。だから決まる。掛かる側はそんなこと考えてないから決まらない。あせる。よけい決まらない。打たれる。の悪循環に陥ってしまったわけだ。自分を知るということがいかに大事か、勉強になる立ち切りだった。『あすなろ三三七拍子』(重松清)を読んだ。いや、やられた。見事にはまった。超感動である。彼の作品にはいつもスーパーマンは出てこない。出てくるのはみんな等身大の、どっちかというとさえない自分なのだ。そしていつもいつも温かい「がんばれ」が溢れている。だから、くる。ぐっとくる。今回はそのもの応援団の話。たまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.24

今日はよかった。

今日の稽古は初めから声も気も出ていい感じだった。こういう稽古を毎日やろう。今日の立ち切りはOk君。楽しみでならない様子でスタート。1人1人に一生懸命取り組んで、いい立ち切りをやった。終わって「どうやった?」と聞くと「もう1回やりたいです!」とキッパリ。なかなかの男である。Iw君が自転車の大会3位の賞状を持ってきた。すごいなあと感心した。また全校集会で表彰してもらおうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月稽古会

午前中部活。男女キャプテンが時間の変更を忘れて遅刻するとはなんたること!反省しなさい。今日の立ちきりはKiさん。始める前から青い顔をして、1人目のOk君に対してはまともに構えることもできなかった。このへんが弱さだな。しかし後半いい打ちがどんどん出るようになった。Ya君への面は文句なしの1本。あれが審査で打てたら六段受かるなあと思った。明日からの稽古に生きればいいなあと思った。午後、3月稽古会。5人の稽古となった。気力がエンプティで面は着けず、基本からの指示をした。なかなか熱の入った稽古ができたんじゃないかと思う。終わってから再び面を着けて追い込みとかやってる人もいたし。中学生がこれぐらいのモチベーションでやってくれたら強くなるのになあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.22

お尻イタイ。

ほんまに久しぶりに面を着けた。ここんとこまた右手に力が入らなくて、面を着けるにも時間がかかる。困ったものだ。Kiさんに引き面を打ったら思い切り足がもつれて大転倒した。尻餅プラス1回転みたいな。おかげで今もお尻イタイ。参ったね。今日の立ちきりはIn君。落ち着いた試合ぶりでけっこう打たれていた。それは落ち着いているとは言わないのだよ。本当は。ま、いい所もとらえてはいた。さて今年のGWの比婆遠征をどーしたものかと考えて、頑張りたいなら連れていこうということに決めた。行かないなら学校でとことん稽古。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.21

立ちきりスタート

春休みである。ま、状況が状況なのでウキウキはしないけれど。それでも日ごといろんな花が咲いていく様子には少しばかり癒される。立ちきり初日はYkさん。テクニックどうこうより、凄まじいパワーである。思わずオォーッという声が周りから出るような打ちが幾つも炸裂した。基本の初めからこのテンションで行けば強くなること間違いなしだ。Kiさんが髪を切ってめっちゃかっこいい。思わず見とれてしまった。『鼠、危地に立つ』(赤川次郎)を読んだ。彼の時代ものは初だが、すっきり面白かった。いつものようにあっという間に終わってしまった。残念なことは、これがシリーズ第6作だということを知らんかったこと。第1作に戻るべきかどうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.20

修了式

今日で今年度は終わり。2年生みんないい顔でクラスを後にしていった。よかった。いわゆる介護というものがどっとやってきて、今日も午後から病院に。なにといってできることがないのが辛い。稽古をしっかり見てあげられないのも辛い。数日前『抜かずの又四郎』(坂岡真)を読んだ。主人公は刀を抜かない。でも強い…のかな?まあでも気楽におもしろい。昨日『下町ロケット』(池井戸潤)を読んだ。めっちゃおもしろい。元気になること間違いなし。さて明日から春休み。新3年は立ちきりがある。頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.19

ばたばた

今日は学校を休ませてもらった。ちょっとばたばたすることがあって。ほんま申し訳ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.18

桜の蕾がずいぶん柔らかくなってきた。しとしと降る雨に促されるように。自然の営みは本当に不思議だ。まあ自然の一部である人間が言うのはおかしいけれど。ここ数日いろいろあって部活が見れてない。申し訳ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.16

沈丁花の夕べ

夕方バイクで走ってたら、思いがけず沈丁花の香りが流れてきた。春の訪れだ。沈丁花の香りは、毎年油断をした夕方に春を届けてくれる。さて稽古。小学生が3人来てくれたので、3チームでリーグ戦をやった。YkさんとIn君の面がよかった。小学生は声が出たらもっとよくなる。またおいで。老若男女問わず、参加大歓迎。ぜひみなさんどーぞ!夕方、ハーレーのカスタムショップへ頼んでいたパーツをつけてもらいに行った。オーナー曰く「この年式のエンジンはいわゆるハズレのエンジンで…」ニヒルなメカニックの兄さん曰く「すごい音がして潰れるかもしれません。ずばり買い換えを勧めますね」どーせーちゅうねん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OB戦&送別会

いい天気の午後、久々にOBが全員揃った。一挙に人数が倍になり、中々の迫力だ。試合は前半現役リードでこのまま行くかと思ったが、終わってみれば6-5でOBの勝ち。やるもんだ。その後はいきいき交流ルームで保護者の方々のお世話で送別会。いい時間を過ごした。OBが口々に言ったのは「これからほんまにしんどくなるけど、後でやってよかったと思えるから」ということ。やりぬいた人でないと言えない重い言葉だ。現役はその重さを感じてがんばってほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.14

卒業式

今日は卒業式…なんだけど、事情があって欠席した。Krさんの答辞が聞けなくて、本当に残念で申し訳ない…と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.13

卒業式前日

今日は午後から卒業式準備。一種独特の緊張感と高揚感がある。冷たい雨が降っていたけど、それは変わらなかった。あの子らがもう卒業か…と思うと感慨深いものがある。強烈な個性集団である。が、間違いのないことは修学院の剣道部の中で中で、男女とも最高の成績を秋から夏までキープしたということである。そのためにいろんな困難にたえて稽古に取り組んだということである。よくがんばった。卒業おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.12

春めく

今日の陽射しは完璧に春のそれだった。夜になっても冷え込まず。毎年沈丁花の香りを初めて感じるのはこんな夜なのだが、今年はどうだろう。少しだけ稽古を見た。Ykさんの面が今日はよかった。Ok君の手首をどう柔らかくするかだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はオフ。

昼間はずいぶん暖かくなった。今日は3年生を送る会の準備で体育館が使えないのでオフ。いろいろ仕事あるのだけれど、そわそわして片付かない。『飲めば都』(北村薫)を読んだ。北村さん好きなので期待したのだけど、平凡な酒飲み女子コメディ。だから?って感じだった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.10

1日中雪が舞っていた。時にはげしく、時には微かに。なごり雪の次はなんていうのだろう?春の雪はなんだかせつない。成績処理のため、部活は見られなかった。今週の金曜日は卒業式。早いなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.09

日曜日

午後の稽古。少しずつ寒さが和らいできたなと思う。昨日は1年男子が特によかったと聞いた。たしかによくなってきたなと思った。2年生負けてはいられない。頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.08

研修2

10時から3時半までびっしり研修。自閉症スペクトラムについての報告発表会で、けっこう期待をしていたのだけど、その割には得る所が少なかった。浜松町の駅前から東京タワーを見て、こんなに小さかったっけ?と思った。周りの建物が高くなったからかな。久御山杯の結果はまだ入ってこないのだが、岡崎T先生によると男子が健闘していたとのことだ。また明日聞いてみよう。『戦国風流武士 前田慶次郎』(海音寺潮五郎)を読んだ。東京の往復にぴったり収まった。痛快だが、この前同様ラストがなあ…と思った。水滸杯申し込み第1号が届いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修

土曜の研修のため、夜から東京入り。明日の久御山杯、頑張っていただきたい。結果も結果だが、内容が大切。タブレット導入が成功するかどうかも気になるところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.06

なごり雪

朝から雪がちらついて、比叡山から連なる北山は真っ白。なごり雪というにはちょっと真面目に降ってるかなという感じである。今日はいろいろと処理しないことがあったので時間休を取って早めに帰らせてもらった。1つ1つ片付けないとしょうがないのだが、けっこう大変ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.05

寒の戻り?

夜になって冷え込んできた。ぱらぱらと冷たい雨が降っている。今日もKm君が来てくれたので、後輩たちにはいい励みになった。試合はKiさんが全然だめ。なにやってんだか。もっとガツガツした気持ち、好物を食いたい!という気持ちでやらんといかんな。明日はオフなので、あと1回の練習で久御山杯。しっかり頑張ろう。たまたま帰りに出会ったMyさん、「先生、先生が夢にでてきましたあ。なんかあ、私が高校で剣道続けないとお、先生が顧問をやめなくっちゃならないってことになってるんですう!きゃはは…」それは大変、ぜひ続けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.04

会議の日

今日も暖かい。放課後会議のため部活は見られなかった。テストがそろそろ返ってきて、興奮気味にわいわいと話す…のはまあ普通の風景である。が、大事なことはその結果を次までの学習にどう生かすかだ。これは稽古と同じ。勝った負けたで思考停止してたんじゃ進歩はない。全ては次への材料としてこそ値打ちがある。いわゆる「失敗は成功の素」というやつだ。Km君OmさんUさんが来てくれた。Y先生が「Omに小手取られました」とうれしくやしそうに言っておられた。わかるわかるその気持ち。『男の一生』(遠藤周作)を読んだ。久々の時代物で、初めのほうはなかなか新鮮でおもしろかったのだけど、最後は特に盛り上がりもなくするーっと終わってしまった。「それで?」という感じ。まあいいけれど。
第9回水滸杯剣道練成大会の要項をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.03

技は使いこなせてこそ技

テスト返しで「時間がなかった…」という声がちらほら。その理由は「文法問題を1つ1つ考えていたので」ということだが、「今回は文法問題があるので時間的には楽なはず」というのが出題者の読み。いくらかみ様に解法を書いていたとて、それを瞬時に使えるまで練習しておかねば使えない。例えば吹奏楽の諸君、初見の譜面で本番演奏できますか?という話。譜面には正解が100%書いてある。でもそのとおり演奏できるまでにどれだけの回数練習してますか?という話である。技は使いこなせてこそ技と言えるのだ。剣道も同じ。その技を知ってる、あるいはやったことがあるというのと、1本にできるというのは全然違うのだ。1本になることを目指してない稽古は稽古とは言えない。心して取り組もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.02

昇段審査

今日は昇段審査。合格は5/6であった。合格した人はより気を引き締めてこれまでとは1ランク上の稽古をしなければならない。だめだった人は「なぜだめだったのか?」を具体的に分析して次回に再起を期さねばならない。がんばろう。来週は久御山杯である。男女とも、いい試合ができるようしっかり稽古に取り組もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.01

タ…

午後の稽古。Km君が来てくれた。約2時間やる。試合は先鋒My君の初太刀の面が抜群によかった。副将戦大将戦もよかったと思う。あと形の稽古をやるが、例によってにぎやかだった。明日、できれば全員合格してほしいものだ。タ…はタブレットのタ。稽古に導入しようと思って買ったのだが、なんと1年のMダ先生より1800円も高く買ってしまった。同じヨドバシで。ショック大。しかもどうやって使うのだろうといじってるうちに、自分の足の写真が3枚も撮れてしまって、なかなか削除できなくて大汗。いや落ち込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »